民主党をぶっ壊せ!こんなヘタレ集団に日本防衛を任せてはならない!尖閣諸島国購入に異論だと? 中国に論争をふっかけてぶった切る人間はいないのか?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120422/plc12042222190010-n1.htm

焦る民主党政権 日中関係懸念で国購入に異論も
2012.4.22 22:17
 東京都の石原慎太郎知事による沖縄・尖閣諸島の購入方針表明を受け、政権が焦りを募らせている。野田佳彦首相は当初こそ国による買い取りに含みを持たせたが、5月中旬に訪中を予定していることもあり一気に腰砕けになった。民主党の輿石東幹事長らは今年の日中国交正常化40周年を機に「日中新時代」の構築に動いていただけに「中国を刺激することは避けたい」のが本音。新党構想を温める石原氏は外交面でも政権を大きく揺さぶっている。

 「われわれが騒げば騒ぐほど中国はますます『領土をめぐり紛争中だ』と主張し、同じ土俵に乗ってしまう。静かにきちっと抑止力を含めて守りを固めていくのが重要ではないか」

 長島昭久首相補佐官は22日のフジテレビ「新報道2001」で尖閣購入問題を問われるといきなり言葉を濁した。民主党きっての外交・防衛通がこれでは後は言うに及ばない。

 政府・与党も初めは威勢がよかった。藤村修官房長官は17日午後の記者会見で「必要なら前へ進めることも十分ある」と国による買い取りをにおわせ、野田首相も18日の衆院予算委員会で「あらゆる検討をする」と断じた。ところが、玄葉光一郎外相が同日夕の記者会見で「日中の安定的な発展に影響を与えることのないように大局的に冷静に対応する」とくぎを刺すと、買い取りに関する発言はパタリと止まった。ある政務三役は「着々と実効支配の既成事実を積み上げているんだからワーワー言う必要なんてない」と語るが、中国側の反発がよほどこたえたようにみえる。

平成22年9月の中国漁船衝突事件で日中関係が冷え切った後、民主党政権は関係改善に腐心してきた。今年秋に習近平中国国家副主席の共産党総書記就任が確実なだけに、政権移行期を利用してまず民主党の中国共産党との政党間外交の礎を築き、政府間の絆を強固にしようと考えたわけだ。

 3月23日に輿石幹事長が北京で習氏と個別会談したのはその布石。政府が昨年8月に排他的経済水域(EEZ)の基点となる離島23カ所を国有財産化した際、尖閣周辺4島を除外したのも関係改善へのシグナルだった。

 そんな“配慮”を重ねたかいもあって、7日の中国・寧波での日中外相会談で、東シナ海での危機管理メカニズム構築に向けた事務レベル協議の初会合を5月中旬に開くことで合意。それだけにある政府高官は「都の尖閣購入問題によりすべて台無しになりかねない」と憤りを隠さない。

 都の購入表明により、もう一つ懸念が生じた。政府は16年4月に「あらかじめ認める場合を除き上陸等を禁ずる」とする内閣参事官通達を出したが、これは国が所有者と賃借契約を結んでいることが前提の措置。都の所有地になれば石原氏が次々に上陸許可を出す可能性は十分ある。

 石原氏は「正式取得は来年4月」と言っていることもあり、政府は当面静観の構えだ。この「事なかれ主義」こそが事態悪化を招いてきたとの認識はない。(杉本康士)


つまり、中国からの圧力に耐えられない民主党政権は事なかれ主義で静観するしかないと。

もうてめえら政治家辞めちまえよ!

他国からの圧力がかかったからといって日本固有の領土を購入して政府の管理下に置くすらできないなら辞めちまえ!

シナ人に誠心誠意話し合えばわかるといった甘い態度は侮蔑を招くだけだ!
シナ人に対しては完膚なきまでに論破して、絶対に引き下がらないといった強気の姿勢を維持することが重要である。

私が大学生の時のとあるエピソードをご紹介しよう!

私が大学1年生でとあるゼミナールに所属していた時のことである。
そのゼミナールは大学側で配属先が決定され、私は仕方なくシナ人教授(企業組織関連の研究でそこそこ名の知れたお人)のゼミに配属しなければならなかった。

かといって入学したてで問題を起こしたらさすがにやばいからおとなしく従っていたのだが、その当時話題になっていた「東国原英夫宮崎県知事(当時)が当選した理由」というお話になったときに私はそのシナ人教授に噛みついた。←なんでこんな話になったのかは不明。

シナ人教授が言うことにゃ「東国原は人気があったから当選したにすぎない」
uematu tubasaが言うには「それは違う。前職の知事の汚職が原因でクリーンな東国原が選ばれた、知名度もあるが主因ではない」

私は一歩も引かなかった。

「私が正しい、あなたが間違っている」という態度をとり続けた。

その話自体はうやむやになってしまったが、その後そのシナ人教授から「うちのゼミや授業に来ないか? 」と誘われたのは言うまでもない。ある意味敬意を獲得した。

シナ人は日本人の誠意ある態度を卑屈と見る。
シナ人は日本人の傲慢な態度を立派な自己主張を持った人材と見るのである。

大学に入学してよかったと思うのはこのような外国人との交流で外国人のメンタリティーを学ぶことができたからである。

シナ人には論争をふかっけろ!完膚なきまでに叩き潰せ!なんなら私がやってもいいぞ!

尖閣諸島でグダグダ行ってきやがったらニコニコ動画上で公開討論とかすればいいのではないか?

日本のネットユーザーが応援すること請け合いである。

非力ながら私も参戦しようじゃないか(笑)。

よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【民主党をぶっ壊せ!こんなヘタレ集団に日本防衛を任せてはならない!尖閣諸島国購入に異論だと? 中国に論】

大変お世話になっております。反逆する武士uematutubasaです。以下はMSN産経ニュースよりhttp://sankei原慎太郎知事による沖縄・尖閣諸島の購入方針表明を受け、政権が焦りを募らせている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR