【再掲載】【移民拒絶】外国人移民受け入れ反対と人口補完計画


大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~以下は再掲載です~~~~~~
はじめに
 現在、日本経済は漂流している。長期不況が当たり前になりつつあり、平成生まれの筆者のような若者は日本経済の好況時代を全く知らないという世代になってしまった。

 日本経済の長期低迷を少子高齢化が原因とする一派が人口減少と消費低迷に対する対応策として、外国人移民を受け入れようと主張している。

 日本経済の先行き不透明な状況、閉塞感漂うこの日本社会に急進的な施策で一気に打開しようというのである。

 筆者はこの「外国人移民受け入れ」に明確に反対し、筆者なりの「人口減少」と「消費低迷」に対応するための代替案を提示しようと思う。

 現在、この外国人移民を受け入れるか否かに関しては議論が続いているのだが、この不毛な論争に決着をつけようと思う。

第一章 外国人移民受け入れ反対
第一節 外国人移民のメリットは本当か?
一般的に外国人移民のメリットはこの二つに集約される。
①個人消費が増える
②安価な労働力が増えるので、日本人が就きたがらない職業での労働力不足が解消
ということなのである。

 しかしながら、これらのメリットは本当なのであろうか? 検証すべきである。

 疑問①個人消費が増えるとは本当か?
個人消費とはつまりGDPにおける民間最終消費支出に当たる。日本国民は豊かになりすぎてしまったがために、消費しようとしないのだから、外国人に消費してもらおうということらしい。

 しかし、そもそも外国人移民の目的は安価な労働力を確保するということでもある。したがって、あまり賃金を払うことはできないので所得は日本人よりもかなり低くなる可能性が高いと思われる。

 ということは、所得が低いので、あまり物やサービスを消費することができないという結論が導き出されるのではなかろうか?

 また、労働によって得た賃金をすべて消費に回すのだろうか? もしかしたら本国に残してきた家族、親戚、一族のために仕送りすることも考えられる。そうすると期待されていた消費の拡大は望めない。

 ならば、外国人移民をせずに、財政出動による購買力上昇や各種の減税などで消費刺激策を採用すればいいのではないか?

 疑問②安価な労働力が増えるので、日本人が就きたがらない職業での労働力不足が解消するのか?

 本当に外国人を「日本人が就きたがらない職」に就かせることができるのであろうか? 日本人が就きたがらないということは労働環境が劣悪、低賃金、雇用形態が不安定であることがほとんどである。

 果たして本当に外国人をそのような職に就かせられるのであろうか? もしくは誘導政策と規制政策で自発的に就いてもらうのであろうか? 職業選択の自由を保障する民主主義国家である日本でそのようなことができるのかわからない。

 すなわち、労働力を足りないところに都合よく配分できるというのか不安が残るだろう。

第二節 外国人移民のデメリット
外国人移民のデメリットを挙げてみようと思う。
①日本人の雇用が奪われる可能性がある。
②治安の悪化、地域住民との軋轢。
③安全保障上の危険因子になり得る。

①日本人の雇用が奪われる可能性がある。
日本に安価な労働力が流入するということであるからして、日本人の雇用が外国人に奪われることがあるであろう。
そもそも、完全失業率が5%を上回っている状況で、なぜ労働市場に外国人を投入するのか全く理解できない。

外国人労働者を受け入れるのは労働力不足状態であるというのが前提条件であるし、労働力が今後の少子高齢化で足りなくなるというのであれば、高齢者や専業主婦の就業を国が全力でサポートしていけば良いと思う。
政治的にもかなりのリスクを伴うことになるのは想像するに難くない。

例えば、雇用を奪われた日本人労働者達が決起して極右政党を立ち上げて、ナチスのユダヤ人虐殺のように在日外国人を殺害する法案を提出するかもしれない。
また、日本人労働者が勝手に武装して外国人を殺害するかもしれない。そもそも日本国民の清き一票で選出された国会議員が日本国民のためにならない政策を実行して、日本国民の雇用を簒奪するのだから、民主主義原則からも認められることはないだろう。

60年安保闘争のように、国会議事堂に日本国民が押し寄せることになるだろう。

日本国民の日本国民による日本国民のための強い日本経済を構築すべきであると筆者は主張するのだが、外国人移民受け入れは日本国民のためにはならない。

外国人移民受け入れは失業の輸入であり、雇用の輸出であるからだ。

また、視点を変えて論じてみたい。筆者は経済成長に必要な要素を、資本、技術、労働、資源であると定義する。外国人移民受け入れは外国が経済成長するための要素の一つである「労働力」を日本が外国から奪い取ることなのである。

これはもう「新時代の奴隷貿易」と言え、21世紀型帝国主義と罵られても仕方ない。
日本は今後、健全な経済成長すべきだと思うのだが、それが外国の犠牲の上に成り立つものであってはならない。日本は諸外国との共存共栄を図り、力強く経済成長すべきなのだ。

②治安の悪化、地域住民との軋轢が生じる。
具体例を挙げて説明しよう。
日系南米人集住する地方都市では、小中学校で日本語が話せない南米系児童が急増し、教育関係者が困惑。列に並ばず割り込む、ゴミをキチンと出さないなどの生活習慣をめぐる地域社会との摩擦。治安の悪化、地方税や社会保険料の未納。(佐伯,2010)

といった問題が浮上している。外国人労働者へのクレームも実在する。 (注1 外国人労働者に対するクレームやトラブルに関しては佐伯弘文『移民不要論』のP52-60に詳しく掲載されている。日本人の感覚としたら驚愕の実態と言えるだろう。
 余談だが、佐伯氏は実際にビジネスマンとして外国人と関わってきた経験から書かれているということからかなりの説得力が感じられる。

 ただの外国人労働者批判をしない、国家観をきっちり持った経済人である佐伯氏の移民受け入れ批判は傾聴に値する。今後の移民受け入れ論議において欠かすことのできない価値ある一冊である)

そもそも日本はハンチントンが主張するように「一国一文明」であり、日本単独で日本文明を形成している国家である。しかもその「日本文明」なるものが他文明からは似ても似つかぬ独特な文明なのである。よって、他文明の人間(中華文明、小中華文明、西洋キリスト文明、イスラム文明など)と解り合うことが非情に困難なのである。(佐伯,2010)

にもかかわらず、外国人移民を受け入れるというのは、人為的に文明の衝突を起こすことになってしまう。(注2 西尾幹二、「外国人参政権 オランダ、ドイツの惨状」『WILL』2010年4月号、有本香、「中国が世界をしゃぶり尽くす」『WILL』2010年4月号、河添恵子、「中国の〈移民政策〉で日本は乗っ取られる!」『WILL』2010年3月号などを参照) どうかんがえても安全保障の危険因子になる。筆者の持論ではあるのだが、「経済活動及び国民生活は国家防衛という基盤の上に成り立つものである」と思う。文明の衝突は国家崩壊への序曲になる。筆者は「移民政策は危険すぎる」と判断する。
 我々は移民政策に反対する知識人やジャーナリストの言葉を真摯に受け止めなければいけないと考える。
諸外国とは友好親善を基調とした平和外交を展開している日本としてこれはまずいだろう。日本国が東アジアのバルカンになるかもしれない。

③安全保障上の危険因子になり得る。
例えば、外国人移民を受け入れた場合、外国人が日本国内において独立国家を立ち上げることを考えてみよう。在日朝鮮人や在日中国人が日本国内のとある地域を非合法的に占拠して「○×国家として独立する」と宣言し、本国からの軍隊の派遣を要請したとしよう。

そのような場合、日本の領土が奪われることになりかねないし、外国との戦争状態に陥るかもしれない。
また、日本国内で外国人ネットワークが構築され、日本国を内部から崩壊させようと考え、騒乱を巻き起こす可能性もあり得る。

そうなった場合、日本国自衛隊が出動することになるのであろうが、外国の軍隊から日本国の独立と自由、日本国民の生命と財産を守る実質的軍隊である日本国自衛隊が日本国内に居住する民間の在日外国人を場合によっては殺害しなければならなくなる。

在日外国人を排除するには殺害以外あり得ないという緊急事態においては心苦しい限りではあるが非情なる決断を迫られることになるだろう。

筆者はそのような緊急事態になるかもしれない外国人移民受け入れ政策に賛同できないのである。先進民主主義国家の構成員である日本国民として民間の外国人を殺害したくないのである。

治安を守り、平和を守るためには、軽々しく外国人移民を受け入れるわけにはいかない。
はじめは、外国人移民を受け入れて労働に勤しんでいた外国人も不況期においては失業の憂き目に遭い、失業者になることも十分あり得る。そんな時に外国人の大規模デモ、大規模暴動などが発生したら、政府首脳はどうするつもりなのだろうか? まさか日本国民よりも外国人の雇用を最優先にすることになるのではないか? そんなことになったら極右政党が躍進し、ナチスドイツの二の舞を演じることになるやもしれない。

第三節 外国人移民賛成派の欺瞞
外国人移民賛成派はいわずと知れた経団連が有名であるが、その外国人移民案は稚拙だとして新たな外国人移民案を提示したのが、海老原嗣生(えびはら つぐお)氏である。
海老原氏は『「若者はかわいそう論」のウソ』という著作の中で堂々と外国人移民賛成案を主張している。
(注3 海老原氏の外国人移民受け入れ案はかなり作り込まれているという印象を受ける。しかしながら、強い疑念を持たざるを得ない。
 1、外国人移民のメリットは筆者の挙げた2点と「国内の乱立した大学を救える」というもの
 このメリットの話は筆者が批判しているが、海老原氏の「国内の乱立した大学を救える」という考えにも批判したい。国内には大学が多すぎて国内の大学の中には深刻な赤字、もしくは倒産という事態にまで発展するというのを防ぐため、国内の余剰大学を外国人用の日本語教育などに利用して、国内大学を救おうということなのである。
 
 なぜ、国内の余剰大学を救うために外国人受け入れを国家として決定しなければならないのであろうか? 経済最優先でその他をどんなに犠牲にしても構わないという「エコノミック アニマル」と言われても仕方あるまい。

 また、海老原氏は外国人受け入れのデメリットを解消するために様々な対策を講ずるとしているのだが(詳しくは『「若者はかわいそう論」のウソ』を参照)屁理屈としか思えない記述もある。

 このような「トンデモ案」を書いている本が評価されるのはいかがなものか。しかも肝心の若者の雇用に関しての悪質なデータ隠し等々が小林よしのり氏(詳しくはゴー宣ネット道場のブログ参照)によって暴かれているということもあり、筆者は海老原氏を信用することは今後あり得ない)

しかしながら、海老原氏本人が外国人移民賛成案の最後の最後で、結局外国人移民は問題を先送りにするだけなので、少子高齢化に本腰を入れるべきと主張するのである。
あまりにも正直すぎると筆者は感じてしまうのである。しかし、外国人移民賛成派からもこのような主張が出てくるぐらい危険な代物であるという証左にはなったであろう。

第二章 少子高齢化を考える
第一節 そもそも少子高齢化は国家経済にとってマイナスだけか?
少子高齢化を考える上で筆者がかなり疑問の思うのは、少子高齢化は国家が解決しなければならない問題であるということが強調され過ぎていることである。

少子高齢化には、メリット、デメリット両方が存在し、両面からこの問題を考えようという姿勢がないように感じる。
もちろん筆者は少子高齢化に関しては国家政策を以て解決すべき問題であるという認識に違いはない。
ただ、メリットの部分の考え、少子高齢化社会に対応するというオプションもあって然るべきではないだろうか?

少子高齢化のメリットはいわゆる「シルバー需要」と呼ばれるものが存在する。

住宅リフォーム、冠婚葬祭、介護・医療・健康分野、タクシー利用、家事や買い物などの代行サービスなどが挙げられる。
また、日本では余暇が現役時代に少ないので、退職後に旅行や趣味・娯楽関連への支出が増える。その分野の供給者が経済的メリットを受けることによって日本経済が元気になる。

日本経済の衰退の原因の一つは金融資産を貯め込んでいる高齢者が老後の不安から使えないことなのである。高齢者が安心してお金を使える環境を整えることも必要である。
もし、そのような環境が充実したものになるのであれば「シルバー需要」が喚起され、日本経済復活のきっかけになるかもしれない。

第三章 人口補完計画
もちろん人口減少並びに少子高齢化は長期的に考えれば日本にとって由々しき問題である。個人消費の低迷、国力の低迷につながる可能性が高い。

ではどのように解決すればいいのであろうか? 筆者は人口減少、少子高齢化を解決する画期的方策を提言したい。

それが「人口補完計画」である。これは「新世紀エヴァンゲリヲン」の中に出てくる人類補完計画からインスピレーションを受けた。「人口補完計画」とは人口減少と少子高齢化に陥っている国家において、少子化対策とロボット大量生産を以て不足している労働力などを補って国力増強を図る計画のことである。

第一節 少子化原因と少子化対策
少子化は先進国共通の課題として現代においては認知されるようになった。そしてその少子化の原因を三点挙げると、
①男女の生涯未婚率の上昇。
②養育費と教育費のコストが増加。
③働く女性のための育児施設や育児休暇制度が整っていない。
となる。

①男女の生涯未婚率の上昇
この問題に関しては様々な原因が挙げられるが、あえて筆者が経済的観点から強調しておきたいのは、結婚できるだけの経済力を備えた男性が減少しているという原因である。

安定した正規雇用者で、家族を扶養できるだけの男性となると、この長引く不況下ではかなり減少しているものと思われる。よって雇用の創出と安定が重要であると考える。
考えてみてほしい。非正規雇用で将来どうなるのかという漠然とした不安に怯える若者が結婚に踏み切れるだろうか? 常識的に考えてあり得ないだろう。

②養育費と教育費のコストが増加
 単純な話、子供を養育したり、学校に行かせたり、塾に通わせたりするコストが増大すれば、夫婦の余暇時間の減少、余暇や趣味などに費やすお金が減少することになるだろう。
 あまりにも子供の養育と教育にお金が掛るのであれば、子供を産み、育てるのを親が忌避するようになるだろう。

③働く女性のための育児施設や育児休暇制度が整っていない
 働く女性であっても子供を産み育てたいと考える女性が存在するのは当たり前である。しかしながら、育児施設(託児所、保育園)などが整備されていないがために、育児と仕事を両立させることが困難になっている。

 また、産婦人科や小児科などが病院から消えていることなどから、安心して子供を産むことができなかったり、安心して子供を診せられる病院がなかったりすることも少子化の原因になっているものと思われる。

①生涯未婚率の上昇に対する解決策
 正規雇用を増やし、非正規雇用を減らす政策を実行すべきである。ここで注意すべきなのは、派遣などを一律禁止するべきではないということである。
 なぜならば、派遣を禁止すれば、派遣で働いていた労働者がすべて正規雇用者になれないからである。

 例えば、Aという企業が存在するとしよう。Aによって雇用されている従業員が100人いたとして、その内70人が正規雇用、30人が派遣などの非正規雇用だったとする。もし、非正規に対する規制が強化され、非正規雇用できないことになったら、この30人の非正規労働者が失業者になる可能性が高い(さすがに30人全員が失業者になるとは思えないが・・・)。

 そうしたら100人でやっていた仕事を70人でやらざるを得ない状況になり、労働強度が大幅に増加してしまう。
 よって、正規雇用を増やし、非正規雇用を減少させるためには

1、大規模財政出動を実行し、需要を増大させる
2、企業の業績が上がり、景気が回復した時を見計らい
3、正規雇用には減税、非正規雇用には増税、非正規雇用者を正規雇用する企業には補助金を与える

 という段階を踏んで、「減税+補助金」というインセンティブで正規雇用を増やすべきであろう。
 もちろん正規雇用者に対する減税と補助金には国籍条項を備えるべきだと考える。簡単な話、日本国民の雇用を最優先にすべきである。

②養育費と教育費のコストが増加に対する解決策
子供の養育費は各家庭の金銭的事情が関係してくるので、日本政府が介入すべき問題ではない。
ここで問題にしているのは、学校に掛る費用である。高校授業料無償化や国公立大学の授業料無料化が求められるだろう。また、無利子奨学金も大幅な貸し出し金額の増加も検討すべきである。

しかし、これらの案にも様々な条件を付与すべきである。
1、高校無償化には日本国籍者のみ(だから筆者は民主党の高校授業料無償化には反対なのである。外国人に公金支出するのは憲法違反に疑いが濃い)
2、国公立大学の授業料無償化には日本国籍保持者で成績優秀者に限る(さすがに単位習得を全くしていない学生の授業料まで無料にしてはまずいだろう)
3、無利子奨学金も高校大学を問わず、日本国籍保持者で成績優秀者にかぎる

これくらい条件をつければ、教育にお金を使いたくない日本国民でも黙らせることができると考える。

③働く女性のための育児施設や育児休暇制度が整っていないに対する解決策
 医療分野に財政出動すべきであろう。特に、産婦人科、小児科などに集中的にして体制強化に努め、産婦人科医や小児科医を増やすべきである。

 さらに制度改革を押し進め女性が働きやすい環境を整え、子育てしながら仕事ができるような制度を構築すべきである。
 各企業の自主的な取り組みだけに任せてはいけないと考える。政府が積極的に介入すべきである。

第二節 ロボット開発と効用
 筆者は外国人移民受け入れに反対するため、日本の労働力不足を解消する代案を提示したい。人工知能さえ搭載しなければ、ロボットは人間の思うがままに働いてくれるのである。日本の技術力なら実現可能であると考える。
 人間がやりたくないような過酷な仕事でもなんなくこなせるだろう。労働問題など起こりようがない。
 
 では具体的にどのようなロボットを官民協調体制で開発すればよいのだろうか? 筆者なりの案をここで提示したい。

筆者はASIMOをベースとした人型ロボットとAIBOをベースとした獣型ロボットを開発すべきと主張したい。

人型ロボット開発プロジェクトを【ガンダム プロジェクト】獣型ロボット開発プロジェクトを【ゾイド プロジェクト】と命名する。
【ガンダム プロジェクト】は基本的に人間ができる動作が可能な産業ロボットとして開発する。段階的に進化させ、最終的には無人のガンダムにする。日本防衛にために忠実に働く兵士にする。

初期のプロトタイプでは自動小銃を持たせて、仮想敵国の兵士を攻撃するだけになるだろう。また、災害派遣に役に立つような、能力を搭載して、人間では危険で進入することのできない領域まで潜入することにより、人命を救うことができるようになるだろう。

宇宙空間を飛行して戦闘してとなるとかなり無理なので、とりあえず大気圏内を移動して島嶼防衛に徹するという限定的運用になるだろう。
尖閣諸島を中国人民解放軍から守ることができるかもしれない。

そのほかにも、警備、介護などの領域でも役立つかもしれない。

【ゾイド プロジェクト】は動物の運動性能を持った戦車で、どんな過酷な状況でも活動できる無人ロボットとして開発する。警備、偵察、輸送、補給、攻撃などに対応できるようにカスタムパーツを用意して、どのような任務にも即時対応できるようにする。

人型ロボット、獣型ロボットの動力源はリチウム電池に電気を貯めて、家庭でも充電できるものでよい。電気自動車用の電源プラグと同じものを搭載してもよい。

また、充電する時間がもったいないということならば、動力源を原子力にするのも一つの案だろう。現実に、原子力潜水艦や原子力航空母艦が開発されているので、安全性向上と小型化を進めれば可能である。

終わりに

外国人移民を受け入れよという案に反対意見を持つ筆者が、半ばその場の勢いで外国人移民反対論を書いてしまった。
しかしながら、書いているうちに日本の労働力不足解消のための代案が必要であることに気が付いた。

やはり、何がしかの提言などに反対する時には、反対するだけではなく、代替案を提示するべきであると思うからである。
反対案だけだと、かなり穿った見方をされてしまった場合、「反対のための反対」と受け取られる危険性があるからだ。
それは筆者の本意ではない。
この記事で外国人移民に反対するべきとご理解いただければ幸いである。
参考文献一覧
佐伯弘文、『移民不要論』産経新聞出版、2010年
海老原嗣生、『「若者はかわいそう論」のウソ』扶桑社、2010年
西尾幹二、「外国人参政権 オランダ、ドイツの惨状」『WILL』2010年4月号有本香、「中国が世界をしゃぶり尽くす」『WILL』2010年4月号
河添恵子、「中国の〈移民政策〉で日本は乗っ取られる!」『WILL』2010年3月号

めちゃくちゃ長い記事になりましたが、私が移民反対という主張であることを支持していただけるならクリックお願いします。

~~~~~以上は再掲載です~~~~~

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ビジネスの種を蒔け』を出版しました。
ビジネスの種を蒔け

【効果・効能】
◆企業活動において重要な設備投資について詳しく知りたいという欲求を満たす
◆設備投資はどのような要因によって決定されるのか体系的に理解できる
◆具体的にどうすれば設備投資を増やすことができるのか理解できる
◆制度設計と政策立案にお困りの官僚と政治家に対してよく効く

【用法・用量】
◆目に留まったならば、すぐにお買い求めください
◆一日一回、スキマ時間を利用して、お読みください
◆日本経済をどうにかしたいという熱がない方はご使用をお控えくださいませ

====加筆修正予定====
2015年9月24日に加筆修正を行いました。現在第2版。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在34,830文字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR