よーめん閣下の橋下徹氏への警告エントリーに関して思うこと 橋下徹氏は支持できない理由が3点ある

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

風邪ぎみです。

今日は部屋の掃除と整理整頓で汗を流しました。

さて今回のエントリーですが、よーめん閣下の最新エントリーのコメント数がヤバイです。
賛否両論を巻き起こしているようですね。

以下よーめん閣下のブログから一部転載致します。


橋下に強く警告する

将来橋下の首が切断され校門に置かれる事件が起きる前に


橋下市長「勉強の出来ない子は留年させよ」と教育委員会に指示?!

自分の子が留年させられたらどうよ?

橋下市長:小中学生に留年検討 大阪市教委に指示
>

大阪市の橋下徹市長が、小中学生であっても目標の学力レベルに達しない場合は留年させるべきだとして、義務教育課程での留年を検討するよう市教委に指示していたことが分かった。法的には可能だが、文部科学省は年齢に応じた進級を基本としており、実際の例はほとんどないという。

 橋下市長は、市教委幹部へのメールで「義務教育で本当に必要なのは、きちんと目標レベルに達するまで面倒を見ること」「留年は子供のため」などと指摘。留年について弾力的に考えるよう伝えた。

 文科省によると、学校教育法施行規則は、各学年の修了や卒業は児童生徒の平素の成績を評価して認定するよう定めており、校長の判断次第では留年も可能。外国籍の生徒で保護者が強く望んだ場合などに検討されることがあるという。

 市教委も「学校長の判断で原級留置(留年)できる」としているが、実際は病気などで出席日数がゼロでも進級させているという。担当者は「昔は長期の病気欠席などでごくまれにあったと聞いているが、子供への精神的影響も大きい」と話している。
 橋下市長は22日に予定されている教育委員との懇談で義務教育課程での留年について提案、意見を求める予定という。【林由紀子】
>
http://mainichi.jp/life/edu/news/20120222k0000e040179000c.html


そして今日 意見交換



橋下市長“義務教育の留年検討を”

(2月23日 4時1分)
意見交換の中で、大阪市の橋下市長は、小学校や中学校の義務教育で学力が追いつかない児童・生徒については、留年させることが必要だと主張しました。
これに対し、大阪市の矢野教育委員長は、「フランスでは小学校で留年する制度を取り入れてきたが、子どもにとっては逆効果で、学力への意欲をそいでしまった。学力に課題のある子どもには個別に対応して、学力を上げるようにしている」と否定的な意見を述べました。
こうした意見を受けて、橋下市長は「学年を落とすのが難しいなら、学力の追いついていない子どもを一定期間集めて、特別学級を設け、集中的に指導するとか、学校ごとに習熟度別の指導を行ってもらいたい」と述べ、まずは習熟度別の指導などの対策を取ったうえで、将来的には留年も含めて検討するよう、教育委員に求めました。(後略)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120223/t10013220391000.html




よーめんの小学生時代も似たような事があった?!

昔、自分よーめんが通っていた小学校で小学五年のある日いきなり算数の授業だけ成績に応じて教室別にクラス編成を行い成績別に別けたクラスで授業をする事になりました。まあまあ大きな小学校で各学年5クラスありました。1クラスが一番成績の良い生徒が入るクラスで2、3、と成績の悪い順に振り分けられ最後5クラスが一番成績の悪い子が入るクラスでした。

その後、成績の良いクラスはエリート教室やエリートクラスと呼ばれ。成績の一番悪いクラスはゲッ班(ゲッパン)教室やおちこぼれクラスと呼ばれるようになりました。自分よーめんはかろうじてそのゲッパン教室に入っていませんでしたが。定期テストの結果に寄り常に入れ替えするらしいので”明日は我が身”という恐怖で恐れおののきました。

まずいのは自分の友達らがそのゲッパン教室に入れられていたわけでその算数の授業が終わって通常のクラスに戻って来た時は痛々しくて友の顔を見る事が出来ませんでした。
算数の授業終了後の友達らの顔はみんな赤みをおびて引き攣っていました。自分も気まずくて言葉を掛ける事も出来ませんでした。自分も友達も心で泣いていた状態です。
恐らくその算数の授業のある日は地獄だったのではないでしょうか。それから1ヶ月ほどして保護者の激しい苦情で中止になりました。そのゲッパン教室の子の不登校で親が知ったのです。

今にして思えばその時の生徒らの精神的苦痛は今も心のどこかにあり忘れていないのでは無いかと考えます。

というより、もし自分よーめんがその最後のクラスに放り込まれていたならこれは大変な事で大人になってから報復攻撃を行っていた可能性が高いです。”お礼参り”というやつです。当時誰がそのような事を言い出したのか?今も突き止めて話をしたいです。
「世界最悪のテロリストになるか。テロリストを退治する側になるか」はまさにこの一瞬!にあったのです。これは決して大袈裟では無い

それほどのものなのに橋下の留年指示は決定的で致命傷です。


ある一人の何の落ち度も無い子がいきなりダメ人間のレッテルを貼られ地獄に突き落とされるのです。「勉強が出来ないというくだらない理由」だけでです。 学校卒業後も履歴書の卒業年齢と実際の年齢が合わずまずいのです。その学年だけの問題では済まないのです。

発明王トーマスエジソンは小学校を途中で退学させられたのに科学知識がもっとも必要な発明家になりました.小学校を途中で退学させられた理由はバカだからだそうです。
またフォード自動車創業者のヘンリーフオードも学歴は無くマスコミに「彼は無学で無能だ」と言われた事で名誉毀損で裁判をしています。訴えられたマスコミは彼の無学と無能を証明するために学歴が必要な様々な質問を裁判所でフォードに浴びせました。それに対してフォードは「フォード自動車の私の部屋に来たまえ。自分のデスクにある10のボタンを押すだけであらゆる分野の専門家が飛んで来て君たちが今私にした馬鹿げた質問に答えてくれる。私の仕事は一つ一つのボタンの押し間違いをしないようにするだけだ。その私が何故馬鹿げた質問にいちいち答えなければならいのか?」と言いました。
裁判の判決は言うに及ばずです。


今、「勉強が出来ないというくだらない理由」と申しましたが。フォードの例でお分かり頂けたと思いますが。

好んで生まれてきたわけで無いのに得意不得意の違いでバカにされたり少しでも精神的ショックを子供達が受けるいわれはありません。


もし極右軍事政権になった途端によーめん総統なるお方が「100メートル競争である一定の基準以下の者は留年させる」と言っているのと同じほど馬鹿げた事なのです。

「それが嫌なら努力すれば?!」」や「それが子供の為」という履き違えた論理は通りません。持って生まれた物は、ある者は勉強に向いている。ある者は100メートル競争に向いている。ある者は工作に向いている。ある者は音楽に向いている。得意不得意は人それぞれあり、たまたま己が勉強に向いていただけの橋下は履き違えしてはいけません。

新しい学年に進級出来ないという”留年”は成績別に授業をする以上の厳しいペナルテイーであり。「自分の友が、あるいは自分が、あるいは自分の子が、」留年させられたらどうしますか。


橋下がキチガイ政治家になったおりには天誅を下すことになります。

橋下のコレまでの「教師らの国歌斉唱時における不起立問題」等の対応は喜んでいただけに残念です。

一刻も早く目を覚ましてまっとうな愛国者の道を歩んでもらいたいものです。




今日の一言

 「今日の大きな問題を決めるのは、演説でもなく多数決でも無く・・・・鉄と血である」
                
                  オットー・フォーン・ビスマルク(ドイツ帝国初代宰相)


よーめん閣下は明確に橋下徹氏の「留年」に対して反対していらっしゃいます。

さて、uematu tubasaは?

私も基本的には反対です。

例えば、成績が悪い児童が「宿題を通常よりも多く提出することを要求される」「補習を義務化」とかなら理解できますが、この留年は過激すぎて(uematu tubasaに過激だなんだ言われる人間なんて本当に一握りっすよ? )賛同できません。

まず、プレッシャーが半端ないでしょう。

大学生とかなら留年、一浪、二浪なんて当たり前に存在しておりますから精神的負担など微々たるものです。

でも小学生で留年は精神が蝕まれるでしょう。

しかも、留年だと、留年した後、頑張って成績が回復したって飛び級できないですから、リカバリーできないですよ。

留年児童がいじめの対象になりますよ?
もちろん、どのような児童が留年に該当するのかという基準次第ですがね。

橋下氏は弁護士になるほどにお方ですから、勉強できない人間のことがわからないのでしょうか?
そんなことはないと思いますが・・・

ちなみにuematu tubasaもよーめん閣下と同じく、中学生時代、英語と数学でクラス分けされてました。

ちなみに成績がいいクラスと悪いクラスという分け方がされてたわけではありませんでした。

それでもやってる問題の難易度が違うので、成績分けだったのかなと今になって思うのです。

ちなみに私は中学時代は偏差値も64ぐらいだったので、全く勉強で苦労したことが中学時代はありませんでした。

その後、高校ですごく苦労して偏差値も49ぐらいまで下がってしまうのですがね。
それでもセンター試験直前で50点以上伸ばし、某地方国立大学に入学するのは後日詳しくお話し致します。

現場からの声

私の父は小学校の教員をやっております。

なので学校現場での仕事の多さ(本当に殺人的)保護者からのクレーム(いわゆるモンスターペアレント)で大変なのです。

これで留年などやってみてごらんなさい。

教員の離職率跳ね上がりますよ。身分保障とかがある公務員ですけど、それに見合った仕事量をこなしている人間がほとんどですよ。

公務員いじめもここらへんで止めにしませんか?

話は変わって大阪維新の会が国政進出を決めております。

政権公約その他を考慮した結果、断固反対を表明致します。
詳しくはuematu tubasaのツイッターを参照してください。

最近皇統の問題と次期主力戦闘機選定問題が大いに揺れ動いております。

体調を万全にして、やって行きたいです。

以上、応援よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同情は罪である(ニーチェ)

1つは「放任して自主的に伸ばす教育」、「ゆとり教育」が失敗した反動で
「叩けば叩くほどがんばるだろうなスパルタ教育」が出てきたのだと思います。

2つは学級崩壊させるワルでイケイケなモンスターチャイルドを排除したいのかも。
こっちは留年じゃなくて義務教育でも退学とかゲットー(隔離)が必要。

ま、異様に勉強しない・できないやつって大抵は非行か池沼と相場が決まってますから、
犯罪者予備軍として六芒星の刺青でもしといたほうがいいかも知れません。 :))

大学生氏へ

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりと思います。

さすがに強者の論理が過ぎるのではないかと。

高校・大学で留年があるのは良いと思いますし、当然とも思います。しかし、義務教育期間であり、なおかつ年齢的に考えて留年させることによる精神的なデメリットも大きいものと思います。現実問題として中学までで全く勉強ができなくても、極端な話高校に進学してからでも本人のやりよう、能力により、どんな底辺校からでも上級の大学に入ることも可能でしょう。逆に、どんなに留年させても、やらない(できない)人はいつまでもできませんから留年させるだけ無駄でしょう。
むしろ、ゆとり教育で削られたカリキュラムの復活を推進してもらいたいものです。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR