田中防衛大臣の英断を期待する!次期主力戦闘機選定問題に異常あり!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより


納入遅れなら契約中止も F35戦闘機で田中防衛相
2012.2.29 13:29 [自衛隊]

plc12022913300008-n1.jpg
 ステルス戦闘機F35(AP)
 田中直紀防衛相は29日の衆院予算委員会で、航空自衛隊への最新鋭ステルス戦闘機F35の導入について、納入遅れや価格高騰が避けられない場合は契約中止もあり得るとの認識を示した。「米側の提案が実現できない事態になれば契約を取りやめるか、新たな機種選定も視野に入れなければいけない」と述べた。


田中防衛大臣に対し、強く申し上げる!

一刻も早くF35の契約を切ってください。

その代りに、ユーロファイターのライセンス契約をBAEに申し入れてください。

もしそのような英断ができれば、防衛素人とは言われなくなること確実です。

何卒よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

メルケルもつらい状況のようだ! ギリシャ支援が政治生命を縮めなければよいのだが

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はウォール・ストリート・ジャーナル 日本版より


独議会、第2次ギリシャ支援を承認 連立政権内から反対票
2012年 2月 28日 8:54

 【ベルリン】ドイツ連邦議会(下院、定数=620)は27日、1300億ユーロ(約14兆0400億円)に上るギリシャ向け第2次国際金融支援策について、賛成496、反対90の圧倒的な賛成多数で可決した。

 連立与党の大半のみならず主要野党も賛成に回ったものの、連立与党から全体の過半数に当たる311票の支持を得ることができず、メルケル首相は指導力の強さを示す象徴的な勝利を手に出来なかった。ギリシャ支援コストをめぐって、中道右派連立政権内に亀裂が深まっていることを浮き彫りにした。野党側は同首相が指導力を失い始めた兆候と受け止め、メルケル批判を強めそうだ。

GERVOTE_image_Col3wide.jpg
Zuma Press
議会で演説するメルケル独首相

 メルケル氏は採決前の議会演説で、「ギリシャは底なしの穴で、通貨ドラクマを再導入した方がいいのではないかと疑問を呈する向きもあるが、ギリシャがユーロを離脱することに伴うリスクよりも、ギリシャを支援することによる好機の方が大きい」と訴えた。

 ドイツ国内では、債務危機に陥ったユーロ圏諸国救済に対する反対の声が高まっている。先週末には、閣僚の一人がギリシャをユーロ圏にとどめるため資金を投入するよりも、破綻を受け入れユーロ圏から離脱させた方がいいのではないかと発言。世論調査では、ドイツ国民の3分の2近くがこれ以上の救済に反対の立場を示している。ただ、メルケル氏の人気は高まっており、最近の世論調査では支持率は70%近くに達している。

 この日、議会が第2次ギリシャ支援を承認したことで、メルケル首相は3月1、2の両日ブリュッセルで開かれる欧州連合(EU)首脳会議でのギリシャ支援問題への対応で一任を得たことになる。

 メルケル首相は内憂外患に見舞われている。国内においては、ギリシャに対し構造改革と引き換えに支援を続けることについて、懐疑的な見方を強める国民を説得しなければならない。一方対外的には、ユーロ圏の危機対応のための基金の大幅拡充を求める他の欧州諸国や国際通貨基金(IMF)から圧力を受けている。

 ドイツは、現行の欧州安定基金(EFSF)と、その後継となる欧州安定機構(ESM)を統合して、金融危機に対する安全網を大幅強化するよう求めるIMFや他の欧州諸国の提案に反対している。メルケル氏は議会演説で、「ドイツはESMへの拠出を予定より前倒しする用意がある」としながらも、「独政府は、現在のところESMやEFSFの拡充に関する議論は必要はないと判断している」と述べ、反対姿勢を変えなかった。

記者: William Boston


さすがに、ドイツ国民の7割がメルケル氏を支持しているとはいえ、3人に2人が反対するギリシャ救済をやってのけるとはけっこうヤバイと思います。

ドイツの国益を感情論など抜きに考えたら、ギリシャにユーロ離脱させ、独自通貨(ドラクマ)に移行することを付帯条件にした方がいいと思うのです。

そうすれば、ドラクマの暴落により、ギリシャ製品や食料品の価格競争力が劇的に強化され、大規模な輸出で外貨を獲得できるではありませんか。

確かに、ギリシャ国民は一時的に貧しくなりますが、一気にV字回復しますよ。

日本向けにワインを輸出するのはどうでしょう? 1リットル20円ぐらいで(笑)

そして、V字回復するということは、ドイツの貸すお金が戻ってくる(債務履行)可能性が高まるということではないのですか?

メルケル氏曰く

>>「ギリシャは底なしの穴で、通貨ドラクマを再導入した方がいいのではないかと疑問を呈する向きもあるが、ギリシャがユーロを離脱することに伴うリスクよりも、ギリシャを支援することによる好機の方が大きい」

ギリシャがユーロを離脱するリスクって具体的にどんなリスクなのかわかりません。

ギリシャを支援する好機が大きいってどういうシナリオでそうなるのですか?

ドイツの連立与党の中道右派との間に亀裂ができて、政争に発展する可能性もあります。

いずれにせよ、私はギリシャ支援が上手くいくとは(ドイツの国益最大化行動とは)思えません。

以上、応援よろしくお願い致します。
  


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

よーめん閣下の橋下徹氏への警告エントリーに関して思うこと 橋下徹氏は支持できない理由が3点ある

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

風邪ぎみです。

今日は部屋の掃除と整理整頓で汗を流しました。

さて今回のエントリーですが、よーめん閣下の最新エントリーのコメント数がヤバイです。
賛否両論を巻き起こしているようですね。

以下よーめん閣下のブログから一部転載致します。


橋下に強く警告する

将来橋下の首が切断され校門に置かれる事件が起きる前に


橋下市長「勉強の出来ない子は留年させよ」と教育委員会に指示?!

自分の子が留年させられたらどうよ?

橋下市長:小中学生に留年検討 大阪市教委に指示
>

大阪市の橋下徹市長が、小中学生であっても目標の学力レベルに達しない場合は留年させるべきだとして、義務教育課程での留年を検討するよう市教委に指示していたことが分かった。法的には可能だが、文部科学省は年齢に応じた進級を基本としており、実際の例はほとんどないという。

 橋下市長は、市教委幹部へのメールで「義務教育で本当に必要なのは、きちんと目標レベルに達するまで面倒を見ること」「留年は子供のため」などと指摘。留年について弾力的に考えるよう伝えた。

 文科省によると、学校教育法施行規則は、各学年の修了や卒業は児童生徒の平素の成績を評価して認定するよう定めており、校長の判断次第では留年も可能。外国籍の生徒で保護者が強く望んだ場合などに検討されることがあるという。

 市教委も「学校長の判断で原級留置(留年)できる」としているが、実際は病気などで出席日数がゼロでも進級させているという。担当者は「昔は長期の病気欠席などでごくまれにあったと聞いているが、子供への精神的影響も大きい」と話している。
 橋下市長は22日に予定されている教育委員との懇談で義務教育課程での留年について提案、意見を求める予定という。【林由紀子】
>
http://mainichi.jp/life/edu/news/20120222k0000e040179000c.html


そして今日 意見交換



橋下市長“義務教育の留年検討を”

(2月23日 4時1分)
意見交換の中で、大阪市の橋下市長は、小学校や中学校の義務教育で学力が追いつかない児童・生徒については、留年させることが必要だと主張しました。
これに対し、大阪市の矢野教育委員長は、「フランスでは小学校で留年する制度を取り入れてきたが、子どもにとっては逆効果で、学力への意欲をそいでしまった。学力に課題のある子どもには個別に対応して、学力を上げるようにしている」と否定的な意見を述べました。
こうした意見を受けて、橋下市長は「学年を落とすのが難しいなら、学力の追いついていない子どもを一定期間集めて、特別学級を設け、集中的に指導するとか、学校ごとに習熟度別の指導を行ってもらいたい」と述べ、まずは習熟度別の指導などの対策を取ったうえで、将来的には留年も含めて検討するよう、教育委員に求めました。(後略)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120223/t10013220391000.html




よーめんの小学生時代も似たような事があった?!

昔、自分よーめんが通っていた小学校で小学五年のある日いきなり算数の授業だけ成績に応じて教室別にクラス編成を行い成績別に別けたクラスで授業をする事になりました。まあまあ大きな小学校で各学年5クラスありました。1クラスが一番成績の良い生徒が入るクラスで2、3、と成績の悪い順に振り分けられ最後5クラスが一番成績の悪い子が入るクラスでした。

その後、成績の良いクラスはエリート教室やエリートクラスと呼ばれ。成績の一番悪いクラスはゲッ班(ゲッパン)教室やおちこぼれクラスと呼ばれるようになりました。自分よーめんはかろうじてそのゲッパン教室に入っていませんでしたが。定期テストの結果に寄り常に入れ替えするらしいので”明日は我が身”という恐怖で恐れおののきました。

まずいのは自分の友達らがそのゲッパン教室に入れられていたわけでその算数の授業が終わって通常のクラスに戻って来た時は痛々しくて友の顔を見る事が出来ませんでした。
算数の授業終了後の友達らの顔はみんな赤みをおびて引き攣っていました。自分も気まずくて言葉を掛ける事も出来ませんでした。自分も友達も心で泣いていた状態です。
恐らくその算数の授業のある日は地獄だったのではないでしょうか。それから1ヶ月ほどして保護者の激しい苦情で中止になりました。そのゲッパン教室の子の不登校で親が知ったのです。

今にして思えばその時の生徒らの精神的苦痛は今も心のどこかにあり忘れていないのでは無いかと考えます。

というより、もし自分よーめんがその最後のクラスに放り込まれていたならこれは大変な事で大人になってから報復攻撃を行っていた可能性が高いです。”お礼参り”というやつです。当時誰がそのような事を言い出したのか?今も突き止めて話をしたいです。
「世界最悪のテロリストになるか。テロリストを退治する側になるか」はまさにこの一瞬!にあったのです。これは決して大袈裟では無い

それほどのものなのに橋下の留年指示は決定的で致命傷です。


ある一人の何の落ち度も無い子がいきなりダメ人間のレッテルを貼られ地獄に突き落とされるのです。「勉強が出来ないというくだらない理由」だけでです。 学校卒業後も履歴書の卒業年齢と実際の年齢が合わずまずいのです。その学年だけの問題では済まないのです。

発明王トーマスエジソンは小学校を途中で退学させられたのに科学知識がもっとも必要な発明家になりました.小学校を途中で退学させられた理由はバカだからだそうです。
またフォード自動車創業者のヘンリーフオードも学歴は無くマスコミに「彼は無学で無能だ」と言われた事で名誉毀損で裁判をしています。訴えられたマスコミは彼の無学と無能を証明するために学歴が必要な様々な質問を裁判所でフォードに浴びせました。それに対してフォードは「フォード自動車の私の部屋に来たまえ。自分のデスクにある10のボタンを押すだけであらゆる分野の専門家が飛んで来て君たちが今私にした馬鹿げた質問に答えてくれる。私の仕事は一つ一つのボタンの押し間違いをしないようにするだけだ。その私が何故馬鹿げた質問にいちいち答えなければならいのか?」と言いました。
裁判の判決は言うに及ばずです。


今、「勉強が出来ないというくだらない理由」と申しましたが。フォードの例でお分かり頂けたと思いますが。

好んで生まれてきたわけで無いのに得意不得意の違いでバカにされたり少しでも精神的ショックを子供達が受けるいわれはありません。


もし極右軍事政権になった途端によーめん総統なるお方が「100メートル競争である一定の基準以下の者は留年させる」と言っているのと同じほど馬鹿げた事なのです。

「それが嫌なら努力すれば?!」」や「それが子供の為」という履き違えた論理は通りません。持って生まれた物は、ある者は勉強に向いている。ある者は100メートル競争に向いている。ある者は工作に向いている。ある者は音楽に向いている。得意不得意は人それぞれあり、たまたま己が勉強に向いていただけの橋下は履き違えしてはいけません。

新しい学年に進級出来ないという”留年”は成績別に授業をする以上の厳しいペナルテイーであり。「自分の友が、あるいは自分が、あるいは自分の子が、」留年させられたらどうしますか。


橋下がキチガイ政治家になったおりには天誅を下すことになります。

橋下のコレまでの「教師らの国歌斉唱時における不起立問題」等の対応は喜んでいただけに残念です。

一刻も早く目を覚ましてまっとうな愛国者の道を歩んでもらいたいものです。




今日の一言

 「今日の大きな問題を決めるのは、演説でもなく多数決でも無く・・・・鉄と血である」
                
                  オットー・フォーン・ビスマルク(ドイツ帝国初代宰相)


よーめん閣下は明確に橋下徹氏の「留年」に対して反対していらっしゃいます。

さて、uematu tubasaは?

私も基本的には反対です。

例えば、成績が悪い児童が「宿題を通常よりも多く提出することを要求される」「補習を義務化」とかなら理解できますが、この留年は過激すぎて(uematu tubasaに過激だなんだ言われる人間なんて本当に一握りっすよ? )賛同できません。

まず、プレッシャーが半端ないでしょう。

大学生とかなら留年、一浪、二浪なんて当たり前に存在しておりますから精神的負担など微々たるものです。

でも小学生で留年は精神が蝕まれるでしょう。

しかも、留年だと、留年した後、頑張って成績が回復したって飛び級できないですから、リカバリーできないですよ。

留年児童がいじめの対象になりますよ?
もちろん、どのような児童が留年に該当するのかという基準次第ですがね。

橋下氏は弁護士になるほどにお方ですから、勉強できない人間のことがわからないのでしょうか?
そんなことはないと思いますが・・・

ちなみにuematu tubasaもよーめん閣下と同じく、中学生時代、英語と数学でクラス分けされてました。

ちなみに成績がいいクラスと悪いクラスという分け方がされてたわけではありませんでした。

それでもやってる問題の難易度が違うので、成績分けだったのかなと今になって思うのです。

ちなみに私は中学時代は偏差値も64ぐらいだったので、全く勉強で苦労したことが中学時代はありませんでした。

その後、高校ですごく苦労して偏差値も49ぐらいまで下がってしまうのですがね。
それでもセンター試験直前で50点以上伸ばし、某地方国立大学に入学するのは後日詳しくお話し致します。

現場からの声

私の父は小学校の教員をやっております。

なので学校現場での仕事の多さ(本当に殺人的)保護者からのクレーム(いわゆるモンスターペアレント)で大変なのです。

これで留年などやってみてごらんなさい。

教員の離職率跳ね上がりますよ。身分保障とかがある公務員ですけど、それに見合った仕事量をこなしている人間がほとんどですよ。

公務員いじめもここらへんで止めにしませんか?

話は変わって大阪維新の会が国政進出を決めております。

政権公約その他を考慮した結果、断固反対を表明致します。
詳しくはuematu tubasaのツイッターを参照してください。

最近皇統の問題と次期主力戦闘機選定問題が大いに揺れ動いております。

体調を万全にして、やって行きたいです。

以上、応援よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

ありがとう河村名古屋市長!ふざけんな大村愛知県知事!南京大虐殺なんて捏造に決まってんだろが!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュース2連発!


大村愛知県知事「発言修正した方がいい」
2012.2.22 14:28 [歴史問題・昭和史]
 愛知県の大村秀章知事は22日、河村たかし名古屋市長の「南京大虐殺」をめぐる発言に関し「(名古屋市と)南京市との交流も止まるなど外交問題になっている。(河村氏は発言を)近いうちに修正した方がいい」と述べ、早急に南京市との関係修復を図るべきだとの認識を示した。都内で記者団に述べた。

 南京の訪問団が発言を聞いた後、河村氏と握手を交わしたと伝えられ批判されていることを踏まえ、大村氏は「南京の訪問団は中国に帰れていないと聞いた。記者会見ならいいが、訪問団に(直接)言うのは相手の立場がない」と河村氏を批判。

 「(南京事件の死者数について)日中の専門家でも違いがある」と述べた上で、個人的見解と歴史認識は切り分け、発言には慎重になるべきだとした。河村氏に対し助言していくという。


「南京事件なかった」と河村名古屋市長 中国共産党の市常務委員に「互いに言うべきこと言おう」
2012.2.20 11:35 [中国]
 名古屋市の河村たかし市長は20日、同市役所を表敬訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員らとの会談で、旧日本軍による「南京大虐殺」について「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったと思っている」と発言した。

 河村氏は、終戦時に父親が南京市にいたことを挙げて「事件から8年しかたってないのに、南京の人は父に優しくしていただいた」と指摘。「南京で歴史に関する討論会をしてもいい。互いに言うべきことを言って仲良くしていきたい」とも述べた。


大村愛知県知事はヘタレ馬鹿!

河村名古屋市長はよくやってくれた。

以上!

応援よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

近況報告 お風呂大破!健康保険と年金手続きで大慌て! 若者の雇用を考える「素晴らしい妙案があった」

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

申し訳ありません。

皇位継承問題と皇統の問題をやりたいと思ったのですが・・・

私の家のお風呂が地震の影響などで大破致しました。

本日も銭湯帰りですよ。

とてもじゃないが更新できません。

さらに、失業が確定致しましたので、健康保険と年金手続き関係で
大慌てで書類を作成・送付です。

公的書類関係は本当に気を使いますよね。

本日ヘロヘロです(笑)。

明日にはお風呂が修繕されるとのことですので、本当に助かりました。


さて以下はBusiness Media 誠   http://money.jp.msn.com/news/bizmakoto/article.aspx?cp-documentid=5841591&page=0より

若者が正規雇用に就けない社会の行く末とは


 以前は中高年の失業ばかりを問題視していた日本でも、最近はようやく若年失業者問題に注目が集まりつつあります。

 中高年の失業は、彼らが一家の“稼ぎ手”であること、すなわち妻子を養い、住宅ローンを抱え、親の面倒もみなくてはならない年齢層だったため、大きな問題とされました。若者に対しては「就職できないならコンビニでアルバイトすればいい」という話になりがちなのに、中高年に関しては「一定水準以上の賃金が支払われる正規雇用の確保」が社会的要請と考えられていたのです。

 確かに中高年の失業は“今日食べるお金”の問題としてはより深刻です。しかし若年者の失業は、個人にも社会にも、より長期的かつ深刻な悪影響を及ぼします。

 若いころに職業訓練が受けられないと、長期的なキャリア形成の土台が得られず、本人の経済力が長きに渡って毀損されることに加え、社会の人的資本の蓄積が進みません。報酬の低さから結婚や出産の動向にまで影響を与え、そういった人が多くなれば、今までとは異なる社会階層さえ作られてしまいます。

 また、誰にとっても“報われる経験”が得られないまま努力を続けることは難しく、高じれば社会に敵対的な感情を持つ人も増加するでしょう。生活費を借金することに抵抗感がなくなる(というか、日常的にそうせざるを得ないので慣れてしまう)人も出てきて、貯蓄を通した社会資本の蓄積も行われなくなります。

 こういったことから、今では日本でも多くの人が若年者の就業問題について、大きな問題意識を持つようになりました。

●道をそれた人に厳しい日本社会

 にも関わらず、いったんキャリア形成の道からそれてしまった人に対して、世の中はかなりシビアです。30代になってまともな職業経験のない人は、どんなに多くの企業に応募しても、書類選考で落とされてしまうことが大半でしょう。

表「年齢階級別完全失業者及び完全失業率」:(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1202/13/news005.html)

 彼らに対して“甘えている”“親に依存している”と批判する意見もあるし、実際そう言われても仕方がない人もいるでしょう。けれど、たとえ多少、本人に非があったとしても、たかだか20代の時にちょっとした甘えがあったというだけで、その後の“一切のチャンス”を奪ってしまうのはいかがなものかと思います。

 人間しか資源がない国として“もったいない”し、本人たちの人生は社会を恨んで無為に生きるには、まだあまりに長く残っています。けれど現実問題として、30歳まで定職経験のない人を雇う企業は多くはありません。

 例えば、マンションの管理人の仕事は、定年退職後の人向けの再就職先ポジションとして定着していますが、「同じ給与でいいです」といって“30代で定職経験のない人”が応募してきても、60代の再就職派には勝てないのではないでしょうか?

 日本は「長い間我慢してきた人」をとても高く評価します。現時点での能力ややる気や適性の前に、「過去にどうであったか」が重視されるのです。

 たかだか数年間、生き方や仕事について悩んだり迷ったりしてきた人が、一生罰を受けなくてはならないほどの罪を犯したとは思えません。それでも彼らにはチャンスが与えられなくなってしまうのです。

●若者に“公共事業”を!

 ではどうすればいいのでしょう? ちきりんは、こういう時こそ“公共事業”が必要だと考えます。民間企業はそういう人を雇う余裕がありません。市場のルールでは生きていけない層をバックアップすることこそ、公的部門の仕事なのです。

 これまでは中高年の失業対策として、大量の“箱モノ工事”に予算が付けられてきました。これからは公共事業で若者を大量に雇い、「その仕事に数年従事すれば、若者が民間企業に評価してもらえる労働実績を得られる」ような機会を、大量に提供すればいいのです。

 ちきりんが一番疑問に思うのは、若年者雇用対策として“面接指導”とか“履歴書の書き方指導”が行われるという話です。企業は、面接や履歴書の書き方がうまい人を求めているわけではありません。仕事の経験や具体的な実績がある人を求めています。

 例えば、地方公共団体や、霞が関の外郭団体のホームページ作成を“定職経験のない人”にやらせてみてはどうでしょう? そういった団体の広報目的のWebサイトなら、少々デキが悪くても問題はありません。

 Webサイト作成のスキルのある人(プロジェクトマネージャー)1人とトレーナー1人に、定職経験のない若者10人を雇って、マネージャーが具体的な指示を出し、指導しながら、作業はすべて彼らにやらせるのです。そうすれば彼らは履歴書に「○○団体のホームページを作成」と書くことができるようになります。

 年金の取り立て業務や、公共調査のためにあちこちに電話をする仕事、また、市民からの問い合わせを受ける電話作業にもそういう人を雇って、仕事の仕方を教えながら経験を積んでもらえばいいのです。

 そうすれば民間企業の「集金業務」や「テレマーケティング」「コールセンター」の会社に履歴書を出す時に、アピールできる職務経験が手に入ります。

 スキルや経験のないまま職を探している人に必要なのは、面接の練習やカウンセリングではなく、“数年の定職経験”であり、市場で需要の高い(日本人しかできない)仕事の具体的なスキルです。

 特に不況期には“訓練が必要な人”“経験のない人”の採用は民間企業にとって、大きな負担です。そういう時にこそ、公的部門の出番のはずなのです。

 そんじゃーね。

(ちきりん)


ちきりん様大変ありがとうございました。

皆様は以上の記事をお読みになってどのように思われましたでしょうか?

私は大同感の大賛成でございます。

確かに公共投資に代表される財政出動は雇用創出に非常に効果がございます。

が・・・しかし・・・

私のような若者にとってこのような研修制度のような政策は本当にありがたいのです。

政治家の皆様どうか前向きにご検討のほど、よろしくお願い致します。

応援よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

天皇陛下の手術は無事成功!公務負担を劇的に減らすようにした方がよい!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。


以下はMSN産経ニュースより

順調にご回復「書物はいつから」 皇太子さまもお見舞い
2012.2.19 19:06

皇太子殿下
 天皇陛下のお見舞いのため、東大病院に入られる皇太子さま=19日午後、東京都文京区(桐原正道撮影)
 

 天皇陛下は、心臓の冠動脈バイパス手術から一夜明けた19日朝、入院先の東京大学医学部付属病院(東京都文京区)の集中治療室(ICU)で水を飲むなど順調に回復されている。宮内庁によると、朝には医師に「書物はいつから読んでいいのですか」と尋ねられたという。

 東大と順天堂大の合同チームは18日の手術後の記者会見で、今後注意することとして飲食物が肺に入って起きる誤(ご)嚥(えん)性肺炎を挙げていたが、陛下が水を飲まれたことで飲食物を飲み込む力が戻っていることが確認された。陛下はベッドで体を動かすこともされたという。

 午後2時前には、皇后さまがお見舞いされた。午後4時半ごろには、皇太子さまと秋篠宮さまが病院を訪れ、ご一緒に医師の説明を受けた後、ICUの陛下と短時間、面会された。

 医師団は術後の会見で、陛下が20日に病室に戻られ、退院まで2週間程度かかる見通しを示している。

 野田佳彦首相は19日、陛下の冠動脈バイパス手術について「無事に手術が終わったということでほっとしている。一日も早いご快癒を心からお祈りしたい」と述べた。首相公邸で記者団に答えた。


天皇陛下の一刻も早いご回復を切にお祈り申し上げます。

天皇陛下が元気におなり遊ばされれば、日本国民は安心するかと存じ奉ります。

本当に安心致しました。

取り急ぎご報告の形の記事です。

大学生氏への再返答は後日時間あるときに致します。

応援クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。




大学生氏の質問にお答えする。天皇の本質は祭祀王である。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下は大学生氏のコメントです。  

基本的には前回の記事に対してのコメントらしいです。


>この文章を解読できる方がいらっしゃいましたらコメント欄に書いてください。
私の解釈。簡潔に書くと、そうなったらそうなったで女性皇族の方々も前向きに受け入れてくれるだろう。あたりですかね?

なにやらまとめっぽいので思いつくままに色々考えたことをまとめっぽく書いてみます。返信いただけると幸いです。

 全体を通して、皇位の継承を続けていくという点において側室制以上に女性宮家創設は合理的判断です。間違いありません。しかし、私が疑問に思うのはそれに中身が伴うのか、正統性、正当性は保てるのかと言う点です。女系継承っぽい事例や言葉遊びを出したり、皇位の継承という点のみに注目して合理的判断を訴えても話はまとまらないと思います。
 天皇制自体、象徴という曖昧な状態で存在していますが、その存在の正当性は主に歴史的・文化的なものであるという点によって現在支えられているのではないでしょうか?
女系宮家創設によってその歴史的・文化的な要素が壊れて正当性を保てなくならないかということです。女系宮家や女系天皇は歴史的・文化的にありえるのか?ともかく、女系宮家で正当性を保てるのか?
 また、海外の目を忘れてもいけません。陛下は日本の中だけの陛下ではなく、世界の中の日本の皇帝です。海外の事例や制度と比較してこういうのはありなのか?下手をして皇室の権威が無くならないのか?

分かりにくい文で申し訳ないと思います。もちろん女系宮家を否定すれば問題がなくなるわけでは無いです。しかし、考えるからには疑問点はクリアすべきだと思います。

以上が大学生氏のコメントです。

本当にありがとうございます。

いろいろ考えさせられました。

ここでは2点真剣に考えていきます。

1、女性宮家創設と女系継承を公認した場合、正統性と正当性は保たれるのか?
2、女性宮家創設と女系継承を公認した場合、皇室関連のすべての問題が片付くのか?

1について述べますと、逆に伺いたいのですが、女性宮家創設と女系継承公認によって、どうやって歴史的文化的なものが破壊されるというのでしょうか?

女性宮家創設はこのままだと悠仁親王殿下御一人になってしまう危険性に対処するために必要なことですし、破壊というよりは保守するためです。

女性皇族がわざわざ皇室の歴史的文化的なものを破壊するのですか? 正直申し上げて信じられません。

女系継承が公認されて、敬宮愛子内親王殿下のお子様もしくはその他の女性皇族が天皇に即位遊ばされたとしましょう。

なぜ、女系になると歴史的文化的なものが破壊されるのでしょうか?

女性天皇や女系天皇ではできない祭祀や国事行為などがあるのですか?

天皇の本質は祭祀にあります。
日本の伝統文化を守る日本文明の大黒柱で、日本国民の安寧を願う存在です。

男性だからできることではありません。天皇だからできることです。

男性だから、歴史的文化的なものが守られて、正当性と正統性が担保されるのですか?

それは男尊女卑の感情論でしょう。
(厳しいこと申し上げますが、決して悪意があるわけではないのでご了承ください)

大学生氏にも小林よしのり氏の『新天皇論』『天皇論』を読んでくださいと申し上げます。

ちなみに参考になるブログを参考までにご紹介致します。

真実が知りたい、真実を知って欲しい

最近ではツイッターでも女系公認論者が増えております。
男系絶対主義者はあわてふためいている状況のようです。

あえてブログ名は申しませんが、女系公認ブログに対して悪質なコメントをするために動員がかかるのだそうです。
プロ左翼並みにエグイことしますね。

2についてです。

皇族の配偶者探しや皇室歳費に関しましては私も非常に憂慮しております。

なので、女性宮家創設と女系継承公認すれば皇室の諸問題がすべて解決するわけではありません。

解決策として

1、報道協定を結び、皇室の配偶者探しを記事にしない。
2、配偶者探しのための予算をつける。
3、そもそも皇室歳費を2倍以上に増やす。
4、天皇陛下の負担軽減のため、公務をできるだけ削減し、祭祀に集中していただく

といった感じでしょうか。

大学生氏だったらわかっていただけるものと信じておりますし、何かわからないことがあればまた、コメントを下さいますようお願い申し上げます。

できればクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

河原友氏の批判にお答えします。女系公認 女性宮家創設以外に何があるのか?

まずはこちらのブログを紹介致します。

塵壺 http://blog.goo.ne.jp/yu_kawahara0416

男系派としての三つの論点に関する河原友氏のお答えだそうです。

事情が分からない方はこちらからどうぞ。

三連休集中連載! 皇統を守るために考えるべきこと

三連休で集中連載! 皇位継承問題での最重要点3つを提示する。この3つに男系絶対派は答えてくれ。

三連休集中連載!なぜ男系継承にこだわらなければならぬのか?

以下は塵壺のエントリーからの一部転載 ご本人に承諾はいただいております。


----------------------------------------------------------------------------
反逆する武士
日本を救え!平成生まれの尊皇攘夷派のブログ
核武装推進と皇室護持 核武装本の出版を目指す!

『三連休で集中連載! 皇位継承問題での最重要点3つを提示する。
 この3つに男系絶対派は答えてくれ。』
http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

僭越ながら、反逆する武士さんのご主張を以下に要約します。

皇位継承問題での最重要点3つを提示する。
1.皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?
2.旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? 
  それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?
3.側室なしで男系継承が続くのか? 
----------------------------------------------------------------------------

ここからが、ぼくのお答えです。長文駄文、あらかじめお詫びいたします(汗)
また、読みやすさをかんがえて身位敬称を簡略しているところもあります。

1.皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

「だれも皇籍に入りたがらない」というのは事実です。
天皇は特権階級じゃないから、だれもやりたがりません。
だから、皇室の継承はむずかしい。大切なご指摘だとおもいます。

ですが、ここからがちょっとよく分からない。

>本当に存在するのであれば、男系継承を主張するいわゆる保守派が
>もうすでに旧宮家子孫と共に記者会見しているはず

※旧宮家・旧皇族について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

僭越ながら、ご自分から名乗りをあげるということはありえないと考えます。
以下は思いつく理由です。

 1つは、悠仁さまが男児をさずかる可能性がまだある。
 1つは、後継争いとして受けとめられるおそれがある。
 1つは、言ったら言ったで、やっぱり賛否両派から非難される。

旧宮家が皇籍への復帰を積極的にお望みでないことはたしかです。
ですが、国民から乞われたなら復帰してもよい、という消極的お考えはお持ちです。
消極的意思はわざわざ表明しません。乞われてはじめて「はい」というものです。

そして、国民から乞われるというのは、旧宮家復帰をみとめる皇室典範の改正です。
一部の保守派から乞われたからといって、そう簡単に動いては沽券にかかわります。

さすがに、法治国家で皇室典範の改正もなく、形式的には民間人の身分のまま、
軽々にも皇籍取得に名乗りをあげたなら、ぼくはその方を非難するとおもいます。

ちなみに、ぼく個人は、旧宮家はいまも実質的に皇籍にあるとかんがえています。
だから、いまも民間人としてあつかわれることには反対です。反対なのですが、
形式的にケジメをつけるには皇室典範を改正してから表明すべきということです。

2.旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか?
  それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?

>旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか?

それはこれからの議論によるところだし、どんな結論がでてもぼくもそれに従います。
旧宮家復帰はべつに喫緊の課題ではないので現段階では見送られてもかまいません。
一方、小泉政権下での女性宮家創設論は、はじめは世論の理解をえていたようですが、
しだいに5分5分にまで落ちついたので、今回もすくなくとも女性宮家創設の議論は
見送られるのではないかとおもっています。

>それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?
>私のような若者にしては古風な人間でも「時代錯誤」としか思わない。

あなたが若者にしては古風な人間かどうかは、文面で判断するしかありませんが、
ぼくの印象ではふつうの若者です。ぼくだってふつうの31才のおっさんです。
政略結婚だと聞いて、時代錯誤だとおもうのはどちらも一緒だということです。

そこで、政略結婚って何を指して仰っていますか?

たとえばウィキペディアではこんな感じです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E7%95%A5%E7%B5%90%E5%A9%9A

 1.同盟を結び、戦争回避を目的としたもの
 2.侵略推進を目的としたもの
 3.相手の君主の継承権を得るため
 4.経済的支援を得るため
 5.会社や旧家の存続や閨閥の目的のため
 6.お見合いを比喩的に呼ぶことも多い

あなたの文脈からして5~6あたりだと前提します。(異論があれば仰ってくださいね)
これは、いまの民間でもごくありふれた政略結婚のかたちです。
「だからそれが時代錯誤なんだ」と仰りたいんだとおもいます。

たしかに、団塊世代以降は見合い結婚から恋愛結婚が是とされましたね。
ですが、そのせいで、逆に離婚率が上昇しているというデータもあります。

そのきっかけが恋愛であれ見合いであれ、ベストパートナーかどうかではなく、
パートナーとしてどうベストを尽くしていくかというのが夫婦のあり方だとおもいます。

女性皇族方も旧宮家子孫も、そういったお考えにたどり着かれるとおもいます。

>もし、このようなことが実際行われてしまったら皇室に対する
>日本国民の尊敬の念が失われてしまうだろう。

そのレベルの尊敬の念は、ざんねんながらすでに失われているものと認識しています。
皇室は民間の意識の変化に敏感でなくてはなりませんが、迎合することはありません。

3.側室なしで男系継承が続くのか? 

これは重要なご指摘ですね。ぼく個人は、陛下がお望みになるなら復活してもいいと思います。

これは旧宮家復帰論者・保守派にも異論があるところですが、ぼくは、
「男女平等だから宮家創設」という議論に「天皇に人権はない」と反対する旧宮家復帰論者が、
「一夫一婦だから側室廃止」という議論にはあまり反対しないのはちょっと違和感があります。

ただ、側室復活は旧宮家復帰より反対が多いでしょうから優先順位は低いです。
また、側室復活は女性宮家創設に優先します。その理由は「あった例があるから」です。

優先順位はこんな感じです。
 1.現状維持(悠仁親王殿下のご子息に期待)
 2.旧宮家皇籍復帰
 3.側室復活
 4.女性宮家創設

また、下記のご主張には賛同しかねます。

>例えば、結婚するのが遅くて、年齢的に御一人しか産めないとなった場合、
>女児がお生まれになったら「男児が生まれるまで頑張れ」などと言えるのであろうか?
>もし可能だとしても旧宮家子孫や悠仁親王殿下の配偶者にこんなプレッシャーになるような
>(結婚することの障害になるレベルの)ことを日本国民が主張していいのだろうか?
>それは皇族の配偶者選びを極めて困難にする可能性が大である。

これまでもこれからも、有形無形のプレッシャーはあるでしょう。当たり前です。
皇族の配偶者選びが極めて困難であることは、いまにはじまったことではありません。
「男児が生まれなくてもいい」なんて、そんな楽な結婚はこの世にはありません。
結婚することの障害になるくらいでいいんです。それでも結婚するから意味がある。

ですので、だれかが楽をするために側室を置くのなら反対です。
陛下が楽をするための判断をするはずがないと信じているから、
はじめに「陛下がお望みになるなら復活してもいい」と申した次第です。

本題についてのお答えは以上です。


以上、転載終わり。

ここまで真剣にお答えいただけるとは思っておりませんでした。

さらに、ここまで返答が遅れに遅れてしまったことを深くお詫び申し上げます。

河原友氏に感謝致します。

さて、私からの反論をじっくりやっていきたいと思います。

第一の論点

1.皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

に関しての河原氏のお答えですが、まったくあやふやと申しますか、
不明瞭であると思わざるを得ません。

皇籍を取得してもよいとおっしゃる旧宮家系子孫(生まれてから国民身分でしかなかった方々)がいなかったら、皇籍取得のための法整備ができないじゃないですか。


>>旧宮家が皇籍への復帰を積極的にお望みでないことはたしかです。
ですが、国民から乞われたなら復帰してもよい、という消極的お考えはお持ちです。


何を根拠にしてこのようなことを主張してらっしゃるのですか?

河原友氏の脳内妄想ではないことを祈ります。


第二点目 旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? 
それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?  について

河原友氏は次のように答えてらっしゃいます。


>>そこで、政略結婚って何を指して仰っていますか?

たとえばウィキペディアではこんな感じです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E7%95%A5%E7%B5%90%E5%A9%9A

 1.同盟を結び、戦争回避を目的としたもの
 2.侵略推進を目的としたもの
 3.相手の君主の継承権を得るため
 4.経済的支援を得るため
 5.会社や旧家の存続や閨閥の目的のため
 6.お見合いを比喩的に呼ぶことも多い

あなたの文脈からして5~6あたりだと前提します。(異論があれば仰ってくださいね)
これは、いまの民間でもごくありふれた政略結婚のかたちです。
「だからそれが時代錯誤なんだ」と仰りたいんだとおもいます。

たしかに、団塊世代以降は見合い結婚から恋愛結婚が是とされましたね。
ですが、そのせいで、逆に離婚率が上昇しているというデータもあります。

そのきっかけが恋愛であれ見合いであれ、ベストパートナーかどうかではなく、
パートナーとしてどうベストを尽くしていくかというのが夫婦のあり方だとおもいます。

確かに私の意味合いは5です。
男系継承のための結婚です。
女性皇族方も旧宮家子孫も、そういったお考えにたどり着かれるとおもいます。


正直に申し上げると答えになっておりませんし、河原友氏のおっしゃりたいことがわかりません。

この文章を解読できる方がいらっしゃいましたらコメント欄に書いてください。
私の理解不足かもしれませんから。

また、日本国民が旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民は認めるのか?
と言う点にも河原友氏は答えておりません。

議論の末の決定に従うというご意見ですが、私はそのようなことを聞いてはおりません。

第三点 側室なしで男系継承が続くのか? について。


>>これは重要なご指摘ですね。ぼく個人は、陛下がお望みになるなら復活してもいいと思います。

側室を復活していいか悪いかという話ではありません。

側室復活で男系継承が続くのか?

続かないなら女系天皇を公認しなければ皇室消滅であると申し上げております。

答えを意図的に避けているのですか?

私からも言わせてもらえば以下の河原友氏の主張には反対です。


>>優先順位はこんな感じです。
 1.現状維持(悠仁親王殿下のご子息に期待)
 2.旧宮家皇籍復帰
 3.側室復活
 4.女性宮家創設


この皇位継承の問題に関しては、現状維持が破滅的結果をもたらすと断言できます。

なぜか

現状維持だと、女性皇族が次々と一般男性とのご成婚により臣籍降下されてしまうので、将来皇室を担うべき人間がいなくなってしまい、悠仁親王殿下だけが皇室に取り残されることになります。

皇位継承が不安定極まりないことになります。

旧宮家皇籍復帰は以前の私のエントリーを参照してください。反対です。そもそも復帰する旧皇族は全員65歳以上の高齢者ですし、旧宮家子孫は皇籍取得する意思がある人間がいるのですか?

側室復活もあまりにも時代錯誤としか言いようがありません。

河原友氏に女性のご友人・知人がいらっしゃるのであれば聞いてみればいいではないですか。

私の優先順位を申しますと

1、暫定的でもいいので女性宮家創設
2、皇位の安定的継承のための法整備を包括的に議論して法案作成
3、法案を閣議決定の上衆参両院を通過させる

以上です。

河原友氏に申し上げたいのは、小林よしのり氏の『新天皇論』を読んでください。

以上です。

応援よろしくお願い致します。
 


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。





博士の独り言Ⅱより転載 【慶祝・紀元節(建国記念日)】

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日2月11日は紀元節!
と言うわけで博士の独り言より転載させていただきます。


慶祝・紀元節(建国記念日)

nihonkokkis.jpg


建国記念の日に際し、日本書紀に日本暦元旦と示されるこの佳節を、総意を以って共々に慶祝したく存じます。多くのみなさまがご存知の通り、この紀元節の祝日は、明治政府が西欧列強に屈せずとの意志を毅然と国内外に示し、独立国日本の尊厳を守る意義をもとに設けられました。戦後、連合国軍総司令部(GHQ)によって廃止となりましたが、昭和41年(1966年)の祝日法改正により「建国をしのび、国を愛する心を養う」日と定められ、あらためて国民の祝日に加えられ、翌年(昭和42年)2月11日から建国記念日となりました。
 
 日本は凛として毅然とあれ。先人のこの粛々たる願いに、日本国民の一人として、敬意と感謝の念は尽きません。良識の総意と尽力により、至宝おわす日本の国体と尊厳が厳として守られ、淵源深く尊き敷島の心が次世代へ、さらに子々孫々末代へと千代に八千代に受け継がれることを心より願い、国思うみなさまが益々健やかにあられることをお祈り申し上げ、小稿に祝詞を申し上げます。

平成24年2月11日

博士の独り言
----------

日本は毅然とあれ!


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

石原新党は大丈夫か? はっきりいって生ぬるいのではないか?

以下はMSN産経ニュースより
基本政策判明「皇室は男系男子」「国軍保持」

2012.2.3 12:04 [超党派]
 東京都の石原慎太郎知事が、たちあがれ日本の平沼赳夫代表らとともに結成を目指す新党の基本政策の草案が2日、分かった。「国のかたち」「外交・防衛政策」「教育立国」など7分野で構成され、憲法9条改正や、男系存続のための皇室典範改正、首相公選制-を明記。保守色を前面に押し出した内容となる。

 基本政策は、7分野29項目あり、項目ごとに具体策を明記。前文では「グローバリゼーション」や「地球市民社会」などを幻想と断じ、「一国家で一文明」の日本の創生を訴える。

 憲法改正に関しては、9条改正による国軍保持▽国会一院制と大選挙区制導入▽改正手続きを定めた96条の改正-を掲げる。

 外交・防衛分野では「自立日本」を掲げ、日米同盟の深化▽防衛産業の育成▽「南西防衛戦略」推進▽核保有に関するシミュレーション-などを明記する。

 経済・財政政策は、100兆円規模の政府紙幣発行、国の財政の複式簿記化-など。エネルギー政策としては2040年までの原子力エネルギーゼロを掲げる。このほか、国家公務員3分の1削減▽平成版教育勅(ちょく)語(ご)起草▽フラット税制-なども盛り込まれる。


大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

石原都知事が新党結成ですって。

賛否両論あると思いますがここは一つ一つ突っ込みましょう。


>>憲法改正に関しては、9条改正による国軍保持

私は日本国憲法無効論者なので、憲法改正は反対です。
自主憲法制定なら賛成ですが・・・。

国防軍創設は賛成です。


>>国会一院制と大選挙区制導入
国会一院制は反対ですね。国会機能の収縮になりそうなので。
大選挙区制に関してはインターネットでの選挙運動の解禁を付帯条件として賛成です。


>>日米同盟の深化▽防衛産業の育成▽「南西防衛戦略」推進▽核保有に関するシミュレーション-など
日米同盟の深化って何? 定義がわかりません。
防衛産業の育成? ユーロファイターをライセンス生産を決定してくれるのなら賛成。

南西防衛戦略? 後日詳細なものを出していただかないと。賛同できません。

核保有シミュレーション?

ここに関しては声を大にして言いたい。

核保有シミュレーションに参加させてください。

お願いします<(_ _)>。

>>経済・財政政策は、100兆円規模の政府紙幣発行、国の財政の複式簿記化-など。エネルギー政策としては2040年までの原子力エネルギーゼロを掲げる。このほか、国家公務員3分の1削減▽平成版教育勅(ちょく)語(ご)起草▽フラット税制-なども盛り込まれる。

財政政策は財政出動みたいなので安心しました。

脱原発も許容範囲です。

教育勅語とフラット税制は内容次第で賛同します。

公務員3分の1?


絶対反対である。

ネットユーザーの皆さん「人口千人当たりの公的部門職員数国際比較」で検索してみて下さい。

てなわけで反論。

1、日本は先進主要国の中で公務員が異様に少ない。
2、3分の1の人数では行政と国防が成り立たない。
3、デフレの時、いきなり政府がリストラするって失業を後押ししているようなもの
4、むしろ若者を大量に公務員として働かせれば一気にデフレ脱却へ向かう

男系男子を迎え入れるための皇室典範改正に関しては

断固反対!!!!!!!!!!!!!

皇統の問題はもっと後になりますが絶対論破していきます。

石原氏は覚悟してくれ!  

よろしければクリックお願いします。



人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

近況報告 政治の機能不全に関して

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

先日の三橋貴明氏講演会参加報告は好評だったようです。

いつもこれくらいだと苦労しないのですが(笑)。

近況報告です。

仕事を辞めるための引き継ぎを継続して行っておりますが、いろいろ公的な手続きなど含めますとかなり忙しいところです。
私は奨学金などの返済で苦労している個人バランスシート不況者なので、結構きついです。

それでもブログに関してはできるだけUPしていきたいと考えておりますので、何卒応援よろしくお願いいたします。

最近の近況を報告思案すと、失業することが事実上決定しているのにも拘らずお金を消費しております。

たった一人でデフレ脱却行動(笑)。

1、服、小物

最近服を買い始めました。

といいますのも、私はファッションなどに全然無頓着な人間でして、私服をほとんど持っていないという状況だったのでございます。
仕事においても上司にファッションを何とかしろと怒られるぐらいでありました。
財布やチェーンなどの小物なども買い始め、人間として最低限の物がやっと揃えらてきたといった感じです。

2、本(ビジネス本)

政治経済関連の本は大学生時代からかなり購入してきておりましたが、社会人となると書籍にかける費用は急激に増加傾向です。

ただ、自分としても驚いているのがビジネス本をちょっとばっかし買っていることです。
もちろんビジネス本にあまりお金をかけられませんから最低限のものばかりです。

自分自身の成長を実感しております。

3、PCやネット関連

HDDとかサイト情報誌を購入しました。

まとまった時間がございましたら、ある程度は頑張ってみるつもりです。

政治について

最近思うことを書き連ねて見ようかと思います。

政治っていうのは危機的状況下においてどれだけ迅速に行動できるかでその真価が計れると思います。

しかしながら、東日本大震災という未曽有の大災害に政界は右往左往するばかり、足の引っ張り合い、挙国一致での行動といえば「がんばろう! 東北!」の掛け声ばかり。

これは政治の機能不全ではないか?

これは民主主義の失敗なのではないか?

このような政治ではいつか必ず起こるであろう戦争に対処できないでしょうし、戦争を予防することもできないでしょう。

ただ、ここで僅かながら希望がございます。

総選挙です。

この総選挙で

1 民主党政権が崩壊
2 増税が頓挫
3 TPP不参加決定
4 50兆円の財政出動と50兆円規模の量的緩和(額は少なくても財政出動してもらえばいいとして・・・)

この4点が同時に満たされる可能性がございます。

ただ、もし、この総選挙で日本がまた悪い方向になるのであれば

その時は私も覚悟を決めなければならないでしょう。

人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。



三橋貴明氏の福島での講演会参加報告

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日の午後三時から午後5時ぐらいまで福島駅西口徒歩三分ぐらいの福島グリーンパレスにおいて
【情報の歪みを正せ!日本を蘇らせるために】という講演に参加致しました。

まずはどんな感じの会場だったかというと


SH3J0043.jpg

SH3J00410002.jpgSH3J00420003.jpgSH3J00390001.jpgSH3J00400001.jpg

と、こんな感じです。

紙っぽいのは配布された資料です。
本当にきれいに作成された資料です。

三橋貴明氏の顔写真は配布された資料のなかにプロフィールと一緒に載ってました。

まず、午後2時45分ごろに私は会場に着きました。
受付をするときに顔がにやけたおっさん(おそらく相当お偉い方)が立っておりまして

私に対して

「遠いところからようこそおいで下さいました」とのお言葉が。

若者が来たからテンション上がったのですか?
めっさ恥ずかしいからお願いだから止めてください(笑)。

予定時刻午後三時になり女性アナウンスが入ります。

女性(会場関係者?)の緊張度合が半端ない。
噛んじゃいましたから。

お願いだから落ち着いてと心の中で叫ばずにはいられない状況でした。

肝心の講演内容に関しては、三橋貴明氏のブログで主張されていること
そのままだったです。

しかし、話が上手くなっている。
また、テレビ出演の裏話や国会議員とのやり取りなども
オフレコですがお話し下さいました。

詳細な内容に関しては高度に政治的な内容であるのでここでは報告しません(笑)。

質疑応答の時間では企業経営者とおぼしき50代男性がすごく高度で素晴らしい質問を連続して行っていたのでかなり充実していたのではないかと。

最後に印象に残ったことだけお話致します。

日本国民が政治の重要性を認識していなかったがため、このような民主党政権ができあがったのだと三橋貴明氏は覇王色の覇気をビシビシ出しながら訴えておりました。

もちろん皆様は気絶しませんでした(笑)。

ただ、この民主主義国家において、政治に無関心であることがどれだけ罪深いことか本当に実感した講演会だったことは書いておきます。

これからも三橋貴明氏を応援していきたいと思います。

よろしければクリックお願いします。



人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR