硬軟織り交ぜるトランプ外交!最も賢い国家の立ち回り!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日はアメリカの大統領補佐官と国務長官の発言を分析し、
アメリカの北朝鮮に対するメッセージを汲み取りたいと思います。

最近、人気ブログランキングが急上昇しているような・・・なぜ?

~~~~~~以下はNHK NEWSWEBより~~~~~~
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170417/k10010950891000.html
米補佐官 対北朝鮮で外交による解決に努める姿勢
4月17日 6時18分

アメリカ、ホワイトハウスのマクマスター大統領補佐官は、16日の北朝鮮によるミサイル発射について、「挑発行動の一環だ」としたうえで、ミサイルの発射や核実験をやめるよう求めるとともに、アメリカとしては北朝鮮との軍事的な衝突に至らないよう外交による解決に努める姿勢を示しました。

アメリカのホワイトハウスで安全保障政策を担当するマクマスター大統領補佐官は16日、ABCテレビのインタビューで、16日の北朝鮮によるミサイル発射について、「挑発的で脅迫的な北朝鮮の行動パターンの一環だ」と述べました。

そして、たとえ失敗でも発射が繰り返されることで技術を進展させているとして、「北朝鮮がこうした武器の開発をやめ、非核化に取り組むことが極めて重要だ」と述べ、ミサイルの発射や核実験をやめるよう求めました。

また、マクマスター補佐官は、北朝鮮に対するトランプ政権の対応について、「すべての選択肢がテーブルの上にある」と述べ、あらゆる可能性を排除しないという考えを示しました。

一方で、「日本と韓国だけでなく、中国との間でも緊急の問題だという共通認識がある。われわれにとっては、今こそ武力行使には至らない、あらゆる行動を取り、平和的な解決に努める時だ」と述べ、アメリカとしては軍事的な衝突に至らないよう外交による解決に努める姿勢を示しました。

トランプ大統領 中国の対応に期待感

北朝鮮への対応をめぐり、アメリカのトランプ大統領は16日、みずからのツイッターに「中国がわれわれとともに北朝鮮の問題に取り組んでいる時に、なぜ私が中国を為替操作国と呼ぶことがあろうか」と投稿しました。

そのうえで、「そのうち何が起こるかわかるだろう」と述べて、今後の中国の対応に期待を示しました。

トランプ大統領は、今月行われた米中首脳会談で習近平国家主席に対し、北朝鮮問題でアメリカに協力すれば、見返りに貿易面でよい取り引きができるとして対応を迫ったことを明らかにしています。
~~~~~以上はNHK NEWSWEBより~~~~~~~

~~~~~以下はブルームバーグより~~~~~~~

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-09/OO5W8S6KLVRZ01
米国は北朝鮮の体制転換目指していない-ティラーソン国務長官

Heesu Lee、David Tweed
2017年4月10日 07:06 JST 更新日時 2017年4月10日 07:20 JST

ティラーソン米国務長官は9日、米国には北朝鮮の「レジーム・チェンジ(体制転換)」に関心がないと述べた。北朝鮮の核兵器プログラムを巡る緊張が高まる中で、原子力空母カール・ビンソンをはじめとする米海軍の空母打撃群が朝鮮半島に向かっている。

  米海軍のウェブサイトに掲載された声明によると、シンガポールから北上中の同打撃群はカール・ビンソンや誘導ミサイル駆逐艦、誘導ミサイル装備巡洋艦などで構成される。当初はオーストラリアに向かう予定だった。

  米太平洋軍のデーブ・ベナム報道官は9日、「西太平洋で準備とプレゼンスを維持する慎重を期すための措置として、米太平洋軍はカール・ビンソンを中心とする打撃群に北上を命じた」と説明。「無謀さと無責任で不安定化を招くミサイル試射プログラムおよび核兵器能力を追求する北朝鮮が引き続きこの地域の最大の脅威だ」と述べた。

  マクマスター大統領補佐官( 国家安全保障問題担当)は「FOXニュース・サンデー」で、空母打撃群を朝鮮半島に向かわせたのは「慎重を期す」ための措置だと発言。「北朝鮮は挑発的な行為を繰り返している。このならず者政権は今や核保有政権だ」と語った。

  マクマスター氏はさらに、中国の習近平国家主席とトランプ大統領がフロリダ州での首脳会談で、朝鮮半島の非核化の必要性で一致したと指摘。トランプ大統領は「そうした脅威を取り除くための全ての選択肢の準備を整えるようわれわれに求めた」と述べた。

  ティラーソン国務長官はABCの番組「ジス・ウイーク」で、米国は朝鮮半島の非核化を望んでいるが、「北朝鮮の体制を転換させる目標はない」と述べた。ただ、6日の米国によるシリア攻撃の決断を北朝鮮は留意すべきかとの質問に対し、「いかなる国」も「国際的な規範や合意に違反し、義務を果たさず、他国への脅威となれば、ある時点で対応が取られることになろう」と答えた。

  一方、北朝鮮の外務省報道官は米国によるシリア攻撃を「絶対に許されない」行為だと非難。無謀な行動から自国を防衛する能力を強化すると述べた。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

原題:U.S. Isn’t Planning North Korea ‘Regime Change,’ Tillerson Says(抜粋)
~~~~~~以上はブルームバーグより~~~~~~~

トランプ外交は非常に硬軟織り交ぜた賢明な外交であると私は評価しています。
北朝鮮からの先制攻撃や挑発行動(核実験実施等)に対しては軍事行動を以て抑止する姿勢を前面に押し出しております。
しかしながら、圧力一辺倒というわけではありません。

例えば、大統領補佐官であるマクマスター氏は以下のように述べています。
>>一方で、「日本と韓国だけでなく、中国との間でも緊急の問題だという共通認識がある。われわれにとっては、今こそ武力行使には至らない、あらゆる行動を取り、平和的な解決に努める時だ」と述べ、アメリカとしては軍事的な衝突に至らないよう外交による解決に努める姿勢を示しました。

つまり、戦争は最後の手段であり、外交的解決に努めるとのことです。
私は以前の記事で米朝二国間協議になると書きましたが、それが将来的に実現するかもしれません。
大統領補佐官の発言は軽いものではないからです。

また、ティラーソン米国務長官は以下のように発言しました。
>>ティラーソン米国務長官は9日、米国には北朝鮮の「レジーム・チェンジ(体制転換)」に関心がないと述べた。

つまり、金王朝(金一族による独裁体制)の崩壊を目的として圧力をかけているわけではないということです。
これは金正恩としては朗報でしょう。交渉に入りやすくなります。
北朝鮮という国家の最重要目標は「金王朝の存続」なのです。
したがって、それを保証してやれば何らかの取引に応じる可能性があります。

軍事力を背景とした強烈な圧力をかけて、外交的解決のための下準備もしていることがわかります。
外交のお手本のようなこの対応。
トランプというのは国際社会の危険因子や不安定要因と見られていますが、そうはならないでしょう。

むしろ国際社会において一番賢く立ち回っている国家指導者だと個人的には思います。

ますます私の予測が当たりそうな匂いがします。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄附します。2017年8月下旬に第3弾の寄附を行う予定です。どのような形で寄附するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
第一弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-766.html
第二弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html
◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
現在第6版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
スポンサーサイト

ロシアと北朝鮮の経済連携を破壊せよ

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~以下は日経新聞電子版より~~~~~~
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM18H9X_Z10C17A4MM0000/
ロシア、北朝鮮と新航路 万景峰号、制裁の抜け穴に
2017/4/19 12:30 日本経済新聞 電子版

【モスクワ=田中孝幸】
 ロシア極東の主要都市ウラジオストクと北朝鮮北東部の羅先(ラソン)特別市をつなぐ貨客船の定期航路が5月に新設されることがわかった。北朝鮮の弾道ミサイル発射などに対する制裁に伴って日本への入港が禁止されている万景峰(マンギョンボン)号が就航する。深刻化する北朝鮮の核・ミサイル問題にかかわらず、経済協力を進めるロシアの姿勢が浮き彫りになった。
万びょんぼん号
新潟港に入港する万景峰号(2003年8月、新潟市)

 新線の運航に当たるロシアの「インベストストロイトレスト」社のウラジーミル・バラノフ社長が日本経済新聞に明らかにした。万景峰号は両市を月6回程度のペースで往復する。第1便は5月8日に羅先の羅津港から出航し、9日午前にウラジオストク港に入港する。ウラジオで同日に開く第2次大戦の戦勝記念行事を乗客の北朝鮮市民や中国の観光客と祝った後、10日に羅先に向けて出港する予定という。

 朝鮮半島では核開発を進める北朝鮮に対して米国が軍事行動も選択肢とする姿勢を見せ、緊張が高まっている。ただ、米国と対立を深めるロシアのプーチン政権は北朝鮮が核開発を進める中でも同国と友好的な関係を保ち、労働移民の受け入れなど経済協力を続けている。国際社会が強める北朝鮮への圧力の抜け穴となる恐れがある。
~~~~~以上、日経新聞電子版より~~~~~~

ロシアと北朝鮮の経済連携が進んでおります。
ロシアを通じて、貿易を行い、外貨獲得を狙っていると思われます。

>>労働移民の受け入れなど経済協力を続けている。国際社会が強める北朝鮮への圧力の抜け穴となる恐れがある。

北朝鮮の外貨獲得に協力しているじゃないですか。
その獲得した外貨がミサイルや核実験の費用に充てられてしまうのです。
これは由々しき事態ですよ。

少なくとも日本の外務省は公式に声明を出して、抗議するべきです。
可能であれば、ロシアと北朝鮮の経済連携を破壊すべきです。
ロシアに経済制裁を発動してもよろしいと思います。

ロシアにとっての北朝鮮の脅威と我が国日本にとっての北朝鮮の脅威は段違いです。
ここは真剣に外交攻勢を仕掛けるべきなのではないかと。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄附します。2017年8月下旬に第3弾の寄附を行う予定です。どのような形で寄附するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
第一弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-766.html
第二弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html
◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
現在第6版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

インドの中国牽制を応援せよ! 後方支援と援護射撃を密にせよ

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~以下はNHK NEWSWEBより~~~~~~~
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170408/k10010941761000.html
インドがバングラデシュに巨額融資 中国けん制か

4月8日 20時25分
巨額融資 インドバングラデッシュ
インドのモディ首相は8日、隣国のバングラデシュのハシナ首相と会談し、防衛分野を中心に総額で45億ドルの融資を行うことで合意し、バングラデシュで影響力を強める中国をけん制する狙いがあるものと見られます。

インドのモディ首相は8日、首都ニューデリーを訪れている隣国バングラデシュのハシナ首相と会談しました。

会談で両首脳は、インドがバングラデシュに総額45億ドル(約5000億円)の融資を行うことで合意し、中でも、装備品の調達など防衛の分野への融資が5億ドル(550億円余り)に上っています。

会談のあとの記者会見で、モディ首相は「バングラデシュは高い経済成長と発展に向けて歩んでおり、インドとしては関係を強化することは喜ばしい」と述べ、合意の意義を強調しました。

バングラデシュには最近、中国が道路や発電所の整備などに参入し、去年10月には習近平国家主席が訪問して大規模な経済支援を表明しています。
中国は、バングラデシュをアジアとヨーロッパをつなぐ経済圏構想の「一帯一路」の重要な拠点と位置づけており、日本と並んで長年、インフラ整備などの支援を続けてきたインドとしては、今回の合意によって、急速に影響力を強める中国をけん制する狙いがあると見られます。
~~~~~~以上、NHK NEWSWEBより~~~~~~~

インドの中国牽制のための融資及び支援を支持します。
こういったことは日本も大規模にやるべきですが、それだけでは不十分なので、米国とインドにも手伝ってほしいのです。

こういった地道な努力と中国への嫌がらせを継続していただきたいと思います。

以上です。短稿ですがご容赦を
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄附します。2017年8月下旬に第3弾の寄附を行う予定です。どのような形で寄附するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
第一弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-766.html
第二弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html

====加筆修正予定====
現在第3版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在35,000文字

【戦争予測】トランプが習近平を間接的に脅した

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~~以下は朝日新聞デジタルより~~~~~~
http://www.asahi.com/articles/DA3S12883613.html
トランプ氏、会食中に伝達 シリア攻撃、習氏は理解示す 米中首脳会談

2017年4月8日16時30分

米軍のシリア攻撃に関し、トランプ米大統領が中国の習近平(シーチンピン)国家主席との首脳会談の日程の裏で攻撃命令を出し、夕食中に習氏に伝えていたことがわかった。外国首脳の面前で軍事行動を起こすというトランプ政権の異例な外交の一端が浮き彫りになった。

 ホワイトハウスのスパイサー報道官によると、トランプ氏はシリアの多数の市民がアサド政権によるとみられる神経ガス攻撃で死傷したと4日朝に情報機関などから報告を受け、対応の検討を指示。同日夜には軍事行動を含む「選択肢」が示されたという。

 国家安全保障会議(NSC)が選択肢を絞って計画を練った。6日、米中首脳会談が行われるフロリダ州パームビーチへ大統領専用機「エアフォース・ワン」で移動中にも、国防総省などとビデオ会議で協議。自身の別荘「マール・ア・ラーゴ」に到着した後の6日午後4時(日本時間7日午前5時)にNSCを開催。その場でトランプ氏は攻撃命令を出したという。

 最初の巡航ミサイルが発射されたのは午後7時40分ごろ。トランプ氏は約1時間前から習氏と会食中だった。午後8時30分ごろから、ミサイルが着弾し始めた。同時に、ペンス副大統領やマティス国防長官、ティラーソン国務長官ら政権幹部が手分けして、関係国の首脳や米議会幹部に攻撃したことを伝達した。

 ティラーソン国務長官が記者団に説明したところによると、トランプ氏は夕食の終了間際、習氏にシリアへの軍事行動を伝えたという。計59発の巡航ミサイルを撃ったことや、アサド政権が化学兵器を使用して国際合意違反を犯した結果だなどと説明。習氏は、説明に謝意を示した上で、子どもまでもが殺害されており、こうした軍事的対応は必要だとの米側の説明に理解を示したという。

 米国防総省によると、発射されたミサイルは標的にした59カ所すべてに命中。シリア軍戦闘機約20機や、レーダーを備えた地対空ミサイル施設や武器庫などを破壊したと明らかにした。ロシア国防省は59発中、23発のみが着弾し、破壊された戦闘機は6機と説明しているが、これを否定した。(パームビーチ=佐藤武嗣、ワシントン=杉山正)
~~~~~以上、朝日新聞デジタルより~~~~~~

まず、基本的なことから記述したいと思います。
私は今回のシリア空爆を消極的に支持します。

仮にシリアが化学兵器を使用したら、それは人道的にも国際的にも許されません。
また、トマホークによる軍事施設や武器庫などを狙ったというのも理解できます。
限定目標に対する暫定的なエアパワーの投射ということであれば、ギリギリ許される範囲なのではないかと愚考する次第であります。

さて、前置きは以上とさせていただき、本題を。

米中会談の日程の中で会食中にシリア攻撃を習近平に伝えていたことが判明しました。
これは間接的なブラックメール(脅し)だと思われます。

トランプ「今回はシリアを空爆するが、次は北朝鮮かもしれないよ?
ということです。

これは凄いことですよ。
この間接的なブラックメール(脅し)に対して習近平はどのように対処するのか見ものです。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄附します。2017年8月下旬に第3弾の寄附を行う予定です。どのような形で寄附するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
第一弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-766.html
第二弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html
◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
現在第6版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【再掲載】中国の対インド包囲網戦略『真珠の首飾り』とは

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~以下は産経ニュースより~~~

http://www.sankei.com/column/news/150214/clm1502140006-n1.html

【一筆多論】
中国の野望と戦略性に満ちた「真珠の首飾り」 宇都宮尚志
2015.2.14 09:05更新

「真珠の首飾り」「シルクロード経済圏」「一帯一路」…。何となくロマンの漂う魅惑的な言葉だが、その意図するところは野望と戦略性に満ちている。

 「真珠の首飾り」は中国がインドを取り巻く港湾を建設し、インド包囲網の構築を目指すものだ。また「シルクロード経済圏」とは、陸と海とでアジアと欧州を結ぶ、中国を中心とした経済圏を形成しようというものである。2つのルートを合わせて「一帯一路」と呼ぶ。

 中国はこの経済圏実現に、自らが主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立に加え、400億ドル(約4兆8千億円)を拠出し、各国のインフラ整備にあてることを表明した。

 中国が甘い言葉で持ちかける“夢の計画”に、周辺諸国も思わず乗り気になったに違いない。

 アジアは中国と米国がその影響力をめぐって、激しくぶつかり合っている場所だ。中でも中東からの原油輸送のルートとなっているインド洋は、米中印がパワーバランスを競う戦略的な海域である。ここで中国は、インドを囲い込むようにパキスタンのグダワル、スリランカのハンバントタ、バングラデシュのチッタゴンなどで港湾施設を整備し「真珠の首飾り」戦略を推進してきた。その要衝となるのがスリランカである。

 しかし今年1月、中国の戦略に大きな誤算が生じた。スリランカ大統領選挙で「中国一辺倒」だったラジャパクサ大統領が、シリセナ前保健相に敗北したからだ。シリセナ氏は欧米との関係修復や日中印との“バランス外交”を掲げる。海外メディアは「真珠の首飾りの最大の“真珠”が欠けた」と指摘したが、中国が心穏やかでないことは間違いない。

スリランカはもともと日本が最大の援助国だった。しかし、少数民族タミル人との内戦による人権弾圧が国際社会の批判を浴び、支援が減少。その隙を埋めるように中国が援助を拡大させ、2009年には最大のドナー国となった。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは1月、ラジャパクサ大統領の敗北を受けて「今やスリランカの友人は必ずしも中国とはかぎらない。米国は新政権が提供している機会を素早く利用するように動くべきだ」とするアーミテージ元米国務副長官らの意見を掲載し、軍事交流の復活を訴えた。

 1月25~27日にはオバマ米大統領がインドを訪問し、対中包囲網の形成を目指すとみられる「アジア太平洋、インド洋地域における共同戦略ビジョン」を発表した。

 ちなみに1月26日はインドにとって重要な祝日である共和国記念日に当たり、オバマ大統領の訪問は「米印関係が新たな段階に入ったことを意味する」と専門家は指摘する。昨年同時期には安倍晋三首相が訪印しており、「日米印」の連携が進んでいることを示している。

 安倍首相は昨年9月、スリランカ、バングラデシュを訪問し、関係再構築に乗り出したばかりだ。中国は経済協力をテコにインド洋での覇権維持を狙うが、今こそ「真珠の首飾り」戦略を断ち切る好機といえる。安倍外交の真価が問われるときだ。(論説委員)
~~~以上、産経ニュースより~~~~

>>ここで中国は、インドを囲い込むようにパキスタンのグダワル、スリランカのハンバントタ、バングラデシュのチッタゴンなどで港湾施設を整備し「真珠の首飾り」戦略を推進してきた。

海洋進出する中国は利用可能な湾港施設を増やし、海からインドを包囲する戦略でした。インド洋のシーレーンを脅かすつもりだったようです。

中国の対インド包囲網戦略、それが「真珠の首飾り」です。

包囲網を破る方法はただ一つ。弱い国家から順番に打倒するか、味方に引き入れるかです。

米国の工作でミャンマーが陥落した今、海洋戦略上重要な要所であるスリランカで反中国的なスリランカ大統領が出現しました。

中国の対インド包囲網戦略「真珠の首飾り」は崩壊したと見るべきでしょう。

我が国日本はスリランカとの関係強化を行い、中国を牽制するべきです。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄附します。2017年8月下旬に第3弾の寄附を行う予定です。どのような形で寄附するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
第一弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-766.html
第二弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html
◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
現在第6版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』を出版しました。
『家賃半額(仮)』と『住宅資産倍増計画(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR