女系天皇になると皇室の権威は失われてしまうのか?

以下はMSN産経ニュースより
皇統の生命線は「男系の継承」
2011.12.10 18:43 [皇室]


 野田内閣は「女性宮家」創設の検討に入ったが、野田佳彦首相(54)は頼りない。神話からの系譜が続く皇統は、初代の神武天皇から第125代の天皇陛下(今(きん)上(じょう)天皇)まで、男性皇族の血脈(=父方の系統に天皇をもつ男系)で皇位が伝わってきた点に特徴がある。この伝統は「万世一系」と呼ばれ、日本の国柄の美質として尊ばれてきた。皇統の生命線、大原則といえる男系の継承が「女性宮家」によって否定される恐れがあるのだ。

 

謙虚に歴史を学べ


 「女性宮家」の創設で女系のお子が皇位継承権を持つことになれば、「女系天皇」を容認することになる。文化的背景の異なる外国の王室はいざ知らず、日本では女系の継承で現皇統は失われる。「女系天皇」の父の系統の新王朝になってしまう。

 国民統合の象徴のはずの皇位の正統性をめぐって国内に対立が生まれ、皇室を中心とする日本の結束を嫌う内外の一部勢力は喜ぶことになるだろう。

 秋篠宮殿下(46)のご長男、悠(ひさ)仁(ひと)さま(5)の世代に、他の男性皇族がおられない問題の解決策は他にある。

 旧11宮家の男系男子の皇籍復帰をお願いするのが、皇室の伝統を踏まえた方策だ。敗戦後の混乱や占領軍の圧力がなければ皇族でおられたはずの方々だ。今は市井に暮らしていても、悠仁さまが今世紀後半の長い期間、皇位におられるであろうから、皇籍に復帰される方々が威厳を取り戻す時間は十分ある。

旧皇族男子の系統(=男系)が、皇族に復帰した例は複数ある。「寛(かん)平(ぴょう)の治(ち)」を称(たた)えられた第59代宇(う)多(だ)天皇(在位887-897)もそうだ。

 古代や江戸時代の話だからといって軽視するのは自国の歴史をおとしめるものだ。千年以上前の出来事も同じ皇統のこととして、参考にできる古くからの国柄なのだから。

 伝統を基盤とする皇室については、現代の浅い価値観だけで考えてはいけない。謙虚に歴史や伝統を学び、過去から現代、そして未来の日本人に恥じない答えを出すよう努めてほしい。

 明治の大法政家の井上毅(こわし)(1844-1895)や元勲の伊藤博文(1841-1909)はそのような立場で、一部にあった「女系天皇」容認論を退け、国の肇(はじ)めからの伝統に沿った男系の継承を大原則を尊重した明治の皇室典範を実現した。これを覆(くつがえ)せるほど現代人は賢いのだろうか。

 

首相の不見識


 藤村修官房長官(62)は11月25日の記者会見で「国家の基本に関わる事項」として、「安定的な皇位の継承の維持」を検討すると発表した。

 一方、野田首相は12月1日の記者会見で、「皇室活動の安定性」つまり皇族のご公務という問題意識は示したものの、はるかに大切な皇位継承について説くことはなかった。

また、秋篠宮殿下は11月30日のご会見で、今後の皇室のあり方について「私もしくは皇太子殿下の意見を聞いてもらうことがあってよいと思っております」とおっしゃられたが、首相は「国民的議論」しか言及していない。立憲君主制のもとで行政府を預かる内閣総理大「臣」として、不見識ではないか。

 不見識といえば、民主党の樽(たる)床(とこ)伸二幹事長代行(52)は11月25日の会見で、「個人的には現在の天皇制度を是認する立場だ」と述べたが、「是認」という言葉遣いは要人の会見として適切ではない。

 舛添要一新党改革代表(63)は12月2日の会見で、「男女平等なんだから」と述べ、「女系天皇」に道を開く形の「女性宮家」に賛同した。

 世襲の伝統に基づく皇位継承に、一般国民の「男女平等」がなぜ関係するのだろう。舛添氏は「女性天皇」という言葉が出てこず、「女性の王様、というか女王様」などと述べ、記者団から「女性天皇ですね」と助け舟を出された。軽い印象は否めない。(政治部 榊原智/SANKEI EXPRESS)


えー野田首相の写真はあえて省略しました。

私のブログに来るかたは愛国者だと思うので血圧上がるでしょうからね。

大変お世話になっております。

反逆する武士 uematu tubasaでございます。

皇室に男女平等だからという論理で女性天皇女系天皇に賛成されたらたまったもんじゃないですね。

そてはさておき。

ここで申し上げたいのは、「もし女系天皇もしくは女性天皇になったなら、天皇および皇室の権威が揺らぐのか? もしくは日本国民の尊敬が喪失するのか? 」という点である。

私はそうは思わない。むしろ日本の国体が強化される可能性すらあると考える。

皇位継承が安定して持続することは皇位継承が皇統における男系の男子に限られている現状よりかは確かであろうと思う。

また、私は、旧皇族復帰には反対である。

おそらく、どこの馬の骨なのかわからない人間が突如皇族になるのであるから、いわゆる保守派以外は皇族として認めない可能性が高い。

また、旧皇族男性と未婚女性皇族との縁組もはっきりいってとんでもない話と言わねばならない。

これは、私の感覚・意見というだけの話ではない。

皇室関連の書籍にも旧皇族の男性と未婚の女性皇族の縁組によって起こる国民に漂う違和感が書かれているものがある。

以前紹介した、学習院大学名誉教授 篠沢秀夫氏は男系維持(旧皇族の男性と未婚の女性皇族の縁組によっての男系維持)を主張されているが、皇位継承を考える者として見逃せない部分を

篠沢秀夫著『だから皇室は大切なのです』草思社 から引用しよう。


だから皇室は大切なのです


【・・・内親王が皇位継承者となった場合、旧宮家を含む皇室の血統を保つ男性を夫とする。・・・中略・・・
テレビの生放送のワイドショーでこの「第三の道(引用者注:内親王が皇位継承者となった場合、旧宮家を含む皇室の血統を保つ男性を夫とすることを指す)」を提案したとき、CM休憩のあいだに若い女性スタッフが、「婚約者をまわりから決めちゃうなんてひどいじゃない?」と後ろでつぶやいた。私は振り返ってその人に尋ねた。「じゃ、あなた女性天皇になるの?」彼女はあわてた。「あ、そうか、立場が違うんですよね?」

本書で述べてきた基本的な問題だ。皇室のことを考えるとき、自分の日常の立場からだけで決めつけても無意味だ。皇室の立場になって考えてみてから、判断すべきである。・・・】p217-218篠沢秀夫著『だから皇室は大切なのです』草思社

率直に伺いたい。

篠沢氏と女性スタッフのやり取りの意味が理解できるだろうか?

私は理解できない。というか意味不明である。

普通、婚約者を周り(篠沢氏は皇族会議で決めることを提案している)が決めるだなんて、この女性スタッフがこのようにつぶやいてしまうのも無理はない。というか当然だ。

私ですら、時代錯誤も甚だしいと言って反対するだろう。

日本人女性も反対するだろう(ある意味、私のような尊皇派よりも強硬に反対する可能性が高いと思われる)。

いくら皇族として生まれ、国民と共に歩まれるご覚悟があったとしても、これは許されないだろう。

確か小林よしのり氏も私と同じような主張であると記憶している。
ただ、なぜ小林氏が篠沢氏の本を参考にしなかったのか疑問である。

篠沢氏も基本的には尊皇派なのだが・・・どうしてこのような主張になってしまったのだろうか?

それには理由がある。

またいずれ明らかにすることにしましょう。

本当に皇位継承問題は考えさせられることばかりだ・・・と思われる方はクリックお願いします。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

女系天皇では国家の安定性が損なわれます

おひさしぶりです。私は一代限りの女性天皇が居ても良いと思いますが、女系天皇は絶対反対です。
女系天皇では、天皇の祖先が誰でも良いことになってしまい、男系天皇に比べ権威の正当性があいまいになります。
日本国、今後の数百年を考えるとき、いつも繁栄しているとは限りません。
動乱の時代をくぐらねばならないときもあるでしょう。
そのときに、女系天皇では、より正当な男系の皇統を旗印とする対抗勢力が出てくるのは必至です。
つまり、長き年月にわたっての国家の安定性を考えるとき、一時の考えで、権威の正当性に疑問符を付けるような制度に変更するのはやめた方が良いということです。
中世欧州の戦争の原因を見れば、王権の正当性を巡る争いと言うのが結構あります。
女系天皇を作ることは、内戦のタネを国家に埋蔵させるのと同じ事になります。
ですから女系天皇制は、日本国の存続可能性を減少させる制度となりえます。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR