【転載】「恒久制度化」批判に根拠なし

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

高森氏は質の高いブログ記事をUPしてくれるので、
本当にありがたいと思っております。

~~~~~以下は高森明勅の『今昔モノ語り』より~~~~~
https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=jotvlco0w-14#_14

2月20日の自民党の高村副総裁の記者会見。

譲位の“恒久制度化”を批判して、以下のように述べた。

どこまで将来の予見可能性があるか、
また要件を設定することが必要だが、
詳しく書くことは困難で、
漠然としたものだと恣意的に使われないかという
懸念が指摘されている。

仮に具体的な要件を設定する場合、
天皇の意思を要件とすると憲法に反するのではないか、
年齢を要件とすると一律に決めにくい、
職務遂行能力を要件とすると世襲制との整合性をどうするのか、
といった課題がある。
現時点で適切な要件の設定は極めて困難である
」と。

実にお粗末。

(1)最終的な決定権が皇室会議にあるにも拘らず、
「天皇の意思」を要件の“1つ”に加えることすら許されない、
というのは「強制」退位しか認めないことを意味する。
そのような非人道的な憲法解釈は、
どう考えても異常ではないか。

第4条の「国政に関する権能」を拡大解釈し過ぎだ。

これについては、朝日新聞(2月21日付朝刊)の
社説がこう述べている。

「理解に苦しむ話である。
皇室会議などの議決を併せて必要とすれば、
進退を天皇の自由な判断に委ねることにはならず、
憲法の趣旨に反するとは思えない。
そもそも意思を確認しないままでは、
まさに強制退位になるではないか。
制度化を避けるために、
筋の通らぬ理屈を展開しているとしか見えない」と。

それが常識的な受け止め方だろう。

今回のご譲位自体、紛れもなく「天皇の意思」による。

それも憲法違反なのか。

(2)年齢を要件にしようとは誰も言っていない。

(3)職務遂行能力を要件にすることも誰も考えていない。

しかも「世襲制」の君主国では、高齢の衰えによる譲位は、
どこでも普通に行われている。

そこで「整合性」がことさら問題視された例はない。

これも、「筋の通らぬ」奇妙な言い掛かりと言うしかない。

逆に特例法は「ルールなき先例化」となり、
強制や恣意的な退位を防げない。

それに対し、高村氏はこんな言い訳をしている。

「その時点の状況を的確に踏まえた慎重な判断と
立法手続きで恣意的運用は十分回避可能」と。

「その時点」で「状況を的確に踏まえた」り、
「慎重な判断」がなされるという「予見可能性」は、
どこにあるのか。

無責任な希望的観測に過ぎない。

こんな楽観が許されるなら、
そもそも恒久法は一切、不要になる。

私がかねて提案して来た3要件なら、百年後でも通用する。

1、皇嗣が成年に達している。
2、天皇のご意思に基づく(強制にならないことが保証される)。
3、皇室会議の議決による。


自民党は将来、これらのどれか1つでも、
不都合になると主張し得る根拠がもしあるなら、
それを明確に示して欲しい。

~~~~~以上、高森明勅の『今昔モノ語り』より~~~~~~

譲位のために皇室典範を一部改正し、恒久的な譲位の実現を目指すべきです。
そのための草案はすでに高森氏が作成済です。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

スポンサーサイト

特例法が衆参両院において賛成多数で議決されたら、違憲訴訟の準備を行いたい

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

先日、ゴー宣道場第61回に参加してきまして、
様々なお話を伺いました。

以下は参考記事
【転載】「ゴー宣道場」アンケート回答1

【転載】「尊皇派議員」とシンクロ率120%の道場!

【緊急更新】『第61回 ゴー宣道場』当選メールが届いた

以下は感想になります。
まとまっていない文章になる可能性がございますが、ご了承の程を。

まず、今回の天皇陛下の譲位に関して、一代限りの特例法で実現するというのは
立憲君主制を採用する我が国日本として、絶対に認められないと思います。

理由を以下に列挙します。
1、天皇陛下の高齢化は今上天皇にだけ発生する特別事情ではないから
2、日本国憲法第二条において「皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範 の定めるところにより、これを継承する。 」とあります。したがって、皇室典範の定めのない皇位継承は憲法違反になるから
3、一代限りの特例法による皇位継承が行われると、違憲の天皇が即位するということになり、違憲の天皇による国会召集や各種法令の公布がなされ、民主主義の根幹が破壊されてしまうから


1について簡潔に説明します。
現在の終身在位においては、天皇陛下が高齢化され、天皇としてのご公務や祭祀を満足に行えないという事例が発生します。
それは今上天皇だけでなく、将来時点で天皇に即位されるであろう皇族方も同様です。
であるならば、恒久的な譲位を可能とするため、皇室典範の一部改正案を国会で議決するのが当然です。

2について簡潔に説明します。
憲法を守るのか、憲法をないがしろにするのかという話です。
皇室典範の定めるところによらない皇位継承は憲法違反になります。
皇太子殿下を違憲の天皇にしたいという悪意が感じられます。

おそらく、一代限りの特例法で譲位が実現したら、皇太子殿下は即位を辞退されるでしょう。
皇太子殿下が違憲の天皇という汚名を進んで受け入れるとは到底思えません。

3について簡潔に説明します。
仮に皇太子殿下が一代限りの特例法によって即位遊ばされたとしましょう。
違憲の天皇によって、国会が召集されてしまったら、国会の正当性が揺らぎます。
立法府の正当性が揺らいだら、そこて審議され、議決されたすべてのことが違憲になります。

代議制民主主義の根幹が破壊されます。
私は民主主義という制度に深い疑問と警戒心を抱く人間ですが、民主主義を否定していいとは思っておりません。

さて、現実的には国会議員に対して説得工作を行い、
特例法を叩き潰し、皇室典範の一部改正案を国会で議決する必要がございます。


ただ・・・・

めちゃくちゃ悲観的予測を述べます。

おそらく、民進党が主導する皇室典範の一部改正案は否決され、
自民党の一代限りの特例法が衆参両院を通過するでしょう。

民進党のイメージが悪すぎるからです。
蓮舫は組織のトップだし、民主党政権下でのあまりの悪政に日本国民は警戒しています。
私としては、できる限りのことをしていきたいと思いますが、なかなか難しいのです。

現在、小林よしのり氏が影のフィクサーとなり、政治家への説得工作を継続しているようです。
以前もブログで書きましたが、小林よしのり氏を応援するしかないというのが現状です。

本来ならば、私が国会議員の事務所に直接赴き、説得したいぐらいです。

あと、特例法が衆参両院において賛成多数で議決されたら、違憲訴訟の準備を行う必要があります。
これはちょっとした腹案がございます。水面下で動けるとなれば、すぐに動きます。

以上です。
よろしければクリックをお願い致します。
人気ブログランキングに参加しております。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【転載】「ゴー宣道場」アンケート回答1

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

申し訳ありません。
本当に体調不良のため転載です。

~~~~~以下はゴー宣道場 よしりんの『あのな、教えたろか。』より~~~~~
https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=jo2sf7kq1-1998#_1998
第61回「ゴー宣道場」『大御心か?権力か?』が2月12日、

開催された。

「皇室典範改正」に最も熱意がある民進党の細野豪志議員

と山尾志桜里議員をゲストに迎えて、希望の持てる回に

なったと思う。

参加者のアンケートを紹介し、回答する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆冒頭から涙が止まりませんでした。

国民に寄り添う陛下の事を案じて奔走されるよしりん先生、

高森先生、そして細野先生と山尾先生のお姿に感動して

しまいました。

(東京都・47歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆賊が政権を握っている虚しさに、本物の尊皇派は心が

苦しいんだよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小林先生のフィクサーぶり?がかいま見えて、やっぱり

影響力がすごいと思いました。

あんなイケメンと美しい国会議員の方が本物の尊皇派なんて、

頼もしい限りです。

(東京都・44歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この二人、ルックスでも勝てる国会議員だからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆細野議員の皇室の方々の人権を真剣に考えている事、

山尾議員の「おとしどころをさぐらない!!」という気迫に

感動しました。

正しい考えが公開されれば数の力に敗けないと信じている

点にも心うたれました。

しかし、心配な点はこのような議論がニュースや新聞で

大多数の国民に今後伝わるのかという点です。

微力ながら、自分に出来る事は職場や友人に少しでも興味を

持ってもらえる様に、自分から発信していく事だけかなと

思いました。

どうせ強行採決されるとあきらめず、自分に出来る事を

やっていこうと思いました。

(東京都・40歳男性・公務員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ、そうしてほしい。マスコミはダメだ。

本来はマスコミの使命のはずなのに、その日その日の

刺激的なニュースに偏って、全然、天皇退位問題をやらない。

しかも、マスコミは安倍政権に飼いならされて、批判的な

報道も出来ない。

口コミしかないだろう。

わしの『天皇論 平成29年』が売れるかどうかだね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆山尾議員が美人ではきはきしていて、とても素敵でした。

細野議員も動画で見るよりももっと頼もしく感じました。

実際に議員の方がどのような思いをもって、国会や党内で

議論されているのか、少しでも知ることができて良かった。

(香川県・38歳女性・看護師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いい議員ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆細野議員も山尾議員も、とても熱く頼もしく感じました。

二人とも天皇の人権と人格を認める姿勢が明確で、

本物の尊皇心とはそれが前提でなければならないと思いました。

「心の中に保守とリベラルが同居している」

「リベラルの立場で天皇という弱者の側に立つ」と仰った

山尾議員の話が感動的でした。

お二人を擁する民進党に賭ければ勝ちが見えるぐらい

頼もしく思えました。

(京都府・42歳男性・自営業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山尾議員のこの言葉は素晴らしかった。

保守とリベラルは、完全分離はできないです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆細野議員の「皇位継承は国体の根幹にかかわる」と、

小林先生の「聖域に育った人は覚悟が違う、皇室の新しい姿を

つくってくれるはず」ということばには感動しました。

(京都府・29歳男性・海上自衛隊)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世俗にまみれた者たちが「俺の方が伝統を知っている」と

言ったって、馬鹿馬鹿しくて信用できないよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小林よしのり先生の『男系派が「天皇には人格は関係ない、

能力も関係ない」と本気で言うならば、竹田恒泰を天皇に

すればいい』という意見には目からウロコが落ちました! 

男系派とて物事をリアルに考えるならば、あの竹田恒泰が

天皇になるなど、絶対に認められないはずです。

それはつまり、天皇と国民の相思相愛関係こそが「国体」で

あることを、日本人は知識ではなく心で理解しているのだと

思います。

平成28年8月8日の天皇陛下のお言葉に触れて、心を動かさ

なかった人間など、もはや日本人ではないと思います。

天皇陛下のお気持ちに寄り添い、天皇陛下の願いを叶える

ことで、国民も天皇に恩返しをするべきと存じます

(大阪府・37歳男性・製造業経理)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100%同意!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今回はネット参加でした。

懸念されていたネトウヨ系の荒らしも散見しましたが、

参加者の皆さんのエネルギーがものすごく、文字通り

圧倒していました。

希望と義があるのを感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

らしいね。

逆賊ネトウヨを追い払ってくれた尊皇派には感謝する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆質疑応答で、細野議員が、皇室に入りたい、入らせたい人

がいないということを、自分の身内に当てはめて考える

ことは大切とおっしゃっていて確かにそうだなと思った。

女性宮家などの制度を整えても、皇室に入ってくれる男性が

現れるかは別問題であり、そのためにも皇族の人権を

広げていかなければいけないという話にとても納得した。

(東京都・40歳男性・介護)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人権・人格を考慮しないロボット天皇論では、

天皇制の維持はもう無理です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆細野議員が問題提起した、「制度論ではなく、愛子様と

悠仁様のどちらが良いか論争だと解釈されてしまう」

ことにも興味があります。

つまり、私たちは悠仁様を攻撃しているのではないかと、

論客から誤解されるのです。

高森先生もこの問題でバッシングを受けただけに、

この混同は今後も後を引くでしょうね。心配です。

(東京都・21歳男性・大学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

男系派は悠仁さまにすら関心ないだろう。

「男系Y染色体」としか見てないはずだ。

果たして悠仁さまについて、女性誌までチェックするわし

より知っているか?

男系派は皇族の個人には関心がない。人柄にも関心がない。

人格にも関心がない。だから人権にも関心がない。

皇室の方々を思うなら、複雑な秋篠宮殿下の心中を察して、

女系・女性天皇も認めるように皇室典範を改正することだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆細野・山尾両議員のお話では、ご譲位>女性宮家>継承と

いう優先順位を感じましたが、ここは全てを後回しにせず、

後世「何であの時全部やらなかったんだ!」という事になら

ないよう、典範改正を目指して頂きたいです。

(埼玉県・47歳女性・パート)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはもう両名は分かっていると思うんだがね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆男系だけでは皇室は続かない。女性が天皇になった場合、

皇室に入る人間はいるか?

この道場に参加するまでは、主人と私の考えは違い、討論して

いました。

でも今回の話を聞いて、私は考えは変わりました。

主人の考えの方が、正しいと思いました。

(大阪府・43歳女性・主婦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我々の方に考えが変わったのなら素晴らしいことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆女性天皇・女性宮家のおムコさん問題については、

ヨーロッパの王家の王配殿下の方々が参考になると思います。

ヨーロッパの王族の時代の継承者は、プリンセスばかりです。

(埼玉県・37歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まことにそうですね。

日本でも婿入りは家を継ぐには普通にあったことですから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆眞子さま佳子さまの未来を早く決めてほしいと思います。

男系はカルトです。少し…同じ男としてはずかしいですし、

本当に気もち悪い議論は終わらして女性宮家を創設してほしい。

男系なんかくそくらえです!!!

(福岡県・31歳男性・パン屋のパート)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「男系こそ伝統」と言い張ること自体が男として恥ずかしい

というのは本当ですよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆私は、自称保守派の影響力の強い神社界に身を置いており

ますが、最近、多くの神職は天皇陛下は尊いものだと思う

だけで、結局は無機質な存在としてしか認識せず、残念なこと

ですが深い関心を持っていないのではないかと感じています。

陛下をはじめ皇族方の人格を尊重することは皇室にとっても

大切なことですが、我々国民が正しい尊皇心を持つ上でも

大切なことではないかと思います。

人間的な温かみを感じるからこそ、陛下に親しみを感じ、

親しみを感じるからこそ、このお方をお支えしたいと自然に

思うのではないでしょうか。

(愛知県・27歳男性・神職)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロボット天皇に「権威」は発生しないし、国民の親しみを

なくしたら天皇制はもちません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆第2部最後で高森先生が、天皇や皇族が裁判を起こす事は

事実上できない旨の話を聞き、天皇や皇室を「神聖不可侵」に

追い込んで、政治権力をはじめとした周囲が、いかに天皇や

皇族をないがしろにしているか思い知りました。

オープンに語られない事というのは非常に恐ろしい話だと

思います。

(千葉県・42歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇を「制度」の檻に入れて、「人格」を無視しろという連中

とは、断固戦わねばならない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆最後に高森先生がお話しされた皇族方が名誉棄損された

場合に訴える事が出来るように、という法案も、是非作られて

ほしいと思います。

(愛知県・38歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保守なら「守る」ことをせねば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆すごく濃厚な時間でした。こんな充実した時間は、

ゴー宣道場でないと過ごせません! 

その割には、あっと言う間に時間が過ぎてしまって、

笹師範、時間を間違ってません!?とさえ、思ってしまい

ました。本当に、すっきりするお話ばかりでした! 

この勢いで、わけのわからないことを言っている奴等を、

知的に追いつめないと!ですね。

これでAやYやTを後ろからやらないで、済むかもしれません。

まだ安心はできませんが…。

細野議員、山尾議員、大変お忙しい中、本当にありがとう

ございました。

(東京都・40歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういう話をしてたら「共謀罪」で捕まるからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆細野・山尾両議員が相当の覚悟を持って皇位継承をはじめ

とした皇室の諸問題に取り組んでおられる事が分かって

大変勇気づけられました。

政治家はどうしても妥協をせまられる場面が多い中で、

ひるまず気おくれせずに成果を出されつつあるご両名を

一国民として後押ししたいと強く思いました。

(群馬県・32歳男性・家事手伝い)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この二人の議員は皇統問題以外でも応援したいものです。
~~~~~以上はゴー宣道場 よしりんの『あのな、教えたろか。』より~~~~~

私も参加しましたが、ほぼ同様の感想になりました。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

【転載】「尊皇派議員」とシンクロ率120%の道場!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

風邪で死にそうなので転載させていただきます。
ここ2か月は転載や短稿になると思います。ご容赦ください。

~~~~~以下転載開始~~~~
https://www.gosen-dojo.com/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=8857&comment_flag=1&block_id=57#_57

政治家ゲスト回始まって以来の「尊皇派議員」細野豪志さんと山尾志桜里さんをお迎えしての、第61回ゴー宣道場。

細野さんは、昨年8月8日の陛下の「玉音放送」に対して、そうしなければならない立場に陛下を追い込んでしまったということが、「申しわけない」と発言されました。

その上で、あの「玉音放送」は、陛下ご自身が「国民と共に手をたずさえて」平成という時代を歩んできたとおっしゃられたのが、もっとも本質的なところではないかと指摘されました。

国民にとっての天皇は、昭和においては神から人間への移行期だったのではないかというのが細野さんの考えで、今上天皇は、高みに立つことで距離が出来てしまうことを避け、細野さん自身、出来るだけ国民の目線に立とうとされてきたのを、すぐ近くで目の当たりにしてきたといいます。

たとえば被災地に行っても、政治家なら、不満や窮状を聞いてとりあえず「対処します」と言うことは出来ます。けれど天皇陛下は、それをただ聞かなければならないお立場。

その現場を見てきた細野さんは、それがどれだけつらいことか、想像にあまりあるとおっしゃていました。

 山尾さんは、「42歳の私にとっての天皇陛下の姿」は、(ハンセン氏病の人など、いまなお帰るべき場所のない人を含む)すべての国民とともに喜び、悲しみ合う今上天皇であり、そういう天皇陛下と国民との間柄が「いまの時代にあることは間違いない」とおっしゃいました。

 その発言を聞いた途端、私の中でもこみあげてくるものがありました。

 私自身、以前ブログにも書きましたが、8月8日のお言葉で、一番胸がつかれたのは、細野さんが指摘した、「国民と共に手をたずさえて」こられたということを、陛下自ら国民である私たちにおっしゃられたときの幸福感でした。

 二十代の頃、「平成」という元号の名前を初めて知った時、ずいぶん薄っぺらい、平坦な時代が始まる感じがして、若者特有の反発心を抱きました。現状に満足するのではなく、否定し打開していかなければならないという生意気な思いもありました。

 けれども、陛下のお言葉を聞いて、「自分たち国民は、なんて幸せな時代に生きてこれたんだろう」と初めて実感できました。

 と同時に、ここで陛下のご懸念を無視して、ふみにじるようなことをしてしまったら、「平成の国民は、最後の最後でなんてひどい選択をしてしまったんだ」と、後の時代になって言われても仕方がないだろうと思いました。

 山尾議員は「皇族、天皇の国民に寄り添うあり方。そこだけは残さないと天皇制が続かない」とおっしゃいました。

 それこそが、今上天皇が平成の時代に国民とともに作り上げてきたものなのだなと、改めて認識いたしました。

 その最後の総仕上げとしての、ルールを伴っての、譲位の制度化の必要性。

 両議員とも不退転の決意で「おとしどころ(典範に特例法入れるなど)は作らない」「徹底的に議論の公開を求める」と宣言されました。

 私たち国民も「尊皇派議員」と思いを一つにして、平成を最後まで「いい時代」にしようではありませんか。

~~~~~~以上、転載終了~~~~~

細野議員と山尾議員には言いたいことが山ほどありますが、
皇室典範改正に関しては何もいうことはありません。

頑張ってください。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

細野豪志氏の「旧宮家の復帰」批判に反論できるものならしてくれよ

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~以下は産経ニュースより~~~~~
http://www.sankei.com/politics/news/170127/plt1701270023-n1.html
民進・細野豪志代表代行 旧宮家復帰「到底国民に受け入れられない」
2017.1.27 18:32更新

民進党の細野豪志代表代行は27日の記者会見で、安定的な皇位継承を図るため、安倍晋三首相が首相就任前に旧宮家の復帰などを提唱したことに関連し「この時代にあって、国民の知らない方が突然皇籍復帰し『この人が(天皇)陛下です』といっても到底受け入れられるとは思わない」と述べ、改めて批判した。

 細野氏は、「陛下が存在するだけに意味があるのではなく、存在していただいた上で行動して、国民が本当にありがたいことだと思うのが伝統の継承であり、統合の象徴だ」と指摘。

 さらに首相が26日の衆院予算委員会で、旧宮家の復帰などを「首相就任前に、一つの選択肢としてあり得るのでないかと考えていた」と述べたことについて「首相もそういう考え方を持っていることが昨日分かった。本来、天皇制を何より重要視している保守派の方々がこうした議論をするが、到底国民は受け入れられず、皇位継承自体を危うくする」と強調した。

 そのうえで、女性皇族が結婚後も皇族の身分にとどまる女性宮家の創設について「早急につくっておかないと、場合によっては手遅れになりかねない」と述べ、導入に向けた議論を加速するよう求めた。

 細野氏は、天皇陛下の譲位に関する法整備について「閣法(政府提出法案)にこだわる必要は全くなく、議員立法で各党派が合意できるのが非常に望ましい」とも言及。衆参両院議長らが与野党の意見の取りまとめを進めているのを踏まえ、「国権の最高機関である国会で、われわれの目指す結論に至るように努力していく」と述べた。
~~~~~以上、産経ニュースより~~~~

>>細野氏は、「陛下が存在するだけに意味があるのではなく、存在していただいた上で行動して、国民が本当にありがたいことだと思うのが伝統の継承であり、統合の象徴だ」と指摘。

おお(#^^#)
細野氏は国民統合の象徴たる天皇というものの本質をズバリ指摘されてます。
小林よしのり氏の薫陶よろしいのかな(嬉)

>>民進党の細野豪志代表代行は27日の記者会見で、安定的な皇位継承を図るため、安倍晋三首相が首相就任前に旧宮家の復帰などを提唱したことに関連し「この時代にあって、国民の知らない方が突然皇籍復帰し『この人が(天皇)陛下です』といっても到底受け入れられるとは思わない」と述べ、改めて批判した。

その通り。
そもそも旧宮家系国民男子の中で皇籍取得を受け入れる方が本当にいらっしゃるのかも不明です。
私はいないと思いますが、いると言い張るのであれば、是非とも連れてきていただき、記者会見を行うべきだと思います。

男系固執論者にいいたい。
細野氏の批判に真っ向から反論してみてほしい。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』を出版しました。
『家賃半額(仮)』と『住宅資産倍増計画(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR