経済学部再興作戦

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日はチャロチャロ氏への建設的批判を行う”わくわく”記事です。

【イントロダクション】
以下のブログを参照ください。
[経済]作戦指令書:『反撃の庶民』第1弾:初版

チャロチャロ氏が日本経済を駄目にしちゃっている経済学者へのお仕置き方法を提言しています。
簡潔に言えば、経済学部志望の学生を可能な限り減らして、経済学者を解雇に追い込もうという話です。
少なくとも私はそのように認識しているので、経済学者解雇促進提案としてお話を進めますね(#^^#)

正直、経済学部での徹底的勉学により才能が開花した私としてはチャロチャロ氏の提言を見て気が重くなりました。
ただ、経済学者が日本経済を蝕んでいる現状は認めざるを得ないわけですよ(>_<)

【本題:経済学部再興作戦】
まず結論。
経済学部を正しい方向に向かわせ、浄化するという作戦も必要である。

以下でチャロチャロ氏を批判します、
批判点を列挙します。

1、純粋に経済学を学びたい、経済学を語り合える仲間がほしいという高校生と予備校生がいた場合はどうするのか
2、解雇された経済学者が貧困を味わうことになるのか
3、常識的な(デフレ経済下ではデフレ対策を主張するような)経済学者も生まれにくくなる

反逆する武士
uematu tubasaによる提言
①国公立大学の経済学部もしくはそれに準じる課程を卒業した”経済学士”には経済学部だけの大学を設立する免許を与える。
②教える内容は自由だが、入学試験内容、入学資格、教育内容、卒業論文、研究内容、卒業要件など完全公開とし、反日的内容を教えた場合は免許剥奪。
③入学金は無料。授業料は国公立大学平均水準の4分の1を上限とする。
④4年制大学もしくは2年制大学のどちらかを学校長が選択。
⑤大学の施設は既存の国公立大学もしくは公共施設とし、使用料は事情に応じて減免処置を受けることができる。
⑥卒業生は”経済学士”として公的認定され、経済学部だけの大学を設立することが可能となる。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

スポンサーサイト

IT人材の将来をマクロ的に理解しよう

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下は現在ビジネスより~~~~~
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49048
10年後、「IT人材」の給料は倍になる?総務省「100万人育成」の大きな課題
2016年07月03日(日)
人材 IT関連
プログラマーの年収が低い

総務省が2025年までに「IT人材」を100万人育成する方針を掲げた。

ITに関する新たな資格制度をつくるほか、小中高校などでの教育も強化。日本ではITの専門的技術者が現在103万人いるが、これを2025年には202万人へと倍増させる目標だという。果たしてほんの10年でこれほど大規模な人材育成などできるのだろうか。

まず、IT人材の給料の実態を見ていこう。厚生労働省の2015年賃金構造基本統計調査を基にランキング化してみると、プログラマーの年収は408万円で全65業種中35位。システム・エンジニアの年収は592万円で、同18位である。

ちなみに、上位10業種の年収は、1位が航空機パイロットの1532万円。以下、2位が医師=1098万円、3位が弁護士=1095万円、4位が大学教授=1087万円、5位が大学准教授=858万円、6位が記者=824万円、7位が大学講師=741万円、8位が公認会計士・税理士=719万円、9位が不動産鑑定士=713万円、10位が電車運転士=688万円となっている。

航空機パイロットや電車運転士の給料が高いのは人命を預かるからであり、記者の給料が高いのは情報独占できているから。それらに比べてIT人材の給料は低すぎるのか、あるいは妥当なのかは意見が分かれるところだろう。

そこでIT人材の給料について、世界と比較してみる。システム・エンジニアやプログラマーの年収を見ると、アメリカでは1000万円、イギリスでは800万円ほど。さらに、IT人材の年収と事務職の年収の「比率」を見ると、日本で1.5倍、アメリカで3倍、イギリスで2倍となっている。つまり日本のIT人材の給料は諸外国と比べて恵まれているとはいえない。

あらゆるモノがインターネットにつながるIoTの時代に本格突入し、IT人材は急速に社会的ニーズが増している。しかし、日本ではIT人材はまだ「一技術者」扱いされていて、経営の中枢にかかわる人が少ないため、正当に評価されていない。これでは総務省がいくら旗を振ったところで、IT人材の育成など絵に描いた餅だろう。

筆者は、IT人材の育成には、まずプログラミング教育を必修化することが先決であると考える。文部科学省はこれを2020年度からの新学習指導要領に盛り込む方向で議論しているが、もっと早く実施してもいい。

そもそも、日本社会では企業のトップに技術系の人が少ない。だから、IT人材の専門性がなかなか評価されにくい。多くの人がプログラミングできるようになれば、IT技術者の「凄さ」をわかる人が経営トップになり、彼らを正しく評価するようになるはずだ。

もちろん、現在の教師たちがプログラミングを教えられるかという問題もあるが、そこは実際にプログラムができる人を雇えば解決する。そうなれば、プログラム能力のある人は学校で働くことが可能になって、新たな雇用創出や給料アップにもつながる。未来の社会を考えれば、いずれIT人材が高給取りになることは間違いない。逆に、そうした社会にできなければ、日本の未来は暗いと言えるかもしれない。
~~~~~以上、現代ビジネスより~~~~~

我が国日本でIT人材を倍増させる計画があるそうです。
しかも10年で倍増させるとのこと。

IT系で働いている人間として言わせていただくと、机上の空論だと思います。
一般論として、給料低くて、きつくて、残業時間が長いという現場が多い中、IT人材が増えるわけありません。

今後のトレンドとして、IT人材の値打ちは上がること間違いなしでしょう。
だから私もITの道に足を踏み入れることにしたのです。

よほど大胆な政策を実行しなければ、IT業界に人が集まるということはないと思います。

私が考える大胆な政策を提示しましょう。
1、IT研修に補助金を出す
2、IT資格に補助金を出す
3、国公立大学の卒業試験に「ITパスポート」を設定する


1について述べます。
IT人材になるには外部もしくは内部での研修を受ける必要がありますが、それにはお金がかかります。
研修中の従業員のお給料や、講師の先生のお給料、設備費用などです。
大胆な割合で補助金を支給しなければ、企業は積極的にIT人材を育成することを躊躇するでしょう。

2について述べます。
「ITパスポート」や「基本情報技術者」などの資格を取得するためには、勉強しなければなりません。
教科書代や受験料が必要です。そこに補助金を支給すれば、試験を受験しようとする人が増えるでしょう。
それがIT人材の増加につながるでしょう。

3について述べます。
国公立大学で「ITパスポート」を取得しなければ卒業できないと決めたらいかがでしょう。
ものすごい熱量をもって勉強する人間が出現するでしょう。

ITっていうのは難しそうというイメージが強いので、きっかけが必要なのです。
大学でITを勉強することにより、興味を持つ人間が増える政策が必要です。

今後は民間企業でのIT人材の争奪戦が発生するでしょう。
争奪戦に勝利した企業が生き残ると思います。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

【再掲載】知識と経験のカースト制度

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日も再掲載です。

※※※以下は参考記事※※※
知識と経験のカースト制度
※※※以上は参考記事※※※

昨日の記事と同じ方のブログからご紹介です。
民主主義国家に属する人間であれば、読むべき内容となっております。

~~~~以下はブログ記事から一部抜粋~~~~~
■知識と経験のカースト制度

 ただ、日本人は(日本以外にもたぶんあると思いますが)、この「知識と経験のカースト制度」というのが本当に好きですね。

 たとえば、今回のように、海外事情について語るときには、必ず「行ったことがない人→旅行で行ったことがある人→住んでいる人→現地人」というカースト制度があります。そして、カースト下位のものが発言すると、上位のものが「わからないくせに、黙っていろ」と言います。

 実は、今回も僕をフォローするために、多くの人が、「住んだこともない人の意見に価値はない」(大意)と言ってくれました。僕はそのことにとても感謝しているし、ここでこういうことを書くのは、その人達の好意を無駄にすることになり、非常に申し訳ないのですが、これは僕のポリシーなので、あえて書かせていただきます。

 先に書いたように、日本では、知識と経験のカースト制度を重んじ、たびたび「わからないものは黙っていろ」みたいな発言をするんですが、それは正しいんでしょうか?

 確かに、知識と経験がある人の意見は、ない人の意見より重要視されるべきだとは思います。

 ただ、知識と経験がある人の意見が必ずしも正しいわけではないでしょう?僕も台湾にいたとき、日本から来た友達を案内していて、その新鮮な感想に驚いたことが何度もあります。それどころか、知識や経験が多いからこそ、偏った意見がますます補強され、他の意見に耳を傾けなくなってしまう、ということがありえます。これは、また記事を改めて書きます。

 ましてや、「知らないものは黙っていろ」というふうに、発言の機会すら奪うのは、どう考えてもおかしいです。

 それを言ったら、特に政治なんか成り立たないでしょう?「お前は福祉先進国スウェーデンの政策を理解していないから、福祉政策について口を出す資格はない」と言われたら、たとえば、家に介護が必要な親がいるだけのただの一般人は、どうすればいいんですか?どんなに無知でも一票が与えられるのが民主主義で、それは言論の場にも適用されるべきだと、僕は思っています。

 「正しいか正しくないかは置いておいて、とりあえず誰にでも意見を出す権利はある。正しいかどうかは、それから考えよう。」ということです。出された意見に対しても、的外れだの何だのと、馬鹿にするような態度は慎むべきだと思います。

~~~~以上はブログ記事から一部抜粋~~~~~

【紹介記事を読み込んだ上で感想】
>>日本では、知識と経験のカースト制度を重んじ、たびたび「わからないものは黙っていろ」みたいな発言をするんですが、それは正しいんでしょうか?

私はそれは間違いであると断言します。
上記のようなことを肯定してしまったら、言論封殺になってしまいます。

言論封殺ほど恐ろしいことはありませんし、民主主義国家に属する人間であれば、厳に慎まねばならぬことです。
むしろ、全くの素人だからこそ物事の本質を捉えるような意見に至ることもあります。

もしも、素人が間違った意見を表明しているのであれば、積極的に批判するべきであり、教え諭すべきです。
決して、黙れと圧力を加えてはいけないのです。

私はブログという媒体で言論活動をしている人間です。
決して驕ることなく、知識の習得と知性の練磨に励みたいと思いました。

以上、よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

【再掲載】理想の職業とは?「できる」、「稼げる」、「やりがい」の3条件

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

再掲載でございます。

※※※以下参照※※※
理想の職業とは?「できる」、「稼げる」、「やりがい」の3条件
※※※以上参照※※※

ブログ主=Koichi
台湾で10年日本語教師をしていました。
中国語通訳として働き、日本語教師養成講座に通いながら、フリー通訳か日本語教師を目指して勉強中。
家族は台湾人の妻とハーフの娘と猫4匹。 コミック「KANO 1931海の向こうの甲子園」を翻訳させていただきました。
某通訳学校卒業。


簡潔にブログ記事の内容をご紹介すると
理想の仕事とは、「できる」、「稼げる」、「やりがい」の3条件を兼ね備えていること
ということになるそうです。

~~~~~以下は重要な部分だけ一部抜粋します~~~~~
■「自分にできるし、稼げるが、やりがいのない仕事」 =憂鬱なサラリーマン
 サラリーマンの方、すみません。どの職業でも同じなのですが、サラリーマンのイメージが頭に浮かびやすかったので、サラリーマンという名前を使わせてもらいました。もちろん、サラリーマンにもやりがいのある仕事をやっている人はいるし、どんな職業でも、やりがいのない人がいることも知っています。
 このタイプは、仕事をする能力もあるし、お金も稼げるが、ただやりがいだけがない、できれば転職したいけれど、不安があるので今の仕事をダラダラ続けている、というイメージです。

■「稼げるし、やりがいはあるが、自分にはできない仕事」 =夢追い人
 このタイプは、仕事自体にとても魅力があって、収入も多く、やりたい人が多いけれども、競争も激しいというイメージです。
 たとえば、極端な例で言えば、アーティストや芸能人、作家、漫画家、企業家などがそうですよね。それらの仕事に憧れるだけで、自分には才能もないのに、夢をあきらめられずに延々と貧乏暮らしを続けているようなイメージです。

■「やりがいはあるし、自分にできるが、稼げない仕事」 =貧乏職人
 このタイプは、仕事自体にとても魅力があって、本人も専門的スキルを身に付けているのに、悲しいかな、報酬が低い、というイメージです。
 「貧乏職人」という名称は失礼ですが、これは馬鹿にしているわけではなく、むしろ逆に「なぜ高いスキルを持った人間が、低い報酬に甘んじなければならないのか?」という不満と抗議の意味を込めています。

~~~~~以上は重要の部分だけ一部抜粋しました~~~~

リンクも貼っておりますので、興味のある方はお読みください。
ただ、上記のブログ記事だけは民間企業にお勤めの方やフリーランスの方々にとって考えさせられる内容です。
読んで損はありません。

【以下は紹介記事をすべて読み込んだ上の感想】
結論から申し上げますと、私個人のお話として、転職するべきなのではないかと思いました。

なぜならば、今現在の私の仕事が「できない」「稼げない」「やりがいがない」という最悪の条件だったからです。
もちろん、私の仕事内容を熟知している方々に相談したら違った答えが返ってくると思いますが、私個人の意見としては上記のようになってしまいます。

本当に悲しいことですが・・・。すべて私が悪いのですが・・・。

したがって、転職するためにも資格取得に邁進しようと思います。
そうやって、少しでもよい働き方を模索しなければ、私の人生が破綻するのではないかと危惧しております。
国家資格を取得しようと思います。まずはそこからでしょう。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

【参考になったブログ記事紹介】理想の職業とは?「できる」、「稼げる」、「やりがい」の3条件

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日はブログ更新をお休みしていた時期に勉強のため、読み込んでいたブログ記事をご紹介しましょう。

※※※以下参照※※※
理想の職業とは?「できる」、「稼げる」、「やりがい」の3条件
※※※以上参照※※※

ブログ主=Koichi
台湾で10年日本語教師をしていました。
中国語通訳として働き、日本語教師養成講座に通いながら、フリー通訳か日本語教師を目指して勉強中。
家族は台湾人の妻とハーフの娘と猫4匹。 コミック「KANO 1931海の向こうの甲子園」を翻訳させていただきました。
某通訳学校卒業。


簡潔にブログ記事の内容をご紹介すると
理想の仕事とは、「できる」、「稼げる」、「やりがい」の3条件を兼ね備えていること
ということになるそうです。

~~~~~以下は重要な部分だけ一部抜粋します~~~~~
■「自分にできるし、稼げるが、やりがいのない仕事」 =憂鬱なサラリーマン
 サラリーマンの方、すみません。どの職業でも同じなのですが、サラリーマンのイメージが頭に浮かびやすかったので、サラリーマンという名前を使わせてもらいました。もちろん、サラリーマンにもやりがいのある仕事をやっている人はいるし、どんな職業でも、やりがいのない人がいることも知っています。
 このタイプは、仕事をする能力もあるし、お金も稼げるが、ただやりがいだけがない、できれば転職したいけれど、不安があるので今の仕事をダラダラ続けている、というイメージです。

■「稼げるし、やりがいはあるが、自分にはできない仕事」 =夢追い人
 このタイプは、仕事自体にとても魅力があって、収入も多く、やりたい人が多いけれども、競争も激しいというイメージです。
 たとえば、極端な例で言えば、アーティストや芸能人、作家、漫画家、企業家などがそうですよね。それらの仕事に憧れるだけで、自分には才能もないのに、夢をあきらめられずに延々と貧乏暮らしを続けているようなイメージです。

■「やりがいはあるし、自分にできるが、稼げない仕事」 =貧乏職人
 このタイプは、仕事自体にとても魅力があって、本人も専門的スキルを身に付けているのに、悲しいかな、報酬が低い、というイメージです。
 「貧乏職人」という名称は失礼ですが、これは馬鹿にしているわけではなく、むしろ逆に「なぜ高いスキルを持った人間が、低い報酬に甘んじなければならないのか?」という不満と抗議の意味を込めています。

~~~~~以上は重要の部分だけ一部抜粋しました~~~~

リンクも貼っておりますので、興味のある方はお読みください。
ただ、上記のブログ記事だけは民間企業にお勤めの方やフリーランスの方々にとって考えさせられる内容です。
読んで損はありません。

【以下は紹介記事をすべて読み込んだ上の感想】
結論から申し上げますと、私個人のお話として、転職するべきなのではないかと思いました。

なぜならば、今現在の私の仕事が「できない」「稼げない」「やりがいがない」という最悪の条件だったからです。
もちろん、私の仕事内容を熟知している方々に相談したら違った答えが返ってくると思いますが、私個人の意見としては上記のようになってしまいます。

本当に悲しいことですが・・・。すべて私が悪いのですが・・・。

したがって、転職するためにも資格取得に邁進しようと思います。
そうやって、少しでもよい働き方を模索しなければ、私の人生が破綻するのではないかと危惧しております。
国家資格を取得しようと思います。まずはそこからでしょう。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』を出版しました。
『家賃半額(仮)』と『住宅資産倍増計画(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR