米国隷従に終止符を打て! F35を切り捨てろ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

次期主力戦闘機選定問題は打ち切りですと宣言したのにこれだもんな。
取り上げるしかない状況に追い込まれました。

怒りが収まらないから徹底的に行くぞ!

以下はMSN産経ニュースより


F35 見直し必至 防空と安全性に懸念
2012.3.31 01:00 [安全保障]
 米国防総省がF35の調達計画を2年延長する方針を正式に決めたことで、導入を内定している日本政府は防空体制に穴を開けないためにも、調達計画の抜本的な見直しが迫られる。

 量産体制は通常、開発終了後に承認されるため、量産体制の開始を2年遅らせて19年以降とする今回の決定が意味するのは、17年3月末までに4機を導入する日本に対し、開発が終了していない「未完成品」が納入される可能性が高まってきたということだ。

 米国との契約通り、17年3月末までに4機を導入しても、実戦配備どころか、パイロットの安全を考慮して訓練飛行もできない事態になりかねない。

 日本政府は、米軍が国防産業大手のロッキード・マーチン社に量産体制を承認するまで、未開発状態のF35も大量に導入することになる。

 米側が価格や納期を変更しても違反を問われない有償援助(FMS)契約であるため、仮に訓練飛行や実戦配備で事故が起きた場合でも、日本側は米側に責任を問えない。

また、最初の4機に続いて、2017年12月までに日本国内で最終組み立てした4機の引き渡しが条件になっているが、これも実現はほぼ不可能だ。

 仮に最終組み立てが実現しても、米側が高度な機密保持を理由に、ブラックボックス化したレーダー部分の組み立ては米関係者だけとし、「日本側は翼やエンジンの取り付けだけになる可能性がある」(日本の防衛産業関係者)。

 日本側は、今年2月13日付で、防衛省の徳地秀士経理装備局長がケンダル国防次官(調達・技術担当)代行宛に文書を送達。価格が高騰した場合は調達の中止もあり得るとし、価格維持を確約するよう求めるとともに、FMSの見直しを要求していた。

 FMSでの調達では日本企業が米企業の下請けという制約での参画となり、F35の頭脳部分であるソフトウエアに関与できず、「戦前から積み上げた日本の航空技術にピリオドが打たれる」(日本の防衛産業関係者)事態になりかねない。

 高騰が懸念された価格については、19年に量産体制に入ることを条件に8340万ドルという低価格を示したが「絵に描いた餅」(米国防産業関係者)。価格維持の確約を求める徳地氏の文書に対し、米側はまだ正式回答していないもようだ。(ワシントン 佐々木類)


>>量産体制は通常、開発終了後に承認されるため、量産体制の開始を2年遅らせて19年以降とする今回の決定が意味するのは、17年3月末までに4機を導入する日本に対し、開発が終了していない「未完成品」が納入される可能性が高まってきたということだ。

納期を重視する日本的慣行を全く無視している。皆様に伺いたい、取引企業でこのようなことしてきたら契約不履行と言うことで契約解除なのではなかろうか?
>>米国との契約通り、17年3月末までに4機を導入しても、実戦配備どころか、パイロットの安全を考慮して訓練飛行もできない事態になりかねない。

じゃあ導入の意味なくね? 実践配備までにパイロット育成のための訓練もできないじゃないか! 嘗めてんのか?

>>仮に最終組み立てが実現しても、米側が高度な機密保持を理由に、ブラックボックス化したレーダー部分の組み立ては米関係者だけとし、「日本側は翼やエンジンの取り付けだけになる可能性がある」(日本の防衛産業関係者)。

それは次期主力戦闘機をF35に決定した時点でわかりきっていたことではないのか? 今更そんなぬるいこと言ってんじゃねぇ!
次期主力戦闘機選定は遊びじゃねんだよ! 日本の独立と平和、日本国民の生命と財産が守れるか否かという瀬戸際の話だぞ!
国家防衛を真剣に考えていないという証左ではないか!

防衛省にメールをもう一回送ろう!

防衛省にメール乙! と思う愛国者はクリックお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

離職によるトラブルと近況報告

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

一昨日のことですが、元上司から意味不明の電話アンドメールにより
疲労困憊のuematu tubasaです。

離職って本当に疲れますね。

引き継ぎに不備があるということで、2日間ほど事務所に行ってきましたよ。
ま、私が悪いですから仕方ないですが・・・

近況報告と致しまして、最近のトラブル(離職に伴う)によって
精神的にも肉体的にもダメージが多いっす。

なので、簡単な更新になると思います。

最近は結構幅広い種類の本を読みまくってますよ。

経済、軍事、防災、皇室、神話、などです。

ただ、花粉症の時期なので、集中力が低下しているのがしんどいですが。

しかも、就職活動の一環としまして、ビジネスマナー関連書籍で勉強しているのと、ネットに無料で適性検査してくださるサイトがございますので、そこで自己分析できるのを結構真面目にやっております。

以前はビジネスマナーとか適性検査とかを軽視しておりましたからな(嘆)。
でもそんな基本的なことをやれない人間では仕事はできないと思うのです。

厳しいですね。世の中は。
話はちょっと変わりますが・・・

仕事をしていてかなりショックだったことは『ファッション』に関してなのです。

私はあまりファッションにこだわりがなく、興味関心もありませんでした。
でも、職場で私服に関してボロクソに駄目だしを喰らってしまうのです。

本当にノイローゼになりそうでした。今ではまだマシになってます。
メンズノンノとかスマートとかジョーカーとか読むようになりましたからね。

以前の私からは想像できないくらいの変化ですよ。

と、そんなこんなで日々精進しております。

次期主力戦闘機選定問題は先日でいったん切ります。(まだ不十分と思いますが切りがありませんので)

皇位継承問題を徹底的に行っていきたいと思います。
男系固執主義者を徹底的に批判していきます。

現時点での私の主義主張と致しましては「女系公認論で直系長子優先、女性宮家創設、しかし、それだけで皇統は安泰ではない」という感じです。

応援のクリックをよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

どんどん死刑執行しよう! 生ぬるいことは言うな!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

「死刑は国民から支持されている」 小川法相が会見で強調2012.3.29 11:28 [死刑制度]
trl12032911290008-n1.jpg
3人の死刑を執行し、会見した小川敏夫法相=29日午前、東京・霞ケ関の法務省(鈴木健児撮影)
 

 「私は職責を果たすべきと考え、死刑を執行した」。約1年8カ月ぶりとなった死刑執行。29日午前、法務省で会見に臨んだ小川敏夫法相(64)は、淡々と概要を報告し、「死刑は国民から支持されている」と繰り返し強調した。

 午前11時。会見場に現れた小川氏は「本日、死刑囚3名について死刑を執行しました」と落ち着いた様子で述べた。

 小川氏は「犯罪に対してどのような刑罰で臨むかは、国民が決めること」と前置きした上で、内閣府の調査でも多くの国民が死刑を支持していることに言及。さらに、「国民の声を反映する裁判員裁判でも死刑が支持されていることを重要な要素とした」と述べた。

 小川氏は裁判官、検事、弁護士の法曹三者すべてを経験した経歴を持つ。菅内閣では法務副大臣を約1年務め、取り調べの録音・録画(可視化)の全面実施に向け、省内調整に奔走するなど、法務行政のエキスパートとして知られる。

 民主党政権下では死刑反対の法相が続いたことなどで、千葉景子元法相が執行して以降、途絶えていた。これに対し、小川氏は就任当初から「大変辛い職務だが、職責を果たしていくのが責任だ」と述べるなど、執行に関して積極的な発言を繰り返していた。

 29日の会見でも「職責を果たすことが私の法務大臣としての務めと考えた」と説明。今後の執行については「個々具体的に検討していきたい」と話した。


よくぞやってくれました。

小川法相には頑張ってほしい。

死刑執行しない法相は無価値ですから! どんどん執行して今までの法相のサボタージュを帳消しにしてほしいと切に願う次第であります。

久しぶりに納得する仕事を見ました。

以上、よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

存在感がない日本 核安保サミットでオバマ大統領に相手にされず

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより


核安保サミット 外交無策つまはじき…首脳会談予定なし
2012.3.27 07:01 [外交]
 【ソウル=半沢尚久】野田佳彦首相は26日夜、核安全保障サミットに出席するため政府専用機でソウル入りした。北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射阻止に向け各国に協力を呼びかける考えだが、米中韓など主要国首脳との会談は予定されていない。オバマ米大統領が25日にソウル入りし、核の拡散防止に向け積極的に首脳外交をこなしているのとは対照的。民主党政権の外交無策により、日本は国際社会から「つまはじき」となりつつある。

                   ◇

 ◆意気込みむなしく

 「北朝鮮がミサイル発射を準備していることは間違いなく国連安保理決議違反につながる。それを国際社会に訴えて北朝鮮に自制を求め、日本の考えを各国首脳と共有したい」

 首相は出発に先立つ26日夜、首相官邸で記者団にこう意気込んだ。

 首相は27日の核安保サミット全体会合で北朝鮮の核問題などに関し声明発表を予定する。とはいえ北朝鮮問題では米国、ロシア、中国、韓国との連携は不可欠だが、これら4カ国との首脳会談さえ予定にない。

 こうなったのは首相が外交よりも内政を優先させたことが大きい。
存在感を示すには26日昼までにソウル入りする必要があったが、参院予算委員会の集中審議があったため26日の夕食会までもキャンセルした。夕食会出席に向け国会日程を野党と調整した形跡はない。つまり首相は平成24年度予算案の年度内成立や消費税増税関連法案成立に野党の協力が不可欠なだけに波風を立てたくないと考えたわけだ。

 帰国時間も予定より3時間ほど早めた。消費税増税法案の閣議決定に向け民主党の了承を取り付けるため27日夕に帰国し、自ら説得に当たるためだ。

 ◆ソウル滞在18時間

 ソウル滞在時間はわずか18時間。首相は26日の予算委員会で「ちょっとタイトな日程で米国と会談時間が取れていないんです。立ち話になるかもしれない」とこぼしたが、自縄自縛としか言いようがない。

 22年4月にワシントンで開かれた初回の核安保サミットも日本は憂き目にあった。米軍普天間飛行場移設問題の迷走によりオバマ氏は首脳会談を拒否。鳩山由紀夫首相(当時)は夕食会席上で10分間の釈明を続けたが、相手にされず、米紙に「参加国最大の敗者」と酷評された。

 今回はさすがに鳩山氏のような「さらし者」にはならないようだが、内向き志向の野田首相など、各国首脳の眼中にない。


核武装国家ではない。

国家の独立と平和のための自助努力をサボタージュ。

もはやいつ交代するかわからない日本の首相が無視されるのもいたしかたありますまい。

本来ならば、北朝鮮の核開発と日本の核武装に関して苛烈な議論をすべきサミットであるはずなのにこのような体たらくでは溜息しか出ません。

早く総選挙していただかないと困ります。

以上、応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

シナ共産党が平和を語るな馬鹿野郎!衛星破壊が平和に貢献するのか?そんなわけない!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。以下はMSN産経ニュースより

特別記者・千野境子 宇宙に向かう「安全保障」
2012.3.24 03:17

平和を語るやましい国


 軍拡や領海侵犯を行いながら「平和的台頭」を臆面もなく言う国、実際は弾道ミサイルを発射するのに「宇宙の平和利用だ」と強弁する国など、とかくやましい国ほど平和を口にする。

 しかし平和を云々(うんぬん)する前に自らの行動に規範が求められるのは、海洋も宇宙も同じである。そして海洋に比べて遅れていた宇宙の行動規範作りが、米欧を中心にようやく動き始めた。

 今月末、宇宙空間を民生・安全保障の両面から律しようとの行動規範策定のための準備会合が、欧州連合(EU)の呼びかけで日米豪が参加しブリュッセルで開かれる。多国間の議論を広げるべくインドやブラジルにも声をかけているが、案の定というべきか中国とロシアの参加は望み薄という。

 実は中露は機先を制するように、国連ジュネーブ軍縮会議に共同で条約草案を提出ずみだ。「よく読むと米国のミサイル防衛(MD)阻止の意図が明らか」(関係者)という代物で、宇宙空間の開発・利用をめぐって新冷戦時代の様相も呈している。


世界に衝撃のASAT


 宇宙空間の規範作りが焦眉の急となった契機は、中国による衛星攻撃兵器(ASAT)の実験成功だ。2007年1月、中国は国際社会に予告することなく、自国の老朽化した気象衛星をASATで破壊し、多量のスペース・デブリ(宇宙ゴミ)を生じさせた。
現在、宇宙空間には約50万個(直径5センチ前後)のデブリがあって地球の周りを飛んでおり、多くは燃え落ちるが、大きなものは燃えないで落下する。

 もし有人宇宙船と衝突すれば大変なことになるし、どこに落ちるか分からないのも問題だ。デブリは年々増加しており、その危険性はかねて指摘されてきた。

 中国の破壊実験で出た大量のデブリも大半は軌道上に残ったままという。

 しかし世界が衝撃を受けたのはデブリの問題だけではない。実験成功は中国が他国の衛星を撃ち落とす能力を獲得したことを意味し、それが各国を震撼(しんかん)させたのである。中国は05年7月と06年2月にも同様の実験を行ったが、この時は失敗したとされる(防衛研究所編「中国安全保障レポート」)。また宇宙空間で実験を断りなく行ったのも中国が初めてだ。

 先のジュネーブ軍縮会議への中露による条約草案提出は、実験の翌年2月。題名は「宇宙空間における兵器配備、宇宙空間の物体に対する武力行使または行使の威嚇を防止する」というのだから、まるで自作自演である。


日本の対応と国際協力


 こうして米欧が宇宙空間の活動への対応を急ぐ中、平和を違った意味でだが多言してきた日本も、さすがに軌道修正しつつある。

 今国会に提出の宇宙航空研究開発機構(JAXA)設置法改正案もその一つだ。宇宙の開発・利用を「平和目的に限る」とした規定を削除し、範囲を広げて防衛への利用も可能にする。

もともと宇宙の開発・利用は冷戦下、米ソの軍事競争から始まった。ところが日本は平和目的に特化、裏表なしで平和に邁進(まいしん)した。それはそれで悪いことではないし、当時の内外情勢からはやむを得なくもあった。問題は一緒に防衛や安全保障の取り組みまで怠ってしまったことだろう。

 考えてみればこれは原子力の開発・利用にも通じそうな話だ。日本は原子力も平和利用に限り、原発のみ推進し、本質的には同じである核兵器という軍事利用は除外した。これも当時、それ以外の選択肢はなかったといえるが、結果的には原発の安全への過信と甘い事故対応を招く一因となった。平和利用だから事故は起きまいと思ったわけではないにしても。

 さらに宇宙外交に積極的に取り組む動きもある。新興国に対して政府開発援助(ODA)を使い、地震、環境、防災などグローバルな課題で国際協力を推進し、併せて市場拡大も目指すものだ。

 また昨年6月の「2+2」で宇宙を利用した安保協力の推進を申し合わせた日米は、宇宙枠組協定の締結に向けて交渉を開始した。これらのため近く外務省には「宇宙外交推進室」が発足する。

 ブリュッセルの準備会合にEUが提出する行動規範草案は、衛星の衝突やデブリのリスク低減のため、意図的な宇宙物体破壊の自制や被影響国へのタイムリーな通報、潜在的被害国による協議申し立てなど一般的措置や協力のメカニズムを盛り込んでいる。

 ただし行動規範であり残念ながら法的拘束力はない。予防外交に例えれば信頼醸成という第1段階だ。国際社会の結束を急がないと、やましい“平和国家”が跋扈(ばっこ)することになりかねない。(ちの けいこ)

 
 >>しかし世界が衝撃を受けたのはデブリの問題だけではない。実験成功は中国が他国の衛星を撃ち落とす能力を獲得したことを意味し、それが各国を震撼(しんかん)させたのである。
これはつまり、衛星を打ち落とせる国家にMD(ミサイル防衛)は機能しないということなのです。

MDとは高速移動する弾道ミサイルを迎撃するわけですから、弾道ミサイルの移動方向、移動スピード、現在どこに弾道ミサイルが存在しているのか、といった諸々の情報を衛星や地上のレーダーで把握しなければなりません。

本当に核攻撃を伴う戦争に発展したら、地上のレーダーも破壊されますし、衛星も破壊されてしまうのは確実でしょう。

ミサイルを迎撃できるわけないじゃん。

ミサイルがどこにいるのか把握できないのだから。

MDがあるから核武装しなくていいという戯言には騙されないようによろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

F35はいい加減やめなさい!次期主力戦闘機選定問題で暗雲立ち込める!日本の防空がザル過ぎてやばすぎる件!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

F35 開発2年延長 米国防総省方針 日本2016年導入困難  2011.12.13 02:05 [米国]
 【ワシントン=佐々木類】航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の選定作業が大詰めを迎える中、有力候補であるステルス戦闘機F35に多数の亀裂が見つかったのを受け、米国防総省がF35の開発調達計画を2年間遅らせる見通しとなった。複数の国防総省関係者が明らかにした。同省の諮問機関「国防調達委員会(DAB)」が来年1月の会合で延長を決める方針。

 方針を受けてF35の運用開始は、当初の2017年から19年以降にずれ込むことが確実となり、日本のFX調達計画も抜本的な見直しが迫られそうだ。

 DABは、F35の開発遅延に関する米国防関係者の相次ぐ問題点の指摘を受けて開かれるものだ。

 デンプシー米統合参謀本部議長は9日の講演で、機体に生じた多数の亀裂に加え、英国、イタリア、オランダなど欧州の共同開発国が受けた債務危機の影響で、調達計画がさらに遅れる可能性を示唆した。

 この発言は、国防総省で同機の開発計画の担当官であるベンレット海軍中将が最近、「計画変更が度重なり、開発に莫大(ばくだい)な費用がかかっている」と述べたのに続いて、F35開発計画に警鐘を鳴らしたものだ。

加えて、国防総省内には、当初6500万ドル(約48億円)とみられた調達費が「3倍近くになる」(関係者)との見方がある。同省は増加分の負担をめぐり、製造元のロッキード・マーチン社と協議中だ。

 国防総省はこれまで、運用試験の開始が「17年春にずれ込む」(ギルモア装備評価担当局長)との見方を示していたが、DABの決定により、19年以降に延期となるのは確実だ。日本政府は16、17年度にそれぞれ4機ずつの導入を予定しているが、「共同開発国でもない日本が16年に導入できる可能性はほとんどゼロ」(米関係者)とみられる。

【笠原健の信州読解】
やはり、空自はF35を選んでしまった

2011.12.24 12:00 [笠原健の信州読解]
plc11122412010009-n1.jpg
F35ライトニング2戦闘機(ロイター)

航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)は米ロッキード・マーチン社が開発を進めているF35に決まった。今回の機種選定に当たっては英国やドイツが共同開発したユーロファイターにすべきだとの考えを披露してきたが、やはり空自はF35を選んでしまった。今回の選定を巡るいろいろな問題は既に紙上で指摘されているが、もう一度振り返っておこう。

 今回の選定は「最初から結論ありき」という印象が強かった。日米同盟に加えて、空自の生みの親であり、育ても親ともいうべき米空軍の主力戦闘機となるF35が当初から最有力視されていた。

 選定時の政権が民主党政権だったということも大きな影を落としたはずだ。何せ民主党政権は日米同盟をメチャクチャにしかけた。鳩山由紀夫政権の下での米軍普天間飛行場移設問題の迷走がその象徴だ。その鳩山政権は日米同盟よりも日中関係を重視すると受け取られかねない東アジア共同体構想に夢中になった。核の持ち込みに関するいわゆる日米密約をほじくり出そうと躍起になったのもそうだ。

 日米同盟の動揺を見透かした中国やロシアの艦艇や航空機がしきりに日本近海や日本領空を遊弋・飛行するようになって民主党はようやく日米同盟の重要性に気づき始めたようだが、時既に遅し。

 強固な日米同盟の下で日米の首脳や国防関係者が腹を割って話し合うことができる環境にあったら、機種選定は別な状況になっていた可能性もある。

 F35は米空軍でさえ正式に運用に踏み切っていない未完成の戦闘機だ。ロッキードマーチンは空自が求める平成28年度までに納入は間に合うとしているが、果たして本当なのか。開発費の高騰も避けられないだろう。

 国内の防衛産業への影響も深刻だろう。国内企業が製造に関われるのは約300の構成品のうち4割程度とされているが、F35の製造を通して国内企業がどこまで新たな技術を取得できるかは未知数だ。

 一挙にF35を導入するのではなくまずユーロファイターもしくは米ボーイング社製のFA18を導入し、「空白の期間」を埋めたうえで、F35の完成を待って導入に踏み切るという方法もあったのではないか。防衛省は20年間で42機のF35を導入・運用するとしているのを踏まえれば、そういう選択もあり得たのではないか。

 しかし、空自は諸々な不安要因を抱えるF35を選択した。中国やロシアがステルス戦闘機の開発を始め、韓国もF35を導入するかもしれないという状況下で、空自がステルス性能を持つF35にこだわったのは分からないでもない。ただ、ステルス戦闘機を導入してもその性能を十分に引き出す運用をすぐにできるのかという疑問もわいてしまう。


ここまで来てしまったらとりあえずユーロファイターで空白の期間を埋めて、次期主力に関しては先送りしかないのではないでしょうか?

そもそも自民党政権時代から進んできた防衛費削減というはっきり申し上げて狂気の沙汰の政策が当然のごとく進められてきたのですから、このような「ルーピー政策」がまかり通ってもさもありなん。

ユーロファイター以外あり得ないだろう。
納期守れない、価格高騰のふざけた戦闘機はいらないよ!


以上、クリックお願いします。最近ランキングが上昇傾向なので頑張ります(笑)。

人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

【経済本紹介】 中野剛志著『レジーム・チェンジ 恐慌を突破する逆転の発想 』を読んでのレヴューをアマゾン風に書く!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

中野剛志『レジーム・チェンジ 恐慌を突破する逆転の発想』NHK出版新書を読みました。 
レジームチェンジ

すっごく感動しましたので、アマゾンレヴュー風に批評してみたいと思います。

もちろん星5つ!

私が中野剛志氏の著作を初めて読ませていただいたのが、経済ナショナリズムを縦横無尽に論じ尽くした『国力論』という分厚い著作でした。

その切れ味鋭い文章にどれほど感動したことか。

それから中野剛志氏の著作は購入してきておったのです。

今回の『レジーム・チェンジ 恐慌を突破する逆転の発想』NHK出版新書は小難しい概念とか思想とかのお話ではなく、かなり具体的な政策レジームに関する著作なので、小泉政権からの日本政府が実行してきた経済政策に漠然とした不安や疑問を持ってらっしゃる方に是非ご購入いただきたいと思います。

本当に、読みやすいことこの上ないです。

経済とは「経済学者によって机上の空論で語られやすいもの」であり「無味乾燥としたもの」であるという特徴を元来備えているというちょっと厄介なものなのです。

しかしながら、中野剛志氏はその経済というものに「人間の血を通わせる」ということを実践しております。

特に、失業に関する記述がすごいので、一部だけ転載させていただくと

「(前略)しかも、失業の問題は、単に金銭的に苦しくなるというだけにはとどまりません。失業は、個人の自立心を損ない、自尊心を傷つけるのです。

失業の最大の問題点は、経済的な困難よりも、人間性にダメージを与えるというところにあります。」中野剛志『レジーム・チェンジ 恐慌を突破する逆転の発想』NHK出版新書p76-77

「(前略)さらに、日々の職場において、創造性を発揮し、新しいアイデアを実行すること、そして、そのアイデアを上司や同僚に認めてもらうことは、自己実現の感覚や達成感をもたらすでしょう。
 
 あるいは、組織の中で仕事を任され、上司や同僚や顧客にいろいろ教えてもらいながら、さまざまな経験を積むことで、人間は成長することができます。こうした経験は組織の一員だからこそ得られることです。
 
 人間は、仕事を通じて一人前の大人になるのだと言っても過言ではありません。

 失業が恐ろしいのは、こうした自己の成長の機会だけでなく、他人から自分の存在を認知されるされるという機会すら失うことによって、自分の存在が脅かされるというところにあります。解雇を通告されるということは、自分の存在を否定されることと受け取られるのです。

 さらに就職できない若者は、悲惨なことに、一人前の大人になるチャンスすら与えられないということになります。」中野剛志『レジーム・チェンジ 恐慌を突破する逆転の発想』NHK出版新書p78-79

私ことuematu tubasaは今年の三月中旬に失業しましたし、昨年の3月に新卒で就職することができませんでした。本当につらい思いをしました。

それは、やはり「社会に必要とされない人間なんじゃないか」と思ったからですし、実の父親に「社会のクズ」呼ばわりされたからです。

失業という危機的状況を甘く見てはいけないのです。

そのほかにも、机上の空論ではなくて、現場を重要視すると言いますか、実践知を重要視する態度が一貫しております。

そして、今まで行われてきた改革にも容赦ない批判が随所にちりばめられております。
卑しくも国民経済、国家経済を論じたいのであれば、本書は必読文献なのではないでしょうか?

以上、応援よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

 

中国当局の堂々たる侵略宣言!中国巡視船を撃沈せよ! 反戦平和勢力はどのように言い訳するつもりなのかね?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

尖閣巡視は「実効支配の打破」目的 中国当局が表明
2012.3.21 20:13 [尖閣諸島問題]
尖閣に中国船
日本の接続水域内を航行する中国船「海監50」。奥は海上保安庁の巡視船「いしがき」=16日午前7時40分、沖縄県・尖閣諸島久場島の東南東約27キロ(第11管区海上保安本部提供)
 

 中国国家海洋局の東シナ海管轄当局者が21日までに共産党機関紙、人民日報のインタビューに答え、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)海域で16日に開始した海洋調査船の巡視活動について日本の実効支配の「打破」を目的にした「定期」巡視と表明した。実効支配排除を明確に巡視目的として掲げるのは珍しい。

 中国には「実効支配が50年続くと国際法の判例で尖閣諸島が日本の領土として定着しかねない」(日中軍事筋)との強い危機感がある。同諸島が沖縄県とともに米国から日本に返還されてから50年となる2022年5月が近づくにつれ、中国は強硬姿勢をエスカレートさせかねない情勢だ。

 国家海洋局当局者はインタビューの中で「(50年の)実効支配によって(日本の領有権を定着させる)『時効』を取得し、釣魚島を窃取しようとする(日本の)たくらみを打破する」と力説した。(共同) 


中国巡視船がちょっとでも領海内に入ったら海上自衛隊の護衛艦で撃沈しましょう!
そうすれば大義名分は立ちます。日本固有の領土を渡さないという固い決意をシグナルとして中国共産党に送ることができるでしょう。

「憲法九条を守れ」と「軍拡反対!」とか狂ったように叫んでいる連中はどのように言い訳なされるのでしょうか?

現状がますます悪化しているではありませぬか!

甘いこと言ってたらつけ込まれるっていうのが国際社会の常識なのだと理解してほしいです。

応援よろしくお願い致します。
 


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

ためらうな!迎え撃て!北朝鮮に対する予防的先制攻撃を視野に行動せよ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

北朝鮮、「地球観測衛星」の打ち上げ予告 長距離弾道ミサイルか

2012.3.16 12:41 [核・ミサイル事情]
kor12031612400001-n1.jpg
米シンクタンク「グローバル・セキュリティー」が2009年6月4日に公開した、北朝鮮・東倉里にあるミサイル発射施設の衛星写真(デジタルグローブ/グローバル・セキュリティー提供・共同)
 

 【ソウル=加藤達也】北朝鮮の朝鮮中央放送などは16日の正午の定時ニュースで、4月15日の金日成生誕100年にあわせ12日から16日の間に実用衛星「光明星」を打ち上げると予告した。放送は衛星について「地球観測衛星」で平安北道鉄山郡の西海衛星発射場から発射としている。

 北朝鮮は1998年8月のミサイル発射を「光明星1号」と称し、2009年4月のミサイル発射を「光明星2号」として、打ち上げを予告した。だが、事実上「衛星」は長距離弾道ミサイルで、98年がテポドン1号、2009年はテポドン2号の改良型とみられている。


予告とは・・・日本は嘗められてますな。

日本政府並びに民主党に申し上げる。

日本に着弾するしないに関係なくミサイル迎撃に全力を尽くしてほしい。

最悪、ミサイル発射準備の状況を衛星で確認後、予防的先制攻撃で発射される前に破壊するのも前向きに検討していただきたい。

米国との事前協議などがあるとは思うのだが、日本単独でもやる覚悟でお願いしたい。

しかしながら、イージス艦でのミサイル迎撃は不可能という意見も存在する。

私も、今回のように敵国が「発射予告があって、単発で、ミサイルの発射方向も予測ができて、EMP攻撃をせず」状況で、日本がイージス艦並びにパトリオットPAC3を全部その単発のミサイルの防衛に集中できるなら迎撃できる可能性は高いとは思う。

しかし、それ以外であれば迎撃は不可能であると断言する。

核武装論を構築する上で絶対に欠かせないのがミサイル防衛に関する論考である。

後日、詳細に論じたい。

最後に一言

ためらうな! 迎え撃て!

人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

明後日で仕事終了!得るものが多い職場でしたが、虚しさが残る

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

急なお話ですが、明後日の午前中で仕事が終了致します。

8か月ぐらいではありましたが、いろいろ学ばせていただいた職場でした。
しかしながら、虚しさも残りました。

業績不振によって、辞めざるを得ない(いろいろ複雑な事情がございまして)状況でした。

3月半ばで引き継ぎも終わりまして、1か月半は仕事探しも休もうかと存じます。

理由①花粉症の時期
  ②退職の引き継ぎなどでトラブル続出
  ③一からビジネスパーソンとして鍛えなおした方がいいと感じた

理由①について
私は重度の花粉症でして、お薬を飲んでいるのですが、毎年きつい状態に陥ります。
よって、自宅で療養することにしました。

五月のゴールデンウィーク過ぎまでおとなしくしたいのです。

理由②について
退職に伴い、公的書類手続きや引き継ぎでトラブル続出なのでございます。

それで、精神的にボロボロの状態なのでございます。

引き継ぎとかって言われても経験値ゼロの若造に無茶ですよ(泣)。

理由③について
私が、民間企業で働いて一番実感したことは「ビジネスマナー」の重要性でした。

仕事上、お世話になっている方から、ビジネスマナーに関する書籍を読み込んだ方がいいとのアドバイスをいただきましたので、退職を機に、じっくり基礎基本からやり直そうかと存じます。

やはり適性検査からやり直した方がよさそうな感じがします。

と言いますのも、私の適性検査は20代男性としましてはかなり上位ランク人材(Aの+14、適性検査ではかなり上位なのだそうです)との判定が出るのです。

でも正社員になれないわけですからね。

おかしいな? って感じですね。

と、ちょっと話は変わりまして・・・

皆様は職場の上司から苦言を呈される経験はお持ちでしょうか?

私は常に言われております(笑)。

しかしながら、解せない批判もちらほら言われるのです。

「君は何か人間として何かが足りないよ」と。

絶句しましたね。

抽象的過ぎてわけわからん。

でも自分ではなぜこんなことを言われなければいけないのかわかりません。

どのような言動がこの批判(悪口?)に繋がったのかわかりません。

皆様(できれば民間企業にお勤めの方)にご相談がございます。

直属の上司に「君は何か人間として何かが足りないよ」と言われたらどのようにお感じになられますか?

どうすればこのようなことを言われずに済むのですか?

よろしければ、ご回答お願い致します。

以下は今後の予定です。

3月18日からお休み期間に入りますので、以前よりかはブログ更新およびツイッター更新が
活発化いたします。

まず次期主力戦闘機選定問題、皇統の問題にぎっちり突っ込んで論じて行きます。

その後は地味なことになりますが、最近読み始めた書籍の紹介記事を地道にUPしていきます。

よろしくお願い致します。

詳細な予定に関しては後日ご報告するということで。

クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。


君が代歌わない教師は懲戒免職にしてくれ!橋下大阪市長にはそれだけ頑張ってもらいたい!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースWESTより


君が代の口パク監視は「人権侵害」 教職員組合が反発 
2012.3.13 13:28 [west政治]
waf12031313370012-n1.jpg
大阪府立高等学校教職員組合のホームページ
 

 橋下徹大阪市長の友人で民間人校長として採用された大阪府立和泉高(岸和田市)の中原徹校長が、卒業式の国歌斉唱の際、教職員の口元の動きをチェックし、1人を「不斉唱者」として府教委に報告していた問題で、大阪府立高等学校教職員組合は13日、「人権侵害だ」とコメントした。

 同組合は「歌うかどうかは個人の内面の問題。無理やり口を開かせるやり方は人権侵害だ。卒業を祝う場で、校長が監視ばかりしていたなら、生徒を冒涜している」としている。


反逆する武士 uematu tubasaとしましては

君が代歌わない教師は即時懲戒免職にすべし! なのであります。

>>同組合は「歌うかどうかは個人の内面の問題。無理やり口を開かせるやり方は人権侵害だ。卒業を祝う場で、校長が監視ばかりしていたなら、生徒を冒涜している」としている。

この教師達は生徒達に「宿題するか否かは個人の内面の問題。無理やりやらせるのは人権侵害」とか「学校規則を守るか否かは個人の内面の問題。無理やりやらせるのは人権侵害」とか言われたらどうするおつもりなのですかね?

ただ、この問題に関して申し上げたいのは、こんな問題教師を野放しにしている生徒達にもほんの少し罪がありますよ。

なぜ、正面突破で君が代を歌わない教師に「なぜ、日本の国歌である君が代を歌わないのですか? 規則できまっているでしょう? この国際化時代において国旗に敬意を払い、国歌を歌うのは国際常識ですよ? 私は国際常識の欠如した先生の授業をボイコットします! 」と宣言し、ボイコットすべきでしょう。

高校生なりに日本のために行動しましょう。

もし本当にそんな国際常識欠如した教師に対して抗議する高校生がいたら反逆する武士 uematu tubasaは応援しますよ。

ちなみに私の出身高校にはそんなふざけた教師が一人もいませんでした。

頭を垂れて国旗を敬い、厳かなムードで君が代を歌うのは本当に感動するくらい素晴らしい光景です。

橋下大阪市長にはこの問題に関してのみ応援しております。


君が代を歌わない教師を即時懲戒免職にするように制度改革してください。

応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

政治の重要性

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

明日で東日本大震災から1年ですよね。

なので各地で慰霊のイベントが開催されています。

そこで、考えたことを述べてみたいと思います。

職場で先輩にイベント関係で打ち合わせとかしているのですが・・・

「シンガーとかが、震災関連で歌とかやってるよ」と言われるのです。

動画(主にYOUTUBE)でやっているので参考までに見ておけと先輩はおっしゃいます。

いろいろ見てみたのですが・・・

私のブログが炎上しても構いませんから主張致します。

はっきり申し上げて「無意味」です。

それで、現実的に被災者の現状が改善されるのですか?
「私は被災者のために役立っている」と悦に入りたいだけでしょ?

しかも、YOUTUBEなどで募金募集していても、それはマクロ的に考えれば需要を奪っていると考えることもできるわけですよ。

 募金するよりも、募金するお金を消費に回した方がGDPが増えて税収が増えた方が良い場合もあります。

 消費の自粛なんてもてのほかですよ。

話を戻しますと、このような被災者や震災関連で歌っているシンガーって戦争の勃発直前の危機的状況で「イマジン」を歌う現実を直視できない人々みたいで私のようなリアリストにとってはがっかりします。

日本人はもっと政治の重要性に気が付くべきです。

政府がしっかりとした災害復興してればこんな悲惨な状況にはなっていないのです。

皆様も経験があると存じますが、やたらちょっとした政治関連の話題になったら渋い顔をする人っていませんでしたか?

はっきり申し上げて政治的無関心って罪だと思うのですよね。

政治をないがしろにしてきたツケがここで日本人に降りかかって来ているのではないかと。

反政府的な歌詞、反政権的なリズムでガンガン政治批判をしてほしいものです。

以上です。

応援よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

男系固執主義者を粉砕! この現実から目を背けるな!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。 

以下はMSN産経ニュースより


皇統の生命線は「男系の継承」
2011.12.10 18:43 [皇室]

plc11121018450010-n1.jpg
野田佳彦首相=首相官邸(酒巻俊介撮影)
 野田内閣は「女性宮家」創設の検討に入ったが、野田佳彦首相(54)は頼りない。神話からの系譜が続く皇統は、初代の神武天皇から第125代の天皇陛下(今(きん)上(じょう)天皇)まで、男性皇族の血脈(=父方の系統に天皇をもつ男系)で皇位が伝わってきた点に特徴がある。この伝統は「万世一系」と呼ばれ、日本の国柄の美質として尊ばれてきた。皇統の生命線、大原則といえる男系の継承が「女性宮家」によって否定される恐れがあるのだ。

 

謙虚に歴史を学べ


 「女性宮家」の創設で女系のお子が皇位継承権を持つことになれば、「女系天皇」を容認することになる。文化的背景の異なる外国の王室はいざ知らず、日本では女系の継承で現皇統は失われる。「女系天皇」の父の系統の新王朝になってしまう。

 国民統合の象徴のはずの皇位の正統性をめぐって国内に対立が生まれ、皇室を中心とする日本の結束を嫌う内外の一部勢力は喜ぶことになるだろう。

 秋篠宮殿下(46)のご長男、悠(ひさ)仁(ひと)さま(5)の世代に、他の男性皇族がおられない問題の解決策は他にある。

 旧11宮家の男系男子の皇籍復帰をお願いするのが、皇室の伝統を踏まえた方策だ。敗戦後の混乱や占領軍の圧力がなければ皇族でおられたはずの方々だ。今は市井に暮らしていても、悠仁さまが今世紀後半の長い期間、皇位におられるであろうから、皇籍に復帰される方々が威厳を取り戻す時間は十分ある。

旧皇族男子の系統(=男系)が、皇族に復帰した例は複数ある。「寛(かん)平(ぴょう)の治(ち)」を称(たた)えられた第59代宇(う)多(だ)天皇(在位887-897)もそうだ。

 古代や江戸時代の話だからといって軽視するのは自国の歴史をおとしめるものだ。千年以上前の出来事も同じ皇統のこととして、参考にできる古くからの国柄なのだから。

 伝統を基盤とする皇室については、現代の浅い価値観だけで考えてはいけない。謙虚に歴史や伝統を学び、過去から現代、そして未来の日本人に恥じない答えを出すよう努めてほしい。

 明治の大法政家の井上毅(こわし)(1844-1895)や元勲の伊藤博文(1841-1909)はそのような立場で、一部にあった「女系天皇」容認論を退け、国の肇(はじ)めからの伝統に沿った男系の継承を大原則を尊重した明治の皇室典範を実現した。これを覆(くつがえ)せるほど現代人は賢いのだろうか。

 

首相の不見識


 藤村修官房長官(62)は11月25日の記者会見で「国家の基本に関わる事項」として、「安定的な皇位の継承の維持」を検討すると発表した。

 一方、野田首相は12月1日の記者会見で、「皇室活動の安定性」つまり皇族のご公務という問題意識は示したものの、はるかに大切な皇位継承について説くことはなかった。

また、秋篠宮殿下は11月30日のご会見で、今後の皇室のあり方について「私もしくは皇太子殿下の意見を聞いてもらうことがあってよいと思っております」とおっしゃられたが、首相は「国民的議論」しか言及していない。立憲君主制のもとで行政府を預かる内閣総理大「臣」として、不見識ではないか。

 不見識といえば、民主党の樽(たる)床(とこ)伸二幹事長代行(52)は11月25日の会見で、「個人的には現在の天皇制度を是認する立場だ」と述べたが、「是認」という言葉遣いは要人の会見として適切ではない。

 舛添要一新党改革代表(63)は12月2日の会見で、「男女平等なんだから」と述べ、「女系天皇」に道を開く形の「女性宮家」に賛同した。

 世襲の伝統に基づく皇位継承に、一般国民の「男女平等」がなぜ関係するのだろう。舛添氏は「女性天皇」という言葉が出てこず、「女性の王様、というか女王様」などと述べ、記者団から「女性天皇ですね」と助け舟を出された。軽い印象は否めない。(政治部 榊原智/SANKEI EXPRESS)


このニュースには皇位継承問題に関して重要なことがかなり含まれている。

よって今回取り上げることにする。

1、皇統=男系なのであろうか?

現行皇室典範にはこう規定されている。

「皇位は皇統に属する男系の男子がこれを継承する」

つまり、皇統には男系・女系両方含まれている。

もし仮に皇統=男系ならば「皇位は皇統に属する男子がこれを継承する」と記されるはずである。

男系男子、男系女子、女系男子、女系女子が皇統に属しており、そのなかの男系男子が皇位を継承すると限定されているという理解が正しい。

しかしながら、男系=皇統だと盲信しているかのごとき記事ですな。

2、旧宮家系国民男子の皇籍取得は可能なのか?

この記事では可能であると主張しているが、不可能だと言わざるを得ない。

週刊新潮2011年12月15日号 P25
513nVahJ3sL__SL500_AA300_.jpg

に旧宮家の特集記事があるので、興味のある方は読んでみてほしい。

お家断絶もある「皇籍離脱」男系男子リストという見出しで、旧宮家系国民男子に対しての皇籍取得はあるのかという調査記事がでっかく特集されている。

結論だけ申し上げれば(本当にそうなのかとお疑いの方はお読みになってほしい)旧宮家系国民男子に皇籍取得は不可能だ。

そもそも皇籍取得する意志を表明したのは一人もいない。

皇籍取得したとしても日本国民から皇族として認められるほどの人物はいない。

それどころか、皇籍取得のお話を振られるだけで困惑する者がいる始末である。

そして小林よしのり氏が先ほど紹介した週刊新潮の記事の詳細まで論じ尽くしている。

SAPIO 2012年2月22日号
51VpoPcHYmL__SL500_AA300_.jpg
「ゴーマニズム宣言 皇統の男系固執は不可能だった!」

皇籍取得は何か特権を得るとかそういう話ではないのだ。
様々な自由を奪われることが多い。

家族、友人、知人などに気軽に会えないし、自分自身の意志で行動できない。

なぜ、自分の意志で皇族の配偶者になろうと決意したわけでもないのに皇籍取得に前向きな日本国民がいるのだ?

そもそもそんな軽々と取得できるような簡単なものではないのですよ皇籍ってのは!

さて、男系固執主義者はどう答えるのかな?

最後に

大学生氏には本当にお待たせしております。
近日中には質問にはお答えしますので、少々お待ちを。(就職活動やらなんやらでトラブル続きなんすよ)

応援よろしくお願いします。



人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

反逆する武士 ブログ開始から昨日で1年! 皆様の応援に支えられて

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

昨日は更新できなくて申し訳ありませんでした。

やっとこさ昨日の夜遅くに仕事が一段落つきました。

昨日、2012年3月2日で反逆する武士が1周年です。

皆様に応援に支えられて、今まで何とかブログを継続できました。
本当にありがとうございます。

一年間を振り返って

大変な1年だったと思います。

ブログ開始からすぐ東日本大震災でしたから。
その後の就職難、父親との極度の不仲、仕事の影響で更新が滞ることもありました。

それでも何とか、謝金返済なども少しはできましたし、年金も何とか猶予額を支払えそうです。

政治的には民主党の異常性をマザマザと見せつけてくださいました。
それだけは唯一よかったことなのかと。

ビジネスマンとしての最低限の知識もつきましたし、自分自身かなり成長できた実感があります。

今後の目標について

今後の目標は

1一人暮らし
2毎日ブログを更新すること
3借金返済

って感じです。

ブログの更新内容に関しては

3月中に次期主力戦闘機選定問題と皇統の問題を片付けて

4月中は可能な限り核武装論をじっくりと腰据えてやりたいですね。

もちろん時事的問題も絡んできますけれども。

そのほかに関してはツイッターでいろいろつぶやきますのでご注目を。

さて、これから気晴らしに歩いていきます。

応援よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR