精神的疲労がピークな状況ですが・・・

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近仕事が引き継ぎモードにメタモルフォーゼでございます。

事業部が廃止されるので、今までやってきた業務を書面化して引き継ぎを2月中までに完了せよとのミッションがあるのです。
とんでもない苦痛(笑)。

廃止される事業部だから仕方ないですし、新規事業は立ち上げも大変ですし、終わらせるのも大変なのです。

しかも派遣元からいろいろ面倒くさいこと言われてしまうし。

精神が削られることばかりなのでございます。

しかしながら体調を万全にしなければなりません。
なんたって三橋貴明氏の講演会ですよ?

絶対風邪引けない。
絶対インフルエンザになってはいけないのでございます。

それでもこうしてブログ更新できるのはこの拙ブログを応援してくださる皆様におかげなのでございます。

本当に感謝しております。


皆様は身近な人に感謝の気持ちを伝えていますか?

何気ない「ありがとう」でも人はほっこりとした気持ちになれるものです。

なんて生意気なこと言ってみたりするのですがね。

よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

三橋貴明氏講演会のお知らせ 今後のブログ更新 近況報告

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下は三橋貴明氏「新世紀のビッグブラザーへ」からの告知でございます。


【三橋貴明講演「情報の歪みを正せ! 日本を蘇らせるために」】
日時:2月3日(金)
開演:15:00~ 
会場:福島グリーンパレス
住所:福島市太田町13-53
アクセス:JRご利用の場合 福島駅西口より徒歩2分程
費用負担:500円(講演会負担金として)
申込方法:FAXにて、社名又は個人名(領収書作成の為)及び希望人員をご記入上 024-536-6712番へ送信下さい。また、先着20名様限定ですので、ご留意ください。


反逆する武士 uematu tubasaは参加することが決定致しました。

ツイッターで告知しましたら、感想を教えてほしいとの依頼が来ましたので、頑張ってブログ更新致します。

今後のブログ更新について

以前もエントリーで書きましたが、皇位継承問題と次期主力戦闘機選定問題などを書きます。
それが終わりましたら、いったんお休みをいただき就職活動を頑張っていきたいと思う次第であります。

借金返済ありますしね。

現在実家暮らしなので、一人暮らししたいっす。

近況報告

体調は8割がた回復致しました。

それで、服を買ったり、書店で政治経済やビジネス本を購入したりしております。

また、何かありましたらご報告致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。



失業確定! 本日私は失業が決まりました。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

結論が出ました。

失業しました。

本当に大変なことになりました。

事情に関しては後日。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

未だ先が見えず!!! 失業の可能性

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

結論から申し上げれば決着つかず。

三月末まで働けるのか?
一月末でいきなり終了なのか?

という瀬戸際なのでございます。

私の困り切った姿を見かねたのか直属の上司が上層部に話をしてみてくれることになったのですが、どうなることやら全くわけわからん状況になっております。

先輩は私のことで柄にもなく神妙な顔になってるし、現場のパートさんには悲しい顔されるし、本当につらいっす。


私の仕事ぶりについて

上司からはそこそこ評価してくださっており、「俺が個人事業主で数字叩き出したなら引き抜くんだけどな」といわれたこともございます。

自慢ではありませんが、本当にうれしいものです。

話は変わりますが、最近ビジネス本に興味が湧いてきまして、読んでみようかと思っております。

皆様に紹介できればいいですね。

そのビジネス本ですが、本屋に行けば一杯売ってますよね。
どれを読めばいいのか私はわからなかったのです。

しかし、仕事で自己啓発関連のサイトなどを休み時間に見ていたらこんなブログを発見致しました。

督促OLの回収ブログ

凄くおもしろい。

ためになる。

そしてちょっぴり勇気をもらえる。

そんなブログです。

ここで営業関連の本とか仕事関連の本とか紹介されております。
このブログを参考にしながらビジネス本を読み漁っていきます。

いつかこんな楽しいエントリーを書くことを夢見てエントリーを終えることにします。

よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

失業の可能性

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

大変御無沙汰しております。

風邪に関しましては完治いたしました。

しかしながら、私の仕事が急展開を迎えました。

三月末までは働けるとなっていたのですが、1月末で終了するかもしれません。

ここのところ連日連夜の精神を削るような交渉の連続で精神的に厳しいものがございます。

詳しくは後日ご報告致します。

やはり最近思うことは「雇用の安定なくして国民生活の安定は成り立たない」と言うことです。

なぜかと申しますと、会社を辞めるのにも疲れますし、仕事を探すのも一苦労ですし、再就職するのも大変だからです。

私は結構評価が高い(人事担当者からそう言われました)のですが、事業があまりの深刻な不況で廃止しなければならぬとのことでした。

はっきり申し上げて事業を成功に結び付ける熱意が企業の上層部に欠けていたのではないかと思うのです。

生意気なことをブログでは言わせていただきます(笑)。

人事担当者には「経験がないことが欠点」って言われたのです。


新入社員に「経験がないことが欠点」ですって。

それはいちゃあいけないよ!!


そりゃ社会人一年生なのだから経験がないって。
当たり前だよー!


ちょっと脈絡のないこと書き連ねて見ましたが、明後日結果が出ますのでご報告します。

本当に厳しいことになってきたです。

よろしければクリックお願いします。



人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

極度の冷え込みで体調不良

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

みなさまお元気でしょうか?

私は体調不良状態絶賛継続中でございます。
そういえばよーめん閣下もお風邪をひかれたとか・・・最近インフルエンザが流行っているようですし。

宮城県は最近雪が結構降りまして、寒さがきつい毎日でございます。
おそらく私は風邪かと思われます。

体調回復しましたら、短い記事になるかと思われますが、更新いたしますので少々お持ちください。

よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

三連休集中連載! 皇統を守るために考えるべきこと

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

ここでまとめを書いてみたいと思います。

参考文献は 新天皇論 小林よりのり著

①本当は天皇陛下のご意思がすべてである。

皇位継承制度は皇室典範に定められている。
現在の皇室典範のままでは必ず皇統は行き詰るであろう。

女性宮家創設にしろ旧宮家子孫の皇籍取得にしろ皇室典範の改正が急務である。

ここで最初に考えなければならないことは「皇室典範」は皇室の家法であるということである。

明治期にできた旧皇室典範は大雑把に言えば改正は天皇陛下がお決めになることだった。
しかし現行の皇室典範では国会の議決に委ねられている。

これは異常な事態であるからして誰かが天皇陛下にお伺いするべきだろう。

②基本的には直系継承を優先しなければならない。

制度的には「直系女子か傍系男子」という選択をしなければならないのであって、敬宮愛子内親王殿下か悠仁親王殿下かという人気投票ではない。

皇位継承の原則は直系優先主義である。

北畠親房の『神皇正統記』では歴代の「代」数と共に「世」数も記されており、この世数は天照大神を「世系第一」として親から子への直系継承を示し、傍系継承には記されていない。

北畠は直系を「正統」と言って重んじていた。

他のブログには敬宮愛子内親王殿下を誹謗中傷するコメントが寄せられたり、雅子妃殿下の悪口を書く記事がUPされるなどしており

本当に尊皇派か? と首を傾げたくなるようなものが目立つ。

このブログにも事実誤認の本当にくだらない非公開コメントが寄せられており、反皇室の意思をありありと感じる。

感情的なことを排除して最悪の場合を想定した制度設計を行っていくべきであろう。
男子が生まれなければ続かない「神風だよりの制度」はもうやめた方がいいと私は思う。

③男系=皇統ではない。

男系こそが皇統であり、女系になったら皇統断絶であると主張している方がいらっしゃるがそれは誤りである。

現行皇室典範にはこう規定されている。

「皇位は皇統に属する男系の男子がこれを継承する」

つまり、皇統には男系・女系両方含まれている。

もし仮に皇統=男系ならば「皇位は皇統に属する男子がこれを継承する」と記されるはずである。

男系男子、男系女子、女系男子、女系女子が皇統に属しており、そのなかの男系男子が皇位を継承すると限定されているという理解が正しい。

考えるべき三点を書いたが、ここでご報告がある。

いろいろ考えた末に出した結論だが、皇位継承問題は一時凍結する。

もちろんコメントを書いてくれた方に対する返答がまだなので、それが終わったら一時この問題は棚上げすることにした。

理由①少なくとも皇位継承問題を考える上で小林よしのり氏の『天皇論』『昭和天皇論』『新天皇論』は読み込むこと必須であると考えたから。

この皇位継承問題は本当に難しいので小林よしのり氏の三冊は読み込まないと議論がかみ合わないと感じることが多く、もう少し体制が整わなければ論じることは不可能だとわかりました。

やっぱり、ある程度の知識がないと不毛な論争になりますね。

理由②私自身の力不足

この問題に手を出すのは早すぎたと反省しております。
書くべきことが多すぎます。

理由③核武装論の追い込みがあるため

現在、核武装論を出版するために頑張っている最中ですが、それと並行して皇位継承論をやっておりましたが、やはり三連休などのまとまった休みがないと書くのは厳しいです。

今後は国際政治、経済、安全保障(特に核武装論)に集中したいと思います。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

三連休集中連載!なぜ男系継承にこだわらなければならぬのか?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

ここで根本的なことを申し上げたい。

なぜ男系継承を維持しなければならぬのでしょうか?

このままでは悠仁親王殿下だけが皇室に残され皇位継承者がたった御一人という危険極まりない状況になるやもしれんと言うに。

「そういうものなんだ。理屈じゃない」という答えでは納得できない。
それでは日本国民になぜ男系継承なのか理解してはもらえない。

「神武天皇から一貫して男系継承が行われており、それが皇室の伝統なのであるから」
という答えがある。

しかし、それは本当なのだろうか?

女系継承の実例が実は存在している。

参考文献は 新天皇論 小林よしのり著

一例目は第37代斉明天皇(女帝)から第38代天智天皇(男帝)への皇位継承である。
天智天皇は斉明天皇の実子。

皇位が母から息子に継承されたのだから女系継承である。

二例目は第43代元明天皇(女帝)から第44代元正天皇(女帝)への皇位継承である。
元正天皇は元明天皇の実子。

皇位が母から娘に継承されたのだから女系継承である。

しかしながら、半ば強引にこれらの女系継承は男系継承であると男系絶対派は主張する。
なぜなら天智天皇は舒明天皇(男帝で斉明天皇の夫)の実子であるからして男系継承だとか言われている。

元正天皇は祖父が天武天皇であるから男系として遡って男系継承であると言われている。

ここで私なりに決定的なことを言わせてもらおう。
 もし本当に男系継承が皇室の伝統であれば、後年に「あの天皇の皇位継承は女系継承なのではないか? 」と言われるようなことはしないはずである。
 
 そうでなければ、後年に皇位継承に揺らぎが疑念が噴出し、国内が皇位継承のあり方をめぐり騒乱が生じる可能性があるからである。

 もし本当に男系絶対が皇統であるならば、女性天皇の後にその女性天皇の実子を皇位につかせるなんてことはあり得ない。
 他の男系男子を天皇にしてから、女系継承なのではないかと言われる可能性をゼロにしてから皇位継承を行うだろう。

よって男系継承は確かに継続してきた時期はあったが、皇室の伝統とは言えないのである。

それでも男系継承すべきと主張したいのなら私のような尊皇派でもわかるような根拠や理由をお教え願いたい。

明日に続く。

応援よろしくお願いします。




人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。





三連休で集中連載! 皇位継承問題での最重要点3つを提示する。この3つに男系絶対派は答えてくれ。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

皇位継承問題の重要な3点が小林よしのり氏によって提示された。

①皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

②旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?

③側室なしで男系継承が続くのか?
 

uematu tubasaなりにこの3点について思うところを述べてみたい。

①皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

この①に関しては現在のところ存在しないとしか申し上げることはできない。
本当に存在するのであれば、男系継承を主張するいわゆる保守派がもうすでに
旧宮家子孫と共に記者会見しているはずだからである。

もしそれでも存在すると言い張るのであれば、YOUTUBE上でもいいから
皇籍取得を覚悟した旧宮家子孫と共に動画を撮影してみせてほしい。

②旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?

この②については絶対無理であると思う。
私のような若者にしては古風な人間でも「時代錯誤」としか思わない。
また、日本人女性から猛烈な(私のような自称尊皇派よりも過激に)反対する。

もし、このようなことが実際行われてしまったら皇室に対する日本国民の尊敬の念が失われてしまうだろう。

③側室なしで男系継承が続くのか?

おそらく続かないと思う。

一時的に運よく男児が生まれることはあっても行き詰ると思う。

まず第一に結婚して子作りに励めば、子供に恵まれるとは限らないのである。

私の母親は長いこと医療関係者に接する機会があったが、
長いこと子供ができず、不妊治療してもうまくいかない例を何十件も知っている。

常識ではあるが、案外このことを知らない方が多いので私の母親の現場から聞こえてくる声を紹介してみた。

第二に、男児が生まれるまで子供を産み続けよという意見もあるが、晩婚少子化が叫ばれるこの時代に
そんな大変なことを皇族に依頼できるのであろうか?

例えば、結婚するのが遅くて、年齢的に御一人しか産めないとなった場合、女児がお生まれになったら
「男児が生まれるまで頑張れ」などと言えるのであろうか?

もし可能だとしても旧宮家子孫や悠仁親王殿下の配偶者にこんなプレッシャーになるような(結婚することの障害になるレベルの)ことを日本国民が主張していいのだろうか?

それは皇族の配偶者選びを極めて困難にする可能性が大である。

「女性宮家創設」に反対し、旧宮家子孫を女性皇族と結婚させて男系継承を維持しようとするものに告ぐ。

あまりこのようなことをブログに書きたくはないのだが、

常識を取り戻してもらいたい。

あまりにも常識からかけ離れている。

もうやめてもらいたい。

私のような若造がこんなこと言いたくはないが。

明日と明後日には皇位継承問題を取り上げます。

応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

【転載】思い切った良質の公共投資で景気回復を

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下は「ねずきちのひとりごと」より転載致します。


平沼赳夫先生

新年の見通しについて、すこし触れておこうと思います。

今年の春から初夏にかけて、衆院が解散選挙となるとは、昨年来このブログで何度か書かせていただいていますが、これには理由があります。
理由というのは、民主党野田内閣が新年度予算を国会で通すためには、野党との協議が必要だ、ということです。
たちあげれ日本の平沼赳夫先生の新年のご挨拶に、非常に素晴らしい文がありましたので、ご紹介します。

===========

【思い切った良質の公共投資で景気回復を】

大震災の影響、部品類の供給停止による減産や原発事故に端を発した強制節電、加えて止まらぬ円高やタイ大洪水の影響など、経済に大きな影を落としています。

震災復興のための増税など本末転倒です。今は最優先で日本の経済を活性化させることに全力を傾注し、雇用を確保し、国民生活を安定させることを第一に取り組むべきです。
そのことが被災地の復興支援に必ずつながります。

岩手県に普代村という小さな村があります。
貞観大地震、明治29年、昭和8年に発生した大津波で、多数の犠牲者が出た村です。

和村さんという十期、四十年勤めた村長が、県にかけ合い、国に話しをして一生懸命、高さ15メートルの防潮堤と水門を建設しました。
村民からは猛反発が出たそうです。

しかし和村村長は幾多の反対を押し切って、貞観大地震クラスの大地震・大津波に備え「村と村民の生命財産を守る」という信念を変えずに大堤防と水門を建設され、大震災の前に八十有余歳で他界をされました。

平成23年3月11日、大津波が普代村に押寄せましたが、和村村長の大堤防は14メートの津波を見事に防ぎ、行方不明者一名のみで死者負傷者ゼロ、3000人の村民の命が助かり、浸水も皆無でした。

目先の利益ではなく未来の危機に備えるという信念を通した政治家の見事さを立証しました。
村民の人々は今、感謝の気持ちで和村村長のお墓参りをしているそうです。

将来へ備えを固め、地方の中小企業が活気づくためにも、今こそ思い切った財政出動をおこない、
「コンクリートから人へ」ではなく、
「人の命と生活を守るコンクリート」推進に取り組むべきだと考えています。

良質な公共投資を推進し景気全体を浮揚させて所得水準を回復した後、増大する社会保障費や財政再建の問題に、真正面から取り組めばよいのです。
==========

まさ我が意を得たりの文章です。

震災から、あと少しでもう一年が経ちます。
けれどいまだに瓦礫さえ片付いていない。
政府の予算がまるで足りないのです。

被災地の復旧工事に50兆円かかると試算されていた。
7~8兆円の予算手当では、ぜんぜん足りない。あたりまえのことです。

加えて「復旧」というのは、もと通りにもどすことです。
本通りなら、また同じ地震、同じ津波が来たら、また同じ被害が起こる。
だからこそ必要なのは「復旧」ではなく、二度と被害の起こらない安全な町づくりの「復興」なのです。

他所の国に何兆円も配る余力があるのなら、なんで被災地復興に予算をつけないのか。
素人考えでも、おかしな話です。

自公政権の時代、政府は「箱モノ行政」という批判がありました。
景気対策や雇用促進のため、日本中に公共建物を建設した。
それが「無駄だ」と言われました。
だから「削れ」と言われた。

けれど被災地では、そのハコモノはおろか、道路も堤防もみんな流されてしまっています。
まさにハコモノ行政が必要とされている。
なぜ、造ろうとしないのでしょうか。
なぜ、二度と被災しない堤防を造らないのでしょうか。
なぜ、津波が来ても安心な行政官舎を建てないのでしょうか。
なぜ、市民の避難場所となる剛性の高い建物を築かないのでしょうか。

そのためにいまなら、200兆円くらい国庫支出しても一向に構わないのではないかと思います。
被災地復旧に50兆円必要なら、復興のために200兆円を計上する。
政府がそれを公言し、実行するだけで、おそらく今頃は、東北は震災特需景気で沸き返っている。

被災地に限らず、日本全国もそうです。
日本の就労者4千万人のうち、年収200万円以下の労働者が1千万人もいる。
将来の年金財源どころじゃない。
4分の1の労働者が、いまの生活自体がたち行かなくなっている。
外国人労働力を必要とする好景気時代ではないのです。
日本人の就労先が奪われている。

バブルが崩壊して、もう24年です。
その間、ずっと日本経済は下降直線まっしぐらです。
改革改革と称して、結果はなにもかもが悪くなっている。

平成にはいってからの不況は、「政治不況」です。
私たちの日本が持つ、誇るべき点を、政治が片端から凋落させている。
日本は経済が悪いのではないのです。
政治が、経済を失速させているのです。

たとえば日本の誇る建設技術です。
公共工事において、昔は談合があたりまえでした。
それが「安くなることは良いことだ」というきわめて安直な似非正義感で廃止となった。

そうではないのです。
一方に談合があり、一方に建設業者に確実に2割の利益が保証されていた。
だから公共工事は確実に利益があったし、談合によって確実に仕事が回って来る。
回ってこなくなるのは、中途半端でいい加減な仕事をして、業者間で総スカンを食った業者だけです。

「競争」という言葉があります。
談合で行っていた競争は、安いとか儲けるとかの競争ではなかったのです。
談合で行っていた競争は、「より良い仕事をする」ことが最大の競争要件だったのです。
日本人の最大の特性である、職人気質のより良い仕事をすることが、談合における最大の競争要素だった。
利益も仕事も行政と政治によって、ちゃんと守られていたのです。
それがぶちこわされた。

談合が廃止されたいまではどうか。
儲かることはまるで悪いことのように言われ、とにかく安ければいいのだという妙ちきりんな屁理屈がまかり通っている。
手抜き工事でもしないことには、利益が出ないから生活ができないと、人件費や材料費をケチるだけケチるから、誰も儲からない。飯が食えない。
おかしな話です。

日本全国不況で青息吐息で、しかも東日本大震災という未曾有の被災に遭いながら、国内向けの公共投資をするのではなく、日本より経済力をつけたと喜んでいる支那や、韓国に金を出すおかしな政治。
国益よりも外圧、国家観よりも野党の屁理屈ばかりを重視してきたから日本は、こうなった。

民主党が先の衆院選で勝利したのは、そういう国家観のない政治に、多くの国民が辟易していたことが最大の原因です。
だから「国民の生活が第一」と高らかに歌い上げた豪腕小沢一郎氏に、多くの国民が賛同し、票を入れた。
結果は、とんでもない売国政党だったのだけれど、その売国政党は、次の選挙では、国民から完全に見放されることでしょう。
地方選挙では、民主党は共産党以下の得票しか得れなかった地域がいくらでもある。

残念ながら、いまの選挙制度は、小選挙区制です。
小選挙区制は、二大政党制でもある。
少数政党には不利な選挙制度となっている。

ならば自民党は、過去のしがらみの一切を捨て、少数政党との連立を図り、何が何でも政権奪回を目指してもらいたいと思います。

昔、小泉さんが「自民党は私がぶっ壊します」と言って旋風を巻き起こしました。
いま日本に必要なのは、「戦後政治をぶっ壊します」という政治家であり政党です。
占領政治をいつまでも引きずる政治では、日本はなくなってしまう。

日本を取り返し、日本を再生させ、日本を護る決意と展望を持った政治が必要です。
その政党が政権を取れば、日本は変る。
そして、そういう政治を生むのは、他の誰でもない。
私たち日本人有権者です。

ご存知の通り、衆参は逆転状態にあります。
野田内閣が、予算を衆院で無事通過させたとしても、参院は通らない。
そのとき予算通過とバーターで、衆院は解散になる見込みが大です。
今年は4月から6月の間くらいに解散選挙が起こる。

民主党は、政権与党となって以来、失政の連続ですから、おそらく前回選挙のときのように、民主党の看板さえ掲げれば選挙で大勝利できる、という具合にはならないでしょう。
民主党は、大幅に議席数を減らす。

けれど問題は、だからといって、いまのままの自民党では、足して二で割る式のこれまでの政治手法では、自民党に票は集まりません。

いまこそ必要なのは、日本派の政治家、日本派の政党なのです。
そしてそれを選ぶのは、私たち日本人有権者だ、ということです。

日本人よ、いまこそ目を覚ませ。
日本人よ、いまこそ日本を取り戻せ。
そう思います。


大変素晴らしい論考でしたので転載させていただいた次第であります。

宮城県のとある田舎に住む平成生まれの若者としてねずきちさんの200兆円の財政出動を支持致します。

ねずきちさんの論考で思うことは「かなり年配の方なのにも関わらず若者の代弁者如き素晴らしいことをおっしゃるな」という点です。

昨今の言論界はいわゆる団塊の世代が牛耳っており、日本経済は成長しないのだという根拠もない俗説が蔓延しております。

はっきり申し上げて経済とは何か? という基本的なことすらわかっていないと思うのです。
経済とは「経世済民のことであり、世を治め、民を救うもの」

若者が希望を持てない社会、経済、政治を打ち破るのが責任感ある大人の態度ってものでしょう。
絶望という言葉すら生ぬるい状況なのです。

ねずきちさんの論考を見て

血が滾り、肉躍るとはこのことかと。
私の大和魂が大きく揺さぶられるものがございました。

この国難を日本のための日本人政治家と共に打ち克っていきたい!!!

そう思います。

応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

地味に緊迫しているのでは? イランがヤバイ!!!

以下はMSN産経ニュースより

イラン海軍がミサイル試射 欧米揺さぶり狙い?ホルムズ海峡周辺
2012.1.1 21:07 [米国]
 ホルムズ海峡周辺で大規模な軍事演習を行っているイラン海軍は1日、中距離ミサイルの発射テストを実施した。AP通信が伝えた。イランは軍事力を誇示し、イランへの制裁の動きを加速させている欧米諸国を揺さぶる狙いがあるとみられる。

 イラン側は、ミサイルはレーダー追跡を避ける仕組みを備えていると説明しているが、試射の場所や日時など詳細は不明。

 イランはイスラエルや湾岸諸国にある米軍基地などを射程に収めるミサイルを保有。イラン海軍は12月24日から10日間の予定で、オマーン湾やインド洋北部、ホルムズ海峡周辺などで軍事演習を実施。演習の最終段階として長距離ミサイルなどの試射を行うとしている。(共同)


「水を飲むよりたやすく」ホルムズ海峡の封鎖を示唆 イラン、原油に制裁の場合
2011.12.28 21:15
 イラン海軍司令官は28日、原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡は「完全にイランの管理下にあり、水を飲むよりたやすく封鎖できる」と述べた。一方で、現在は封鎖する必要はないとの見方を示した。イランの国営プレスTVなどが伝えた。

 ペルシャ湾とアラビア海を結ぶホルムズ海峡は世界の海上輸送原油の4割が通過する要衝。イラン海軍は24日から10日間の予定で、同海峡周辺で大規模な軍事演習を行っている。

 イランのラヒミ第1副大統領は27日、イランの原油輸出に制裁が科された場合には、ホルムズ海峡を封鎖すると警告。イラン産原油に対する制裁の動きを加速している欧米諸国をけん制した。(共同)


原油禁輸「絶対できない」 イラン石油相、EUをけん制
2011.12.11 22:01 [中東・アフリカ]
 イランのガセミ石油相は11日、イランの原油輸出に制裁を科すことは世界の原油市場に悪影響を与えるとの見通しを示し、対イラン追加制裁を検討している欧州連合(EU)がイラン産原油の禁輸に踏み切ることは「絶対にできない」と述べた。イランのメディアが伝えた。

 ガセミ氏は「欧州諸国に安定して石油を供給することがイランの方針だ」と指摘。一方で「欧州諸国にかわる市場を見つけることには何の問題もない」とも話し、EUの動きをけん制した。

 EU内では英国、フランス、ドイツが原油禁輸措置を要求しているが、イラン産原油への依存度が高いイタリア、スペイン、ギリシャは反対している。ロイター通信によると、イランは日量260万バレルの原油を輸出している。(共同)


大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本当に地味に緊迫しているイラン情勢。

本論に入る前にuematu tubasaとしてのイランに対する考えを表明しておきます。

「反米な態度をとることは理解できる」
「イスラエルの脅威に対抗するため核開発するのも理解できる」
「北朝鮮と友好関係を構築している点は絶対に容認できない」

簡潔にまとめるとこんな感じになります。

日本人って中東の問題にはあまり関心を示さない。

しかしながら「ホルムズ海峡」って単語を聞いて反応しない人間は国際政治を語る資格はないと思うのです。

なぜなら、我が国日本が絶対に死守しなければならないシーレーン(わからない方はググってみよう)が集まっているチョークポイント(わからない方はググってみよう)は


ホルムズ海峡
マラッカ海峡
バシー海峡


の三つなのですが、そのうちの一点「ホルムズ海峡」がピンチらしいのですね。

イランとしては欧州に原油を購入してほしい。
米国、フランス、ドイツ、英国などはイランの核開発を阻止せんとして制裁をしたい。

ということなのですよ。

なので日本としてはどのようにこの問題に対処すればいいのでしょうか?

私はイランに対して高度に政治的取引を持ちかけるべきだと思います。

「北朝鮮に関するすべての情報を日本に提供して、北朝鮮と国交断絶してほしい。その代り、制裁を受けて引き取り手が見つからない原油は日本が高値購入する」と。

上手くいったらホルムズ海峡封鎖という世界的混乱を避けられる。

日本はイランに対して発言権が強まる。
原油が手に入る。

いいことばっかし♪

また、今後イスラエルとの戦争が勃発しそうな場合、和平勧告を行ったりできる素地ができます。

経済大国として国家の威信が高まると思います。

積極果敢な自主外交を行おうぜ!!!
応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

天皇陛下はお心を痛めてらっしゃるのではないか?

 以下はMSN産経ニュースより

復興へ「英知結集、安全願う」天皇陛下 新年迎えご感想
2012.1.1 08:06 [皇室]
 天皇陛下は新年を迎えるにあたっての感想を宮内庁を通じて1日付で発表された。東日本大震災の復興に触れ、多くの困難な業務に取り組まなければならない年になる、という見通しを示しながら、「人々の英知が結集されるよう、また業務に携わる人々の作業が安全に行われるよう、願ってやみません」とされている。

 天皇、皇后両陛下は平成23年、前年に続いて海外訪問はされなかった。国内では宮城、岩手、福島の東北3県を含め、東日本大震災の避難所・被災地に3月末から7週連続で行くなどして、公的に12道県を訪問された。今年は、5月に山口県で行われる「全国植樹祭」、9月に岐阜県で開会する国体、秋に沖縄県で開催予定の「全国豊かな海づくり大会」などをそれぞれ訪問される予定。被災者や被災地に対しても、引き続きお心を寄せられる。


天皇陛下、新年のご感想全文
2012.1.1 08:04 [皇室]
 昨年は春には東日本大震災が起こり、夏から秋にかけては各地で大雨による災害が起こり、多くの人命が失われ、実に痛ましいことでした。また、原発事故によってもたらされた放射能汚染のために、これまで生活していた地域から離れて暮さなければならない人々の無念の気持ちも深く察せられます。昨年は誠に心の重い年でした。そのような状況の中で、皆が互いに助け合い、また多くの人々が被災者の支援に力を尽くしていることを心強く思っています。

 今年は、復興に向けて様々な計画を立て、将来への指針を選択していく年であるとともに、がれきの処理を始めとする多くの困難な業務に取り組まなければならない年になると予想されます。人々の英知が結集されるよう、また業務に携わる人々の作業が安全に行われるよう、願ってやみません。

 日本は大震災の影響等により現在厳しい状況にありますが、皆が被災者に心を寄せつつ、力を合わせ、明日の社会を築くために忍耐強く力を尽くしていくことを期待しています。

 この年の我が国及び世界の人々の安寧と幸せを祈ります。


天皇陛下のお言葉から天皇陛下のお考えを忖度してみよう。

私が気になったのが、以下の文章である。
 
>>人々の英知が結集されるよう、また業務に携わる人々の作業が安全に行われるよう、願ってやみません。

というくだりである。

それは現在の野田民主党政権がまさに人々の英知の結集に邁進していないということを示している。

ここから読み取れるのは天皇陛下は今までの政権のサボタージュで全く復興が進まない現状にお心を痛めてらっしゃるということである。

天皇陛下にご心配をおかけするとは何事か!

一刻も早く民主党は消滅すべきである。

応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR