【自給自足】メタンハイドレート・シェールオイルが大量採掘されれば、自給自足体制構築へ大きく前進します

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近、書籍が読めません。時間が無さすぎです。
電車や車の中でしか本が読めないです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121030/fnc12103008280003-n1.htm

日本近海、次々に見つかる新資源 天然ガス消費量100年分のメタンハイドレート 
2012.10.30 08:27 [資源]
 日本の近海などから新資源が相次いで発見されている。技術進歩でこれまで見つかっていなかった海底や地底の奥深くまで探ることができるようになったためで、石油天然ガス・金属鉱物資源機構は来年1~3月、愛知県沖でメタンハイドレートの海洋産出試験を世界で初めて実施。天然ガス消費量の100年分に相当するともいわれるメタンハイドレートの発掘に期待が高まっている。

 メタンハイドレート以外にも、資源開発大手の石油資源開発が今月3日、秋田県の鮎川油ガス田で、国内で初めて岩盤層に含まれる石油資源のシェールオイルの試験採取に成功したばかりだ。東京大の研究チームは6月、日本最東端の南鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)内の海底に、ハイテク製品にかかせないレアアース(希土類)を多く含む泥が大量にあることを発表。埋蔵量は日本のレアアース消費量の約230年分に相当するとみられ、採掘の技術確立が急務となっている。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121004/biz12100400330001-n1.htm

シェールオイル 採算と環境に課題
2012.10.4 00:32
 技術進歩と原油相場の高止まりで、商業化が視野に入ってきた日本産のシェールオイル。資源に乏しい日本だけに、実現に期待感が膨らむ。本格的な生産に移れるかは、コスト削減を含めた採算性と環境対策の成否にかかっている。

 「シェール革命」-。頁岩(けつがん)の間に埋まっていた未採掘の資源活用を米国では、

こう呼んだ。資源開発できる場所が都市部などにも広がり、世界的なエネルギー需給の緩和につながる可能性があるからだ。

 米国では、2000年代から、シェールオイルと同じ地層にある天然ガス「シェールガス」の開発で先行。ノウハウは、シェールオイルに応用されている。

 これにより、1970年をピークに減少していた米国の石油生産量は2009年から増加に転じたほど。シェールオイルの生産が、供給量を押し上げたためだ。

ただシェールオイルは、ガスよりも、採掘が難しいという課題を抱える。気体に比べ取り出しにくく、実際の埋蔵分から採掘できる歩留まりは、ガスの2~3割に比べ、数%と少ないのが実態だ。石油資源開発の担当者も「採掘コストも高く、安定して長期的に産出できなければ、商業ベースに乗らない」と指摘。技術開発が商業化のカギだ。

 さらに、環境対策も見逃せない課題だ。

 米国ではシェールガスの開発ラッシュが住宅密集地のそばにもおよぶ。「台所の蛇口から炎が出た」といった訴えさえあり、当局が地下への薬品注入規制などの強化に乗りだしている。鮎川油ガス田で採用された、塩酸注入は既存鉱法で認められていたため、追加許認可は必要なかったが、水圧で破砕する新技術や掘削範囲拡大の場合には、環境問題が浮上。採取に制限がかかる可能性がある。


メタンハイドレートとシェールオイル、日本にとって、外国に頼らなくても、国家運営できる資源として、大変注目している新資源です。

最近では日本近海でも採掘試験などが行われ、大変嬉しい限りです。

しかしながら、環境負荷やコストの問題があるようなのです。

これは専門書を読み、知識を深めなければならないようです。

幸いに、メタンハイドレート、シェールオイルに関する書籍があるようですので、読みたいと思います。

日本では公害事件が発生してから、環境に関しては厳しいです。

諸外国の先例などを参考に環境負荷を最小化して開発することは可能だと存じます。

日本の技術力でどのように難題を克服するか見ものですね。

核武装本でも、海外からの資源輸入できなくなったらどうするのか? という批判が出てくるのは確実ですので、自給自足体制の構築ですとか、資源外交の方法などに関しての言及は必要なのでございます。

以上、クリックよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

ロケットは軍事的な意味合いが強いのですが・・・軍事を軽んじてはだめでしょう。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/science/news/121029/scn12102922480006-n1.htm

新型ロケット「イプシロン」来夏打ち上げ 費用はH2Aの半分
2012.10.29 22:45 [宇宙]
ロケット打ち上げ
飛行する新型の固体燃料ロケット「イプシロン」の想像図(宇宙機構提供)

 宇宙航空研究開発機構は29日、開発中の新型固体燃料ロケット「イプシロン」1号機を、来年8~9月に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げる計画を明らかにした。

 イプシロンは、H2Aロケットの固体補助ロケットを1段目に転用して開発費を低減した。1号機の打ち上げ費は、H2Aの約半分となる約53億円を目指す。

 点検作業をコンピューターで自動的に行うことで、打ち上げまでの準備期間を大幅に短縮。低コストで機動的に小型衛星を打ち上げ、国際競争力を高める。1号機は、地球を周回しながら金星や火星を観測する小型衛星を搭載する。

 イプシロンは、はやぶさなどを打ち上げ、2006年に引退したM5ロケットの後継機。全長約24メートルで、地球を周回する軌道に1・2トンの小型衛星を打ち上げられる。

大変素晴らしい記事なのですが、経済的な事しか書かれていないのが不満です。

軍事的なことが書いていないのです。
ロケットはミサイルに転用できる、軍事的な意味合いがあるものとわかっていないのでしょうか?

固形燃料なのですか? 液体燃料なのですか?

射程はどれくらいなのですか?

移動式なのですか? 固定発射式なのですか?

誘導方式は? GPS(全地球測位システム)なのか、INS(慣性航行システム)なのか?

どれくらいの研究費をどれくらいの時間をかければ軍事転用できるのか?

そういった記事を私は求めているのです。

これでは日本人の軍事知識醸成に役立たないではないですか。

核武装するということは、核兵器の運搬システムを構築、運用、保守点検するということでもあります。

日本のような島嶼国家であれば、潜水艦から発射される長距離弾道ミサイルを発射できる体制を整備するのが一番妥当なのであります。

標的になりやすい、発射元を海洋という大自然で隠せるからです。

簡単に申し上げれば、海洋にミサイルを隠して、先制核攻撃されても、報復核攻撃が無くなることを防ぐということなのであります。

日本国民であれば、ミサイルに関しての知識を蓄えなければならないのです。

核武装するということは、十中八九、ミサイルを保持するということですから。

核武装論の本のなかでも純軍事的なミサイル、潜水艦、MD、いろいろ取り上げていきたいと考えております。

以上、クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

【自給自足】脱中国が本格化か? レアアースを中国から買うべきではありません。嬉しい限りでございます

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近自分の部屋が寝室なのではなく、図書館なのでは? と勘違いしはじめている状況です。

それはさておき。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121025/chn12102512260003-n1.htm

中国、レアアース輸出最低 日本向け急減、資源戦略裏目
2012.10.25 12:24

 【上海=河崎真澄】中国が戦略資源と位置付けているレアアース(希土類)の輸出量が、今年は1万トン前後と過去10年で最低水準に落ち込み、輸出許可枠の約3万1千トンを大きく下回る見通しとなった。業界関係者が24日明らかにした。最大の輸出先である日本の需要が急減したためで、レアアースを外交カードとして使ってきた中国は資源戦略の転換を迫られそうだ。

 レアアースはスマートフォン(多機能携帯電話)などハイテク製品の製造に欠かせない材料だが、日本向けが2011年に前年比で34%減少し、今年はさらに下がる見込みとなった。

 10年9月の沖縄県・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件を受け、中国当局が事実上の対日輸出規制を行ったことを教訓に、日本企業はレアアースが不要な製造技術やリサイクル技術を相次いで開発。調達先もオーストラリアなどに拡大し、対中依存度を急速に引き下げた。

 中国は世界レアアース市場の90%以上を占めてきた。

 中国税関統計によれば今年1~6月のレアアース輸出量は4908トンと前年同期比42・7%の減少。通年では「1万トンをやや下回る可能性」(業界関係者)も指摘されている。通年輸出量は02年の5万9千トンから03年に7万4千トンに増えたのをピークに減少。日本への対抗措置が響いて、11年には前年実績の半分以下の1万8千トンにとどまった。

また、一部のレアアースは供給過多となり、販売価格が半年で3分の1程度に下落したケースもある。中国では日本政府による先月の尖閣国有化への対抗措置として対日輸出規制も議論されたが、実際にはトラブルは報告されていない。

 一方、世界貿易機関(WTO)は8月、日米欧からの提訴を受けて中国のレアアース輸出規制問題の調査を始めることを決定している。


脱中国、チャイナフリーが本格化しております。

私も、中国産の衣服や食品などを購入しないようにしております。

最近では、国産の衣服や食品が安くなってきているので、積極的に購入しております。

>>10年9月の沖縄県・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件を受け、中国当局が事実上の対日輸出規制を行ったことを教訓に、日本企業はレアアースが不要な製造技術やリサイクル技術を相次いで開発。調達先もオーストラリアなどに拡大し、対中依存度を急速に引き下げた。

対中依存度の急速な引き下げですって。
ヤバイ思わずニヤニヤでございます(笑)。

日本の自給自足体制構築のために、早く海底資源の開発を急いでほしいものでございます。

日本国民の一人一人が外国製品を買わず、国産を購入しつづけるという行動を採ったなら、デフレ脱却し、自給自足の構築も早まるでしょう。

自給自足体制が構築されるまで私は戦います。

以上、よろしければクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

中国支援? 寝言は寝て言えよ(怒)打ち切りなんて当たり前だろうが! 中国への不正輸出は絶対阻止!!!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121025/biz12102513580010-n1.htm

中国への農産物輸出、農水省が支援打ち切り

2012.10.25 13:56 [日中関係]

 民間団体が計画している農産物の中国への輸出事業について、農林水産省が支援打ち切りを明記した報告書をまとめたことが25日、分かった。午後に公表する。団体側から事業計画に関する明確な説明がなく、運営が不透明と判断した。

 計画では一般社団法人「農林水産物等中国輸出促進協議会」が、農産物など日本産食品を扱う展示館を北京に開設し、展示品も販売する予定。農水省も関係者への説明会を主催するなど後押ししてきた。

 しかし、この事業に関連して、コメの需給見通しを示す資料など農水省の機密文書4件が団体側に漏えいしていたことが今年6月に判明。展示館の開設もめどが立たないことから、農水省は8月末で事業への後援を取り消していた。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121024/biz12102411100008-n1.htm

日本の安全保障に脅威 炭素繊維、中国に不正持ち出し疑惑
2012.10.24 11:09
 炭素繊維はミサイルやロケットの複合材、原子力のガス遠心分離機のローターに使われる恐れがあるとして、外為法で輸出を厳しく規制している。だが、警視庁公安部は昨年末に中堅化学メーカー、クレハの子会社「クレファイン」を炭素繊維の不正輸出で摘発。警察当局などは、水面下で不正輸出が横行している可能性があるとして、経済産業省、税関などとともに取り締まりを強化している。

 炭素繊維メーカーも、新型の炭素繊維を発売するたびに、経産省へ申請するなど細心の注意を払っている。だが、炭素繊維の大手メーカーの関係者は「国内間の取引に規制はない」と指摘する。このため、「取引先から『輸出目的ではない』と申告された場合や、低品位の炭素繊維である際は取引相手のチェックが甘い場合もある」と漏らす。

 高品位の炭素繊維は製造工程が“ブラックボックス化”され、製品を解析したところで、すぐにまねできる代物ではない。だが、海外に流出する事態が重なれば、日本の安全保障上、大きな脅威になりかねない。企業側は万一に備え、取引先に対するチェック体制を改めて強化する必要がある。


中国への輸出は止めちゃえばいいですよ。

いいことなんてなにもない。

日本の安全保障が脅かされるだけですよ。

中国の成長力を取り込む?

領土を採られそうなのに?
反日プロパガンダを大量に作成しているのに?

人民に反日教育しているのに?

日本政府に日本人としての矜持がひとかけらでも残っているのなら中国との断交を決断してほしいと思います。

中国への輸出支援なんてもってのほかです。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

【政局】石原新党結成(驚)たちあがれ日本と合流か?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近、Amazonからキンドルに関するメールが来ました。

本気で買おうかと考えております。

それはさておき。

以下はMSN産経ニュースとANNニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121025/stt12102515210009-n1.htm

辞任を表明「新党を作って、仲間を作ってやろうと思って」
2012.10.25 15:17
石原新党
緊急記者会見を行う石原慎太郎都知事。辞表を見せた =25日午後、都庁 (大西正純撮影)

 東京都の石原慎太郎知事は25日、都庁で記者会見し、知事を辞職して新党を結成、国政に復帰する考えを示した。一問一答は次の通り。

 「お呼びかけしましたけれども、ありがとうございます。今日をもって都知事を辞職することに致しました。なんで辞めて、何をするのかということでしょうけれども。私はあしかけ14年、正確には13年と8カ月にわたって、都知事を務めて参りました。

 日本の心臓部に当たる大都会の行政を監督する間に、ほかの県と違って、強いて言えば、日本の心臓部である東京の問題は日本全体の問題になる。それを踏まえ、東京のためだけではなくて、日本のためになる。

 国との関わりに関しては、国の妨害にあって苦しい思いをして参りました。新党を作って、仲間を作ってやろうと思ってますが、これからやろうとしていることは、都知事として14年間やってきたことの延長です。

 私は共産主義が嫌いでして、国父とされている毛沢東が書いた方法論「矛盾論」「実践論」がある。私も学生のころ見ました。 テキストがありまして、特に矛盾論。目の前にあるやっかいな問題ということだが、矛盾を解決するためには、目の前の背後にあるもっと大きな問題を解決しなければならないと言っている。まさにその通りだ」

このニュース以外にも記事がございまして、一部報道によりますとたちあがれ日本とも合流するとかしないとか。

未確認情報なのですが、これは本気ですね石原慎太郎元東京都知事。

政界に暴風雨が吹き荒れるでしょう。

不毛な戦後民主主義を終わらせられるかの瀬戸際の日本でどんな化学変化が現れるか楽しみです。

石原都知事「きょうで辞任」新党結成し国政復帰へ(12/10/25)

これは私も覚悟を決めなければなりませんね。

石原新党に対する、「核武装検討委員会の設置要望書」を起草致します。

ちょっとこれは3か月以内にやらないとまずそうですね。

これから忙しくなりそうですよ。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

近況報告とインフルエンザ対策と石原新党結成?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

4日前にインフルエンザの予防接種を受けまして、体調不良でございました。

最近はかなり冷え込む日が増えております。

風邪などに負けぬように、風邪対策にいそしむ毎日でございます。

うがい手洗い、加湿、入浴、ビタミンCの錠剤摂取などさまざまなことを実際に行っております。

大変な毎日です。

昨日、日本学生支援機構の奨学金返済のため、口座にお金を入れました。

奨学金を返済している方はご存じでしょうが、毎月2万円弱ほど返済しなければならないのです。

私のような安月給の人間にとってはキツイことこの上ない制度なのです。

若者の消費離れは奨学金返済と所得減少が原因なのではないでしょうか?

しかも冬用のスーツも買わないといけない状況なのです。

あまりにもお金がないので、今の今まで冬用のスーツがありませんでした。

仙台か東京の紳士服販売店で購入しなければなりません。

マスカット? コナカ? 青山? そんなところでしょうか?

東京出張の帰りに購入した方がいいのでしょうか。

それはさておき。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121025/stt12102509460001-n1.htm

石原知事がきょう午後に緊急会見、新党結成を表明へ
2012.10.25 09:45
石原都知事
石原慎太郎東京都知事(三尾郁恵撮影)
 
 東京都の石原慎太郎知事が25日午後、東京都庁で緊急の記者会見を開く。新党結成を表明するものとみられる。石原氏は自身の進退についても言及する可能性がある。

【産経・FNN世論調査】石原新党に「期待」半数超す


次期衆院選に間に合うのでしょうか?

石原氏は尖閣諸島のことがございますので、期待できる政治家の一人でもございます。

こうなったら、自民党、たちあがれ日本、石原新党の三党連立政権にしましょう。

少なくとも、反日売国法案が成立することはなくなるでしょう。

早く核武装しなければ日本は崩壊するのです。困ったものです。

石原氏には核武装検討委員会を立ち上げてもらい、私を委員の一人にしてほしいです。

以上、期待が膨らむ愛国者はクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

リアリズムを考える。シグナルを誤ったら国の針路も誤るでしょう。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近、パジャマを購入しました。

やっと安心して寝れます。

私は物欲があまりありませんので、少しでも購入して、デフレ脱却のために頑張りたいと思います。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121020/plc12102003030003-n1.htm

東京特派員・湯浅博 尖閣に蘇峰のリアリズム

2012.10.20 03:03

 米紙から「ルーピー」と皮肉られた鳩山由紀夫元首相が、民主党の最高顧問として戻る。それも外交担当へ復帰だというから、山本一太参院議員でなくとも「羽交い締めにしてでも止めたい」地位である。

 元首相は尖閣諸島について、日本の領土なのに「日中で議論して結論を出す」と述べて驚かせた。以前にも「日本列島は日本だけのものではない」といった人物だから、すっかり中国をその気にさせた。

 菅直人政権も似たようなものだから、中国当局が民主党政権を「脅せば屈する」と考えたとしても不思議はない。それが尖閣国有化で対日圧力を呼び込む遠因になった。

 鳩山氏は「世界市民」派の評論家や新聞から「ポストモダニズム」の考えを吹き込まれたのかもしれない。国民国家や国家主権をモダンとみなし、それが近年はグローバル化によって主権の希薄なポストモダンになったとする考え方だ。

 ところが、海洋アジアの実態は領土、領海をめぐる国家主権の壮絶な争いであり、いまは対極のリアリストが唱える伝統的な安全保障が問われている。夢のような世界政府がない以上、国家は自助努力をしなければ、中国のような「遅れてきた帝国主義」の餌食になりかねない。

 自民党の中曽根康弘元首相は戦後の当選間もない青年政治家のころに、明治のリアリスト、徳富蘇峰から直接に薫陶を受けたという。

 「日本が大陸に進出した際の失敗の歴史とともに、アメリカと連携することの重要性、また共産主義の限界、アメリカと中国の間に入っての日本の立場といったことを教示された」(『新潮45』所収)

 蘇峰といえば、「平民主義」の旗手から「藩閥政治」の擁護者に豹変(ひょうへん)した明治の言論人であった。蘇峰は日清戦争後に独仏露の三国干渉を見て、「涙さえ出ないほどの口惜しさ」をおぼえたという。そして日露戦争の勃発-。

 とかく変節で捉えられる蘇峰ではあるが、拓殖大学の澤田次郎教授は「リアリストの見地」から国際情勢を見ていた点では不変であったことに注目する。蘇峰はロシアの南下を抑えるために英国と提携することを考えた。自ら海外に出向いて英国抱き込み工作に奔走し、他方でロシア情報を収集する。ジャーナリストの顔をした諜報工作であった。

 ロシアが満州を侵食すれば、東アジアのパワー・バランスが崩れる。蘇峰は海洋国家の日米英が組んで大陸国家のロシアを封じ込め、東アジアの勢力均衡を保つことを考えた。蘇峰の動きもあって日英同盟が成立し、やがて日本は日露戦争に勝利する。その際、蘇峰は世界の海軍大国の英国と同盟を結ぶことで国民に依頼心が生じる懸念を抱く。

 「国民的依頼心は、実に賤しむ可きの極たり」

 そこで澤田教授はいまの日本の戦略環境の下で「もし蘇峰が生きていたら」という命題を考える。蘇峰の仮想提言は、(1)勢力均衡の観点から国際政治を見る(2)中国の海洋進出を自衛隊の抑止力で阻止(3)米国との同盟重視(4)中国包囲網を考える-などを挙げる(拓大『海外事情』)。

 蘇峰のリアリズムに従えばどの国も信用せず、他国を利用しながら生き残り戦略を考える。この警句は、いまの尖閣周辺に生きていよう。ポストモダニズムは幻想にすぎず、親中市民派の隠れみのであった。(東京特派員)


素晴らしい。

リアリストの極みでございます。

この記事をちょっと読むだけでリアリズムが掴めますね。

今回は国家が他国家に与えるシグナルについて簡単に書きたいと思います。

もし、「ルーピー」の様な馬鹿な政治家がいたとします。

もし、中国に対して尖閣諸島分割統治案などを提言したとします。

そしたら中国は「日本はちょっと強気な態度を採ればすぐに妥協してくる臆病な国家だ」と認識します。

中国の対外政策が硬化してしまうのです。

これは中国が悪いというよりかは、日本と言う国家が国際政治の激烈さと非情さがわからないことによって生じた悲劇と言うほかないでしょう。

もし、日本が「我が国固有の領土はたとえ寸土であったも守り抜く」という国民の血を流す覚悟を持って外交交渉したのなら、中国は怯えるでしょう。

中国は伝統的なリアリズム国家ですから、日本の反撃をたくさん喰らっても尖閣諸島を獲ろうとは考えません。

「ピュロスの勝利」つまり、費用対便益が合わない勝利となるからです。

国家が他国家に与えるシグナルを間違えると戦争になり、正しければ戦争を抑止できます。

皆様は尖閣諸島に対する中国の侵略を見て、中国に怒りを感じているのではないでしょうか?

私も同じ思いです。

しかしながら、物は考えようでございます。

この中国の侵略は日本が一人前の国家になるために神が与えた試練なのだと考えてみませんか?

敗戦国家がどのように普通の国家になっていくのか、わくわくしませんか?

私たちは歴史の生き証人になるのです。

この時代に生まれたことに感謝、現代日本に生まれたことを感謝なのであります。

以上、よろしければクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

靖国神社参拝支持! 安倍氏は毎月靖国神社参拝しましょう。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121018/chn12101819200002-n1.htm

中国、安倍総裁ら靖国参拝に不快感
2012.10.18 19:19
 
【北京=川越一】中国外務省の洪磊報道官は18日の定例記者会見で、自民党の安倍晋三総裁、野田政権の閣僚2人が相次いで靖国神社を参拝したことに対し、「靖国神社は日本の軍国主義が海外侵略戦争を起こした精神的支柱であり、いまだにアジアの人々を苦しめたA級戦犯の亡霊をまつっている」と不快感を示した。

 洪報道官はさらに「靖国神社問題は、日本が侵略の歴史を正しく認識できるかどうか、アジアの被害国の人民の感情を尊重することができるかどうかに関わっている」と主張。「日本に対し、歴史を正視し、歴史を反省し、歴史問題に関する約束を守り、責任を持って国際社会に向き合うことを求める」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121017/stt12101718450004-n1.htm


自民安倍総裁が靖国神社参拝 「公約」先取り実行
2012.10.17 18:41 [安倍晋三]
安倍氏
参拝を終えて靖国神社を出る安倍総裁=17日午後、東京都千代田区(桐原正道撮影)

 自民党の安倍晋三総裁は17日、秋季例大祭が行われている東京・九段北の靖国神社を参拝した。安倍氏は自民党総裁選で首相に就任した場合は例大祭などでの参拝に意欲を示しており、政権奪還前に“公約”を先取りして実行した形だ。

 安倍氏は午後5時2分、モーニング姿で靖国神社の到着殿前に党の公用車で到着。「自民党総裁 安倍晋三」と記帳し、玉串料は私費から納めた。参拝後、記者団に「国民のために命をささげた方々に自民党総裁として尊(そん)崇(すう)の念を表するため参拝した」と述べた。一方で「首相になったら参拝するしないは申し上げない方がいい」と明言を避けた。

 安倍氏は平成5年に衆院議員に初当選して以来、幹事長や官房長官在任時も参拝していた。ただ、首相在任中(平成18年9月~19年9月)は「参拝したかしないかは言わない」との方針をとった。

 中韓両国との外交関係を改善するためで、改善後に再開する意向だったが、参拝前に体調不良で首相を辞任。9月の党総裁選の記者会見では「首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極み」と述べ、首相に就任した場合には参拝する考えを示唆していた。

 現職首相の靖国神社参拝は、小泉純一郎元首相が平成18年8月15日に行って以降、途絶えている。野田佳彦首相は昨年9月の内閣発足時に首相と閣僚の公式参拝を自粛すると決定し、参拝していない。


私はもちろん靖国神社参拝大賛成です。

日本のために戦ってお亡くなりになった英霊に感謝の意と哀悼の意を捧げるのは当たり前なのです。

安倍氏を批判する論拠はいろいろございまして、その一つが「首相在任期間に靖国神社に参拝しなかった」なのです。

確かに批判されても仕方ないでしょう。

でも安倍晋三氏も馬鹿ではありません。

今度は靖国神社参拝するでしょう(これでしなかったら本当にどうしようもないヘタレ政治家ですよ)。

靖国神社参拝で中国を弱らせるにはどうすればいいでしょうか?

安倍氏が首相在任中に毎月靖国神社参拝すればいいのです。

デモをやる反日中国人や反日朝鮮人も疲れちゃうでしょうね(笑)。

毎月毎月デモですよ。GDP減少しますよ。外資逃げますよ。

靖国神社参拝というポケモンの技で例えるなら「どくどく」です。

「どくどく」がわからないお方はグーグルで調べてください。

靖国神社参拝するだけで中国を弱らせることができるのです。

戦略としては上出来でしょ?

以上、靖国神社参拝は中国弱体化の材料になるでした。クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

【脱原発】印象操作もここまで来るとツッコミどころ満載です。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

なぜかブログの管理者画面へログインできない状態が続きました。

どうしてなんでしょ?

近況報告から始めますと、最近は仕事が忙しすぎて、電車の中で読書する生活が続いております。

仕事しながらブログ更新する暇もありません。

土日などにまとめて作成するのがいいのでしょうか?

試行錯誤の毎日です。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121013/biz12101309110000-n1.htm

原発ゼロなら国富24兆円流出 エネ研32年試算
2012.10.13 09:09 [原発]

景気悪化・雇用喪失も


 原子力発電所の稼働停止が続けば、代替火力発電用燃料として追加調達する石油や天然ガスの費用が、平成32(2020)年までに計24兆円に上る可能性があることが12日、日本エネルギー経済研究所の試算で分かった。同研究所は「国富の流出に加え、電気代値上げが景気悪化や雇用喪失につながる」と警鐘を鳴らしている。

 火力発電用の燃料はほとんど海外からの輸入に頼っており、調達費が拡大すると、それだけ日本から外国への支払いが増える。

 貿易統計などをもとに、石油やガスの調達量、国際市況や為替の影響などを推定したところ、国内50基の原発を全て火力発電で代替すれば、累計燃料費は27年までに13兆円、32年までに24兆円かかるという。

 関西電力大飯原発3、4号機は再稼働したが、今年度の日本の火力発電燃料調達費用は、原発事故の影響が限定的だった22年度と比べ、約3・1兆円増加する見通し。

 これが、そのまま顧客に価格転嫁されれば、家庭向け電気料金は15%、企業向けは20%上昇。工場の海外移転加速などで約42万人分の雇用を喪失、法人税収は約1兆円減ってしまう恐れもあるという。


脱原発世論への悪質な印象操作が極まった記事でございます。

>>貿易統計などをもとに、石油やガスの調達量、国際市況や為替の影響などを推定したところ、国内50基の原発を全て火力発電で代替すれば、累計燃料費は27年までに13兆円、32年までに24兆円かかるという。

現在でもほとんどの原発が稼働停止している状況で停電なんて起きておりません。

今年の夏も、企業や日本国民の節電努力と火力発電の稼働率上昇で乗り切りました。

計画停電なんてなかったのです。

原発の代替電力をすべて火力で補うなどといった馬鹿げた前提条件で試算しても意味がありません。

火力以外にも、風力とか太陽光とか地熱発電とかマグネシウム発電があるじゃないですか。

しかも、藻から石油を生み出す技術が発達すれば海外から石油を輸入しなくても国家運営ができます。

また、短期的に石油価格の高騰と輸入量の増大が重なっても、日本は変動相場制ですから円高対策になります。

海外への支払いは円で行われるのではなく、外国通貨で行われるのです。
仮にドルと円でしたら円売りドル買いとなり、円の通貨価値下落のドルの通貨価値上昇となり、円高是正が自動的に行われます。

何をそんなに脱原発を恐れているのでしょうか?

海外への工場移転などが電力価格の上昇の要因だけで進むものではありません。

企業経営はそんなに単純ではありません。

外国の政情、内需、立地、賃金水準など様々な要因を総合的に考えて、生産拠点を海外へ移すのです。

海外だったら普通に停電が頻発しますし、電力の質が悪いので、変圧器を自前で購入する場合もございます。

脱原発が主因で工場の海外移転が加速するとは考えにくいです。

雇用とか税収の減少なども心配されますが、財政出動と金融緩和という有効需要創出政策でデフレ脱却すれば、税収と雇用を守るどころか、大幅に増えるでしょう。

しかも、自然エネルギー、再生エネルギーに対する公共投資による雇用創出効果など考慮していないわけです。

公正な記事ではありません。

即時脱原発、即時核武装で、原発に従事した労働者や技術者を核武装のために働いてもらえば、原発技術の流出も防げます。

「ふげん」と「もんじゅ」は電力生産をあきらめ、兵器級プルトニウム生産だけに特化すべきでしょう。

それでも失業者が溢れるなら、軍事ケインズ主義を発動しましょう。

日本は強くなりますよ。

ワクワクが止まらねぇ~~~~~~~てなもんでございます(笑)

以上、クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

BAEとEADSが経営統合を断念!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121010/erp12101023490011-n1.htm

欧州防衛2社、経営統合を断念 米英仏の利害不一致

2012.10.10 23:46 [米国]

 【ベルリン=宮下日出男】欧州の防衛最大手、英BAEシステムズと仏独主導の航空宇宙大手EADSは10日、経営統合に向けた協議を打ち切ると発表した。新会社への政府の影響力をめぐり、英仏独の調整がつかなかったためだ。米ボーイングを抜いて世界最大の航空防衛企業となる大型統合は政治的綱引きの結果、断念に追い込まれた。

 英国側の規定で統合協議の期限は10日。両社は期限延長を見送った。声明では協議終了の理由として、英仏独の利害が一致しなかったと指摘。「両社と株主の利益を考え、それぞれの戦略に集中することにした」と表明した。

 統合には、BAEの合併などに拒否権を持つ英、EADSの株式を政府が直接保有する仏、自動車大手ダイムラーを通じ間接保有する独の承認が必要だった。

 だが、仏独が新会社の株式保有で影響力確保を狙う一方、BAEが扱う米軍の軍事機密の流出を懸念する米国に配慮して英国は政府関与を最低限にすることを主張し、協議は難航した。

欧州メディアによると、英仏は政府が保有できる新会社の株式に事実上、上限を設ける一方、独にも仏と同等の株式を提供することで一致したが、独の理解を得られなかった。

 独は新会社の本社誘致なども主張。防衛部門の拠点が英国、民間部門の拠点が、EADS傘下で欧州航空最大手エアバスの本社を持つ仏になることで、自国の立場が低下するのを警戒したとも指摘されている。


各国の思惑が入り乱れ、熾烈な闘いが生じていたようです。

軍事会社関連の経営統合はかくも難しいようです。

自国の安全保障にかかわる重大事案がこれで終焉を見ました。

最近私も軍事産業や軍事会社に関する書籍を読み始めております。

日本はもっと軍事産業に関する研究を深めるべきなのではないでしょうか?

日本で軍事ケインズ主義ですとか軍事産業育成論ですとか参考になる書籍があまりございません。

これはちょっとした恐怖ですよ。

軍事ですとか国防を軽んじる国家に繁栄はございません。

他国による軍事的脅威に立ち向かうためのハードウエアを生産する企業を自国で育てなければならないのです。

そのために理論武装したいのですが・・・。

『核武装』『自給自足』『防衛産業育成』出版しちゃいますかね?

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

【自給自足】天然ガスが新潟県で産出されましたよ。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

また一つ日本が強くなったようです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121010/biz12101019010023-n1.htm

石油資源開発が新潟県で天然ガス産出テスト成功

2012.10.10 19:00

 石油資源開発は10日、新潟県小千谷(おぢや)市の片貝ガス田で、新たな井戸での天然ガス採掘に成功した、と発表した。残された探査可能な地層がより深くなるなど難易度が高まる中、井戸を地中で二股に広げる手法を初採用し、有望なガス層を掘り当てた。

 同ガス田は1960年から開発が始まり、井戸の掘削は今回で29本目。4月に新たな井戸を掘り始め、深さ4200~4900メートルで、ガスと原油を含んだ地層を発見した。約1年をかけ同ガス田内の加工工場と配管で結び、生産を開始する。

 一日当たりの産出量はガスが29万立方メートル、随伴して出る原油も33キロリットルで、同社国内生産量のそれぞれ8%と、2%に相当する。掘っても何も出ず空振りの井戸も多い中、「今回の井戸は産出量も含め成功事例」(同社)という。

 地下深くで井戸を枝分かれさせてY字状にし、約300メートル離れた2つの吸い込み口でガスを探る同社初採用の鉱法が功を奏した。年度内に同ガス田でもう一本井戸を掘り探査を広げる。

一方、同社は同日、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田で採掘に成功した「シェール(頁岩)オイル」の回収量が、試験期間の8日間で、ドラム缶172本分に相当する3万1100リットルになった、と発表した。オイルを含んだ岩盤を溶かすため注入した塩酸などの液体は14万1600リットルだった。同社は、「テストなので量は少ないが、分析を進め、本格的なシェール層の試験開発が可能か、来年1月までに評価する」という。


大変嬉しく思います。

日本人として自給自足体制の構築は夢ですからね。

実用化はいつごろになるのでしょうか?

継続的に取材をかけていただきたいですね。

最近考えていることがございます。

もし、核武装本の出版を成し遂げたら『自給自足体制の構築』という題名で資源安全保障ならびに食料安全保障の本を出版していこうかと。

そのためにも技術者には頑張ってほしいです。

以上、自給自足体制の構築という夢を現実にしたい愛国者はクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

民主党は正々堂々と尖閣諸島を武力を以て守ると言ってください

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近本が読めません(泣)。

ストレスで太り始めましたので、今日からダイエットを始めます。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121010/plc12101017480011-n1.htm

中国地図「尖閣を日本領と明記」、玄葉外相指摘

2012.10.10 17:47
 
 玄葉光一郎外相は10日の記者会見で、1960年に中国で発行された世界地図には沖縄県・尖閣諸島が日本領として明記してあると指摘し、尖閣をめぐる中国の領有権主張に反論した。

 外務省によると、尖閣を日本領と明記しているのは中国の「地図出版社」発行の世界地図。「釣魚島」という中国側の呼称を使わず、日本側の呼び名に従って「尖閣群島」と記載し、沖縄県の一部として扱っている。

 外相は中華民国時代の20年に当時の駐長崎領事が「沖縄県八重山郡尖閣列島」と記した感謝状を日本人に出した経緯にも触れ、中国はもともと尖閣を自国領と位置付けていなかったとの認識を示した。

 同時に1895年の閣議決定で沖縄県に編入される前の尖閣に関しては当時の公文書の内容に照らして中国の領土でないのは明らかだと説明した。



http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121009/plc12100922410016-n1.htm

尖閣「中国が所有したっていい」 農水政務官が発言

2012.10.9 22:40 [尖閣諸島問題]
鷲尾英一郎
鷲尾英一郎農林水産政務官

 鷲尾英一郎農林水産政務官は9日夜、都内で開いた自身の政治資金パーティーで、沖縄県・尖閣諸島について「尖閣諸島は日本の領土だ。誰が所有しようと関係ない。語弊はあるが中国政府が所有したっていい」と述べた。誰が所有者かということより、固有の領土として尖閣諸島を守る体制強化の方が重要だとの認識を示した発言だが、中国による尖閣購入を容認したとも受け止められかねず、誤解を招く恐れがある。

 政府はすでに尖閣諸島の国有化を閣議決定しているが、鷲尾氏は「誰が所有するかの問題ではない。(中国が所有するなら)日本の登記簿に中国政府と書いてもらったらいいだけの話だ。日本の領土として、われわれが断固たる決意のもと島を守り抜くことが大事だ」と述べ、海上警察権の強化などに取り組む必要性を訴えた。


尖閣諸島が日本固有の領土であることは理解しているようです。

しかしながら、中国政府が所有していいとはどういうことでしょうか?

仮に中国政府に所有されたら、日本侵略の前線基地が建設されるでしょう。

中国の漁民が尖閣諸島に上陸し、独立を宣言、独立国家に中国が宣戦布告、中国領土に編入という事態も十分考えられます。
日本に対して、尖閣諸島を奪うためにありとあらゆるいやがらせを行うでしょう。

私のような戦略を嗜む人間からしたら中国政府が所有してもいいというのは暴論でございます。

なぜ、万が一のことを想定できないのでしょうか?

なぜここまで国防意識が低いのでしょうか?

やはり民主党は解党したらいいのでは。
さっさと解散総選挙すべきでしょう。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

正々堂々と女系天皇を公認せよ! このまま皇室典範改正が下火になってしまうのか?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

未だに女性宮家の創設すらできないのかと憤りを感じていたら以下のニュース。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121005/plc12100501300001-n1.htm


国家公務員化を提起 「女性宮家」に関する論点整理、全容判明
2012.10.5 01:21
 
 政府が「女性宮家」創設をめぐり有識者12人に対して行ったヒアリングをもとにまとめた「論点整理」の全容が4日、分かった。女性宮家創設案と、女性皇族がご結婚後も「内親王」などの尊称を保持する案を軸に整理したが、女性皇族が皇籍離脱後、「国家公務員として公的な立場を保持」する案も独自に提起。これはヒアリングで全く議論されていない論点で有識者らの反発を招くのは必至だ。

 国家公務員案は尊称保持案とともに、「女性皇族に皇籍離脱後も皇室のご活動を支援していただくことを可能とする案」の1つとして位置づけた。尊称の保持が、民間人となった元皇族に特別な「身分」を与えることにつながり、「憲法上問題がある」との疑義もあるため、国家公務員案を次善の策として提示した。

 尊称保持案は、ジャーナリストの櫻井よしこ氏や百地章・日本大教授ら複数の有識者が賛同したが、「実施困難」と結論づけた。

 女性宮家創設案は論点整理では女性宮家との表現は避け、「女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案」と表記した。「皇族数の減少に一定の歯止めをかける」と評価する一方で、宮家当主の夫や子に皇族の身分を付与しない場合は、戸籍の取り扱いや宮内庁の補佐体制などに「適切な措置が必要」と指摘した。



http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121004/plc12100410490006-n1.htm


女系天皇、懸念根強く 皇室典範改正断念

2012.10.4 10:49
 
 
 「女性宮家」創設に関する政府の検討作業は、有識者の意見を論点整理として提示するだけで、皇室典範など関連法の改正を断念する結果に終わった。女性宮家創設が女系天皇を生み出す下地づくりにつながるとの懸念が根強く、それを払拭するだけの妙案を見いだせなかったからだ。

 女性宮家の創設は昨年秋、宮内庁の羽毛田信吾長官(当時)が野田佳彦首相に検討を要請した。現在の皇室典範では、女性皇族がご結婚すれば皇室を離れる。若い男性の皇族が少なくなっている中、皇室の活動に支障が生じるという理由だ。首相もその「緊急性」を認め、改正への着手を約束した。

 だが、「皇位継承問題とは切り離す」という検討の前提自体に無理があり、有識者ヒアリングを行っても慎重論が相次ぎ、明確な方向性を打ち出すことはできなかった。

 意見集約の困難さに加えて、消費税増税法をめぐる民主党分裂で政権基盤が弱体化したことも見送りの一因となった。民主党内でも保守系を中心に女性宮家創設には反対する議員は多い。首相としても衆院での過半数割れが迫るなかで、党内の対立を激化させるような法案の取りまとめは避けたかったようだ。

 さらに、先月26日の自民党総裁選で安倍晋三元首相が総裁に返り咲いたこともブレーキとして働いた。安倍氏は女性宮家創設に反対の立場で、「男系で紡いできた皇室の長い歴史と伝統の根本原理が崩れる」と慎重な議論を求めてきた。

 皇室典範改正に向けた手続きを強行すれば、自民党がさらに対決姿勢を強めるのは確実だ。参院で野党が多数を占めるなか、仮に法案をまとめても成立の見通しはない。首相に残された道は棚上げしかなかった。(力武崇樹)


以下は私の考える女系公認論でございます。

男系固執主義者を粉砕! この現実から目を背けるな!

大学生氏の質問にお答えする。天皇の本質は祭祀王である。

河原友氏の批判にお答えします。女系公認 女性宮家創設以外に何があるのか?

三連休集中連載! 皇統を守るために考えるべきこと

三連休集中連載!なぜ男系継承にこだわらなければならぬのか?

三連休で集中連載! 皇位継承問題での最重要点3つを提示する。この3つに男系絶対派は答えてくれ。

民主党は弱体化、ねじれ国会で法案成立が困難、安倍自民党総裁は女系公認反対派、しかも国会議員が皇室への興味関心が薄い。

国会議員に少なくとも私のような尊皇派はいないのですか?

日本の国体を守る重要案件ではございませぬか?

もう一度、皇位継承問題の重要論点を再掲致します。

再掲開始

皇位継承問題の重要な3点が小林よしのり氏によって提示された。

①皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

②旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?

③側室なしで男系継承が続くのか? 

uematu tubasaなりにこの3点について思うところを述べてみたい。

①皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

この①に関しては現在のところ存在しないとしか申し上げることはできない。
本当に存在するのであれば、男系継承を主張するいわゆる保守派がもうすでに
旧宮家子孫と共に記者会見しているはずだからである。

もしそれでも存在すると言い張るのであれば、YOUTUBE上でもいいから
皇籍取得を覚悟した旧宮家子孫と共に動画を撮影してみせてほしい。

②旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?

この②については絶対無理であると思う。
私のような若者にしては古風な人間でも「時代錯誤」としか思わない。
また、日本人女性から猛烈な(私のような自称尊皇派よりも過激に)反対する。

もし、このようなことが実際行われてしまったら皇室に対する日本国民の尊敬の念が失われてしまうだろう。

③側室なしで男系継承が続くのか?

おそらく続かないと思う。

一時的に運よく男児が生まれることはあっても行き詰ると思う。

まず第一に結婚して子作りに励めば、子供に恵まれるとは限らないのである。

私の母親は長いこと医療関係者に接する機会があったが、
長いこと子供ができず、不妊治療してもうまくいかない例を何十件も知っている。

常識ではあるが、案外このことを知らない方が多いので私の母親の現場から聞こえてくる声を紹介してみた。

第二に、男児が生まれるまで子供を産み続けよという意見もあるが、晩婚少子化が叫ばれるこの時代に
そんな大変なことを皇族に依頼できるのであろうか?

例えば、結婚するのが遅くて、年齢的に御一人しか産めないとなった場合、女児がお生まれになったら
「男児が生まれるまで頑張れ」などと言えるのであろうか?

もし可能だとしても旧宮家子孫や悠仁親王殿下の配偶者にこんなプレッシャーになるような(結婚することの障害になるレベルの)ことを日本国民が主張していいのだろうか?

それは皇族の配偶者選びを極めて困難にする可能性が大である。

「女性宮家創設」に反対し、旧宮家子孫を女性皇族と結婚させて男系継承を維持しようとするものに告ぐ。

あまりこのようなことをブログに書きたくはないのだが、

常識を取り戻してもらいたい。

あまりにも常識からかけ離れている。

もうやめてもらいたい。

私のような若造がこんなこと言いたくはないが。

再掲終了

以上、国体護持を主張する愛国者はクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

自給自足国家への道 秋田県でシェールガスが採掘されたのです

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

唐突ですが、皆様は日米戦争もしくは大東亜戦争の最大の原因が何かご存じですか?

アメリカによる日本に対する禁油ですよ。

海外に資源を頼っているというのが我が国日本のアキレス腱なのであります。

もしくは弱点と言い換えてもいいわけなのです。

そんな弱点を克服できるかもしれないお話。

以下は47ニュースより

http://www.47news.jp/47topics/e/235063.php


シェールオイル採取成功 日本初、石油資源開発 秋田の鮎川油ガス田

秋田県 シェールガス
地下から採取されるシェールオイルが含まれた液体=3日午前、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田

 資源開発大手の石油資源開発は3日、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田の地下約1800メートルから、岩盤に含まれる新型の原油「シェールオイル」の試験採取に成功した。シェールオイル生産に向けて日本国内で取り出しに成功したのは初めて。東京電力福島第1原発事故を受け、日本でも資源多様化が求められており、未開拓資源の開発に弾みとなる可能性がある。
 
 シェールオイルは新たなエネルギー資源として米国ではすでに生産が本格化、世界的に注目されている。ただ、原油がシェール層と呼ばれる地中深くの岩盤に含まれているため、これまでは技術的に採掘が困難で、採算も合わなかった。岩盤にはシェールガスと呼ばれる天然ガスも存在するが、今回は調査対象としていない。

 石油資源開発は1日から、鮎川油ガス田ですでに掘っていた油井を使い、岩盤に塩酸などをポンプで送り込み、原油が出る隙間をふさぐ石灰岩などを溶かす作業をしていた。3日朝になって、油井から採取した液体を遠心分離機にかけて、原油が確認された。

 今後は、原油の成分などを詳しく分析した上で、2013年度にも新たな油井を掘り、試掘を本格化させる方針だ。

 石油資源開発秋田鉱業所の山岸裕幸技術部長は「ようやく出たという気持ち。今後、経済的に採算がとれるかどうか、さらに研究を進めたい」と話した。
 石油資源開発によると、シェールオイルの埋蔵量は、鮎川油ガス田と隣接する油ガス田を合わせて計約500万バレルと推定。秋田県全体では国内での年間石油消費量の1割弱にあたる1億バレルに上る可能性もある。

 秋田県の佐竹敬久知事は3日、「貴重な国産の原油が県内で採掘されたことは非常にいいニュースだ」と語った。

(共同通信)2012/10/03 21:30

以下の動画も参考になります。

秋田県でシェールオイル採取成功 埋蔵量は県全体で1億バレルか(12/10/04)

資源大国日本を目指すための公共投資がこれほど求められている時期もないわけです。

原発よりも、こういった純国産エネルギーを開発していったほうがアウタルキー(自給自足体制)の構築に役立つと思うのです。

諸外国から資源を輸入してきた日本が外国に頼らず、自らの資源で経済運営並びに国家運営ができればナショナリストとして愛国者として嬉しく思います。

あきらめたらそこで試合終了なのです。

軍事も、資源も、食糧も、防災も、核武装も。

以上、日本が強くなるのが嬉しくなる愛国者ほクリックお願いします。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

日本政府が嘘をついたのか? 米国政府が嘘をついたのか? だからユーロファイターにしてください。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

私は自慢じゃないですが、人気ブログランキングの中では次期主力戦闘機選定問題に関して詳しい人間であると自負しております。

なんでほかのブロガーは取り上げないのですかね?

取り上げているのは本当に先見の明がある一部のブロガーだけですよ。

そんなこんなで信じられない記事

以下はMSN産経ニュース、二本続けてどうぞ!


http://sankei.jp.msn.com/world/news/121003/amr12100311180003-n1.htm

次期戦闘機F35Aの4機が性能満たさない可能性 政府答弁と矛盾

2012.10.3 11:16
F35.jpg
米国防総省が開発計画の見直しに乗り出した最新鋭戦闘機F35(米ロッキード・マーチン社提供)
 
 【ワシントン=佐々木類】日本政府が米国から2017年3月末までに引き渡しを受ける次期主力戦闘機F35Aの最初の4機の性能が、防衛省の要求を満たさない可能性があることが2日までに、米国防総省の複数の資料で裏付けられた。

 短距離ミサイルを搭載できる最終型の納入を前提に「防衛省の要求性能を備えた機体が納入される」とした7月の政府答弁書と矛盾するのは明らかで、概算要求された13年度予算との整合性が問われるのは必至だ。

 米空軍や国防総省の資料によると、F35Aが搭載予定の最新ソフトウエア「ブロック3」には、短射程空対空ミサイルなどを装備できる最終型のF型とそれができないI型の2種類がある。

 F型の米軍への納入は17年8月で、これより前の17年3月までにF型を日本に引き渡すのは米軍の規定により、原則不可能だ。このため、日本に引き渡されるのは性能でF型に劣るI型になる可能性が高い。

 しかし、日本政府は、F35A購入をめぐる佐藤正久参院議員の質問主意書に対する今年7月の政府答弁書で、「防衛省の要求する期限までに、同省の要求する性能を備えた機体が納入される」と明記。最終型F型の納入が可能と示唆していた。

日本政府の説明と、F35の開発実態には差があるが、国防総省は、日本に引き渡すF35Aについて産経新聞に対し「(I型かF型か)まだ言えない」と回答した。

 F型は最大高度5万フィート(約1万5千メートル)に対し、I型は4万フィート。I型は短距離ミサイルが搭載できず至近距離での対空戦が不可能で、前段階の「ブロック2型」と同程度の性能にとどまる。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120514/amr12051410020002-n1.htm

日本の防空網に穴 米、日本国内へのF35戦闘機納入は2019年以降

2012.5.14 10:01

F35.jpg
F35戦闘機(米ロッキード・マーチン社提供)
 
 【ワシントン=佐々木類】日本が導入を予定している最新鋭戦闘機F35の納期遅れが懸念される中、米側は、日本への納期を書類上順守する代わりに機体は未完成のまま米国内で管理する見通しとなった。米国防総省関係者が明らかにした。日本に実際納入されるのは、米軍で戦闘機の運用能力や量産が承認されて開発が完了する2019年以降となり、日本が契約しても防空網に穴が開くことは不可避な情勢となる。

 防衛省は17年3月末までに最初の4機を調達する予定だが、米側の関係者は「納期は守ることができるが、性能は保証できない」と明言、日本側が要求するコンピューターソフトの最新版「ブロック3」が搭載されず未完成の状態のまま、日本側に所有権だけ移す可能性を示した。

 「ブロック3」は、僚機や軍事衛星、イージス艦などと情報を共有しながら戦闘空域の状況を即座に把握する能力があるとされる。

 F35をめぐる契約は、米側が価格や納期を変更しても違反を問われない有償軍事援助(FMS)。書類上契約しても実物を日本に引き渡せないのは、FMSの規定により特例がなければ、米軍としての開発完了を意味する「初期運用能力(IOC)」の承認前に、装備品を米国外に輸出できないためだ。

F35は米空軍、海軍、海兵隊向けと、異なる3機種の「開発と生産」を同時に進めているが、不具合が生じると3機種分の機体やソフトの修正が必要となるため、生産の遅れにつながっている。

 国防総省は今年3月、IOCを獲得した段階で許可されるF35の量産承認について、19年以降になるとの報告書を議会に提出した。

 米軍関係者はまた、高騰が懸念される日本向けの価格について「開発の遅れと同盟国の買い控えで、米軍への売却価格の上昇はもちろん、日本への売却額も当然上がる」としている。

 国防総省は4月末、日本が導入予定の42機の売却額が計100億ドル(約8千億円)と議会報告。パイロットの訓練費や諸経費を含めた価格は、1機当たり2億3800万ドル(約190億円)となっている。

 国防総省は産経新聞の取材に対し、「事業は順調だが、今後はもっと努力が必要だ」としたが、日本国内への納入時期や価格への回答は避けた。


以前のエントリーを再掲します。
参考にしてください。

防衛省並びに日本政府に陳情する!ユーロファイターを次期主力戦闘機に!

ユーロファイター以外に何があるのか! 対米自立の第一歩としよう!

やっぱユーロファイターでしょ! 次期主力戦闘機はユーロファイターにしなさい!

次期主力戦闘機はユーロファイターにしよう!

今、自分が作成したエントリーを読み返しておりますがなかなかうまいこと言ってますな(笑)。

現状ですと、おそらく日本の防衛産業的にまずいことになりますので、現実的な対策を提言いたしましょう。

1、F15とF2を今からでもいいので量産することにより生産ラインを維持
2、今からでも遅くないのでF35に関してはテスト飛行と少数納入だけにする
3、ユーロファイターを大量一括発注してライセンス生産する
4、ユーロファイターの唯一の弱点のステルス性を確保するため心神を実用化する

私はユーロファイターを次期主力戦闘機にすべきと主張しているのであって、そのほかの戦闘機を購入するなと言う話ではございません。

最終的に欧州機をライセンス生産して、ユーロファイターJを創り上げるべきであると主張しているのです。

欧州と日本の夢のコラボ♪

想像するだけでワクワクが止まらねぇ~~~~~~~~!

日本の空をユーロファイターが飛ぶ! そんな夢を見ながら本日は仕事に行きます。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

20世紀最大の外交家 ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャーの本音を出ちゃいましたけど? 親米保守派はどうするのですかね?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

台風でいろいろありましたからね。

そんなわけで、ストレスによる不眠ですとか風邪ですとかいろいろございました。

最近は暑くなったり寒くなったりの繰り返しで体調を崩される方もいらっしゃるようでございます。

皆様もお体をお大事になさってください。

あと、トレボー氏に警告しておきます。

これ以上、常識外れなコメントは許せませんので、コメントは削除しましたよ。

これ以上、エスカレートするようならアク禁にしますんでよろしく。

neet492氏へ 
本当にありがとうございます。
これからもコメントお待ちしております。

それでは本題へ

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121004/amr12100411170002-n1.htm


尖閣は米国巻き込まず日中だけの問題に キッシンジャー氏「最も切実な願い」

2012.10.4 11:15 [尖閣諸島問題]
 
 沖縄返還や米中国交正常化に深く関わったキッシンジャー元米国務長官は3日、沖縄県・尖閣諸島の扱いをめぐり中国の最高指導者だったトウ小平氏と日本側に「合意」があったとした上で、尖閣について米国を巻き込まず日中間だけの問題にとどまることが「最も切実な願いだ」と述べた。

 「合意」は、1978年の日中平和友好条約締結時のトウ氏による領土問題棚上げ提案を指しているとみられる。領土問題は存在しないとする日本側は、合意はなかったとの立場だ。

 ワシントンでのシンクタンクのイベントで会場からの質問に答えたキッシンジャー氏は日中が「結論に至る過程、結論に至った際」のいずれも、米側の積極的な関与はなかったと指摘。「私がこだわったところだ」と強調した。その上で「米国は(尖閣の)主権などの問題で、何らかの立場を取るべきではない」と訴えた。(共同)



以下も参照してください。 
【伊藤貫】中韓の「妄言」領土外交とアメリカ[桜H24/10/1]

本音をズバリ言ってくれるキッシンジャーに感謝申し上げる。

日本は米国には頼れないし、頼るべきでもないのです。

自分の国は自分で守る。

自国固有の領土は自らの軍事力で守る。

当たり前のことなのです。

どこの世界に自国の軍事力で自国の領土を守ろうとしない国家のために血を流し戦う国家が存在するというのですか?

米国だって、中国から「尖閣諸島で口出すなら核攻撃するぞ」と脅迫されたら、手出しできませんよ?

なんで他国家のために核攻撃を喰らって自国民を数千万人殺害されなきゃならんのですか?

常識で考えたらわかるでしょうに。

親米保守派の皆様は米国が「尖閣諸島は日米同盟の範囲内」と宣言して嬉しそうにはしゃいでいるようでございますが、本当だったら屈辱に感じなければなりません。

なぜなら、日本固有の領土を守るのに外国の軍隊頼りなわけですから。

尖閣諸島に海上自衛隊の護衛艦と潜水艦、航空自衛隊のF15を派遣すべきでしょう。

なぜ、撃沈しないのでしょうか?

安倍首相!
防衛出動を是非!

よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR