【最終決定版】【超過激爆弾企画】反逆する10人の武士【ビジネスの種を撒け】

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【超過激爆弾企画】
さて、以前の記事でも検討しておりました。
反逆する7人の武士という企画ですが、反逆する10人の武士ということでリニューアルしました。
電子書籍出版の販促であるとお考えください。

ちなみに、表彰はなしにしました。
単純に私の忙しさによって、審査する時間がないからです。
販促する時間もありませんので、このような企画を立ち上げました。
人数を増やし、条件を緩和しました。死ぬほど忙しいことを加味して、制度を大幅に改編しました。
これが最終決定版です。

↓↓↓↓↓↓熟読をお願い致します↓↓↓↓↓↓
【超過激爆弾企画:反逆する10人の武士】

目的:『ビジネスの種を撒け』の宣伝と販促

応募可能期間:2015年8月1日から2015年9月1日まで

概要
1、Amazonレビューを書いてくれた方にAmazonギフト券を進呈(500円)
2、ブログで紹介してくれた人に対してAmazonギフト券を進呈(250円)
3、1と2の併用は不可。
4、1と2に応募する人数が合計で10名となったところで締切。先着順


詳細
1(Amazonレビュー)について説明します。

条件は3つにします。
◆事前エントリー制
rebelbushi@gmail.comまで、お名前(Amazonレビューで表示される名前)とE-Mailアドレスと性別を明記の上、メールを送ってください。
件名は「Amazonレビュー事前エントリー」としてください。
E-mailアドレス宛にAmazonギフト券の番号をお送りします。
エントリー者多数の場合は先着順とさせていただきます。

◆『ビジネスの種を撒け』を購入していること
Amazonレビューに「Amazonで購入」という表記が出るか否かで判断します。
レビューを書いていただくには購入していただく必要がありますので、ご了承ください。

◆レビュー文字数は500文字以上、ただし引用はなし
『ビジネスの種を撒け』にレビューを書いていただきます。
レビューはそれなりの文字数が必要ですので、500文字以上とさせていただきます。
星の数は不問。

以前の制度よりは条件を緩くしました。
その代り、上記の3つの条件は厳守でお願い致します。

2(ブログでの紹介)について説明します。
条件は4つとします。


◆事前エントリー制
rebelbushi@gmail.comまで、お名前(Amazonレビューで表示される名前)とE-Mailアドレスと性別とブログ名とブログURLを明記の上、メールを送ってください。
件名は「ブログ紹介事前エントリー」としてください。
E-mailアドレス宛にAmazonギフト券の番号をお送りします。
エントリー者多数の場合は先着順とさせていただきます。

◆ブログ記事のタイトルに『ビジネスの種を撒け』という文言を入れること
ブログ記事のタイトルに電子書籍の題名を入れていただきます。
ただ、文言を入れていただければ、多少改変しても問題なしです。

例えば『ビジネスの種を撒け』を読む!・・・とか祝出版(*^^*)ビジネスの種を撒け!・・・とかでも良いです。

とにかく、ブログ記事のタイトルにビジネスの種を撒けという文言があれば条件を満たします。

◆Amazonの商品紹介をコピー&ペースト
私はAmazonの商品紹介の欄に結構書き込むことにしております。
したがって、商品を紹介していただく方々にもコピー&ペーストでいいので、ブログ記事の内容に記載していただきたいと思います。

◆ビジネスの種を撒けの画像を記載し、サイトにジャンプできるようにすること
販促の意味もございますので、画像を載せていただく必要があります。

また、ブログ記事をお読みの読者の方々に『ビジネスの種を撒け』のページに行っていただく必要がありますので、サイトにジャンプできるようにとこのような条件を設けました。

例えば、消費税廃止への進撃であれば、次のようにすると条件を満たすということです。

消費税廃止への進撃
消費税廃止への進撃

よほどブログ初心者でない限り、簡単にできることだと思います。

本日は以上とさせていただきます。
重ねて申し上げます。最終決定版です。

何か不都合な点や改善点などがあればコメントを下さい。
熟慮の上、返信させていただきます。
以上、よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
スポンサーサイト

建造の事業化調査受注

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下は日経新聞電子版より~~~
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO89511610Q5A720C1TJC000/

三菱重工、建造の事業化調査受注 豪新型潜水艦で

2015/7/20 0:26日本経済新聞 電子版

三菱重工業はオーストラリアが日独仏のいずれかから調達する新型潜水艦について、建造の事業化調査(FS)を受注した。日豪政府の契約に基づくFSで、受注額は8億円程度とみられる。川崎重工業も参画する。

 豪州は総予算500億豪ドル(約4兆6千億円)で最大12隻の潜水艦を購入する計画を立てており、三菱重工と川崎重工の建造で静粛性や燃費性能に優れた「そうりゅう」型の導入に意欲を示している。

 両社は建造コストや期間に加え、動力機関や船体の鋼板加工などそうりゅう型の中核技術についてどこまで移転できるかなどを調査する。豪州は自国での建造も求めているとみられ、その場合の雇用規模や経済効果なども試算する。三菱重工と川崎重工は約30人でFSを実施する。

 そうりゅう型はケロシン(灯油)と液体酸素で動力を得るスターリングエンジンと呼ばれる推進機関を補助的に搭載しているのが特徴で、他の潜水艦に比べ潜水中の航続距離が長い。敵機に探知されにくいステルス性能の高さも強みだ。

 豪州政府はFS結果をもとに2015年度内にも調達先を選定する。
~~~~以上、日経新聞電子版より~~~~~

三菱重工が建造の事業化調査受注したそうです。

ここで疑問に思うのが、建造の事業化調査って何?というお話です。

軽くではありますが、調べてみました。
http://gms.globis.co.jp/dic/00888.phpより

フィジビリティ・スタディ feasibility study

フィジビリティ・スタディとは、新規事業などのプロジェクトの、事業化の可能性を調査すること。実行可能性、採算性などを調査する。FS、F/Sとも呼ばれる。

調査・検討する内容は、事業の外部要因として政治、法制、規制、経済、技術動向、自然環境、社会環境といったマクロ環境、業界の動向、市場調査、競合状況も含まれる。また、技術開発や販売計画、投資対効果、採算性、資金調達などの財務面も含めて調査する。

フィージビリティ・スタディの期間はプロジェクトの規模や特性による。数週間から数ヶ月で終わる場合が多いが、革新的な技術開発も含めた検討の場合は数年にもわたる。

~~~~以上、引用終わり~~~

輸出のための事業化調査であり、どのような形での生産になるのかを多角的に評価するために必要なことのようです。

私たちのような一般の日本国民ができることは見守ることだけです。
三菱重工と川崎重工には頑張ってほしいものです。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

特定亜細亜以外を巻き込むのはOK

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~以下は朝日新聞より~~~
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN0PX1NP.html

豪潜水艦開発「日の丸連合」多国籍体制に、英企業参画へ=関係者

2015年7月23日23時05分
[東京/シドニー 23日 ロイター] - 豪潜水艦の選定手続きに参加する防衛省や三菱重工業<7011.T>など日本の官民連合に、英国の企業が加わる方向で協議が進んでいることが明らかになった。武器の輸出市場に参入したばかりの日本は、経験豊かで現地の事情に通じた外国企業のノウハウを取り込みたい考え。

 スウェーデン企業も日本との協業に関心を寄せており、「日の丸連合」は総額500億ドルとも言われる巨大事業に、多国籍体制で臨もうとしている。

 <バブコック社が協議、BAEも>

 日英の複数の関係者によると、英エンジニアリング大手のバブコック・インターナショナル・グループが、参画に向けて日本の防衛省と協議をしている。豪州で事業を展開し、豪海軍の現行潜水艦コリンズ級の保守・管理に関わる同社は、日本連合のコンサルティングを請け負うことを提案している。

 さらに豪海軍のキャンベラ級強襲揚陸艦を手掛け、同国内で4500人を雇用する英軍需大手BAEシステムズも、協業相手に浮上している。

 昨年4月に武器の輸出規制を緩和した日本は、防衛装備品の共同開発や輸出の経験不足が指摘されている。支持率低下に悩むアボット首相率いる豪政府は、潜水艦の性能やコストだけを選定基準にするのではなく、自国産業の振興につながる提案を求めており、次期潜水艦の建造計画は複雑さを増している。

 「(日本は)小学生1年生がいきなり数学の応用問題を解いているようなものだ」と、日本の関係者は言う。

 <対抗馬は独ティッセンクルップ>

 豪政府が進める共同開発相手の選定続きには、ドイツのティッセンクルップとフランスの国営造船会社DCNS社も参加している。なかでも豪州に拠点を持つティッセンクルップは、豪海軍が条件に挙げる米国製戦闘システムの搭載にも問題がなく、日本の最有力対抗馬と見る向きが多い。

 ティッセンクルップが豪政府に内々に提示した文書によると、同社案は現地産業の支援を強調。ドイツが持つ先進の生産技術を活用し、豪州をアジア太平洋地域における造船産業のハブ(中心)にすることを約束している。

 南オーストラリア州選出の与党・自由党のエドワーズ上院議員は「豪州で建造することは避けられない。日本にとっては問題だろう」と話す。

 もともと豪政府は、海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦の技術に関心を示していた。潜水艦の性能面では今も日本が優位と見られているが、「豪州で事業を展開したり、産業支援策の取りまとめという面では、ドイツやフランスに後れを取っている」と、 事情に詳しい関係者の1人は指摘する。

 <スウェーデンのサーブ社も>

 日本は武器開発の国際プロジェクトの経験豊富な英国の企業と組むことで、そうした弱みを補完できる可能性がある。「現地企業を使うにしても、どこがいいのか悪いのか、アドバイスが期待できる」と、日本の政府関係者は話す。バブコックとBAE以外にも、関心を寄せる英企業があるという。

 傘下の造船会社が豪海軍の現行潜水艦を開発したスウェーデンの防衛大手サーブも、日本連合への参画を打診した。同社は今も潜水艦の保守・管理に携わっており、助言が期待できると日本の防衛省関係者はみている。

 防衛省はロイターの取材に対し、「豪州からは将来潜水艦の能力、コスト、スケジュールを不必要に損なわない範囲で豪州企業の参加を最大化してほしいとの要望がある」とした上で、「国内外の企業などから豪州企業に関する情報収集を行っているが、具体的な事柄については控えたい」と回答。バブコック、BAE、サーブはいずれも回答を拒否した。

 日本は防衛省を中心に、潜水艦建造メーカーの三菱重工と川崎重工業<7012.T>が官民連合を結成している。現在は三菱重工が主導して提案書を作成中。一行は5月末に訪豪し、南オーストラリア州の造船施設などを視察した。
 (久保信博、ティム・ケリー、マット・シーゲル)

~~~~~以上、朝日新聞より~~~~~

武器の輸出市場に参入したばかりの日本は、経験豊かで現地の事情に通じた外国企業のノウハウを取り込みたいと考えていると報じております。

海外へ兵器を売り込むことをサボタージュしてきた日本がイギリスのノウハウを盗む必要性があると思います。
素晴らしい判断なのではないでしょうか。

もちろん、分け前が減るというデメリットはあるとは思います。
しかし、背伸びした武器輸出は止めて、身の丈にあった輸出をするという方向に舵を切ったというのは素晴らしいことだと考えます。

>>傘下の造船会社が豪海軍の現行潜水艦を開発したスウェーデンの防衛大手サーブも、日本連合への参画を打診した。同社は今も潜水艦の保守・管理に携わっており、助言が期待できると日本の防衛省関係者はみている。

スウェーデン企業もするかもしれないとのこと。
凄い豪華メンバーですね。わくわくします。

英エンジニアリング大手のバブコック・インターナショナル・グループや、豪海軍のキャンベラ級強襲揚陸艦を手掛け、同国内で4500人を雇用する英軍需大手BAEシステムズも、協業相手に浮上しているようです。

仲間が増えていく(*^ ^*)

どんどんステークホルダー(利害関係者)を増やしていって、イギリス政府とスウェーデン政府を巻き込んで、豪州へ圧力を加えるべきでしょう。 

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

アメリカがウクライナへバック・パッシング

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下はWSJより~~~~~
http://jp.wsj.com/articles/SB10777827119304873821304581125012301048924

米、ウクライナに対迫撃砲レーダー供与か
By
JULIAN E. BARNES in Brussels and GORDON LUBOLD in Washington

2015 年 7 月 23 日 10:03 JST

米 国防総省は、ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力による同国政府軍への迫撃砲攻撃に対抗するため、ウクライナに新型長距離レーダーを供与する見通しだ。米軍当局者は、ウクライナの防衛力強化に対する支援に前向きになってきている。

 対迫撃砲長距離レーダーの供与にはホワイトハウスの承認を必要とする。ホワイトハウスは現在ウクライナへの非殺傷兵器一式の供与を検討している。オバマ政権は、迫撃砲や携帯式地対空ミサイルシステムなど殺傷能力のある兵器の供与については、ウクライナ紛争をエスカレートさせる恐れがあるとして慎重姿勢を崩していない。しかし米政府高官によれば、長距離レーダーは殺傷能力のある攻撃型兵器とはみなされておらず、米現政権の対ウクライナ政策に合致することになる。

 対迫撃砲レーダーは、迫撃砲の発射地点を特定するためのもので、親ロ派の迫撃砲攻撃に対し精度の高い反撃を行いたいとするウクライナ政府の要請を満たす。国防総省当局者によれば、同省はすでにホワイトハウスの承認を受け次第、レーダーの船積みを開始できるよう準備を進めている。

ウクライナと親ロ派の間では今年2月に停戦協定が発効したが、ウクライナ軍当局者が22日語ったところによれば、ここ2日間で親ロ派による戦車や迫撃砲による攻撃が約140件起きており、連日、同軍に死傷者が出ている。米軍高官はこうした迫撃砲に関して、ロシアが提供しロシア人が操作していると断じている。これに対しロシア政府は、ウクライナ領内には武器やロシア部隊を送り込んでいないと繰り返し否定している。

 米当局者によれば、ウクライナにはすでに20基の軽量型対迫撃砲レーダーが米国から供給されており、さらに10基が今年中に追加される予定。こうしたレーダーの射程は約6マイルと短い。その他には医療キット、暗視ゴーグル、防弾チョッキなどが非殺傷兵器として現時点でウクライナに供与されている。米軍が今回供与を検討しているレーダーは射程が15~31マイルと長距離のもの。

 国防総省高官はここ数週間、ロシアに対する懸念の声を強めている。次期陸軍参謀総長に指名されているマーク・ミレー大将は21日、上院軍事委員会で証言し、米国の国家安全保障上の最大の脅威はロシアであるとの認識を示し、ロシアのウクライナ侵攻は同国による欧州への新たな敵対的アプローチを示す好例であると述べた。ミレー大将は、マケイン軍事委員会委員長(共和、アリゾナ州)の質問に答えて、「殺傷能力のある防御兵器」の対ウクライナ供与を支持すると表明した。

 ホワイトハウスは今年初め、殺傷能力のある攻撃兵器についてはウクライナには供与しないことを決定した。しかし政府高官は、「ウクライナは対迫撃砲レーダーなどを手にすれば恩恵を受けよう」と述べ、長距離レーダーの供与には前向きな姿勢をみせている。
~~~~以上、WSJより~~~~~

アメリカがウクライナ東部の親ロシア派武装勢力による同国政府軍への迫撃砲攻撃に対抗するため、ウクライナに新型長距離レーダーを供与する見通しのようです。
米軍当局者は、ウクライナの防衛力強化に対する支援に前向きになってきているようです。

典型的なバックパッシングです。
アメリカはロシアと正面切って戦争したくないわけですから当然ですよね。

紛争がエスカレートしないように、殺傷能力のある攻撃兵器は供与しないようですが、情勢は移ろいやすいですから今後どうなるかわかりません。

>>米当局者によれば、ウクライナにはすでに20基の軽量型対迫撃砲レーダーが米国から供給されており、さらに10基が今年中に追加される予定。こうしたレーダーの射程は約6マイルと短い。その他には医療キット、暗視ゴーグル、防弾チョッキなどが非殺傷兵器として現時点でウクライナに供与されている。米軍が今回供与を検討しているレーダーは射程が15~31マイルと長距離のもの。

ここまで支援していたのですね(驚)。

アメリカには支援行為を頑張ってほしいものです。
戦争はしてほしくありませんので・・・。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

日本とフィリピンの関係が深化した(*^_^*)

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
精神的に追い詰められております。
ブログは何とかして継続していこうと考え直しました。
さて、本題です。

~~~~以下は産経ニュースより~~~~
http://www.sankei.com/politics/news/150726/plt1507260006-n1.html

海自、比軍と共同訓練を半年ごとに定例化 米軍加えた3カ国拡大も検討

2015.7.26 06:00

防衛省が海上自衛隊とフィリピン海軍の共同訓練を半年ごとに定例化することが25日、分かった。アフリカ・ソマリア沖の海賊対処活動に派遣された海自護衛艦が帰国する際、比沖で共同訓練を実施。米海軍を加えた3カ国の訓練への拡大も検討する。南シナ海での岩礁埋め立てや東シナ海でのガス田開発など高圧的な海洋進出を活発化させる中国を牽(けん)制(せい)する狙いがある。

 海賊対処を終えて帰国途中の護衛艦「はるさめ」「あまぎり」は5月12日、マニラ西方海域で比海軍のフリゲート艦1隻と共同訓練を行った。日比共同訓練は初で、昨年4月に日米中や東南アジア各国などで合意した海上衝突回避規範(CUES)に沿った通信・戦術訓練が目的だった。

 この形式を定例化し、ソマリア沖から帰任する護衛艦を訓練に参加させる。

 今年6月22~26日には海自P3C哨戒機を使った比海軍との捜索・救難訓練も実施。中国が埋め立てを強行したスプラトリー(中国名・南沙)諸島に近い海域を訓練場所に充てた。

定例化する共同訓練は内容や場所を選定するにあたり、領有権などをめぐる中国の出方や事態に応じ最も抑止効果の高いものを見極める。災害を含めた多様な事態への対処力強化に向けても、米海軍を加えた3カ国の訓練に拡大することが不可欠とも判断している。

 1月の日比防衛相会談では、グアムで毎年実施している日米両国とオーストラリアの共同訓練「コープ・ノース・グアム」への比空軍の参加を目指すことで一致した。海自と海軍の訓練でも日米比豪への枠組み拡大も視野に入れる。

 海自は平成21年3月から海賊対処活動を実施し、護衛艦2隻とP3C哨戒機で海賊の警戒にあたっており、護衛艦は半年ごとに派遣部隊を交代させている。
~~~~以上、産経ニュースより~~~

私は以前からフィリピンとの準同盟を主張してきました。
以下参考記事
日本とフィリピンが準同盟国になる日 訪問軍協定とは何か解説しよう
南シナ海の地政学 オフショアバランシングで東南アジア諸国を強くする!

日本とフィリピンの関係深化が現実味を帯びてきたと大変嬉しく思います。

これに米海軍が混ざれば、鬼に金棒でしょう。

最近では集団的自衛権のお話がありますが、共同で対処しなければならない懸念事項があるのだから致し方ないですよ。

集団的自衛権を行使されたくなかったら侵略するなというお話ですから。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

なでしこりん様復活! 言論弾圧への反逆はまだまだ続く

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日は特別記事でございます。19時にもブログ更新します。
私が仕事で死んでいた状態の中、とあるブログが言論弾圧されていたことが判明しました。

なでしこりんというブログでございます。

応援したかったのですが、余裕が全くありませんでした。
したがって、拙ブログのリンクに貼り付け、特別記事をUPするという形で許して下さいm(__)m

以下はチャロチャロ氏のブログ記事から一部引用
http://ameblo.jp/charocharo01/entry-12052621334.html

まずは、みんなで声を合わせて言いましょう。
良いですか、行きますよ?
せーーーーのっ!!!

「なでしこりんさん、
 お帰りなさーーーーーーい!!」

さて、なでしこりんさんの復活アドレスがこちらです。
[Ameba世界]
http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/
[blogspot]
http://nadesikorin0719.blogspot.jp/

皆さん、すぐに読者登録と
「なう」フォローに走りましょう!!

さて。
マジな話を一つ。
敵は作戦を二つ見誤りました。

まず一つ目が、
なでしこりんさん旧アカウントを壊したところで
なでしこりんさんが軽傷だったと言う事。

なぜなら、あのブログは
時事ニュースに対して、なでしこりんさんの意見を
付け加える形で記事を作るスタイルだったためです。
だって、時事ニュースに彼女の感性を足すのであれば
時事ニュースは日々発生するし、
彼女の感性はデータを消しても消える事が無い。
結局、ちゃんと復活できるんですよ。タイムラグはあるけどね。

二つ目が、敵が自らの不利ぶりを明らかにしたと言う事。
はっきり言いますけど、
(お前が言うな!って言われるとは思いますが)
安倍政権本体を打倒することに比べれば
なでしこりんさんブログ一つを破壊することは、
巨人本体に攻撃しても全然かなわないから
巨人がはいている靴のつま先を攻撃したようなものです。
巨人にしてみれば全然痛くもかゆくもない。

逆に言えば、安倍政権のやる事を
全然止められなくて錯乱状態に落ちているわけです。
敵さんは。
で、悩んだ挙句の選択肢がなでしこりんさん。

しかも、削除事件直前の記事に何かある事が
既に皆に推理されてしまったために
例のシールとかなんとかいうのが
敵にとって泣き所だとばれました。
これを見逃すほど、関係者は馬鹿ではないでしょう。

と言うわけで、敵が見事に自滅して
そしてなでしこりんさんが見事復活した事をお伝えして
今日はお開きです。

ではではー。

~~~以上、引用終わり~~~

ちょっと心配なのは、新しいブログでも、またしても共産党を批判した記事が削除されていたことです。

言論弾圧は継続中のようですな。FC2ブログも作成した方がいいのではないでしょうか。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【電子書籍出版】ビジネスの種を撒け(1)

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
何とか生きています。
ガチで入院する可能性がありました。

さすがに深夜2時に帰宅して、その4時間後に自宅を出るという生活は駄目ですね。

【出版作業のご報告】
『ビジネスの種を撒け』の出版がいよいよ佳境に入ってきましたよ。

現在、3万字をやや超えたところでございます。

前回の『消費税廃止への進撃』は明確に・・・というか迷いがなく書くことができました。
でも今回は迷っております。

政策提言案をまとめるのに苦労しております。

具体的に説明しますと、設備投資減税と設備投資助成金を同時に行うことにより、設備投資を増やす政策を提言したのです。
しかし、助成率を大企業と中小企業でどう区別するのかで悩みます。

なぜならば、大企業と中小企業では企業体力に差がありますし、財務内容も違うので、格差是正のためにも中小企業に厚く助成しなければならないのです。

ただ、それだと制度的に複雑になりますし、企業体力のある大企業にはどんどんお金を吐き出してほしいのですよ。モロ本音を書きますが・・・。

したがって、中小企業だけ助成金と設備投資減税を同時併用できるとし、大企業は併用できないようにしました。
また、予算額も中小企業へ重点的に配分するという形になりました。

これ以上は『ビジネスの種を撒け』をお読みいただければと思います。

さて、設備投資のお話を日経新聞から持ってきましょう。

~~~~以下は日経新聞電子版より~~~~~
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO89513930Q5A720C1MM8000/

設備投資、広がる裾野 需要増の確信まだ持てず
景気ちぐはぐ回復

2015/7/20 3:30日本経済新聞 電子版

景気回復の勢いがつかない。内需に前向きの動きが出る一方で、外需には不透明感が強まる。強弱材料が綱引きを続ける、ちぐはぐな日本経済を点検する。

■受注をけん引<
a href="http://blog-imgs-72.fc2.com/h/a/n/hangyakusurubusi/201507201238289ae.jpg" target="_blank">中小企業にも設備投資広がる
 板金加工機のアマダホールディングスに例年にないほどの注文が舞い込んでいる。自動車や電機メーカーなど国内企業からの5月の受注額は前年比91%増。高水準の受注をけん引するのは設備を更新する投資だ。

 厳しい収益環境が長く続き、多くの企業は設備投資を先送りしてきた。製造業の設備の使用期間は平均15年を超える。しかし、ここ数年の収益改善に設備投資減税などの後押しも加わり、老朽設備を更新する機運が盛り上がる。アマダエンジニアリングの中村一雄社長は「周辺機器も含めた高額受注が多い」と語る。

 設備投資の先行指標となる5月の機械受注は、船舶・電力を除く民需の受注額が前月比0.6%増え、3カ月連続でプラスとなった。円安傾向が定着するとの見方が広がり、大企業以上に慎重だった中小企業の姿勢も変化し始めている。

 「東南アジアで競合する韓国製金型との価格差がこれまでの3割以上から1割未満に縮まってきた」。精密金型を輸出するケイパブル(京都市)の河原洋逸社長はこう話す。取引がある九州の中小金型メーカー2社は、円安を追い風に相次いで1億円を超える最新の切削機器などを導入する。

 群馬県の伊勢崎宮郷工業団地は造成作業の真っ最中だ。1月に予約分譲を始め、作業服チェーンのワークマンと医療用品製造の白十字(東京・豊島)が契約を結んだ。用地が不足するほどの人気で、群馬県は6月末に県内市町村に新たな候補地の調査を要請した。

 消費増税後の低迷から脱しつつある小売りなどの非製造業でも投資は盛り返してきた。吉野家ホールディングスの15年度の設備投資は140億円と前年度から6割増。牛丼店「吉野家」で居酒屋メニューを提供するサービスを本格導入することなどから約470店を改装する。帰宅途中の会社員などに狙いを定める。

 国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費に比べ、設備投資は1割強と小さいが、輸出の増減などで大きく動く。このため景気回復の勢いを決定づけることがしばしばある。

 戦後最長の景気回復期だった02~07年度に製造業の設備投資は7割伸びた。これに対しリーマン・ショック以降の09~14年度の増加率は1割強。クレディ・スイス証券の白川浩道氏は「企業は国内外の需要の先行きにまだ確信を持てないでいる」と指摘する。

■在庫調整進まず

 気がかりな材料もある。企業の在庫を示す指数は1~3月期まで5四半期続けて上昇。出荷が低調のため在庫調整が進まず、4~6月期の生産は3四半期ぶりに減ったとみられる。

 鉄鋼は自動車や建設向けを中心に需要回復が遅れている。新日鉄住金などは4月に本格化した減産を7月以降も継続。当初は6月中に在庫調整にメドが付くとみていたが、「8月までずれこむ」(新日鉄住金)。

 多くの企業は外需の持ち直しや国内景気の回復ペースが高まることを見込んで投資や生産の計画を立てている。実需の回復が遅れれば、攻めに転じた経営者心理が足踏みする可能性がある。(景気動向研究班)
~~~~以上、日経新聞電子版より~~~~~

実需が遅れれば、設備投資増加も足踏みだということです。

さすがに日経新聞はわかってらっしゃいますな。
ではなぜ消費税増税には賛成だったのでしょうか?理解に苦しむ。

本日はここで失礼します。

以上、何とか生きろと叱咤激励してくれる愛国者の皆様はクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字


【再掲載】【反移民】フランスのテロ被害者へ哀悼の意を捧げます

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近は本格的に体調を崩しまして、つらい毎日でございます。

今後は経済関連の記事も徐々に増やす予定です。

~~~~以下は産経ニュース。WSJより~~~~~
http://www.sankei.com/world/news/150107/wor1501070038-n1.html

2015.1.7 22:04更新
フランス週刊紙で乱射12人死亡 大統領、テロと非難 イスラム風刺画原因か 犯人「預言者のかたき」
パリの風刺専門週刊紙シャルリエブドの本社で7日午前11時半(日本時間午後7時半)ごろ、覆面をした男2人が自動小銃を乱射して逃走した。ジャーナリスト1人と警官を含む計12人が死亡、少なくとも9人が負傷した。5人が重体といい、死者はさらに増える恐れもある。警察当局者が地元メディアなどに明らかにした。

 ニュース専門テレビ局によると、2人は乱射しながら「預言者のかたきだ」と叫んでいたという。シャルリエブドが掲載したイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画などが襲撃の理由とみられる。最新作は、過激派イスラム国のバグダディ指導者を題材とした風刺画だった。

 フランスのオランド大統領は銃撃現場を訪れ、事件をテロとして非難。パリの警戒態勢を最高度に引き上げたことを明らかにし、犯人逮捕に全力を挙げると宣言した。

 大統領は「この上なく残忍な犯行だ。フランスはショックを受けている」と話し、緊急閣議を招集した。(共同)

http://jp.wsj.com/articles/SB11685468879700404194004580388930143318908

仏銃撃事件、欧州の右傾化と反移民感情に拍車

フランス レストラン
フランスのモスク近くで8日発生した爆発の被害を受けたレストラン Agence France-Presse/Getty Images

 欧州で台頭しつつある反移民感情とナショナリズム運動はフランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド銃撃事件を利用し、かつてないほどの切迫感をもって長年訴えてきた彼らの主張をさらに広めようとしている。それは文化的アイデンティティーの喪失だ。


 ドイツで結成されたばかりの政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の幹部、アレクサンデル・ガウラント氏は「この流血(仏紙銃撃事件)は、イスラム主義の脅威についての不安を無視したり笑い飛ばしたりする人が間抜けであることを示している」と述べた。ドイツのための選択肢は移民を制限し、ドイツがユーロ圏から脱退すべきだと主張している。


 これまで、こうしたレトリックは非主流政党のたわ言として直ちに退けられていた。ただ、ここ数年はフランスやオランダ、英国でこのようなナショナリズムを打ち出す政党の躍進が目立つようになっている。伝統的な生活様式が脅威にさらされているという、欧州市民の間で高まる不満がこれを後押ししているからだ。


 欧州では景気低迷が長期化し、加盟国の国内事情に対する欧州連合(EU)の影響力が次第に(しばしば不快感を伴いながら)強まっている。これがナショナリズム台頭への道を開いたが、批評家らはこうした運動が市民の根本的な不安を食い物にしていると指摘していいる。イスラム主義を長年標的にしてきたこれらの集団は、大陸で勢力を伸ばすイスラム主義が欧州の文化的習慣を脅かすと警戒している。


 イラクとシリアで相次ぐ戦争に巻き込まれ、土地や家を奪われた世代のイスラム教徒が過激化したことも欧州市民の不安を高めており、昨年5月に実施された欧州議会選挙ではこうした極右政党がかつてないほどの伸長を示した。
フランス アンケート
各国民のイスラム教徒に対する見方(緑:好意的、オレンジ:非好意的)と人口に占めるイスラム教徒の割合(右はじの数字)

 欧州の既存政党は、仏紙銃撃事件がナショナリストに排他主義を広める材料を与えるのではないかと懸念している。フランスでは8日にこうした緊張が表面化した。


 フランス社会で高まる移民やアイデンティティー問題を巡る緊張はオランド大統領のかじ取りを難しくしている。複数の世論調査では、オランド氏の支持率が歴代大統領を下回る過去最低を更新。また、オランド氏は景気低迷や財政再建、失業率などでも圧力に直面している。

 7日の銃撃事件前にもテロに対する不安は高まっていた。仏世論調査会社IFOPが1005人を対象にまとめた最新調査では、フランスに高いテロの脅威が存在すると答えた人の割合が80%に到達。これは2001年の米9・11事件後に同調査が開始されて以来、最も高い数字だ。

 仏紙銃撃事件は特にドイツにとって重要な時期に発生した。ドイツでは毎週月曜日に東部ドレスデンで反イスラムデモが恒例化し、ここ数カ月で国全体が揺らぐようになっていたからだ。

 このデモを組織したのは「西洋のイスラム化に反対する愛国的欧州人」(通称ペギーダ)と名乗る団体で、この団体は排他主義を理由に政治の主流から何度も退けられてきた。ただ、5日にはデモ参加者が1万8000人に膨れあがり、他の都市にも同様のデモが拡散した。
フランス 葬儀
ベルギーのブリュッセルで「私はシャルリー」と書かれたプラカードを掲げる男性 Reuters

 ドイツのための選択肢も移民政策を徹底的に見直すべきとの主張を正当化するため銃撃事件を利用したほか、ペギーダとより密接な関係を築こうとしている。


 ベルテルスマン財団が8日発表した最新調査によると、イスラム主義は西側世界と融和できないと考えるイスラム教徒以外のドイツ人の割合が昨年11月時点で61%となり、2012年の52%から上昇した。


 英国では独立党(UKIP)が小規模ながら急成長を遂げている。ナイジェル・ファラージュ党首は銃撃事件について、欧州諸国の一部で多文化主義に疑問が投げかけられたと発言した。UKIPはEU離脱と厳しい移民政策を訴えて英国で支持率を伸ばしている。

~~~~以上、産経ニュース、WSJより~~~~~~

まず、大前提の原則として、表現の自由を脅かすようなテロはいかんでしょう。

人を殺してはいけないと思います。

風刺画が気に入らないというのであれば、平和的にデモ行進すればよいではないですか。

テロで亡くなられたすべての方に哀悼の意を捧げます。
これでますます反移民を掲げる右派政党が躍進すると思います。


以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【再掲載】消費税廃止への進撃を紹介していただける方を大募集【消費増税に反対のすべての日本国民にお願いがあります】

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【告知】
本日は再度の告知エントリーです。
少々長いことになりますが、ご了承を。


消費税率引き上げに反対するすべての日本国民に対してお願いがございます。
『消費税廃止への進撃』の【宣伝】もしくは【紹介】をお願い致します。
そして是非ともご購入をお願い致します。


『消費税廃止への進撃』の紹介文にも書きましたが、純利益は国会議員への陳情のための交通費と拉致被害者家族会への寄付金となります。

興味のある方は以下参照。スルーしていただいても問題ありません。
消費税廃止への進撃 作成に関して(5) 出版の目的を暴露


【お知らせ】

【購入をためらっていらっしゃる方々へ】
でも、お金がない。Kindle端末がない。そんな理由で電子書籍購入をあきらめている方もいらっしゃるのではないかと思います。

そんなあなたにお知らせが2つございます。

1、スマホでもKindleが読める!!
2、電子書籍をローリスクで身銭を切らずに購入する仕組みをご紹介!!


1について書きます。

電子書籍(我が国日本ではKindleが主流)について調べると意外な事実が浮かび上がってきました。

Kindleとは専用端末が無ければ読めないものだと思ってらっしゃる方が意外に多いようです。

スマホでもKindleアプリをインストールすることができて、Amazonアカウントとの連携ができれば問題なく読めます。
これのこと↓↓↓
電子書籍 Kindleアプリ

私はKindke端末を保有していますが、わざわざ購入する必要が無かったのでは?と思うほどです。

今では電子書籍出版の際のテストを行う必要があるので、必要不可欠な端末になりましたが・・・。

GoogleでKindleアプリと検索してみて下さい。スマホやアイフォーン、タブレットPCでご利用可能です。
こちらからKindleアプリをダウンロード

2について書きます。

もちろん私は拙ブログの読者の皆様に電子書籍を購入していただきたいと考えています。

正直にぶちまけてしまえば、良心が痛むのです。身銭切ってもらうことになるからです。

したがって、身銭を切らずにAmazonにおいて、電子書籍を購入することができる仕組みを構築できないかと考えたわけです。素敵なことでしょ?

そしたら発見しました。お小遣い稼ぎのポイントサイトを使用すればいいのです。

ただちょっと待っていただきたい。
まずはリスクを説明します。

【リスクの説明】
・スマートフォンやアイフォーンを保有してらっしゃる方で、パケット定額制などの料金プランで契約されている方でないと利用料金が跳ね上がってしまう可能性が高まります。

・私のようにスマートフォンやアイフォーンを保有していて、パケット定額制の契約をしている人間でも、7GB以上使用したため通信制限に引っかかってしまう可能性が飛躍的に高まります。
したがって、スマホやアイフォーンが使いづらくなってしまうかもしれません。ちなみに私はすでに通信制限中です(笑)。

・PCでも登録は可能ですが、スマートフォンやアイフォーンに比べると効率的に稼げない可能性があります。
【リスクの説明終わり】

【注意事項】
・ただいまより説明するのはポイントサイトにおいて、できるだけローリスク(上記において説明済み)で面倒な手続きを回避しつつ、月2000円を稼ぐ方法です。

・もちろん、自己責任でお願いします。拙ブログにおいてポイントサイトに関する質問・苦情・要望は一切受け付けません。

・ポイントサイトに登録した場合は無駄なトラブルを回避するため、ヘルプなどを読み込まれた方が安全です。

・もちろんこの方法は無理にというお話ではありません。そこらへんは自己判断でお願い致します。
【注意事項説明終了】

【結論】
・バナーを貼りますので、そこから登録をお願い致します。
・月2000円を稼ぐ方法を以下で説明しますので、2000円の内、最低でも500円はAmazonギフト券に交換して下さい。
・そして、その500円を使用して、私の電子書籍を購入していただければ幸いに存じます。


【本格説明】
私が紹介するのはポイントサイト『モッピー』です。

紹介理由:一番ローリスクで、一番簡単で、一番面倒な手続きがないから

他のポイントサイトで換金率が高かったり、紹介ポイントが高いものもありますし、実際私もそれらに登録してみました。

面倒で私には継続利用が無理でした。
したがって『モッピー』のご紹介なのです。

以下はモッピーのバナー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

こちらに、IDとメールアドレスとひみつの質問とパスワードを登録します。

そして、説明を見れば、理解できると思います。
ゲームやアプリインストール、クレジットカード作成でポイントをゲットし、それらを現金やAmazonギフト券に交換することができるのです。

ここで私が紹介するのは、月2000円をできるだけローリスクでお手軽に稼ぐ方法です。

まず、狙うのは無料アプリをインストールして起動すればポイントがもらえる方法です。

もちろんアプリの種類にもよるのですが、1つあたり20ポイント前後が一般的なようです。

これを1日100ポイント分を目標にインストールしていきます。平日の通勤時間を利用しましょう。

平日を20日と仮定、1日100ポイント稼ぐとします。20×100=2000となります。

これ以外にも方法があるのですが、面倒だったりするので、ここでは紹介しません。
皆様に迷惑かけたくないからです。
ちなみに私はどれくらいポイントを貯めたかというと・・・以下参照。
モッピープレゼンテーション
IDは伏せさせていただきますが、15044ポイントです。頑張ればここまで貯められます(ドヤ顔)

これをAmazonギフト券に交換します。Amazonギフト券は交換手数料が無料で500ポイントから交換可能です。

スマホもしくはPCの画面の上部に「交換」という項目がございますので、そこからAmazonギフト券を選択します。

秘密の質問に答えて、Amazonギフト券交換が完了します。
皆様のAmazonアカウントに登録するギフト券番号が発行されます。

そこから、Amazonへログインし、Amazonギフト券を登録すれば、500円分の登録は完了です。

これは意外と簡単なのですよ。他のサイトだと、交換するのに手数料が発生したり、別のサイトを経由しないとAmazonギフト券がもらえなかったりします。だからモッピーをご紹介なのです。

そして、その500円を使用して、私の電子書籍を購入してもらいたいわけです。

【本音をぶっちゃけます】

拙ブログに来てくださっている愛国者様には大変お世話になっております。

だからこそ本音をぶっちゃけます。国会議員会館へ陳情に行くための交通費がほしいのです。

皆様が上記のバナーからモッピーの登録していただければ、私に紹介ポイントが付与されます。

皆様のご協力でいただいたポイントは全額換金しまして、交通費に充てる予定なのです。

何卒ご協力をお願い致します。

以上、よろしければクリックをよろしくお願い致します。励みになります。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【再掲載】経済成長を加速させるには設備投資減税が必要だ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
仕事が忙しいので再掲載とさせていただきます。


我が国日本のGDP速報値が出ましたよ。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2013/toukei_2013.html

内閣府のページなのですけど、本当にわかりやすくなりましたね。

以前から官公庁のデータを閲覧していらっしゃる方ならお分かりかとは存じますが、以前はどこにどのデータがあるかいわかりにくい状況だったのです。

結果の概要から私なりに要点をまとめて書きますと以下のようになります。

実質経済成長率(年率換算)=3.5%
名目経済成長率(年率換算)=1.5%
GDPデフレーターで測ったデフレギャップ(年率換算で対前期比変化率)=2%

経済成長の原動力

①民間最終消費支出
②民間住宅投資
③政府支出(公的支出)
④輸出

経済成長の押し下げ要因

①民間設備投資


さて、このような結果から次のようなことがわかります。

1、デフレ脱却するためには2%のインフレが必要である。
1%=5兆円の需要が必要ということは単純計算でも20兆円の需要を2013年度に生み出さなければならない。

2、経済成長を阻害している民間設備投資を増やすための施策を考えなければならない

これくらいは容易に考えられることであります。

よって以下の日経ニュースより

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS29046_Z20C13A3PP8000/

成長強化へ投資減税 13年度税制改正法が成立

2013/3/29 19:23

 企業向けの減税措置などを盛り込んだ2013年度の税制改正関連法が29日、参院本会議で可決、成立した。4月から設備投資などを増やした企業への減税を拡充する。14年4月の消費増税後に実施する富裕層対象の増税も盛り込んだ。減税を先行し、安倍晋三政権が掲げるデフレ脱却と景気回復につなげる。

 企業向けの13年度の減税総額は約2400億円になる見込み。設備投資額を前年度より10%超増やした企業は、生産設備などへの投資額の3%を法人税額から控除できるようにする。

 雇用面では、給与を増やした企業の法人税を減税する制度を創設する。給与などの支給額を基準年度に比べて5%以上増やした企業は、増加額の10%を法人税額から差し引けるようにする。

 家計向けは、祖父母が孫に教育資金を一括して贈る場合、1500万円までを非課税にする。

 消費増税をにらんだ対応も盛り込んだ。増税への理解を得るため、所得税は15年1月から課税所得4000万円超の部分を対象に税率を40%から45%に上げる。相続税は税額から差し引ける基礎控除を4割縮小する。

 住宅の駆け込み需要を抑えるため、ローン減税を拡充する。14年4月から17年末の入居を対象に、ローン残高4000万円を上限に10年間、年末の残高の1%分を所得税などから差し引けるようにする。


安倍総理大臣は4月から設備投資減税などの各種減税措置を考えていたようです。

>>企業向けの13年度の減税総額は約2400億円になる見込み。設備投資額を前年度より10%超増やした企業は、生産設備などへの投資額の3%を法人税額から控除できるようにする。

上記の文章から日本政府がどれくらい設備投資が追加的に増えると想定しているか数学を使って計算してみましょう。

追加的設備投資額(X)×税額控除割合(3%)=2400億円

追加的設備投資額(X)=240000000000×100/3=8兆円


現在の民間設備投資額が名目値で約62兆円ですから、日本政府としては夢の大台、70兆円の設備投資を想定しているということになります。

詳しくは以下を参照してください。

平成25年度の税制改正について

期限は2年間で、国内投資に限られている模様です。

ただ、正直なところを申し上げれば、控除割合(3%)と特別償却の割合(30%)が低すぎると考えます。

企業の投資マインドを考えますと、これでは生ぬるいのではないかと思うのです。

私はやはり、国内投資促進補助金で現金支給が必要かと思います。

前年度よりも10%以上設備投資を増やす企業に対して、増えた分の50%を補助金として支給すべきかと存じます。

一気にデフレ脱却するためにはこれくらい思い切った手段が必要なのです。

政策にもPDCAサイクルというのがございます。

P=政策立案
D=政策実行   ←今ここ
C=政策評価
A=政策改善


企業としては需要と設備稼働率の関係で設備投資計画を立てる状況かと思いますので、企業マインドを一気に変える必要があるのだと思います。

戦力の逐次投入という愚挙を避け、一点突破を図るべきです。

もちろん、今年の四月から施行される税制改正で年間の設備投資が8兆円以上増えればいいのですが、増えなかった場合はがっつり批判させていただきたいと思います。

そして、今後の設備投資減税の改善に役立つための試金石としての役割を果たしていただきたいと思います。

評価できる点としては設備投資を前年度と比べて10%以上増やした企業のみ減税というのは素晴らしいと思いました。私の設備投資減税政策の参考にさせていただきます。

以上、安倍内閣の設備投資減税は生ぬるい!と思われる愛国者はクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

インドとロシアが関係強化! インドが世界最大の潜水艦リプレイス工場になる日

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
仕事を頑張っております。
睡眠時間が極端に短いため、短稿となることをお許しください。

~~~~以下はsputnikより~~~~
http://jp.sputniknews.com/business/20150710/558240.html

インド、世界最大級の潜水艦修理ハブへ

2015年07月10日 19:32(アップデート 2015年07月10日 21:59)

ロシアは、インドが潜水艦の修理、刷新、サービスを行う、世界的に大きなハブになるよう援助する。「エコノミック・タイムズ」紙の報道によれば、ロシアの造船所はインドの造船所のひとつと合弁企業を設立するため、パートナー模索作業をすでに終えた。

サプライズ:釣れたと思ったらロシアの潜水艦だった!
インド海軍が所有するロシア製のディーゼル電気エンジン型潜水艦の刷新契約は数百億ルピーに及ぶ。このため計画されている露印合弁企業は世界の海洋軍事市場ですぐにも巨大なプレーヤーになる可能性がある。

ロシアの国立船舶修理センター「ズヴョードチカ」の代表らはインドの一連の造船所を視察し、今月中にもインド側と理解に関するメモランダムを結ぶ準備を進めている。これについて「ズヴョードチカ」のエヴゲーニー・シュスチコフ副社長は「エコノミック・タイムズ」紙からのインタビューに答えたなかで、次のように語っている。

現在我々はインドの造船工場のひとつと交渉を行っている。もしこれが成功すれば、この企業はこれから行われるKILO級潜水艦の刷新作業で我々のパートナーとなる。しかも刷新作業の対象となるKILO級潜水艦はインド艦隊だけでなく、他の諸国にも存在している。

ロシア潜水艦部隊:昨日、今日、明日
ロシアはインドと合弁企業を設立し、多くの国からの注文を受けることに関心を抱いている。ロシア製のKILO級潜水艦はインド海軍のほか、イラン、ナイジェリアにも軍備されており、先日ベトナムもこの級の刷新された潜水艦を6隻購入した。「ルビン」設計局のアンドレイ・バラノフ副局長はこうした潜水艦は遅かれはやかれ計画的修理と刷新が必要になるとして、次のように語っている。

インドはKILO級潜水艦の刷新を行う世界でも2番目に大きな中心地となる可能性がある。多くの国にとっては他の場所で修理を行うようりもインドにおくったほうがずっと楽になるだろう。インドにとってはこうしたクラスの潜水艦を修理、刷新する上で技能を向上させることができ、好都合になるはずだ。

KILO級ディーゼル電気型突撃用潜水艦は世界でも最も静かな潜水艦に数えられる。KILO級潜水艦は海軍基地および沿岸設備における対艦対潜防衛の確保、海路の保護、巡視サービス、偵察を行うために開発された。2015年5月、ヴィシャーカパトナム市の造船所「ヒンドゥスタン・シップヤード・リミテッド」ではロシアの「ズヴョードチカ」からの専門家を招き、KILO級潜水艦(INS Sindhukirti)の刷新作業が終了した。潜水艦はインド製の水中音声装置Ushus、射程距離200キロのミサイルシステムClub-S(輸出用の名称は「カリブルS」)を新たに装備した。

~~~~以上、sputnikより~~~~

インドとロシアは地政学的に自然な同盟関係であると言えます。

なぜなら、直接的な領土問題を抱えておらず、距離的にも中国や中央アジアを挟んで遠いからです。

近攻遠交とはよく言ったものです。
インドとしても、東西冷戦時代から非同盟外交を貫いております。

アメリカや中国への牽制材料として上手くロシアを利用しているようです。

さて、本日ご紹介した記事について述べますね。

率直な感想としては、ロシアは本格的に潜水艦の輸出と中国への牽制に乗り出すようです。

ロシアの潜水艦は言葉は悪いのですが、悪かろう安かろうなのですよ。
もちろん、日本の潜水艦と比較した場合ですが(笑)


しかしながら、高価で大型の潜水艦を購入できない小国にとってはお手頃価格で購入できる潜水艦ということで重宝されていると推察します。
西側への牽制に利用することもできます。

そうやってどんどん輸出を増やしていくと、自然と増えるのが、潜水艦の修理や刷新(リプレイス)です。

要するに、輸出する潜水艦が増えるほど、面倒なアフターサービスをやらなきゃいけないわけですよ。

しかしながら、ロシアまで潜水艦を持って行くってのも面倒ですし、近場で工業力のある国家に任せてしまった方がいいわけですよ。
そこでインドに目を付けたわけです。

インドとしても、ロシアの潜水艦を保有してますし、潜水艦建造能力を磨くためにも、まずは修理や刷新から始めようと考えたわけです。前述しましたが、インドとロシアは地政学的に自然な同盟関係ですから何の問題もありません。

ロシアとしては、インドという東南アジアに近い国家において工場があれば「アフターサービスも充実してますよ。ぜひともロシアの潜水艦をご購入ください」とPRできるわけです。

我が国日本としても、ありがたいことですよ。
なにせロシアの潜水艦を輸入する国家の仮想敵国は中国ですからね(笑)

ベトナムなんて、中国に対して強硬な態度どころか敵視するようになってますよ。

しかも、インドの工業力が増強されるということは日本の国益にもなります。

強いインドは日本の国益、強い日本はインドの国益なのです。

今後もインドとロシアの非公式的な同盟の動向を注視していきたいです。

以上、よろしければクリックをよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【超過激爆弾企画】反逆する10人の武士【ビジネスの種を撒け】

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告&クーデター回避のお知らせ】
本日の記事は簡潔に書きます。
なぜならば、本格的に時間がないからです。

まず、近況報告をしますね。

死ぬほど仕事が忙しいです。

拙ブログを週1回以上閲覧している皆様は覚えていらっしゃるでしょうか。
私が死ぬほど忙しくて、ブログを休止した今年の2月ごろのことを。

今現在、それ以上の仕事の忙しさが津波のごとく押し寄せております。
はい。普通の人間であれば死ぬレベルです。

したがって、平日のブログ更新は再掲載になり、最近のニュースを追いかけることも不可能です。
コメントにも返信する余裕がないでしょう。
チャロチャロ氏には本当に申し訳なく思っております。あんなに素晴らしいコメントをくれたのに返信できてません。

それくらい緊急事態であるということをご理解いただきたいと思います。
入院する可能性が濃厚です。

次にクーデター回避についてです。

事情に関しては以下のブログ記事をご参考までに
【再掲載】『現代の軍事戦略入門』を読み解く! もし在日朝鮮人が対日抵抗軍を組織したら・・・シミュレーションしてみよう
【再掲載】対日抵抗軍への対抗策 「諜報、補給、兵站」

何気にほっとしてます。
少なくとも私のような一般人が心配するレベルは過ぎ去ったようです。

油断は禁物ですが、あとは日本政府にしっかりとした対策をお願いしたいと思います。
入管のサーバーがダウンしたって本当なのですかね?

でしたら早急な復旧が必要でしょう。

【超過激爆弾企画】
さて、以前の記事でも検討しておりました。
反逆する7人の武士という企画ですが、反逆する10人の武士ということでリニューアルしました。
クーデター回避のお祝いというか祭りの一種とお考えください。

ちなみに、表彰はなしにしました。
単純に私の忙しさによって、審査する時間がないからです。
販促する時間もありませんので、このような企画を立ち上げました。
人数を増やし、条件を緩和しました。死ぬほど忙しいことを加味して、制度を大幅に改編しました。
最終決定というわけではありませんが、基本路線は固まりましたのでご報告します。

↓↓↓↓↓↓熟読をお願い致します↓↓↓↓↓↓
【超過激爆弾企画:反逆する10人の武士】

目的:『ビジネスの種を撒け』の宣伝と販促

応募可能期間:2015年8月1日から2015年9月1日まで

概要
1、Amazonレビューを書いてくれた方にAmazonギフト券を進呈(500円)
2、ブログで紹介してくれた人に対してAmazonギフト券を進呈(250円)
3、1と2の併用は不可。
4、1と2に応募する人数が合計で10名となったところで締切。先着順


詳細
1(Amazonレビュー)について説明します。

条件は3つにします。
◆事前エントリー制
rebelbushi@gmail.comまで、お名前(Amazonレビューで表示される名前)とE-Mailアドレスと性別を明記の上、メールを送ってください。
件名は「Amazonレビュー事前エントリー」としてください。
E-mailアドレス宛にAmazonギフト券の番号をお送りします。
エントリー者多数の場合は先着順とさせていただきます。

◆『ビジネスの種を撒け』を購入していること
Amazonレビューに「Amazonで購入」という表記が出るか否かで判断します。
レビューを書いていただくには購入していただく必要がありますので、ご了承ください。

◆レビュー文字数は500文字以上、ただし引用はなし
『ビジネスの種を撒け』にレビューを書いていただきます。
レビューはそれなりの文字数が必要ですので、500文字以上とさせていただきます。
星の数は不問。

以前の制度よりは条件を緩くしました。
その代り、上記の3つの条件は厳守でお願い致します。

2(ブログでの紹介)について説明します。
条件は4つとします。

◆事前エントリー制
rebelbushi@gmail.comまで、お名前(Amazonレビューで表示される名前)とE-Mailアドレスと性別とブログ名とブログURLを明記の上、メールを送ってください。
件名は「ブログ紹介事前エントリー」としてください。
E-mailアドレス宛にAmazonギフト券の番号をお送りします。
エントリー者多数の場合は先着順とさせていただきます。

◆ブログ記事のタイトルに『ビジネスの種を撒け』という文言を入れること
ブログ記事のタイトルに電子書籍の題名を入れていただきます。
ただ、文言を入れていただければ、多少改変しても問題なしです。

例えば『ビジネスの種を撒け』を読む!・・・とか祝出版(*^^*)ビジネスの種を撒け!・・・とかでも良いです。

とにかく、ブログ記事のタイトルにビジネスの種を撒けという文言があれば条件を満たします。

◆Amazonの商品紹介をコピー&ペースト
私はAmazonの商品紹介の欄に結構書き込むことにしております。
したがって、商品を紹介していただく方々にもコピー&ペーストでいいので、ブログ記事の内容に記載していただきたいと思います。

◆ビジネスの種を撒けの画像を記載し、サイトにジャンプできるようにすること
販促の意味もございますので、画像を載せていただく必要があります。

また、ブログ記事をお読みの読者の方々に『ビジネスの種を撒け』のページに行っていただく必要がありますので、サイトにジャンプできるようにとこのような条件を設けました。

例えば、消費税廃止への進撃であれば、次のようにすると条件を満たすということです。

消費税廃止への進撃
消費税廃止への進撃

よほどブログ初心者でない限り、簡単にできることだと思います。

本日は以上とさせていただきます。最終的な決定ではありません。何か不都合な点や改善点などがあればコメントを下さい。熟慮の上、返信させていただきます。


人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

潜水艦の基礎知識

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

とてもわかりやすい潜水艦基礎知識の記事が存在したのでご紹介します。

~~~~以下は東洋経済オンラインより~~~~
http://toyokeizai.net/articles/-/74378

日本が誇る潜水艦、その販売合戦の裏側 潜水艦の実力は何で決まるのか?
山内 敏秀 :太平洋技術監理有限責任事業組合理事首席アナリスト
2015年06月28日
潜水艦 そうりゅう
オーストラリアが導入を検討している「そうりゅう」型潜水艦。写真は広島県・呉基地に停泊中のもの

みなさんは、なにか「もの」を買ったり、仕入れる時、どのようにして決断に至るでしょうか。まずは、「どのようなものが欲しいのか」を明らかにすることでしょう。そして、「その品質は?」「価格は?」「物流は?」といったことを比較して購入を決めるのではないでしょうか。

潜水艦を購入する場合、どのように決めるのか

これは、潜水艦といった兵器の購入についても同様です。今、アジアでは熾烈な潜水艦の販売合戦が繰り広げられています。ロシアはベトナムに6隻のキロ級潜水艦を輸出します。韓国は、ライセンス生産によってドイツから入手した技術を生かし、インドネシアへの3隻の潜水艦輸出を勝ち取りました。ライバルのロシア、ドイツ、フランスを抑えてのことです。そのドイツは、シンガポールに潜水艦を輸出する予定です。

また、潜水艦そのものだけではなく、乗組員の教育訓練も販売合戦の対象で、インドはベトナムの潜水艦乗組員に対する教育訓練を請け負います。

いま最も熱い視線が送られているのが、オーストラリアへの潜水艦輸出です。オーストラリアは、現在、保有している6隻の「コリンズ」級潜水艦が退役の時期を迎えることから、これを更新し、かつ12隻に増強する予定です。

「少なくとも200億ドル(約2.5兆円)」と言われる巨額のプロジェクトであることから、ドイツ、フランスがオーストラリアに対してオファーを行っています。一方、オーストラリアは日本の「そうりゅう」型潜水艦にラブ・コールを送っており、日本はこのほど安全保障会議で、その技術移転を承認しました。

「潜水艦を販売する」というのは、語感的に何かそぐわないものがありますが、基本的なところは、皆さんが商品を購入する場合と変わりません。購入、あるいは導入する側は、安全保障戦略または海軍戦略にもとづき、「どのような潜水艦が欲しいか」を明らかにします。

これを受けて、「受注したい」と思う企業は、「どのような潜水艦を」「どのような価格で」「どのような方式で」提供できるかを提案します。「どのような方式で」と言うのは、「受注側で建造し、完成品を引き渡す」のか、ライセンス方式といって「図面を提供し、技術指導をしながら購入国の造船所において建造する」のか、ノックダウン方式といって「コアになる部分は輸出側が制作し、購入側で組み立てる」のかということです。

どの方式を採用するかについては、「購入側の国内造船工業界の育成」と「輸出側の技術情報の保全」という、対立する問題が存在します。オーストラリアでの造船工業界の反発は、このことを象徴しています。

潜水艦は少しでも長く潜れるように進化してきた

「どのような潜水艦を導入するか」を決定する過程は、先ほど「基本的には皆さんが商品を購入する場合と同じ」と述べました。食材であれば試食、衣服であれば試着、あるいは乗用車であれば試乗などによって対象商品を評価することでしょう。

潜水艦の場合、まさか試食ということはできませんし、試乗もなかなか困難です。せいぜい、停泊中の潜水艦を視察することができるくらいでしょう。もし、試乗できたとしても、1日くらいの行動では、潜水艦の性能を把握することは難しいでしょう。

それでも潜水艦を評価する基本的な要素はあります。最も重要な要素は、その潜水艦が「『潜水』艦であるか?」 ということです。「何を当たり前のことを……」と思われるかもしれませんが、実はいちばん大切なことなのです。

潜水艦のキーワードは隠密性です。人類が月面に到達してから間もなく50年が経とうとしています。しかし、海の中の解明はなかなか進んでいません。その「海の中に潜む」ことが潜水艦の最大の武器なのです。

ドイツのUボートや日本の伊号潜水艦のような第2次大戦までの潜水艦は、水上航走が基本で、敵の艦船を攻撃(潜水艦では襲撃と言います)する時などだけ潜航していました。このため、第2次大戦までの潜水艦は、潜水艦とは呼ばれていましたが、実は「可潜艦」――つまり「潜ることのできる船」だったのです。したがって、船体の形も水上の艦船に近いものでした。

しかし、潜水艦はレーダーなどの発達に対抗するため「水中にいる状態が普通」というように進化し、いまでは港と潜航する地点を往復する間だけが水上航走で、行動期間のほとんどすべてを水中で過ごします。船形も、水上での運動性能を犠牲にしてでも水中での運動性能の向上を目指してきました。その究極の形が原子力潜水艦です。

通常型潜水艦には、原子力潜水艦と比べ、大きな壁が立ちはだかっています。通常型潜水艦が水中を行動する場合は、2次蓄電池からエネルギーを得ています。したがって、行動のどこかで蓄電池を充電しなければなりません。

現在では充電のために浮上する必要はありませんが、やはり給気筒という銭湯の煙突のようなものを水面に出して空気を取り入れ、ディーゼル・エンジンを動かし、充電します。スノーケルの実施です。しかし、スノーケル中は給気筒を水面に出しているので、敵のレーダーに見つかり易いという問題があります。

潜水艦の最も重要な能力は、静粛性

それ以上に問題なのは、ディーゼル・エンジンの轟音が水中に伝わっていくことです。先ほど「潜水艦の評価には基本的な要素がある」と述べましたが、それは「どれだけ潜水艦が静粛であるか」ということなのです。

潜水艦の隠密性にとって大敵は音です。海の中には電波も光もほとんど届きません。もし、潜水艦を見つけようとすれば、音に頼るほかありません。このため、潜水艦は音を出すことを極度に嫌います。

1987年の東芝機械ココム(対共産圏輸出統制委員会)違反事件、2009年の音響測定艦「インペッカブル」(米海軍)に対する中国の妨害行動も、音にかかわる事件でした。中国の海軍工程学院の教授が、「潜水艦の静粛化(雑音低減と言います)に貢献した」として、人民解放軍と海軍の両方から表彰されたのは最近のことです。

もちろん、潜水艦の音に関する情報は、各国とも非常に高い秘密の項目に指定されています。それでも、たとえば中国の「元」級潜水艦について、『ジェーン海軍年鑑』には「推進方式はディーゼル電気推進で、AIP(※)としてスターリング・エンジン2基が搭載されている」と書かれています。このことから、少なくとも「元」級潜水艦は、スノーケルをあまり行うことなく水中での行動を持続でき、探知しにくい潜水艦である可能性があることを示しています。日本の潜水艦も、蓄電池をこれまでの鉛蓄電池からリチウムイオン電池に替えます。これにより、電池で水中を行動する期間が飛躍的に向上することになります。(※Air Independent Propulsion system:非大気依存推進装置)

潜水艦の評価は、このように「隠密性」「静粛性」という根本の上に「攻撃力としてどのような武器体系が装備されているか」などが考慮されて、下されます。拙著『潜水艦の戦う技術』でも詳しく触れましたので、併せて参考にしていただければ、より理解が深まると思います。
~~~~以上、東洋経済オンラインより~~~~

こういった潜水艦に関する紹介記事が増えるというのは嬉しいものです。
ノックダウン方式とライセンス方式の違いを説明しているのも好感が持てますね

私は思うのです。潜水艦に興味関心がない人間が多すぎますよね。理解できません。

地上波ではこのような潜水艦に関する情報が全くと言ってよいほど出てきませんからな。
下線文今後とも拙ブログは潜水艦輸出の件を追いかけていきたいと思います。

潜水艦の究極進化として、サメ型で無音長時間潜航が可能な無人機が開発されるでしょう。
ゾイドの見過ぎですかねwwww。


以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

ウクライナを利用して、ロシアに圧力を!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~以下はブルームバーグより~~~~~
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQUCVR6K50XU01.html

ウクライナ、ロシアからの天然ガス購入を停止-価格で決裂
2015/07/02 13:42 JST

(ブルームバーグ):ウクライナはロシアからの天然ガス購入を停止した。ロシアが値引き幅を大幅に縮小した上に、少なくとも来年1-3月(第1四半期)までの供給の取り決めを拒否したことを受け、決定した。昨年にはロシアの国営ガス会社ガスプロムへの天然ガス債務支払いをめぐり両国が対立し、約半年間ウクライナへの供給が止まっていた。

ウクライナのデムチシン・エネルギー・石炭産業相はロシアが提案した7-9月(第3四半期)の価格は公正ではないため、今後、欧州連合(EU)からしか天然ガスを購入しないと表明した。ウクライナは欧州のエネルギー安全保障は脅かされていないと説明したが、EUの冬季納入のガス価格は値上がりした。

ウクライナは夏の間はロシアからのガスがなくても問題ないが、暖房シーズン前に備蓄補充で輸入を増やす必要がある。アルファ・エナジー・グループのアナリスト、ウェーン・ブライアン氏(ロンドン在勤)は「厳冬の場合、問題が生じ得る」と指摘した。

欧州委員会のシェフチョビチ副委員長(エネルギー同盟担当)は1日、ウクライナを経由した欧州への天然ガス供給は「リスクにさらされていない」と述べた。6月30日にウィーンで開かれた、翌月からのガス供給をめぐるデムチシン・エネルギー相とロシアのノバク・エネルギー相の協議を仲介したのは同副委員長だった。

原題:Ukraine Halts Russian Gas Purchases as Deal Talks Collapse (3)(抜粋)
~~~~以上はブルームバーグより~~~~

ウクライナはロシアからのパイプラインで天然ガスを輸入していました。

ウクライナは冬の季節になる前に天然ガスを備蓄しておく必要がありました。
ウクライナ国民を凍死させるわけにはいきませんからな。


しかしながら、ロシアはウクライナが望む価格では売れないと言ってきました。

当然です。ウクライナはパイプラインから天然ガスを盗んだ前科があるからです。

交渉決裂するのは至極真っ当な結論です。

ロシアとしては、欧州に天然ガスを販売しにくくなっている現状がありますので、何とか売りたかったはずです。中国にはずいぶんと買い叩かれたでしょうから。

我が国日本としては、間接的にウクライナを支援して、ロシアに圧力を掛けた方がいいと思います。
北方領土奪還とロシアの天然ガスを安く大量に購入するために、ロシアを困らせる必要があります。

外交とは相手の弱みを最大限利用して、自国の国益を追求する国家行為です。

狡猾で獰猛な外交を行うべきでしょう。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

マラッカ海峡を迂回するための陸路を開拓せよ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
本日、備蓄食糧の確保に成功しました。

~~~~以下は産経ニュースより~~~~
http://www.sankei.com/politics/news/150705/plt1507050013-n1.html

インド結び政経連携、米越仲介し対中牽制 メコンへの7500億円支援、2つの「俯瞰外交」戦略
2015.7.5 13:09更新
物流 インド ベトナム
安倍晋三首相は4日の「日本・メコン地域諸国首脳会議」で、同地域5カ国に3年間で7500億円の経済支援を表明した。メコン地域と協力関係を強化する裏には、経済再生と安全保障の体制強化を目指した「俯瞰(ふかん)外交」の2つの戦略がある。

 政府は4日、ミャンマー南部の港町ダウェー周辺で進む経済特区開発に参加することでタイを含めた3カ国で合意した。特区の整備でベトナムやタイを通ってミャンマーにつながる南部経済回廊が完成するが、俯瞰外交の狙いはベンガル湾を挟んだインドにある。

 共に成長市場であるメコン地域とインドを海上交通で結び、日系企業のビジネスを後押しするだけでなく、インドに成長加速のチャンスを提供。日本を含めた各国で経済成長の恩恵を共有することで、政治的関係の強化を図る。

 安倍首相はインドのモディ首相と緊密で、中国の軍事的脅威の増大に懸念を共有。経済交流を拡充し安全保障協力を深化させるという政経連携を進めている。

 安倍首相はベトナム、タイの両首相とも関係が良好で、外務省幹部は「各国間で友好関係の深化が期待できる」と語る。

また、外務省は大々的なアピールを控えたが、首脳会議の共同文書には日米連携によるメコン地域への支援も盛り込まれた。背景には南シナ海で強圧的に進出する中国がある。

 会議の参加国の一つ、ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長は6日から米国を訪問する。ベトナム戦争後、ベトナムの最高指導者が米国を訪れるのは初めてだ。

 ベトナムにとって圧倒的な軍事力を持つ中国との交渉や領海警備には、米国の後ろ盾が必要。一方、米政府は「アジア太平洋に重心を移すリバランス(再均衡)戦略で日米同盟をその基盤としている」(米国務省関係者)。

 安倍首相がベトナムと米国の仲介役となり、米越関係を後押しすることで、東シナ海における対中牽制(けんせい)で両国の強い協力を得る狙いだ。(坂本一之、楠城泰介)
~~~~以上、産経ニュースより~~~~

インド、ベトナム、タイとの経済連携を促進し、中国を牽制する見事な外交です。

ただ、それだけではない効果があると考えております。

図を見ていただければ、ご理解いただけると思います。

マラッカ海峡を迂回することが可能となります。

マラッカ海峡とは危険なチョークポイントでして、地政学的に重要な地点なのです

日本のシーレーン防衛を考えるに、ホルムズ海峡とバシー海峡と並んで、回避すべきチョークポイントの一つでした。

以前はクラ地峡での海路創設という事業も持ち上がるほどでした。(クラ地峡に関してはネットで調べてみてください

まさか陸路を開拓することによって、地政学的リスクを少なくするとは・・・考えたものですね。

最悪、マラッカ海峡封鎖なんてことになったとしても、インドとベトナムとタイの三カ国首脳に話をつけて、陸路で原油を運ぶことが可能になるでしょう。

私の基本的な考えとしては、シーレーン防衛を重視しつつ、特定のシーレーンやチョークポイントに頼らないように分散して物流ルートを開拓するべきだと思っております。

今回の経済連携策は見事と言うほかありませんな(*^_^*)

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【近況報告】【熟読希望】これからの行動について

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【本日の近況報告】
本日の記事は近況報告オンリーになります。

簡潔に書くことをお許し下さい。

以下3点について書きます。

1、7月9日以降の行動について
2、出版に関して

1について説明します。

以前の拙ブログ記事で書きましたけれども、私個人としては最悪の状況を想定して対処しております。

万が一、クーデターになった場合の食糧備蓄、避難拠点の確保、心身の鍛錬を行っていました。

正直に申し上げて、一個人で対処できることはすべてやった感があり、これ以上は無理です。

7月9日以降にまたお会いしましょう。
生き残る。絶対に。自分にそう言い聞かせております。

2について説明します。

大変お恥ずかしいお話でございますが、私が消費税廃止を提言した電子書籍『消費税廃止への進撃』が全くといっていいほど売れてないのです。
販売部数が2ケタに届いておりません。

私自身も宣伝に力を入れていないということもございますが、とても落ち込んでおります。
なぜ落ち込んでいるかといったら、拉致被害者家族会へ寄附できないからです。

多分、拉致被害者家族会へ寄附する際の手数料で消えてしまうでしょう。

しかも、仕事が忙しくて、さらなる出版が難しいこともあります。

そもそも、拙ブログは核武装本の出版のために立ち上げたブログということもございます。
いつになったら核武装本の出版ができるか見通しすら立っていないというのが現実です。

このままではジリ貧というか、状況打開ができません。
私個人、閉塞感を強く感じています。

したがって、以下のように決めました。

◆次回作『ビジネスの種を撒け』の出版を8月6日
◆次々回作『日本の住宅を強くする(仮)』の出版を12月31日
◆超過激爆弾企画『レビューをアマゾンに書き込んでAmazonギフト券をもらおうキャンペーン』を計画


電子書籍出版の日程に関してはよほどのことが無い限り決定でございます。

納得いくまで仕上げるというスタンスでは物事が進まないと悟りました。

超過激爆弾企画について説明しましょう。
念のため申し上げておきますが、未だ計画段階で実行するかはわかりませんのでご注意を!

概要:私が出版した電子書籍に対して、レビューを書き込んでくれた方に500円のAmazonギフト券を進呈する
目的:Amazonレビューを増やして、購入意欲を刺激する
正式な制度⇒未定(これから熟考)

Amazonギフト券をお礼として支払うってのは、お金がない私にとっては痛手でございますが、仕方ないでしょう。
状況を本気で打開する必要があるのですから。

【素案】
企画名は「反逆する7人の武士
先着7名様に限定

・事前エントリー制
Amazonサイトで表示される名前
メールアドレス
性別(男性か女性かを選択)
年齢(10代~80代以上で選択できるようにします)
以上をrebelbushi@gmail.comまで送ってもらう。


・ギフト券支給条件
1、レビュー対象の電子書籍を購入していること(購入した人間でないとわからない質問をします)
2、レビューでの星の数は問わないが具体的であるか否か(抽象的であるのは説得力がないので・・)
3、レビュー文字数が800文字以上1200文字以内であること(ただし引用はなし)


・優秀な人間には特別賞を
最優秀賞
優秀賞
特別賞


宣伝などに協力してくれた人間に対して表彰します。
特典はAmazonギフト券をさらに500円分プラスします。

ってな感じですかね。
消費税廃止への進撃の話なのでございますが、未だに絶賛する声以外がないので、フィードバックにならんのですよ。

できれば批判的なコメントもいただきたいです。
具体的で勉強になれば星1つでもギフト券は差し上げる形を考えています。

現状は素案ですので、どんどん制度が改変する可能性がございます。ご了承ください。
ただ、制度を複雑化すると私の負担が増してしまいますし、トラブルの原因になる可能性もございます。

どうしたもんか・・・と頭を悩ませております。
最悪、この爆弾企画を中止する可能性もあります。

本日は以上とさせていただきます。忌憚のないご意見をお待ちしてます。

よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【緊急更新】ギリシャの惨状は勉強になる! ギリシャの最新ニュースを総まとめ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

緊急更新です。

~~~以下は産経ニュースより~~~~
http://www.sankei.com/world/news/150704/wor1507040021-n1.html

「欧州の脅迫にノーを」5日国民投票 首相が最後の訴え
2015.7.4 11:32更新

【アテネ=内藤泰朗】欧州連合(EU)が求める財政再建策の是非を問う5日のギリシャ国民投票を前に、チプラス首相は3日夕、首都アテネ中心部のシンタグマ広場で開かれた集会に参加し、「欧州の脅迫にノーを」と述べ、一層の緊縮財政を求めるEU案に反対票を投じるよう国民に訴えた。EU側は、反対票がギリシャのユーロ圏離脱につながる可能性があると警告している。

 投票前日の最後の集会には最大約5万人の反対派が集まったとされる。同国の失業率は25%だが、若年層は5割以上が定職を持っていない。「失うものは何もない」。そう語る若者たちの姿が目立った。

 チプラス首相が「正義はわれわれにある。オヒ(ギリシャ語でノーの意味)はギリシャの尊厳と民主主義、そして欧州を守る」と述べると、群衆は「オヒ」を連呼し、賛同した。また、首相は、ギリシャはEUとユーロ圏から離脱しないと強調した。

 一方、EU案を容認する賛成派も、同時刻に反対派集会の会場に近い場所にあるオリンピック・スタジアム前で大規模な街頭集会を行った。反対派集会と違って、裕福そうな中高年層の参加者の姿が多くあった。数万人が集まる中、支持者らが「ギリシャの将来は欧州にある」「EUと対立して時間を費やす余裕はない」と訴えた。

ロイター通信は3日、複数の世論調査でEU案の受け入れ賛成派への支持が僅差でリードしたと伝えた。数日前までは反対派が優勢だった。ギリシャの民間テレビ放送が賛成派支持の報道姿勢だとされているほか、EUからの資金供給が止まり、銀行の現金が不足する中で、EU案受け入れに理解を示し始めた人が出ているためとみられる。

 一方、一部市民が周知期間の不足などを理由に「今回の投票は憲法違反だ」と提訴していた問題は、国家評議会(行政訴訟の最上級審)が3日夕、国民投票が政府の決定事項だとして、中止命令は出さないことを明らかにした。これにより投票は実施されることになった。
~~~~以上、産経ニュースより~~~~

EUの緊縮財政案に賛成する国民と反対する国民が二分しているようです。
まず、結論を言います。

ギリシャの国民投票において、EUの緊縮財政案は僅差で賛成になると思います。

私個人としては、めちゃくちゃ悔しいことですが、ギリシャ国民は賢明な判断ができない状況に陥ってます。

以下において、重要な記事をどんどん貼り付けますね。
~~~~~以下は毎日新聞より~~~~~
http://mainichi.jp/select/news/20150704k0000e020270000c.html
ギリシャ:経済の窮状が鮮明に 5日に国民投票
毎日新聞 2015年07月04日 12時40分(最終更新 07月04日 18時39分)

【アテネで中西啓介、ロンドン坂井隆之】欧州連合(EU)などから要求されている財政緊縮策の受け入れの是非を問う国民投票を5日に控え、ギリシャでは国内経済の窮状が鮮明になりつつある。ギリシャ政府が6月29日から銀行閉鎖や預金引き出し制限などの資本規制を実施したことで、商店の営業など経済活動全体に悪影響が出始めているほか、主要産業の観光業界でも客離れが加速。混乱が長期化すれば、深刻な不況に陥るのは避けられそうにない。

 「チーズやサラミなど輸入品を扱う業者が3社納品を断ってきた。値上がりを期待して売り控えているようだ」。アテネ市中心部のスーパーの店長、エレン・ブラッフさん(50)は厳しい表情で語った。日々の売り上げで仕入れ代金や給料を支払っているため銀行閉鎖の影響は深刻ではないが、「クレジットカード払いの客が増えており、手元の現金が不足するかもしれない」と営業の先行きに不安を募らせる。

 店内では、値上がりを見越してトイレットペーパーをいくつも抱えた客が列を作る。中年の男性客は「ギリシャでは肉も衣料品もほとんどが輸入品だ。国民投票にノーを投じようという人間は現実を理解しているのか」と吐き捨てるように言った。

 預金引き出しが1日60ユーロに限定されたことで現金不足が深刻化し、「クレジットカードお断り」と掲げる商店も増えている。

 さらに海外送金を制限されたことで、大半を輸入に頼るガソリンや医薬品などの必需品が不足する懸念も高まってきた。

 輸出企業で作る全ギリシャ輸出協会は1日、今後2週間で機械や生鮮食料品を中心にギリシャの輸入額が28%減少するとの見通しを表明。地元紙によると、離島などで、値上がりを見越してガソリンスタンドに長蛇の列ができているという。

 国内総生産(GDP)の2割弱を占める観光業への打撃も深刻だ。アテネ中心部の観光客向け商店や飲食店が集まる地域は、かきいれ時にもかかわらずにぎわいは乏しい。

 地元紙によると、ギリシャの大手航空チケット予約サイトのキャンセル率は、チプラス首相が国民投票実施を表明した27日から1日までに通常の約7倍に急増。ギリシャ人が観光を取りやめていることや、混乱を避けようとする外国人観光客からのキャンセルが響いている。

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、資本規制がギリシャの景気を冷え込ませることで、2015年のGDP成長率がマイナス3%に落ち込むと予測した。ギリシャ企業同盟は1日発表した声明で、「もし欧州のパートナーとの合意ができず、ユーロ圏から離脱すれば悲惨な貧困がもたらされる。ギリシャの安定のため国民投票で賛成票を投じるべきだ」と訴えた。
~~~~以上は毎日新聞より~~~

~~~~以下は産経新聞より~~~~~

http://www.sankei.com/world/news/150704/wor1507040020-n1.html

公共交通機関の料金など当面無料 携帯電話料金も
2015.7.4 11:26更新

【アテネ=内藤泰朗】銀行が事実上、営業を停止しているギリシャでは今週初めから、アテネ市内のバスや地下鉄の料金が無料になった。空港バスも無料になったほか、携帯電話会社も料金を1週間、無料にすると発表した。

 ギリシャは事実上の債務不履行に陥っており、資本規制を導入。銀行からの現金の引き出しは一人一日60ユーロ(約8200円)に制限され、国民に不満が広がっている。

 政府は、銀行が正常化するまで公共交通機関を無料にすることで、「国民の不満のガス抜き」をしているとの見方も出ている。
~~~~以上は産経ニュースより~~~~

~~~~以下は日経新聞より~~~~

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H7E_S5A700C1FF2000/
ギリシャ再びマイナス成長に 15年、資本規制が観光に影

2015/7/3 0:47日本経済新聞 電子版

【パリ=竹内康雄、アテネ=白石透冴】ギリシャ経済が2015年に再びマイナス成長に陥る見込みが強まっている。預金引き出し制限など資本規制の導入で、主力の観光や小売りといった幅広い産業への影響は避けられないからだ。チプラス首相は国民投票で欧州連合(EU)が求める財政再建策が支持された場合、辞任も辞さない構えをみせる。だが政権の行方に関わらず、景気後退による税収の落ち込みは財政健全化を遠のかせ、改革を一段と難しくする。

 ギリシャは09年の政権交代で政府の債務隠しが発覚した。その後、ギリシャ経済は財政運営への不信で資金調達が難しくなり不振が続いていた。しかしEUなどの支援を受け、14年には実質経済成長率が前年比0.8%増となり、7年ぶりのプラス成長に転じた。

 EUの欧州委員会は15年は当初2.5%増とみていたが、同国支援を巡る協議の遅れから5月に0.5%に引き下げた。さらにギリシャ政府が6月29日に、現金の引き出しを1日60ユーロ(約8200円)に制限するなどの資本規制を導入したことが追い打ちをかける。

 アテネの証券会社ベータ・セキュリティーズのトレーダー、タキス・ザマニス氏はギリシャ経済の見通しを「規制が長引けば、15年は1.5~3%のマイナス成長になる」とみる。6月29日にギリシャ国債を格下げした米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、3%マイナスとの見通しを示した。

 ギリシャ経済にとってこの時期の資本規制は「最悪のタイミング」(アテネの土産物屋)。7~8月はバカンス期で旅行業界のかき入れ時だからだ。観光産業はギリシャ経済の主要な収入源の一つで、関連する産業を含めると国内総生産(GDP)の2割弱を生み出す。

 夫婦で1カ月のギリシャ旅行に訪れたオーストラリア人の女性は「ツアーも現金で払うよう言われた」と話す。ギリシャ国外の金融機関のカードならば1日60ユーロの上限は適用されないが、そもそもATMの現金が枯渇しつつある。クレジットカードを受け付けず、現金のみの支払いを求める小売店が出始めている。

 資本規制の影響は広がっている。アテネ市内の建設会社は1日に予定していた従業員への給与支払いを実行できなかった。銀行の休業で振り込みができなかったためだ。手元資金を多めに確保しようと、支払いを先延ばしにする事例も目立つ。

 輸出入にも影響が出始めた。ギリシャ最大のピレウス港で船舶部品などの販売を手がける企業は、海外送金の制限でドイツなどの取引先から商品の調達ができなくなった。在庫は10日ほどで底を突く。経営者の男性は「ギリシャ経済は外部から切り離されてしまった」と嘆く。地元紙によると、輸出業者らでつくる全ギリシャ輸出協会は1日の緊急会合で「今後数週間で輸出は7%、輸入は28%落ち込む」との試算を公表した。

 ギリシャのバルファキス財務相は2日、米通信社ブルームバーグの取材に対し、EUの財政再建案の受け入れの賛否を問う5日の国民投票で賛成が反対を上回れば、辞任する考えを示した。与党の急進左派連合(SYRIZA)は国民に反対を呼び掛けており、チプラス首相も6月29日のテレビ出演で賛成多数時の辞任を示唆している。

 ギリシャのGDPはユーロ圏の2%弱にすぎず、欧州経済への直接的な影響は小さそうだ。とはいえギリシャのGDPは、粉飾財政の発覚前の08年から14年までに約25%減少した。S&Pの試算では、ギリシャが仮にユーロ圏を離脱した場合、GDPは2年でさらに25%縮小する。ユーロ圏離脱という最悪のシナリオは、「ギリシャ経済を破滅に追い込む」(欧州系証券)との声も多い。
~~~~~以上は日経新聞より~~~~~

資本規制で民間企業がズタボロ、国民の不満を解消するために公共交通機関の料金など当面無料となりました。

手持ちの現金が足りなくなったり、口座から現金を取り出せなくなったり、海外送金ができなくなったりしています。

小売業や観光業は大打撃ですね。そりゃ首相への反感にもつながりますよね。

通常の独自通貨制度を採用している国家だったならば、中央銀行がお金を金融機関に融通して事態の鎮静化に乗り出したり、民間の金融機関に公的資本を注入します。

国民経済にとっての血液であるお金を滞りなく流すのが、中央銀行や政府の役目だったりするわけですよ

しかしながら、政府にお金はないし、通貨発行権はECB(欧州中央銀行)によって奪われている状況では打つ手なしでして・・・。

状況を打開できないわけですよ。ユーロという共通通貨制度を採用したままではね。

したがって、ユーロ離脱とドラクマ導入が最適解です。
ドラクマを印刷する機械が存在しないなら、日本から買えばいいです。

日本の高い技術力を以てすれば簡単でしょう。
納期厳守の確かな仕事に驚嘆することになるはずです。

そして、目一杯印刷しまくって、ギリシャ国内の金融機関にお金をどんどん流せばいいですよ。
貸してもいいですし、ジャンク債を破格の値段で買い取ってもいいです。

ユーロの回収はゆっくりと時間をかけて行えば問題ありません。

ユーロ離脱とドラクマ導入はドイツからの輸出攻撃への盾となります。
これまでドイツはユーロというあまり価値が上がらない共通通貨を武器にユーロ圏へ輸出を増やして国内の失業率を下げることに成功した国家です。

つまり、それは他のユーロ圏へ失業を輸出していたってことですよ。

通常、独自通貨制度で変動相場制だったならば、ドイツが輸出を増やせば、マルクは高くなり、ドラクマは安くなります。
そうなると、ドイツ製品は割高になり、ギリシャ国内では価格競争力を失い、売れなくなります。
逆に、ギリシャの製品はドイツ国内において、割安になり、価格競争力が強くなり、売れるでしょう。

そうやって、バランスが保たれるのです。強い国家が弱い国家を一方的にフルボッコできないようになっております。
でも、ユーロではそれができない、同じ通貨を使用しているのだから、為替変動という調整弁が働かない。

強ければ生き、弱ければ死ぬ。(るろうに剣心を思い出すwwww
弱肉強食、もしくは社会ダーヴィニズムを経済という分野で実践したのがユーロ圏の国々だったということです。

そんなのおかしいだろ(怒)

てなわけで、個人的にはギリシャにはEU緊縮財政案をぶっ壊してほしいのですが・・・。

残酷な結末が来ますね。たぶん・・・。

もし、この予想が外れたらギリシャ国民に謝罪します。
そして盛大に祝います。

ユーロへの反逆の狼煙が上がったと!

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

新幹線への火災テロ事件 犯人は在日ではないと思う テロ攻撃を未然に防げ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【緊急予告】
明日になるとは思いますが、いろいろ近況報告をたくさんさせていただきますね。

~~~~以下は産経ニュースより~~~
http://www.sankei.com/west/news/150630/wst1506300055-n1.html

安全チェック「フリーパス状態」 東京五輪に向けテロ対策を
2015.6.30 14:16

「世界一安全」とされる新幹線では、空港のような乗客のセキュリティーチェックは行っていない。危険物も「フリーパス」で車内に持ち込めるのが現状だ。だが、男が車内に油をまいて火を放った今回の事態を受け、専門家からは、来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や2020年東京五輪の開催に向け、新幹線でもテロ対策が必要との声が上がった。

 「性善説で成り立っていたが、今回の事象は新幹線の盲点を突いた」。鉄道の安全に詳しい関西大の安部誠治教授(公益事業論)はこう指摘する。1編成16両で定員1323人の新幹線で、乗客全員にセキュリティーチェックを行うことは難しく「抜本的な対策はできない」のが現状だ。

 鉄道アナリストの川島令三氏も「火を付けられるとどうにもならない。防ぎようがない」と言い切る。海外ではスペインの高速鉄道で手荷物検査を実施しているが、「新幹線は乗客が多すぎる。新幹線の安全性を考える上で、新たな課題を突きつけた」と強調する。

 新幹線の車両自体は燃えにくい構造になっているため延焼の恐れはないとされるが、危機管理に詳しい日本大法学部の福田充教授は「今回は、新幹線で危険物を使ったテロ行為ができるということを明らかにしてしまった」と指摘する。

現在は事実上、乗客も手荷物も「フリーパスの状態」(福田教授)だが、伊勢志摩サミットや東京五輪の開催期間中の対策について「時期を区切ってでも、空港のように、駅での乗客のセキュリティーチェックが必要になってくるのではないか」と話している。
~~~~以上、産経ニュースより~~~~

まず始めに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。(合掌)
尊い命が失われたこと、私は怒りに震えています。

ついに恐れていたことが現実のものとなりました。

詳細は以下のブログ記事を参考にしていただきたいのですが・・・

『現代の軍事戦略入門』を読み解く! もし在日朝鮮人が対日抵抗軍を組織したら・・・シミュレーションしてみよう

私は5月17日時点において、次のように書きました。
>>(日本政府側に対して、露骨に圧力を掛ける方法はあるのですが、ここでは書きません。万が一在日朝鮮人にこの記事を見られたら大変困るからです)

これって新幹線に対するテロ攻撃のことだったのです。

私と同等もしくはそれ以上の戦略家が在日朝鮮人側にいる場合、新幹線に対する何らかのテロを敢行するのは予想しておりました。したがって、このニュースが流れたときに私は別の意味で驚いたのです。
私の予想が当たったことに対してです。

本来ならば、新幹線へのテロ攻撃が来るかもしれないと警告したかったのですが、私のブログをヒントにテロを起こされるのは嫌でしたので、躊躇しました。

上記の新聞記事にもある通り、新幹線へのテロ攻撃は手荷物検査がなく、テロ攻撃に脆弱で、日本国民の生活に打撃を与えることができます。
私は火災ではなく、爆弾テロだと予想しておりました。確かに、燃料などを持ち込む方が簡単ではありますね。

公共機関や飛行機とかだとテロ攻撃は容易ではありませんからね。

新幹線のセキュリティの甘さは以前から指摘されており、国家安全保障に詳しい人間だったら、誰でも知っていることなのです。
東京五輪を控えた時期でもあります。効果的ですね。

手強い相手のようですね。
ゲリラ戦を展開してくるのも夢物語ではなくなってきました。


犯人についてですが、私は在日朝鮮人ではないと考えます。

在日朝鮮人の組織によってバックアップを受けた日本人である可能性が高いと考えます。
焼身自殺(何らかの抗議を示す手法)ということなので、左翼系団体と接点がある可能性が高いと考えます。

理由1
在日朝鮮人組織を率いるリーダーが狡猾だったならば、敵につけ入る隙を与えるような真似はしないから
敵に大義名分を与えるのは得策ではないし、自らの手駒を減らすようなことはしたくないから


理由2
在日朝鮮人である証拠が確認できていない(もし確認できた場合は訂正し、謝罪します)
これほどネットが発達した現代日本で未だに決定的な情報が確認できないというのはおかしい


とまぁ分析はこれくらいにして、対策を考えましょう。
こんな馬鹿げているテロ攻撃は未然に防ぐ必要がありますからね。

といっても、対策として、新幹線に乗車しているお客にも手荷物検査するしかないと思います。

そして、今後の敵側(在日朝鮮人組織)の行動を予測しましょう。

在日朝鮮人組織のリーダーが日本社会を恐怖で染め上げたいと考えるのであれば、関東圏もしくは関西圏の在来線か地下鉄で何らかのテロ攻撃を行うでしょう。警備が強化されるJR東海ではテロはないのではないかと。

もちろん、そんなふざけたことは許せませんので、未然に防ぐために、在日朝鮮人の動向を注視するしかありませんね。

今頃、公安関係者はマークしている人間の動向をせっせと上層部に報告しているでしょう。

日本のインテリジェンス関係者及び警察の方々には頑張ってもらいたいです。

以上、日本社会へのテロ攻撃は許せない!と同意していただける愛国者はクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』を出版しました。
『家賃半額(仮)』と『住宅資産倍増計画(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR