【情報提供のお願い】窓氏へ【出版】家賃半額:公的家賃補助制度導入論が出版されました。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

現在、住宅関連の調査を行っておりますが、
どの参考文献を読めばいいのかわかりません。

今年の3月30日にコメントをいただいた『』という読者にお願いがございます。
住宅性能に関する情報提供をお願いできませんでしょうか。
参考文献と参考になりそうなサイトをお教えいただけるとありがたいです。

本来ならば私が調べなければならないのですが、
仕事が忙し過ぎてそれどころではなくorz
何卒よろしくお願い致します。

【お知らせ】
反逆する武士の電子書籍第4弾
家賃半額:公的家賃補助制度導入論
cover4.jpg

【内容紹介】
貧困撲滅と格差是正を目指す日本人に告ぐ!
本書を熟読して奮い立て!

【以下、本書より抜粋】
突然ですが、日本国民の皆様にお聞きします。
戸建てやマンションのお部屋をお持ちの方以外で賃貸されている場合、いつも支払っている家賃の半分を日本政府から補助してもらえたら、生活が豊かになるのではありませんか?

例えば、6万円の1Kのお部屋を駅近で借りていたとすると、毎月3万円が公的家賃補助としてもらえる制度が国の制度であったとしたらどうでしょうか。
貧困対策として有効であると考えられますし、都会で子育てしなければならない現役世代を応援する少子化対策にもなります。

したがって、貧困や格差が問題であり、格差是正と貧困撲滅のために何らかの政治的決断をするのであれば、公的家賃補助制度をどのような形で導入すればいいのか議論しなければなりません。
私のような普通の日本国民が各種資料等から調査を行い、制度設計してみようと考え、提言したいと思ったのが直接的きっかけになります。

我が国日本においては持ち家世帯に対して優遇政策を行ってきました。しかしながら、それ以外の優遇策で目立ったものはありませんでした。
まず、そこからおかしいわけですよ。

なぜ家を購入できるような裕福な日本国民だけを選別して優遇するのでしょうか。
むしろ、家を購入できず、一生賃貸住宅に住む可能性が高い日本国民に対して何らかの優遇策があるべきだと考えます。

もちろん、生活保護や公営住宅などがあるので全く優遇していないというわけではありませんが、一般的ではありません。生活保護を受けず、真面目に働いていても持ち家を所有できない世帯に対しての優遇策が求められていると私個人は強く思います。
なぜならば、そういった裕福ではない世帯に対する優遇策があれば、ある意味経済活性化だけでなくセーフティネットとしての役割を果たすことになり、生活保護を受けるような貧困に直面することを予防することができるからです。

我が国日本の住宅政策を考える上で避けて通ることができない「公的家賃補助」という問題に正面から突撃できればと思います。

◆本書の目的と特徴◆
『家賃半額』の目的をまず明らかにしたいと思います。
「日本経済を豊かにするために日本全国規模の公的家賃補助制度を導入するべき」と主張することが目的です。

特徴としましては、本書ではできるだけ簡潔でわかりやすく、家賃補助について学ぶことができるような仕様となるよう配慮しました。

少々面倒なことかと存じますが、言葉の定義を明確にして、論点を簡潔にまとめ、印象論や抽象論に陥らないように注意しました。統計データを用い、経済に対する理解を深めると同時に、日本経済のありのままを描き出したいと思います。
 
良識ある日本国民の皆様におかれましては、何卒最後までお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。2017年8月下旬に第3弾の寄付を行う予定です。どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。

1、家賃収入を得ている、または不動産賃貸業に携わっている日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民
4、公的家賃補助制度を経済学的に深く考察してみたい日本国民

目次
はじめに
序章 経済とは何か
第1章 賃貸住宅の現状と課題
 第1節 空き家の増加
 第2節 劣悪な民間賃貸住宅
 第3節 家賃を支払えない貧困層
 第4節 公営住宅が足りない
第2章 公的家賃補助制度の特徴及び効果
 第1節 生活保護受給世帯増加を抑止する
 第2節 民間賃貸住宅の質が高まる
 第3節 民間賃貸住宅の空室対策になる
 第4節 公営住宅の建設と管理が不要
 第5節 自由な居住地選択が可能になる
第3章 公的家賃補助制度の問題点
 第1節 受給率が低くなりやすい
 第2節 労働意欲が削がれる
 第3節 過度に家賃の高い物件を選択する
 第4節 支給費総額が際限なく膨張する
 第5節 家賃の上昇を引き起こす
第4章 公的家賃補助制度(草案)
 第1節 支給対象世帯
 第2節 支給対象住宅の選定条件
 第3節 支給方法と諸制限
 第4節 財源と予算
おわりに
参考文献一覧


【注意事項】
本書は中途半端な状態で出版されました。
今後は加筆修正を随時行いたいと思います。

以上、よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

【出版】『家賃半額』の出版作業完了。明日には購入可能になります。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日はお知らせ記事とします。
本当に激務なので、簡単に終わらせますよ?
許してください(>_<)

題名:家賃半額
副題:公的家賃補助制度導入論
サムネは以下
cover4.jpg

簡単に説明します。
日本全国規模の公的家賃補助制度を導入すべきという本です。
格差是正と貧困撲滅の決定打になるような政策を提言しています。
これは日本の電子書籍においては初めてのことなのではないか? と思います。
公的家賃補助制度を正面から論じているし、制度設計している電子書籍は現在ありませんので。

来月は『住宅資産倍増計画』を出版します。
住宅関連で3連作となるとは思いもしませんでしたよ。

以上、よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

『天皇論』の改訂に期待する

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

小林よしのり氏が『天皇論』を改訂するようです。

~~~~以下はゴー宣ネット道場より~~~~~
『天皇論』改訂版の仕事について

今日から『天皇論 改訂版』の描き下ろしコンテを始めるが、
いきなり30pほどの分量になりそうで怖い。

スタッフ諸君は相当、速度を上げていかないと年内で
描き終えられないぞ。

修正の方も、付箋がついた箇所が60カ所以上になった。

ネームの修正だけでなく、描き替えなければならない
ページも出てくる。

ネーム修正は、今週中に秘書岸端と一日取って、
有識者会議を開かなければならない。

それから、わしは以前、某誌に愛子さまを主体にした
漫画を依頼され、口約束でOKしていたらしい。
申し訳ないが、年内は『天皇論 改訂版』の仕事で
潰れるので、その仕事、来年に回してほしい。

年内は殺人的なスケジュールになる。

~~~~~以上はゴー宣道場より~~~~~~

天皇論が改訂されるようです。
人間は思考し続ける生物です。

したがって、考えが変わることもあります。
私は絶対買います。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

【加筆修正】経済学部再興作戦

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日はチャロチャロ氏への建設的批判を行う”わくわく”記事です。
詳細な部分を記述しました。加筆修正版です。
土曜日に更新されるように設定していたのに・・・FC2に問い合わせます。

【イントロダクション】
以下のブログを参照ください。
[経済]作戦指令書:『反撃の庶民』第1弾:初版

チャロチャロ氏が日本経済を駄目にしちゃっている経済学者へのお仕置き方法を提言しています。
簡潔に言えば、経済学部志望の学生を可能な限り減らして、経済学者を解雇に追い込もうという話です。
少なくとも私はそのように認識しているので、経済学者解雇促進提案としてお話を進めますね(#^^#)

正直、経済学部での徹底的勉学により才能が開花した私としてはチャロチャロ氏の提言を見て気が重くなりました。
ただ、経済学者が日本経済を蝕んでいる現状は認めざるを得ないわけですよ(>_<)

【本題:経済学部再興作戦】
まず結論。経済学部だけの大学を創ろうよ(#^^#)

なぜそのような結論が導かれるのかと言いますと、チャロチャロ氏の提言には
批判されても仕方ない箇所があるのですよ。一歩間違えたら大変なことになりそうなレベルで。
以下でチャロチャロ氏を批判します、
批判点を列挙します。

1、純粋に経済学を学びたい、経済学を語り合える仲間がほしいという高校生と予備校生がいた場合はどうするのか
2、解雇された経済学者が貧困を味わうことになるのか
3、常識的な(デフレ経済下ではデフレ対策を主張するような)経済学者も生まれにくくなる


1について説明します。
私もそうなのですが、経済学部で日本経済を復活させる方法を勉強しようと考えている高校生や予備校生も一定数います。
経済学部がこの日本から消滅してしまったら、そのような高校生や予備校生はどうなるのでしょうか。
若者の可能性を摘み取るようなことは認めることができません。

ケインズだって、彼を助け、批判し、著作を手伝うような仲間がいたから「一般理論を生み出せたわけですよ。
経済を語り合える空間がどんな時代にもどんな社会にも必要なのです。

したがって、代わりに何らかの教育機関を創設して良質な教育を低価格で提供する必要があります。

2について説明します。
解雇された経済学者が貧困を味わうとは限りません。
自らの主義主張を軽々と変更するとも思えません。

予備校に潜伏したり、社会人向けの経済セミナーを開講することにより、
大学での勤務よりも稼いでしまう経済学者も出現するでしょう。

したがって、そんな経済学者の競合相手を可能な限りたくさん生み出す必要があります。
主義主張を現実を直視した形に変更しないと学生を確保できない状況に追い込むしかないわけですよ。

3について説明します。
大学というのは若い研究者を成長させる場でもあります。
経済学部が廃止になった場合、研究者がいなくなる、少なくなることは明白です。

デフレ経済下でデフレ対策を主張するような常識的経済学者が出現する可能性を摘み取ることにもなります。

したがって、研究者を成長させる場を創設する必要があります。

以上を踏まえて提言します。

反逆する武士
uematu tubasaによる提言

①国公立大学の経済学部もしくはそれに準じる課程を卒業した”経済学士”には経済学部だけの大学を設立する免許を与える。大学名称は○○経済大学とする。○○に入る文字は学校長が決定。本提言においては便宜上、新経済大学と呼称する。
②新経済大学の教育科目、入学試験内容、入学資格、卒業論文、研究内容、卒業要件など完全公開とする。
③新経済大学の入学金は無料。授業料は国公立大学平均水準の4分の1を上限とする。
④4年制大学もしくは2年制大学のどちらかを学校長が選択。
⑤新経済大学の施設は既存の国公立大学もしくは公共施設とし、施設使用料は事情に応じて減免処置を受けることができる。
⑥卒業生は”経済学士”として公的認定され、経済学部だけの大学を設立することが可能となる。
⑦新経済学部で教える科目の50%以上は、必ず以下のいずれかの要素を含むこと。
・デフレ対策とは金融緩和と大規模財政出動の同時実行
・GTAPモデル徹底批判(または全否定)
・日本財政破綻論の破綻(自国通貨建ての公的債務を9割国内消化している場合、財政破綻できない等)
・物価の基準はコアコアCPI
・消費税率引き上げの害悪
・三橋貴明氏の経済小説を全て読破した上での読書感想文
・自由貿易の罠(もしくはデメリット)
⑧反日的な内容を教えた場合には大学設立免許剥奪処分とする。

新経済大学が少なくとも100ぐらいできれば、高校生と予備校生の可能性を摘み取ることはないでしょう。
廃業した経済学者の競合相手になります。
若く意欲のある研究者が成長する場にもなります。

何とかチャロチャロ氏の提言のデメリットを帳消しにするような提言にする必要がありました。
経済学部は世のため人のために存在するはずなのに、害悪しかもたらしていない。
チャロチャロ氏は正しいですよ。
チャロチャロ氏にここまで言わせてしまった経済学部のふがいなさに腹が立つわけです(怒)

私は経済学部出身者として”誇り”を持っています。
経済学士としての”誇り”を持っています。
何とかしたいと思うのが良心というもの。

チャロチャロ氏の提言が”義のある絨毯爆撃”とするならば、
反逆する武士の提言は”人財収穫のための種蒔き”と言えるでしょう。

絨毯爆撃は悪しきものを粉砕するのに適してますが、誤爆も深刻ですから、
焼野原の後に種蒔きしなければなりません。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

【お詫び記事】チャロチャロ氏へ 土曜日にまたお越し下さい。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

まず、本日はチャロチャロ氏へ謝罪します。
本当に申し訳ありませんでした。

昨日の記事はチャロチャロ氏のブログ記事を見た後に約5分ぐらいで作成した草案でして、
土曜日にある程度形にして、出すつもりだったのです。

ただ、下書きの形でブログに残していたのですが、
何らかの手違いでブログ更新となってしまったようです。

大変失礼致しました。

その草案に対してコメントをいただきまして、本当に感謝の気持ちで一杯です。
チャロチャロ氏からご提言をいただきましたので、
熟慮の上、再度土曜日に同様の内容でブログ記事を作成します。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

経済学部再興作戦

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日はチャロチャロ氏への建設的批判を行う”わくわく”記事です。

【イントロダクション】
以下のブログを参照ください。
[経済]作戦指令書:『反撃の庶民』第1弾:初版

チャロチャロ氏が日本経済を駄目にしちゃっている経済学者へのお仕置き方法を提言しています。
簡潔に言えば、経済学部志望の学生を可能な限り減らして、経済学者を解雇に追い込もうという話です。
少なくとも私はそのように認識しているので、経済学者解雇促進提案としてお話を進めますね(#^^#)

正直、経済学部での徹底的勉学により才能が開花した私としてはチャロチャロ氏の提言を見て気が重くなりました。
ただ、経済学者が日本経済を蝕んでいる現状は認めざるを得ないわけですよ(>_<)

【本題:経済学部再興作戦】
まず結論。
経済学部を正しい方向に向かわせ、浄化するという作戦も必要である。

以下でチャロチャロ氏を批判します、
批判点を列挙します。

1、純粋に経済学を学びたい、経済学を語り合える仲間がほしいという高校生と予備校生がいた場合はどうするのか
2、解雇された経済学者が貧困を味わうことになるのか
3、常識的な(デフレ経済下ではデフレ対策を主張するような)経済学者も生まれにくくなる

反逆する武士
uematu tubasaによる提言
①国公立大学の経済学部もしくはそれに準じる課程を卒業した”経済学士”には経済学部だけの大学を設立する免許を与える。
②教える内容は自由だが、入学試験内容、入学資格、教育内容、卒業論文、研究内容、卒業要件など完全公開とし、反日的内容を教えた場合は免許剥奪。
③入学金は無料。授業料は国公立大学平均水準の4分の1を上限とする。
④4年制大学もしくは2年制大学のどちらかを学校長が選択。
⑤大学の施設は既存の国公立大学もしくは公共施設とし、使用料は事情に応じて減免処置を受けることができる。
⑥卒業生は”経済学士”として公的認定され、経済学部だけの大学を設立することが可能となる。

以上、よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字

高森明勅氏の皇室典範改正案をご紹介~現時点では全面的に賛同する~

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】

出版しました『究極の空き家対策』を抜本的に書き換えております。
基本的なところから見直します。
ブログの内容も今後は出版に関係するものになりそうです。
今月末には『家賃半額:全国的公的家賃補助制度導入論(仮)』を出版します。

プライベートにおいては、大きなイベントが終了したので肩の荷が下りました。
本格的な出版活動ができればと考えております。

【本日の本題】
先日の天皇陛下の玉音放送後、皇室関連の記事が賑わっております。
このたび、ゴー宣道場において、譲位論と女系天皇女性天皇公認論が盛り上がりを見せております。
詳細は省きますが、天皇陛下のご希望である譲位を実現するため、高森氏が皇室典範改正案を作成されました。
本当は私が皇室典範改正案を作成したかったのですが、さすがに時間が無さすぎです。
中途半端なものでは、天皇陛下に顔向けできませんからね。

以下、ゴー宣道場のブログよりご紹介
https://www.gosen-dojo.com/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=8051&comment_flag=1&block_id=14#_14
高森明勅の『今昔モノ語り』
生前退位を可能にする法改正の中身とは?

産経新聞(10月10日付)が
「たとえ一代限りであっても生前退位を認めれば、膨大な法改正が
必要」と“脅し”ていた。

膨大“だから”止めるのか。

勿論、そんなことはない。

どんなに膨大でも、“必要な”改正ならやるべきだ。

だが、実際はどうか。

皇室典範については、以下で全て(10月のゴー宣道場参加者には
おさらいになるが)。

まず、第4条をこう改正する。

「天皇が“退位し、又は”崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する」
これで、生前退位が可能になる。

しかし、その“要件と手続き”を定める必要がある。

でないと、強制や恣意的な退位が起こりかねない。

よって「第4条の2」(又は同条第2項)として、次の条文を追加。

「天皇は、皇嗣が成年に達しているときは、その意思に基き、
皇室会議の議により、退位することができる」
まず皇嗣がいなかったり、未成年の状態での退位は当然、
避けるべきだろう。

次に、“強制”の可能性を排除する為に
「その意思に基き」と要件を明記する。

一方、恣意的な退位を防ぐ為に、退位の最終的な決定を
「皇室会議の議による」とする必要がある。

これで生前退位否認論の最大の論拠、
「自由意思による退位を認めるなら、同じように自由意思による
即位辞退を認めないと不均衡。
しかし即位辞退を認めると世襲制が危うくなる」
との反論は成り立たなくなる。

以上で基本的な改正は完結。

あとは、それに関連した微調整のみ。

それも殆ど“自動的”に決まる内容だ。

まず、退位後の称号は歴史的に「太上(だいじょう)天皇」。

これを特に変更すべき理由はないし、他に適当な称号もない。

よって、これを採用する。

しかも、当たり前ながら皇族の身分に留まられる
(皇太后は今の典範で既に皇族に留まられる)。

そこで、第5条はこうなる(ここで掲げるのは生前退位“のみ”に
対応した改正、以下同じ)。

「皇后、“太上天皇、”太皇太后、皇太后…を皇族とする」
太上天皇が皇族の身分に留まられる以上、摂政への就任資格を
持たれるのは当然(皇太后は今の典範で既にその資格を持って
おられる)。

ならば、第17条の摂政就任の順序の規定中、「皇太后」の前に
「太上天皇」を入れる必要がある。

また皇族は皆さま決まった「敬称」がある。

太上天皇は無論、「陛下」(皇太后は既に今の典範で「陛下」)。

これは第23条の改正。

「天皇、皇后、“太上天皇、”太皇太后及び皇太后の敬称は、
陛下とする」天皇の「大喪(たいそう)の礼」については
第25条に規定。

だが太上天皇については、特に条文に入れるには及ばないだろう。

その「葬る所」を「陵」と称すべきなのは、現制の皇太后と同様。

これは第27条の改正。

「天皇、皇后、“太上天皇、”太皇太后及び皇太后を葬る所を陵、
その他の皇族を葬る所を墓とし…」以上で典範改正の全てだ。

追加条文1、改正条5。

ごく僅かな改正に過ぎない。

ならば関連法の改正が“膨大”になるのか。

とんでもない。

それについては改めて。


以上、ゴー宣道場のブログより

高森氏の皇室典範改正案を手に入れるべく、ゴー宣道場に参加したかったのですが・・・
急な仕事が入り、断念しました。残念です。

さて、皇室典範改正案の中身に関してですが、現時点での私の考えを述べます。
全く異議ございません。全面的に賛成します。
これで譲位は完遂できますね。問題は女系天皇女性天皇をどのように認めるのかという点です。
皇婿をどのように位置づけるのか。女性宮家をどのように創設するのか。
じっくり検討していきたいと思います。

高森氏の皇室典範改正案は後日公式に発表され、何らかの政治的動きになるようです。
仕事や出版に忙しい身ではございますが、我が国日本の皇統断絶を回避するためにも頑張りたいと思います。

以上、よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字

電子書籍『究極の空き家対策』の第一次改訂作業が完了。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

【近況報告】
体調悪化が深刻なので、今月はあまり更新できないかも・・・(>_<)

【お知らせ】
究極の空き家対策』を出版しました。
cover3.jpg
すでに第一次改訂作業を終了しました。
現在約2万字になります。
おそらく4万字は超えるのではないかと思われます。

今すぐ購入しなくてもOKです。
11月下旬ぐらいに本格的に購入できるだけの品質になってます。

10月と11月は本来のブログ更新をお休みして、
これまでやれてこなかったことをします。

すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
プロフィール等を変更しました。
これからアメブロの方も少し更新していきたいと思います。

ブログの地盤を少しづつ固めていって、来年からスタートダッシュできるように
頑張りたいと思います。

以上です。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。
2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。
どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
『反逆する武士』参照URL:http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
2014年12月8日に大規模な加筆修正を行いました。現在第5版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR