三連休集中連載!なぜ男系継承にこだわらなければならぬのか?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

ここで根本的なことを申し上げたい。

なぜ男系継承を維持しなければならぬのでしょうか?

このままでは悠仁親王殿下だけが皇室に残され皇位継承者がたった御一人という危険極まりない状況になるやもしれんと言うに。

「そういうものなんだ。理屈じゃない」という答えでは納得できない。
それでは日本国民になぜ男系継承なのか理解してはもらえない。

「神武天皇から一貫して男系継承が行われており、それが皇室の伝統なのであるから」
という答えがある。

しかし、それは本当なのだろうか?

女系継承の実例が実は存在している。

参考文献は 新天皇論 小林よしのり著

一例目は第37代斉明天皇(女帝)から第38代天智天皇(男帝)への皇位継承である。
天智天皇は斉明天皇の実子。

皇位が母から息子に継承されたのだから女系継承である。

二例目は第43代元明天皇(女帝)から第44代元正天皇(女帝)への皇位継承である。
元正天皇は元明天皇の実子。

皇位が母から娘に継承されたのだから女系継承である。

しかしながら、半ば強引にこれらの女系継承は男系継承であると男系絶対派は主張する。
なぜなら天智天皇は舒明天皇(男帝で斉明天皇の夫)の実子であるからして男系継承だとか言われている。

元正天皇は祖父が天武天皇であるから男系として遡って男系継承であると言われている。

ここで私なりに決定的なことを言わせてもらおう。
 もし本当に男系継承が皇室の伝統であれば、後年に「あの天皇の皇位継承は女系継承なのではないか? 」と言われるようなことはしないはずである。
 
 そうでなければ、後年に皇位継承に揺らぎが疑念が噴出し、国内が皇位継承のあり方をめぐり騒乱が生じる可能性があるからである。

 もし本当に男系絶対が皇統であるならば、女性天皇の後にその女性天皇の実子を皇位につかせるなんてことはあり得ない。
 他の男系男子を天皇にしてから、女系継承なのではないかと言われる可能性をゼロにしてから皇位継承を行うだろう。

よって男系継承は確かに継続してきた時期はあったが、皇室の伝統とは言えないのである。

それでも男系継承すべきと主張したいのなら私のような尊皇派でもわかるような根拠や理由をお教え願いたい。

明日に続く。

応援よろしくお願いします。




人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

URL一個貼り忘れました。続日本紀について書かれた記述はこちら
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/12.htm

漫画以外も読んで目を覚ましてください

よしりんの漫画に洗脳されてしまった方ですね・・・ご愁傷様です。

上の方もおっしゃっていますが、まずは『皇統は万世一系である』を読んで
適切な反論をして下さい。元明→元正が女系継承でないことは続日本紀の記述で
明らかになっています。詳しくは谷田川さんのHPをご覧になって下さい。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/01.htm

私もかつてはよしりんの大ファンで、ほとんどの著書を愛読しており新天皇論も
そのひとつでした。しかし新天皇論には反論が多数寄せられ、それをどう反論していくのか
楽しみにしていましたがよしりんは正々堂々答えず逃げ回り、同じことを繰り返すに
留まりました。それによって私も含め多数の往年のファンが離れる結果となりました。

最近のブログでは民主党の女性宮家断念に対し「わしは皇室を諦めた」とまで発言
しています。尊皇の意思のある人の発言とは思えません。ブログ主さんも一刻も早く
目を覚まして下さい。同じよしりんファンとして願っています。

男系継承とは、「神武天皇以来男系子孫のみが天皇になることができる」というもので、誰から誰に皇位を継承したのかは、関係ないのです。女性天皇から皇位を継承した場合、「女系継承」というなら、兄弟間の継承は、何系継承なのでしょうか?意味不明となりますね。
なぜこのような間違いが生じたのかというと、「皇位」の「継承」と「血統」の「継承」(父子一系)を区別できていない人が多いからです。皇位の継承は、男系・女系とは、関係ありません。血統の継承を、男系・女系で区別するのです。例えば、今上陛下の父方をたどっていくと、神武天皇にたどり着きます。この筋を、男系といいます。
天智天皇・元正天皇いずれも男系子孫なので、男系継承となります。女系子孫が皇位を継承された場合、例えば、男系の女性天皇が民間人と結婚し、お子様が生まれた場合、そのお子様は、男系子孫ではない(父方をたどっても、神武天皇にたどりつかない。)ので、男系継承ではない、母方のみ皇統に属するので、女系継承である、ということになります。

まず、神皇正統記を読んで、「まことの継体」と「凡その承運」の違いを理解しましょう。「まことの継体」が、ここでいう「父子一系」であり、「男系継承」であります。

よしりんの本だけでは説得にかけますよ

も少し勉強しなさい

皇位継承において男系が追求されていたのは明治以降なので、今のままで大丈夫です

舒明天皇(34)
      |-天智天皇(38)
斉明天皇(37)       |-元明天皇(43)
          蘇我姪娘       |-元正天皇(44)
              天武天皇-草壁皇子

図にするとこうなっています。見て分かるとおり、女性天皇の父親は全て天皇または皇子つまり皇位継承権のある皇族です。そして1例目も2例目も、皇位は父親が天皇または皇族の人に渡っているので男系であると言えるのではないでしょうか?

言葉が増えて定義が曖昧になってもおかしくなるので、女系継承と女系宮家と女系天皇の定義を再確認してもいいかもしれません。

残念乍ら…

小林さんは女系天皇論で破綻しています。きちんとしたものでしたら『皇統は万世一系である』谷田川 惣(やたがわ おさむ)著(日新報道)をお薦め致します。

なるほど、ご指摘には一理も二理もありますね。
整理すると大多数の「男系継承男系天皇」と2人の「女系継承男系天皇」にわかれるわけですね。
平安時代から現代に至るまで「男系継承男系天皇」というのが一点。
次に「女系継承女系天皇」が存在していないというのがニ点。

これでもまだ女系継承女系天皇でも良いと仰るなら、「藤原不比等は天智天皇の実子だった説」の証拠固めをしてください。
藤原不比等の子孫である私に皇位継承権がめぐってくるかもしれないので。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR