怒れ愛国者!安全保障なめとんのか? F35が納入ができないと? ユーロファイターにしてくださいよ。

お世話になっております。

反逆する武士
uematu tubasaです。

最近は忙しすぎて発狂寸前でした。
やっとブログ更新できるかなと思ったら

これっすよ。


MSN産経ニュース よりなのか? ちょっと不明瞭ですが


FX(次期主力戦闘機)選定で 有力機に次々と浮上する問題
「米ロッキード・マーティン社の担当者は、日程調整がつかず不参加となった」──。司会進行役の説明に記者たちは呆れた。

 11月16日、日本外国特派員協会で、今注目を集める「FX(次期主力戦闘機)の選定」に関する合同公開説明会が開かれた。主催者側は、受注合戦を繰り広げる3社、すなわちFA18/EFを推す米ボーイング社と、ユーロファイターの英BAEシステムズ社、そして最有力視されるF-35ライトニング2を有するロッキード社に参加を要請した。だが、ロッキード社だけが来なかったのだ。

 欠席の背景には、「ロッキード社の“焦り”がある」(防衛ジャーナリスト)と言われる。

 ロッキード社のF-35は、敵に発見されにくいステルス性などの能力でほかの2機よりも技術的に進んだ“第5世代戦闘機”と喧伝され、日本の防衛省でもそのように位置づけてきた。だが、一方でF-35だけが開発中の機体であることから、スケジュールの遅延が懸念されていた。さらに最近では、新たな問題が指摘され始めた。

 米上院議会の軍事部会の席などで、あらためてF-35計画は当初の想定よりも開発コストが大幅増になる見込みが明らかにされた。その影響で、現時点で2015年とされる共同開発国への納入(初期作戦能力の獲得)が間に合わないのではないかとの疑念の声も出てきた。仮に、そうなると、日本の防衛省が次期FXに求める16年度中という納入期日も大きく影響を受ける可能性が高くなる。

 これまで強気の姿勢を貫いてきたロッキード社にとって、FX選定で微妙な時期を迎えた日本で懸念がムシ返されるのは、都合が悪い。加えて、実戦経験が豊富な改良型FA18やユーロファイターと実際の性能差を比較して細部を追及されれば、なお分が悪くなる。だから、同社は説明会への出席を拒んだと囁かれているのだ。

 防衛省は、ロシアや中国が第5世代戦闘機を開発中であるとして、それらの脅威に対抗するべくF-35を望んでいる。それでも欧米の3社を競わせたのは、F-35に高得点を取らせる条件設定でありながら、選定過程をフェアに見せるためだったという観測がある。

 たとえば、各社が提出した提案書では、1人乗りの機体しかないF-35に合わせ、各社に1人乗りの機体を使う運用計画を提案せよと指示しているのだ。常に、高額で最新型の機種を欲しがる防衛省の思惑が透けて見える。

 航空自衛隊が試乗可能なテスト飛行用の機体が存在しない問題を抱えながら、F-35は逃げ切れるか。それとも、相対的に割安なFA18やユーロファイターの大逆転となるか。はたまた、12年度の概算要求で計上した約550億円の使い道の再検討に着手するか──。

 12月中には最終的な結論が出ると見られる。1機当たり100億〜200億円の税金を投じる高額の買い物だけに、その結論と説明に注目が集まる。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 池冨 仁)
 

http://money.jp.msn.com/news/diamond/article.aspx?cp-documentid=5635704
     ↑↑↑↑↑ 上のURLから見てみてください。 

この記事からは防衛省の意図が解説されている。

デキレースなんじゃね?

ということです。

日本の安全保障をなめてるとしか思えない。

しかも納入が毎に合わないだ???????

ふざけてんのか? ロッキードは。

筆者は依然からユーロファイターを推してきたので
気に食わないこと気に食わないこと。

これで日本の防衛産業にダメージなんてきやがったらただじゃおかんぞ。

ただ、日本国民も悪いと思うのですよ。

なんで次期主力戦闘機選定問題に関心を持たないのですかね。

愛国者はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

核実験の場所がない? 本当にそうなのか? そもそも核実験の目的は? そしてちょっとだけ近況報告

大変お世話になっております。

反逆する武士 uematu tubasaでございます。

ありがとう氏のご質問

>>核兵器の実用化に必要な?核実験″はどこでやるんです?日本国内でというわけにもいかないでしょうし、どこか国外に場所を提供してもらえそうな国でも有るんでしょうか?

に関してお答えすることにいたします。

核実験に関する問題はふたつございます。

①核実験する場所を確保できるのか
②核実験できる場所があっても核実験場の近隣住民にどのように対処すればいいのか

この二つの問題に関して回答する前に核実験の目的は何か? という基本的なことを整理することに致しましょう。


【参考文献】
高田純『核と刀』明成社、2011年

核と刀 画像

核実験の目的は四点あります。

①開発した核弾頭の威力・動作を確認する
②開発した核弾頭の爆発効果の確認
③核攻撃に関わる軍事演習
④核実験国の核保有の証明

以上です。

なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

改めてこのようにまとめるとちょっと怖いです(汗)。

ではでは本論に入りましょうかね。

1963年の部分的核実験禁止条約以後、基本的に核実験は地下でしか行えません。

空中、地表、高高度での核実験は、物理的には可能ですがぶっちゃけて言いますと、危険すぎるのです。ニュークリア・ハザードが危なすぎるので、通常やりません。

核実験するには実験作業員および周辺住民を保護しなければなりませんからね。

人民の生命軽視、他国に対する配慮なんてないにも等しい北朝鮮ですら地下核実験ですし。

 よって日本が核実験を遂行するのであれば、地下500メートルから1500メートルほどの地下核実験が妥当であるといえるでしょう。
 ちなみに高い山に長い横穴を作り、その奥で爆発させる方法もありますが、日本にその横穴を作れる山があるか不透明ですので、私はあまりこの方法には賛同できかねます。
 日本は活火山が多いですしね。

 地中深くの核実験場は核爆発で生じるニュークリア・ハザードを完全に(といっても完全は極めて厳しいのですが・・・)封じ込めなければなりません。

 我が国日本の事情に鑑みて、注意すべきは
①放射性物質の拡散
②核爆発による衝撃波で発生するであろう小規模地震
③地下水汚染

であると言えるでしょう。

なので結論は無人離島での地下核実験となります。
もちろん放射線防護対策をしっかりと行い、周辺住民を避難させ、周辺海域を海上封鎖すべきでしょう。

それには海上自衛隊と航空自衛隊の協力が不可欠です。

核実験を邪魔しようと極左活動家が漁船やヘリコプターで大量に核実験場として定められた離島に押し寄せるでしょうからね。

核実験が国内で行えない場合も考えましょう。

方策は2つございます。

①アメリカに協力を要請して核実験場を貸してもらう。
②アフリカ諸国に協力を要請して核実験場建設を許可してもらう。

アメリカは冷戦期に作ってそのままにしてある核実験場がある可能性があるので、そこを貸してもらったり、核実験可能な土地を貸してもらって日本の資金で核実験場を建設する許可をもらえばいいでしょう。

もちろん核実験場の建設はアメリカ人の雇用創出のためアメリカ企業に依頼しましょう。

アフリカ諸国は日本のお金がほしくてたまらんでしょう(国内を潤すために)。

よってお金で解決しましょう。

アフリカの土地で岩盤の強固な場所を選定します。

あとは交渉次第でしょう。

5兆円でいいのではないでしょうか?

核実験そのものが行えない場合のことも考えましょう。

日本にはスパコン(とっても高性能なコンピュータとご理解ください)が存在するので、核実験そのものをシミュレートすれば核実験と同程度とはいきませんが、少なくとも仮想敵国の都市を戦略爆撃できるだけの威力が発揮されるかぐらいはわかるのではないでしょうか?

ここらへんは技術者に対するヒアリングで明らかにされると思います。

結局、核実験の場所がないから核武装止めよっていうのは思考停止してるだけなんじゃないか? と大変失礼ながら思ってしまうのであります。

以上です。かなり大雑把ですがいかがでしょうか? わからない点や感想をお待ちしております。

思考を止めるな! あきらめるな! って思われた愛国者の皆さんはクリックお願いします。 
人気ブログランキングへ
お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
 





天皇陛下のことが心配すぎて発狂しそう その2

以下はMSN産経ニュースより

陛下、最高39度近い発熱 宮内庁がご病状を説明

2011.11.15 19:46 [皇室]
天皇陛下2

  天皇陛下
 

 気管支炎のため、東京大学医学部付属病院(東京都文京区)に6日から入院されている天皇陛下について、宮内庁の金沢一郎皇室医務主管と東大病院の門脇孝院長が15日、病状を公表した。せきの症状のほか、最高で39度近くになる発熱が時折みられており、抗生物質の投与を受けられているとした。

 陛下のご入院後、医療関係者が詳しい病状を明らかにしたのは初めて。金沢氏は「退院しても、今月いっぱいは御所で静養いただくようお願いしている」と説明している。今月23日には、宮中祭祀の中で「最も重要」(宮内庁)とされる新嘗(にいなめ)祭が予定されている。

 陛下は6日夜、気管支炎による発熱とせきの症状でご入院。退院を予定していた11日朝に37度台の発熱とせきの症状がみられたため、退院を延期された。最適な治療法を見つけるため、病院では複数の抗生物質が使われているという。


天皇陛下ぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

仕事で疲れ切った体に緊張が走る。

ちょっと本当に大変な状況らしいです。

一刻も早いご回復をお祈り申し上げ奉ります。

東京大学医学部に天皇陛下によからぬ感情を持っている人間はいないだろうな?

天皇陛下に何かしたら右翼に殺害されるんじゃないすかね?

天皇陛下は本当に激務状態なんですよね。

天皇陛下のご公務軽減を切に望む次第です。

なんで保守派は天皇陛下に無関心でいられるんでしょうかね?

想像するのもいやですが、万が一のことを考えて皇位継承問題を集中的に審議する時期に来ているのではないでしょうか?

小林よしのり氏は女系公認論を展開していますが、本当のところどうなんでしょ?

じっくり議論すべきでしょう。

お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。


よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

私の自宅に新しいPCがキター 核武装関連の質問に答えるぞ!

大変お世話になっております。

反逆する武士 uematu tubasaです。

やっとこさ念願のノートPCが来ちゃいましたよ♪

acerのノートPC

メモリ4GB

CPU:corei5

OS:windows7

HDD:450GB

快適ですな!!!

かなりデータ処理が速いです。
これならブログもはかどります。

最近ブログ更新できなかったのは、仕事でPCを使いまくっていて時間がなかったからなんです。

本当に皆さんにはご迷惑おかけしておりますです。はい。



ってなわけでサクサクいきましょか。

>>はじめまして。自分も核武装賛成派なんですが
1 地震の多い日本で核ミサイルを持つことに関する危険性
2 狭いこの領土で核武装することでどれだけの抑止力を示すことができるのだろうか
 

>>最近はこの2点の疑念が出てきて悶々としています。
これがすでにクリアできているのなら日本は核武装すべきだと思います。
[2011/11/09 02:03] URL | Jick #- [ 編集 ]


Jick氏の質問のお答えしましょう。

大変いい質問ですね(池上彰風のしゃべり方で)

>>1 地震の多い日本で核ミサイルを持つことに関する危険性
確かに、我が国日本は大地震が生じるリスクが存在しております。

そして地上発射型大陸間弾道ミサイルなどを保有するということになった場合、
危険な状況になる可能性はあるでしょう。

しかしながら、反逆する武士 uematu tubasaが提唱する核武装体制は
原子力潜水艦に潜水艦発射型弾道ミサイルを搭載しての核攻撃体制であります。

まずもって地震での危険性は皆無と言えるでしょう。

日本が地上発射型の弾道ミサイルを持たなければ大丈夫だと私は考えます。


>>2 狭いこの領土で核武装することでどれだけの抑止力を示すことができるのだろうか
確かに、中共(中華人民共和国)やロシアなどと比較すれば日本国の領土は狭いでしょう。

しかしながら、日本と同等もしくはそれ以下の領土しかないイギリス、フランス、イスラエルは
抑止力を示せていないのでしょうか?

それは違いますよね。

抑止力を示すことができるか否かは領土の広さではありません。

仮想敵国による侵略を思い止まらせるだけの最小限度の報復核攻撃ができる体制が
構築されているか否かが問題なのです。

よって私は、仮想敵国の先制攻撃で全滅しない報復核攻撃体制である
「原子力潜水艦に弾道核ミサイルを搭載して、24時間反撃できる核武装体制を構築せよ」
と主張しているのです。

ご理解いただけましたでしょうか?

わかりにくい、もっと質問がある

そんな時はお気軽にコメント欄までよろしくお願いします。

Jick氏はかなり的確な感性をお持ちなので、拙ブログを読んだり、
核武装関連のブログを読んだりすることから始められればよろしいかと。

応援よろしくお願いします。


お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。


核武装万歳!って思われた方はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

天皇陛下のことが心配で発狂しそう!

大変お世話になっております。

反逆する武士 uematu tubasaでございます。

まずは以下のMSN産経ニュースから


天皇陛下が気管支炎でご入院
2011.11.6 20:25
天皇陛下
入院のため東大病院に入られる天皇陛下と、付き添われる皇后さま=6日午後8時16分、(大西史朗撮影)
 

 宮内庁は6日、天皇陛下が風邪による発熱と気管支炎のため、同日夜に東京都文京区の東京大学医学部付属病院に入院されたと発表した。「これまでの疲労が相当蓄積し、体の抵抗力が低下しているため、大事を取って入院される」としている。政府は同日、持ち回り閣議で、国事行為の臨時代行に皇太子さまが当たられることを決めた。

 宮内庁によると、陛下は最近、軽い気管支炎に繰り返しかかっていたが、今回はこれまでより重いご症状という。発熱の症状は3日午後からみられており、以降は行事などの出席を控えて静養されていた。

 陛下は今年2月にも、心臓の冠動脈の精密検査を受けるため東大病院に1晩入院されている。

 皇太子さまの臨時代行は「7日から当分の間」とされる。7日に皇居・宮殿で行われる秋の勲章の親授式には、皇太子さまが臨まれる。

 宮内庁によると、皇太子さまが陛下の国事行為を臨時に代行されるのは、陛下がカナダ、米国を訪問された平成21年7月以来。病気を理由とする代行は、15年1月16日から2月18日までに続いて2回目。

 6日には皇太子さまが、陛下の名代として東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれた知的障害者と家族の団体「全日本手をつなぐ育成会」の式典にご出席。「育成会が長年にわたるその活動を通して、障害者とその家族のさまざまな苦労を分かち合える仲間を作ってきたことは、その人々にとり、どれほど大きな支えになったことかと思います」と、陛下のお言葉を会場に伝えられた。


天皇陛下の一刻も早い御快復をお祈り申し上げ奉ります。 

ぶっちゃけて申しますと、私は「反逆する武士」というブログを運営しておりますけれども、天皇という日本文明の核であり、無私の存在に対してはただひたすらに忠義忠節を尽くす覚悟でございます。

なんでもっとニュースにならないのでしょうかね?

なんで愛国者は騒がないのでしょうか?

我が国日本に尊皇派はいないのでしょうか?

とっても不思議で仕方ないです。

もっと天皇陛下を心配せよ!!!!って思われた尊皇派はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
 

 

ゾロアスター氏への感謝とこれまでを振り返って

大変お世話になっております。

反逆する武士 uematu tubasaです。

まずはじめにゾロアスター氏に感謝申し上げます。

最近は体の調子も大方(といっても七割ぐらいですが)戻りまして、なんとかこうしてゾロアスター氏に返信できているという状況でございます。心配して下さって有難いことでございます。

現在のブログ更新に関するボトルネックに関して述べたいと存じます。

1、PCの故障(?)。

現在私が使用しているPCはノートPCなのですけど、性能が極端に悪いので頻繁にフリーズするのです。

改善策⇒可能であれば今年中にノートPC(可能であればパナソニックのお高い奴)購入。

2、仕事が忙しすぎて時間が無い。

というか通勤時間が長いので時間が無さ過ぎ。

改善策⇒引っ越しを来年2月までに。もちろん一人暮らし。

3、ブログ作成にかなり手間取る(ブログ更新に未だなれていない)

時間がかかるので更新ができない日が何日も続く。

改善策⇒ブログ更新を素早くやるための方法を発見したので実行。また、これまでいろいろなテーマを扱ってきたが一つに絞る。


現在の政治に関して


現在の政治が混迷を深めているいるのは皆さんもご承知のことと存じます。

TPP、復興増税、安全保障問題、尖閣竹島北方領土、サイバーテロ

しかし、私は一つのテーマ【次期主力戦闘機選定問題】を取り上げたいと思います。

以前に記事の増補改訂版をUPするという形になるかもしれませんが・・・。



今までを振り返って。


今年の3月にブログを開始して8か月ぐらいですか・・・・感慨深いです。

東日本大震災、就職難、父親との軋轢、仕事に何とか馴れるよう必死に働く。

いろいろございましたよ本当に。

しかしながら、未だ、核武装本の出版までは遠い道のりです。

ブログ更新の精度を上げつつ頑張っていく所存でございます。

今後ともよろしくお願いします。

今後とも応援してやっかとお思いの愛国者はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』を出版しました。
『家賃半額(仮)』と『住宅資産倍増計画(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR