だから増税は駄目なんだってばよ!

以下はMSN産経ニュースより

家計に冷や水 デフレ加速、「同時増税」年収700万円世帯で負担11.5万円増

2011.9.16 21:26
 政府税制調査会が16日決定した東日本大震災の復興増税案3案のうち有力視されるのが所得、法人税に地方税の個人住民税の増税を加える案だ。この場合、年収700万円の標準世帯の負担増は年1万2200円。政府は「大増税ではない」と説明するが、社会保障と税の一体改革に伴う消費税増税も検討しており、復興増税との同時増税になる可能性は大きい。そうなれば、負担増は一気に年約12万円に膨らみ、家計への悪影響は避けられない。

 「重税感が残らないように精いっぱい配慮した」。五十嵐文彦財務副大臣は税調後の会見でこう強調した。

 政府税調は所得税と個人住民税の増税期間を5年か10年と想定する。ただ、首相の指示でいずれも10年が基本になる見通しだ。

 増税開始時期については、政府税調は復興需要による景気回復が見込める平成24年度からとしたい考えだが、与党内では景気への影響を懸念する声が強く、依然流動的だ。

 有力案で所得税、住民税ともに10年の増税の場合、所得税は年5.5%、住民税で年1千円の増税になる。所得税は納税額を一定の割合で上乗せする定率増税と同じ方式のため、年収が増えれば増えるほど税負担額が増える仕組みだ。

 政府税調の試算によると、有力案の負担増は、夫婦と子供2人の標準世帯で年収700万円の場合、所得税が年1万1200円。これに住民税の年1千円を加えると、年1万2200円になる。

一方、年1兆円規模で増大する社会保障費を賄う消費税増税については、政府税調は10月から年末にかけて議論し、関連法案を来年の通常国会に提出する方針だ。

 6月に決定した政府・与党の一体改革最終案では、消費税率に関し、「2010年代半ばまで段階的に10%まで引き上げる」と明記した。

 政府内では平成25年度にまず3%、27年度に2%引き上げるシナリオが想定されており、関連法案などで具体的なスケジュールを示したい考えだ。

 ただ、復興増税が25年度に先送りされると、消費税率の第1弾の引き上げと重なることになる。

 第一生命経済研究所の試算によると、消費税率3%の引き上げで年収700万円の世帯は納税額が年約10万3千円増加。これに復興増税分を合わせると、税負担が年11万5200円にまで増大することになる。

 内閣府の試算によると、

24年度から所得税を10年、法人税を3年増税した場合、実質国内総生産(GDP)成長率は初年度が0.16%、25年度が0.13%、26年度が0.04%押し下げられる見通し。

 同研究所の永浜利広主席エコノミストは「所得税に加え、消費税率も引き上げられれば、景気への悪影響はさらに大きくなる」と危ぶむ。家計の負担増で消費が低迷すれば、需要不足でデフレが加速する。復興途上の日本経済の足を引っ張る懸念は否めない。


デフレ経済下でなぜ増税なのであろうか?

デフレとは国家経済において供給と需要を比較した場合、需要が少ない場合で継続的に物価が下落している状況を指す。

需要とはそもそも購買(投資)意欲と購買(投資)資金によって成り立つのである。

しかし、増税はそのどちらも奪い去ることが確実である。
税金に持っていかれるお金が増えるということは購買(投資)資金を奪われることであるし、そもそも自分が使えるお金が減ってしまうことで購買(投資)意欲も失われてしまう。

増税されて、一般の日本国民が「さ、物を購入すっか♪」となるわけがないではないか?

インフレ対策をなぜデフレ経済下で行おうとするのか理解に苦しむのである。

しかも、日本のGDPの約6割が民間最終消費支出(個人消費)であるからして、日本のGDPの最大項目を減らす最大の愚策こそが増税であると言えるのである。お分かり頂けるだろうか?

野田はとっとと失脚! と思う方はクリックよろしくお願いします。
 


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

正直言ってタバコとパチンコの増税には賛成だった
消費税が除かれたのは良いが、基本的に増税に頼らずに少しは円を刷ったほうが良かったと思う
まあ国債発行だと国民から叩かれるし、増税を容認する空気があったから、こうなるのは当然ですが・・・
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR