バイオガス発電設備の普及を急げ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~以下は日経新聞電子版より~~~~~
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17243540S7A600C1L21000/
大原鉄工所、バイオガス発電設備を拡販 食品廃棄物を活用

2017/6/3 7:00
日本経済新聞 電子版

環境機器の大原鉄工所(長岡市)は食品廃棄物を活用するバイオガス発電システムを自治体や企業に拡販する。ごみの中から食品廃棄物を分別し、メタン発酵させてガス化して発電する。三重県のリサイクル業者への納入が決まったほか、複数の自治体と交渉を進めている。食品廃棄物を効率よくリサイクルできることを訴え、顧客を開拓する。

 バイオガス発電システムの中核をなす「セパレーションサイザー」を昨年、開発したのを機に販売を始めた。生ごみなどの有機物を分別して破砕し、メタン発酵処理に回す。1時間に5~10トンの処理能力がある。

 セパレーションサイザーに自社で製造するバイオガス発電機を組み合わせて販売する。システム全体の価格は数億円規模になる。

 このほど納入が決まった三重県伊賀市のリサイクル業者は2018年5月に発電システムを稼働させる予定だ。プラントの発電量は1日当たり約1万2千キロワット時で、発電した電力は固定価格買い取り制度(FIT)を活用して電力会社に売電する。

 大原鉄工所は今後、ごみ処理場を運営する自治体向けの販売に力を入れ、2018年5月期に3自治体への販売を目指す。環境省がまとめた2015年度版「日本の廃棄物処理」によると、1日当たりの処理能力が50トン未満の小規模の焼却施設350施設のうち、約7割の248施設で余熱が利用されていない。

 こうした小規模な焼却施設は、食品廃棄物などの生ごみと可燃ゴミを分別せずに燃やしているケースが多い。同社は生ごみはバイオガス発電に回して可燃ごみは焼却処分する「MBT(メカニカル・バイオロジカル・トリートメント)」システムを導入すれば、ごみ処理の効率化とエネルギーの利用が可能になると訴え、拡販していく。

 新潟県が3月にまとめた「一般廃棄物処理事業の概況」によると、14年度の食品廃棄物を含む一般廃棄物のリサイクル率は23.3%。全国平均(20.6%)を上回っているが、頭打ちの状態にある。県内でも食品廃棄物を有効利用できるという観点で、バイオガス発電の需要はあるとみられている。

 同社は環境機器のほか、雪上車の製造・販売を手掛けており、2016年5月期の売上高は48億円。そのうち環境機器が約6割を占める。
~~~~以上、日経新聞電子版より~~~~~~

最近は発電に関する記事が少なくなったので、取り上げてみました。

>>環境省がまとめた2015年度版「日本の廃棄物処理」によると、1日当たりの処理能力が50トン未満の小規模の焼却施設350施設のうち、約7割の248施設で余熱が利用されていない。

余熱が利用されていないというのは厳しいですね。
まだまだ発電できる余地があるようです。

こういった取り組みが全国的に普及することを切に願います。

>>このほど納入が決まった三重県伊賀市のリサイクル業者は2018年5月に発電システムを稼働させる予定だ。プラントの発電量は1日当たり約1万2千キロワット時で、発電した電力は固定価格買い取り制度(FIT)を活用して電力会社に売電する。

これは三橋貴明氏に怒られそうな予感(笑)。
単純にこういった設備を導入した場合には設備投資減税や設備投資補助金で後押しするという方式の方が健全でわかりやすいと思います。

以上です。
人気ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックをお願い致します。

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

【ご紹介】
反逆する武士uematu tubasaが『消費税廃止への進撃』を出版しました。
消費税廃止への進撃
以下では「現在公開可能な情報」を一部ご紹介。
日本経済に少しでも関心がおありでしたら、ご購入をお勧めします。

◆効果・効能◆
経理担当者が読むような実務書を参考にして、消費税に関する基礎知識を簡潔にまとめ、わかりやすく説明しました。
マクロ的観点とミクロ的観点から考えて、消費税の存在そのものに疑問を呈している電子書籍となっています。
そもそも経済とは何か、そもそも税金とは何かという政治経済の根本を見つめ直すことができます。
消費増税を簡単に口走る政治家、知識人、エコノミストの妄言を駆逐することができます。


★★★
uematu tubasaは国会議員へ「消費増税の阻止してほしい」と陳情している日本国民です。
本書の販売による純利益は陳情するための交通費になります。
★★★

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄附します。2017年8月下旬に第3弾の寄附を行う予定です。どのような形で寄附するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。
第一弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-766.html
第二弾の寄附⇒ http://hangyakusurubusi.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html
◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

====加筆修正予定====
現在第6版です。
誤字脱字や事実誤認などございましたらお気軽にメールをお送りください。
歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。
首を長くしてお待ちしています。
反逆する武士のメールアドレス:rebelbushi@gmail.com

※※※補足情報※※※
本書はMicrosoft Office Word2010を使用して作成されました。
加筆修正を随時行っていきますので、何卒ご理解の程をお願い致します。
【字数】現在約5万9000字
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR