対米隷従ここに極まれり! F35を次期主力戦闘機にするとのこと。

以下はmsn産経ニュースより

F35導入を内定 ステルス性能評価 最終的に2個飛行隊分の40機 防衛省
2011.12.14 23:34 [自衛隊]

F35

F35戦闘機(米ロッキード・マーチン社提供・共同)
 政府は14日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)にF35ライトニング2を選定することを決めた。16日に安全保障会議(議長・野田佳彦首相)を開き正式決定し、平成24年度予算案に4機分の取得費を計上、最終的に約40機(2個飛行隊分)を導入する。F35は性能面で候補となっていたほかの2機種を上回ることを重視したが、機体に亀裂が見つかるなど開発の遅れが不安視され、納入までには曲折もありそうだ。

 防衛省は14日、省内の審査でF35を導入することを内定したと政府・与党幹部に報告した。

 今後の手続きは、空自が(1)性能(2)経費(3)国内企業の参加形態(4)納入後の支援態勢-で、候補機を採点した結果について一川保夫防衛相に上申。省内の「機種選定調整会議」への諮問と政務三役会議を経て一川氏がF35を選定し、安保会議で正式決定した上で閣議了解する。

米英などが共同開発中のF35のほか、米海軍のFA18E/F、欧州共同開発で英独伊などが採用しているユーロファイターの3機種が候補になっていた。このうちレーダーに捕捉されにくいステルス性の高さが特徴の「第5世代戦闘機」はF35だけだった。

 防衛省の審査では、F35は最新レーダーを備え、僚機などと情報共有する「データリンクシステム」が優れていることも高く評価された。F35は1機あたりの機体価格が最も高く、ほかの2機種に比べ国内防衛産業が製造過程に加わる余地が少ないことがマイナス材料だったが、中国やロシアも第5世代機の開発を進めていることを踏まえ、F35の性能を重視した。

 シファー米国防次官補代理は13日(日本時間14日)、訪米した自民党の石原伸晃幹事長との会談で、F35の納入に関し「予定どおりにやることができる」と伝えた。


対米隷従ここに極まれり。

私がこのニュースを見たのはずいぶんと前なのですが、脱力感と嫌悪感を覚えました。

せめて日本の防衛産業が衰退しないよう祈るしかないのでしょうか?

以下もmsn産経ニュースより。


F35 空対空ミサイルとステルス性能に疑問 米国防総省内部資料
2011.12.15 20:06 [核・ミサイル事情]
 【ワシントン=佐々木類】航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として防衛省が採用を内定したF35について、米国防総省が調達・生産計画の再考を提言する内部資料を作成していたことが分かった。資料は、選定に当たり防衛省が最重視したステルス性や空対空の戦闘能力について疑問を呈する内容となっている。

 内部資料は「F35の(開発と生産の)同時遂行に関する簡易調査書」で計20ページ。11月29日付で、報告者は、国防総省のアハーン次官補代理(戦略・戦術システム担当)ら計5人。

 それによると、F35試作機の米英両軍のテストパイロットは、(1)攻撃能力(2)(被弾や事故時の)生存可能性(3)旋回や上昇など飛行性能-について、「運用上深刻な影響を及ぼす可能性」を挙げ、敵戦闘機を攻撃する空対空ミサイルの発射についても問題を指摘した。また、敵防空能力を制圧するF35の電子戦能力についても、「特別な懸念」を示している。

 空対空の攻撃能力に不可欠なステルス性のほか、とりわけ重要なのが、いち早く敵を察知し、ミサイル攻撃できる能力だが、テストパイロットらは、航空自衛隊が最重視するこれらの性能にも疑問を呈していた。

 調査書は「今後の生産を中止するような根本的なリスクは認められなかった」としながらも、これらの問題点により「設計の安定性で信頼に欠ける」と結論。「調達・生産計画の真剣な再考」を促している。

 今回、数々の問題点を指摘した内部資料の存在が明らかになったことで、日本がF35を選定しても、実戦配備の行程には不透明な部分が残されるといえる。


以下はmsn産経ニュースより

性能第一も不安だらけ 納入時期など「口約束」
2011.12.20 22:21
plc11122022230026-p1.jpg
F35ライトニング2戦闘機(ロイター)
 航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に決まったF35ライトニング2は、空自にとって悲願の「第5世代戦闘機」。性能を第一に考えれば妥当な選択だが、納入時期などは米政府の「口約束」を裏付けとしており、不安は尽きない。(半沢尚久、峯匡孝)

 「将来の航空防衛力にとって最適なものだ」

 岩崎茂航空幕僚長は20日、抑止力の面ではF35以外に選択肢はなかったことを強調した。

 確かに周辺環境は年々厳しさを増す。中国は東シナ海上空で航空優勢確保をもくろみ、ロシアも日本領空付近で示威行動を活発化させている。ともに第5世代機の開発を進め、中国は平成29年の「実戦配備」、ロシアは27年の「量産化」を目指す。5世代機の導入で後れをとれば日本の防空に隙間をつくりかねない。

 空自がF4戦闘機の後継としてF35を本命視したのはそのためだ。F4はすでに退役が始まり、28年には2個飛行隊態勢が維持できず、隙間どころか穴ができる。これ以上、FX選定の先送りも許されなかった。

 ただ、開発の遅れが指摘され、納入が28年度末に間に合わないとの指摘もある。一川保夫防衛相は記者会見で「間違いなく納期に間に合わせると確約を得ている」と強調し、懸念の払拭に躍起となったが、その根拠は心もとない。

 防衛省は米側に納入時期と性能要求を守らせる担保として(1)空幕長への誓約書提出(2)開発計画担当者の確約-を挙げるが、「空手形」になる恐れは十分ある。誓約書といえども「新たな問題が生起した」などと理由をつけ、破棄されることもあり得るからだ。

 確約も額面どおりに受け取れない。防衛省は「国防総省のF35開発計画担当デービッド・ベンレット海軍中将が『要求を満たすものを納期までに入れる』と言っている」と説明するが、今月1日に米軍事専門メディアのインタビューで機体の不具合を理由にF35の生産計画を遅らせるべきだと指摘したのは当のベンレット中将だ。米国内向けと日本向けで「二枚舌」を使ったのだろうか。

 9月にF2戦闘機の最終号機の納入を終え、国内の戦闘機の生産基盤維持も重要な評価対象だった。F35はブラックボックスだらけとされてきたが、最終組み立てに加え、機体の4割にあたる構成品製造で日本の防衛関連企業の参画を想定しているという。

 ただ、これも目標水準で「今後の交渉で目減りするのは避けられない」(防衛省幹部)と実効性を疑問視する声が上がっている。

 防衛省にとっては焦燥感にさいなまれながらの選定でもあった。FX選定作業が大詰めを迎える中、一川氏は問責決議への対応に追われ、経過報告を受けるどころではなかった。

 岩崎空幕長が「F35が最適」と一川氏に上申したのは13日。翌14日には省内で導入を内定したと政府・与党幹部に報告した。「政治主導」で真剣に検討したとは思えない。F35の機体の不具合に関する米側の“内部告発”についても一川氏が耳を傾けた形跡はない。


簡単に言うと「まだ絶望するには早すぎる」ということだ。

反逆する武士
uematu tubasaは今後も防衛相にメールをお送りすることを継続します。

応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金正恩の「母は在日」、北朝鮮国家最高機密に

『北朝鮮の新指導者、金正恩(キムジョンウン)氏の母・故高英姫(コヨンヒ)氏が「在日二世の帰国者」である事実について、朝鮮労働党・政府は最高機密扱いにし、偶像化を進める決...

コメントの投稿

非公開コメント

なぜblog主様が「対米従属」と御考えなのか、わかりかねます。
本来は、日本が独自にレベルの戦闘機を作らなければならないのですが、現状を踏まえれば、F22を売ってくれない以上、F35以外に選択肢は無いはずですが。
(様々な問題はこれから解決して行くしかないでしょう。)

それより大問題なのは、機数が少なすぎるという事です。日本の状況を考えればたった42機でどうするのかと? 420機の間違いでは?と言いたくなります
またF35計画に日本が参加していないのも不思議でなりません。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR