シナ共産党が平和を語るな馬鹿野郎!衛星破壊が平和に貢献するのか?そんなわけない!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。以下はMSN産経ニュースより

特別記者・千野境子 宇宙に向かう「安全保障」
2012.3.24 03:17

平和を語るやましい国


 軍拡や領海侵犯を行いながら「平和的台頭」を臆面もなく言う国、実際は弾道ミサイルを発射するのに「宇宙の平和利用だ」と強弁する国など、とかくやましい国ほど平和を口にする。

 しかし平和を云々(うんぬん)する前に自らの行動に規範が求められるのは、海洋も宇宙も同じである。そして海洋に比べて遅れていた宇宙の行動規範作りが、米欧を中心にようやく動き始めた。

 今月末、宇宙空間を民生・安全保障の両面から律しようとの行動規範策定のための準備会合が、欧州連合(EU)の呼びかけで日米豪が参加しブリュッセルで開かれる。多国間の議論を広げるべくインドやブラジルにも声をかけているが、案の定というべきか中国とロシアの参加は望み薄という。

 実は中露は機先を制するように、国連ジュネーブ軍縮会議に共同で条約草案を提出ずみだ。「よく読むと米国のミサイル防衛(MD)阻止の意図が明らか」(関係者)という代物で、宇宙空間の開発・利用をめぐって新冷戦時代の様相も呈している。


世界に衝撃のASAT


 宇宙空間の規範作りが焦眉の急となった契機は、中国による衛星攻撃兵器(ASAT)の実験成功だ。2007年1月、中国は国際社会に予告することなく、自国の老朽化した気象衛星をASATで破壊し、多量のスペース・デブリ(宇宙ゴミ)を生じさせた。
現在、宇宙空間には約50万個(直径5センチ前後)のデブリがあって地球の周りを飛んでおり、多くは燃え落ちるが、大きなものは燃えないで落下する。

 もし有人宇宙船と衝突すれば大変なことになるし、どこに落ちるか分からないのも問題だ。デブリは年々増加しており、その危険性はかねて指摘されてきた。

 中国の破壊実験で出た大量のデブリも大半は軌道上に残ったままという。

 しかし世界が衝撃を受けたのはデブリの問題だけではない。実験成功は中国が他国の衛星を撃ち落とす能力を獲得したことを意味し、それが各国を震撼(しんかん)させたのである。中国は05年7月と06年2月にも同様の実験を行ったが、この時は失敗したとされる(防衛研究所編「中国安全保障レポート」)。また宇宙空間で実験を断りなく行ったのも中国が初めてだ。

 先のジュネーブ軍縮会議への中露による条約草案提出は、実験の翌年2月。題名は「宇宙空間における兵器配備、宇宙空間の物体に対する武力行使または行使の威嚇を防止する」というのだから、まるで自作自演である。


日本の対応と国際協力


 こうして米欧が宇宙空間の活動への対応を急ぐ中、平和を違った意味でだが多言してきた日本も、さすがに軌道修正しつつある。

 今国会に提出の宇宙航空研究開発機構(JAXA)設置法改正案もその一つだ。宇宙の開発・利用を「平和目的に限る」とした規定を削除し、範囲を広げて防衛への利用も可能にする。

もともと宇宙の開発・利用は冷戦下、米ソの軍事競争から始まった。ところが日本は平和目的に特化、裏表なしで平和に邁進(まいしん)した。それはそれで悪いことではないし、当時の内外情勢からはやむを得なくもあった。問題は一緒に防衛や安全保障の取り組みまで怠ってしまったことだろう。

 考えてみればこれは原子力の開発・利用にも通じそうな話だ。日本は原子力も平和利用に限り、原発のみ推進し、本質的には同じである核兵器という軍事利用は除外した。これも当時、それ以外の選択肢はなかったといえるが、結果的には原発の安全への過信と甘い事故対応を招く一因となった。平和利用だから事故は起きまいと思ったわけではないにしても。

 さらに宇宙外交に積極的に取り組む動きもある。新興国に対して政府開発援助(ODA)を使い、地震、環境、防災などグローバルな課題で国際協力を推進し、併せて市場拡大も目指すものだ。

 また昨年6月の「2+2」で宇宙を利用した安保協力の推進を申し合わせた日米は、宇宙枠組協定の締結に向けて交渉を開始した。これらのため近く外務省には「宇宙外交推進室」が発足する。

 ブリュッセルの準備会合にEUが提出する行動規範草案は、衛星の衝突やデブリのリスク低減のため、意図的な宇宙物体破壊の自制や被影響国へのタイムリーな通報、潜在的被害国による協議申し立てなど一般的措置や協力のメカニズムを盛り込んでいる。

 ただし行動規範であり残念ながら法的拘束力はない。予防外交に例えれば信頼醸成という第1段階だ。国際社会の結束を急がないと、やましい“平和国家”が跋扈(ばっこ)することになりかねない。(ちの けいこ)

 
 >>しかし世界が衝撃を受けたのはデブリの問題だけではない。実験成功は中国が他国の衛星を撃ち落とす能力を獲得したことを意味し、それが各国を震撼(しんかん)させたのである。
これはつまり、衛星を打ち落とせる国家にMD(ミサイル防衛)は機能しないということなのです。

MDとは高速移動する弾道ミサイルを迎撃するわけですから、弾道ミサイルの移動方向、移動スピード、現在どこに弾道ミサイルが存在しているのか、といった諸々の情報を衛星や地上のレーダーで把握しなければなりません。

本当に核攻撃を伴う戦争に発展したら、地上のレーダーも破壊されますし、衛星も破壊されてしまうのは確実でしょう。

ミサイルを迎撃できるわけないじゃん。

ミサイルがどこにいるのか把握できないのだから。

MDがあるから核武装しなくていいという戯言には騙されないようによろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR