核実験の場所がない? 本当にそうなのか? そもそも核実験の目的は? そしてちょっとだけ近況報告

大変お世話になっております。

反逆する武士 uematu tubasaでございます。

ありがとう氏のご質問

>>核兵器の実用化に必要な?核実験″はどこでやるんです?日本国内でというわけにもいかないでしょうし、どこか国外に場所を提供してもらえそうな国でも有るんでしょうか?

に関してお答えすることにいたします。

核実験に関する問題はふたつございます。

①核実験する場所を確保できるのか
②核実験できる場所があっても核実験場の近隣住民にどのように対処すればいいのか

この二つの問題に関して回答する前に核実験の目的は何か? という基本的なことを整理することに致しましょう。


【参考文献】
高田純『核と刀』明成社、2011年

核と刀 画像

核実験の目的は四点あります。

①開発した核弾頭の威力・動作を確認する
②開発した核弾頭の爆発効果の確認
③核攻撃に関わる軍事演習
④核実験国の核保有の証明

以上です。

なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

改めてこのようにまとめるとちょっと怖いです(汗)。

ではでは本論に入りましょうかね。

1963年の部分的核実験禁止条約以後、基本的に核実験は地下でしか行えません。

空中、地表、高高度での核実験は、物理的には可能ですがぶっちゃけて言いますと、危険すぎるのです。ニュークリア・ハザードが危なすぎるので、通常やりません。

核実験するには実験作業員および周辺住民を保護しなければなりませんからね。

人民の生命軽視、他国に対する配慮なんてないにも等しい北朝鮮ですら地下核実験ですし。

 よって日本が核実験を遂行するのであれば、地下500メートルから1500メートルほどの地下核実験が妥当であるといえるでしょう。
 ちなみに高い山に長い横穴を作り、その奥で爆発させる方法もありますが、日本にその横穴を作れる山があるか不透明ですので、私はあまりこの方法には賛同できかねます。
 日本は活火山が多いですしね。

 地中深くの核実験場は核爆発で生じるニュークリア・ハザードを完全に(といっても完全は極めて厳しいのですが・・・)封じ込めなければなりません。

 我が国日本の事情に鑑みて、注意すべきは
①放射性物質の拡散
②核爆発による衝撃波で発生するであろう小規模地震
③地下水汚染

であると言えるでしょう。

なので結論は無人離島での地下核実験となります。
もちろん放射線防護対策をしっかりと行い、周辺住民を避難させ、周辺海域を海上封鎖すべきでしょう。

それには海上自衛隊と航空自衛隊の協力が不可欠です。

核実験を邪魔しようと極左活動家が漁船やヘリコプターで大量に核実験場として定められた離島に押し寄せるでしょうからね。

核実験が国内で行えない場合も考えましょう。

方策は2つございます。

①アメリカに協力を要請して核実験場を貸してもらう。
②アフリカ諸国に協力を要請して核実験場建設を許可してもらう。

アメリカは冷戦期に作ってそのままにしてある核実験場がある可能性があるので、そこを貸してもらったり、核実験可能な土地を貸してもらって日本の資金で核実験場を建設する許可をもらえばいいでしょう。

もちろん核実験場の建設はアメリカ人の雇用創出のためアメリカ企業に依頼しましょう。

アフリカ諸国は日本のお金がほしくてたまらんでしょう(国内を潤すために)。

よってお金で解決しましょう。

アフリカの土地で岩盤の強固な場所を選定します。

あとは交渉次第でしょう。

5兆円でいいのではないでしょうか?

核実験そのものが行えない場合のことも考えましょう。

日本にはスパコン(とっても高性能なコンピュータとご理解ください)が存在するので、核実験そのものをシミュレートすれば核実験と同程度とはいきませんが、少なくとも仮想敵国の都市を戦略爆撃できるだけの威力が発揮されるかぐらいはわかるのではないでしょうか?

ここらへんは技術者に対するヒアリングで明らかにされると思います。

結局、核実験の場所がないから核武装止めよっていうのは思考停止してるだけなんじゃないか? と大変失礼ながら思ってしまうのであります。

以上です。かなり大雑把ですがいかがでしょうか? わからない点や感想をお待ちしております。

思考を止めるな! あきらめるな! って思われた愛国者の皆さんはクリックお願いします。 
人気ブログランキングへ
お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
 





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インド、射程5千キロのミサイル発射実験へ

 インドが中国全土を射程に収める、射程5千キロのミサイル、アグニ5の発射実験を行う予定という。 『【バンコク=新居益】インド政府は、核弾頭搭載可能で中国全土を射程に収め

国際宇宙ステーション、ロシア頼みに不安、日本はHTV−Rの実現を急げ!

 日本が参加する国際宇宙ステーション計画で、ロシアの宇宙計画にトラブルが続き、今後の計画に不安があるという。 『22日に地球へ帰還した古川聡宇宙飛行士(47)が長期滞在

中国、韓国、ロシア、北朝鮮、米国が保有するクラスター爆弾、日本だけ保有禁止の理不尽

 クラスター爆弾規制が、結局合意できなかったという。 『不発弾となって市民の命を脅かすクラスター爆弾の規制を巡ってスイスのジュネーブで開かれていた軍縮会議は、アメリカや

コメントの投稿

非公開コメント

最近はやりの臨界前核実験で解決だと思ってました
所詮計算でのシミュレーションですから実際にやってみるに越したことは無いですが
アメリカが絡むと良くて共同開発、悪くて買わされる方向になりそうな予感が
アフリカなら砂漠の多い北部の国とかでやろうと思えば交渉しだいでできそうですが、欧米の反応が気になります。自分たち以外が持つのにも消極的でしょうし、アフリカもEUの元属領ですから・・・

質問に答えて頂き、ありがとうございました

そういえば″中国の核実験のうちいくつかはイスラエル政府に核実験の場所を提供したものだ″という噂がありましたね。アフリカ諸国は欧州の目があり、ちょっと難しいでしょう。アメリカについては、その時の大統領次第ってとこでしょうか。一番、実現可能なのはスーパーコンピューターでしょうね。いずれにしろ、日本の核武装を阻んでいるのは、技術的な問題ではなく、政治的な問題ですよ。現状の日本は未だに左巻き平和バカと反日売国奴の天下です。こいつらを何とかしない限りは核武装どころじゃないでしょう。

その三
インドに助けてもらう。
って、選択もあります。
北と南の挟み撃ち同盟ですね。
今でもミサイルさえあれば生物や化学兵器、放射性廃棄物を使用した報復兵器は可能です。

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR