女性宮家創設に反対なのは? 安倍氏と平沼氏 女系公認論でいいのでは?

以下はMSN産経ニュースより

 「女性宮家」に反対表明 安倍、平沼氏
2011.12.8 17:17 [皇室]
 自民党の安倍晋三元首相は8日、自身が会長を務める超党派の勉強会「創生日本」の会合で「女性宮家」創設について「男系で紡いできた皇室の長い歴史と伝統の根本原理が崩れる危険性がある。安易に決めては大変なことになる」と反対を表明した。

 たちあがれ日本の平沼赳夫代表も「非常に心配している。日本の皇室のことだから、力を合わせて守っていかなければならない」と述べた。


男系維持へ根強い慎重論 女性宮家検討
2011.12.2 08:12
 政府関係者によれば、内閣官房と宮内庁の事務方による「勉強会」が最近になって政府内に設置され、「女性宮家」の創設についての検討が行われている。

 「女性皇族が、結婚後も皇室に残る」ことを意味する女性宮家創設は、皇統の安定的な維持を図る上でメリットがある。ただ、「男系」が守られてきた皇位継承の歴史を踏まえた慎重論は根強く、国民の理解を得られるかが課題となる。

 「女性宮家」に関する政府の発言が目立つ背景には、5歳の誕生日を9月に迎えた秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが公務を中心的に担うようになられる数十年後に、悠仁さまをサポートされる皇族方の大幅な減少が想定されることがある。現在、男性の皇族方は、悠仁さまの同世代がいらっしゃらないばかりでなく、10歳代~30歳代もおられない。一方、女性皇族方をみると、現在の未婚の8人のうち、皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまと秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまを除く6人はいずれも20歳代になられている。

 女性皇族が結婚すると皇室から離れる現行の規定に基づけば、悠仁さまに近い世代の皇族方が、近い将来極端に少なくなる可能性がある。

 また、女性宮家を創設しても、配偶者が一般人の場合、その子供が男子であれば、女系の男性皇族となるため、皇位継承をめぐる論議に直面するのは必至。配偶者の役割や立場も検討課題になる。女性宮家の検討を進めるためには、拡大する「皇族」の範囲や、そのあり方をしっかりと整理する必要もある。


最近、女性宮家創設の問題が騒がれている。

ここで正直に疑問を書き出してみよう。

「男系継承って本当に皇室の伝統なのか? また、その伝統を守ることのメリット・デメリットは何か? 」

「旧皇族の皇籍復帰ってできるのか? そもそも復帰される旧皇族は存在しているのか? 」

ちょっと理解に苦しむ。

日本国民で尊皇派を自称する者であれば女性皇族に対しても敬意を持つと思うのだが?

大胆なことを言えば、皇室典範を改正して「女系継承」への道を開いてもいいのではないだろうか?

まだわからないことだらけなのだが、小林よしのり氏の『新天皇論』を読む限りではそう思うのだが。

どうなのだろうか?

この拙ブログにお越しの皆さんはどうかコメントしていただきたい。

皇位継承問題を論じていきたいと思う。

よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

女系宮家反対

賛成してる人の気が知れてる

まず皇籍を離脱された旧皇族方11宮家が戻られるよう宮内庁が説得するべき

戦後混乱期に無理やり国が一方的に皇族を追い出した

国の責任で苦労された旧皇族方々の心痛はいかばかりか 現代人には理解しがたいものがある 現代人自体に信用性がない 今も皇族方と旧皇族方と親睦を変わりなく続けられてる 男系男子を維持できる環境は盤石にある 戦後混乱期に旧皇族をいつかは復活すると約束を当時の政府は約束をした この度の女系宮家創設は本来皇室の絶滅を謀るため考えられたのだ 有識者会議の資料では愛子天皇で最後の天皇にすると決められてる

女性宮家は一代先延ばしするだけで皇室の維持は解決できる方法ではない

まず旧皇族復帰を検討するが筋である

皇室は歌舞伎や相撲の伝統と同一と考えてみればわかる 男子でなければならないのが基本で帰られるものではない

知識の浅学非才な人士は形がどうあれ人事としかかんがえられない

絶対に女性宮家はさせてはならない 先祖に対して申し訳ないではないか

どちらにしろ・・・・。

仮にも「政略結婚」認めたとしても、将来、旧皇族の子孫を、皇族に戻れる為にも、女性宮家を創設しなければならないと思いますけど。

ちゃんと、配偶者は皇族になれるよう配慮してるんやし、それに、お互い相思相愛、皇室会議でも認められていたら、配偶者が旧皇族の子孫でも構わない。

今の法律では、皇族女性は、民間人と結婚したら、民間人に下る事になってるんでしょ。
それに、旧皇族の子孫って、今は民間人でしょ、女性宮家が無いまま「政略」結婚しても、民間人のままやから、意味がない。

それに、「政略結婚」さえさせず、旧皇族の子孫やからって、いきなり民間から、皇族になるって言ったら、「皇室」が、天皇皇后両陛下以外、誰も血族がいない場合と言う例外を除いて、あまりにも暴挙である(政略結婚も暴挙だが)。

とにかく、皇族女性と旧皇族の子孫が結婚して、皇族に戻れる為にも、女性宮家の創設は必要と思いますが、どうでしょう。

神勅は男系と明示している

初めまして
明けましておめでとうございます。
よく神勅にも子孫としかないと詭弁がろうされるのですが、神勅は子孫としかしていない事により、男系に限定しているのです。子孫は子子系、男男系です。王子、王女、皇子、皇女、子女で、子とこどもへんは男性を意味します。大和言葉では彦、姫、日子、日女。神勅は「子孫」と男系である事を明示しているのです。また男系女子は神勅違反ではありません。あちらは解った上で詭弁を使うのです。

憲法違反の非男系男性皇族や女性宮家等、皇室という日本国憲法の中の日本を破壊する思想の正体は、日本国憲法を日本人の為の憲法とする解釈の全否定。

つまりは、憲法に規定されているあらゆるものをして、日本及び日本人に対し、牙を剥かせる事ができるという考え方です。二重国籍法案や多文化共生の強要、人権擁護法案等々の考え方と一体です。次は搾取しつくした国家財政の日本人資産による補填と、日本文化の破壊と日本人人口の減少の為なら手段を選ばないでしょう。国内に日本人が多過ぎるのも不平等という考え方ですから。
日本国憲法上の日本国と日本国民には、「天皇」を象徴と選ぶような国や国民という以外に、具体性がありません。日本語で書かれていると言っても、日本国民と日本国民が古代以来の日本人とその国である事を憲法の文面上で示唆しているのは、この「天皇」の字義に含まれる歴史的連続性だけです。先人が皮一枚で踏み止まって下さった事には感謝すべきですが。字義が揺らげば、「日本は日本人だけのものではない」から「だけ」迄抜けてしまうような憲法でもあるようです。たかが憲法されど憲法、憲法違反を侮るのもまずいと思います。外国人による違法政治献金も無視できません。
「総意」を以って「象徴」とするもののゆらぎは、民族の交替をも意味します。
既得権益の宿願でしょうが調子に乗り過ぎたと思います。

女系は憲法違反です。憲法上の天皇の概念が、天皇の概念そのものと矛盾することが許される訳がありません。憲法は象徴として、歴代天皇に引き比べ、紛うこと無き天皇、天皇たる天皇、を要求していると解すべきで単系(双系でない。皇室の場合男系の単系)はその核心です。明治憲法制定の過程においてもそうでしたが、単に皇帝、国王とせず、曲折をへたうえで、「天皇」を採用したのですから、直のこと、明白です。
付け加えて、
現皇室典範を天皇の内包的定義とする事は天皇の外包的定義の否定を意味します。つまり皇室典範等で天皇を決めるものとすれば、昭和天皇も大正天皇以前の歴代も天皇では無いと馬鹿げたことになります。典範の役割は交通整理です。皇別男系男子は千万単位、多過ぎるので皇族の制度があるのです。整理仕切れぬ場合も、本当に天皇であれば、日本国と日本国民統合の為に憲法が求める象徴です。憲法第一条に係わる事ですから、同様の理由で、天皇と不可分な皇后、皇太子、親王、内親王、女王、王、宮家等々の概念もいじれません。女性宮家も違憲です。本当は判っているはずだと思います。現役の君主なので単系の長さだけではかなわない。単系なので乗っ取れ無い。家系自慢の横暴は皇統の前で陳腐化します。世界一古い国の世界一古い皇統が攻撃されるのは当たり前かもしれません。歴史の捏造から始めて半端ない御金も懸かってるはずです。

間違いあり、訂正

間違い
↓ ↓
>また、その伝統を守ることのメリット・デメリットは何か?

メリットはありません。
デメリットは、皇統と庶民の血統が一緒になってしまい、2670年以上続いた例外ゼロの皇位継承の伝統が終焉し、日本という国のあり方、即ち「国体」が崩壊することです。

「また、その伝統を守らないことのメリット・デメリットは何か? 」と勘違いしました。

女系天皇を容認すれば日本は滅びる

>男系継承って本当に皇室の伝統なのか?

伝統です。
例外はゼロです。

>また、その伝統を守ることのメリット・デメリットは何か?

メリットはありません。
デメリットは、皇統と庶民の血統が一緒になってしまい、2670年以上続いた例外ゼロの皇位継承の伝統が終焉し、日本という国のあり方、即ち「国体」が崩壊することです。

>旧皇族の皇籍復帰ってできるのか?

出来ます。
三笠宮寛仁親王殿下も、竹田恒泰氏も、「いざとなったら責任を果たす旧宮家の皇族が沢山出て来ている」と明言しています。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4469.html

>そもそも復帰される旧皇族は存在しているのか?

勿論、存在しています。

>まだわからないことだらけなのだが、小林よしのり氏の『新天皇論』を読む限りではそう思うのだが。

小林よしのりの『新天皇論』は嘘出鱈目のオンパレードです。
騙されないでください。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4108.html

コメントありがとうございます。

skynet氏 Jick氏
大学生 氏 ありがとう氏

コメントありがとうございます。

本当に皆様の応援が心の支えです。

近日中に皆様のご意見に関する記事を書こうと思います。

よろしくお願い致します。

皇室の女系論争はそもそもの論点がズレていると思います。女系天皇を認めても、皇室の問題は解決出来ません。現在の皇室が抱えている最大の問題は、要するに″天皇陛下の結婚相手がいない″ということなんですよ。この問題を解決しない限り、皇室は確実に先細りです。

私も女系宮家には反対です。代々男系で続いてきた歴史ある皇室文化を壊すものであり、私に言わせれば国宝を叩き割るようなものです。
ただし女性天皇については過去(かなり昔ですが)の前例にもあるとおり可能だと考えます
旧皇族の方々ですが、たしか旧宮家は数があったはずなので数としては大丈夫でしょうが、快く宮家に復帰なさってくれるかは全く分かりません。皇室制度としてありなのかも分かりません。

こんばんは。
知人が小林よしのり氏と皇室問題について論争を
繰り広げています。
こちらのサイトです。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/index.html

youtubeなどでも見ることもできますので、ご参考になれば。

女系反対

私は女系皇位継承には反対派です。
2700年に及ぶ日本の歴史が失われることになります。そして二度と
それは取り戻せません。また、皇族に対する敬意を持つことと、女系
天皇容認とは別の問題です。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR