F35の価格上昇が・・・費用対効果を考えなければいけないときに来ているのではなかろうか? ユーロファイターだったら何機買えたのだろうか?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120503/plc12050321280027-n1.htm

価格上昇のF35、日本への売却総額8000億円 米国防総省見直し
2012.5.3 21:27 [安全保障]

F35.jpg
最新鋭ステルス戦闘機F35(米ロッキード・マーチン社提供)
 【ワシントン=佐々木類】米国防総省は2日、量産体制の2年遅延が判明している最新鋭ステルス戦闘機F35について、日本が導入を予定している42機の売却額が計100億ドル(約8千億円)に上るとの見通しを議会に報告した。日本への売却額の総計を明らかにしたのは初めて。近く日本政府に通知する方針だが、日本側が文書で確約を求めている価格維持と納期の順守について、どこまで具体的に明記するかが焦点だ。

 議会への報告は、国防総省の下部組織である国防安全保障協力局が4月30日付で行った。日本向けのF35Aには軍事衛星などと連携して即時に戦闘状況を把握できる電子機器が搭載され、売却額にはパイロットの訓練費も含まれるとした。

 単純計算だと、1機当たり2億3800万ドル(約190億円)となるが、焦点の単価については、「明らかにできない」(国防総省担当者)としている。

 防衛省の資料によると、日本政府は1機当たりの機体単価は89億円として、昨年12月にF35の導入を内定した。

しかし、最新の2013会計年度予算教書によると、1機当たり約1億4700万ドル(約117億円)に上り、関連部品を含めると1機当たり約1億7100万ドルだ。防衛省が購入価格の根拠としている2012会計年度予算教書における見積額約1億700万ドルより38%も価格が上昇。日本への売却額は手数料などを加算するほか、米側が価格変更しても日本側が違反に問えない有償援助(FMS)のため、米軍の購入価格より高値となるのは必至だ。

 防衛省は今年2月、徳地秀士経理装備局長がケンダル米国防次官(調達・技術担当)宛てに書簡を送付。価格維持と納期の確約を求める一方、田中直紀防衛相も導入中止もあり得るとの考えを表明したが、米側は正式に回答していない。

 F35をめぐっては、米軍自体が5年間で179機分の調達先送りを決めたほか、カナダ政府が調達計画に不備があったとして導入計画を凍結。共同開発国のイタリアも調達の見直しを進めている。


>>米側が価格変更しても日本側が違反に問えない有償援助(FMS)のため、米軍の購入価格より高値となるのは必至だ。

援助なのです。独立主権国家の戦闘機としてどうなのか? という問題がございます。

また、アメリカが価格変更しても日本側が違反に問えないって通常の購入契約ではありえないですよ。

民間企業で働いたことのある人間だったら即座に契約をぶち破るでしょう。


>>F35をめぐっては、米軍自体が5年間で179機分の調達先送りを決めたほか、カナダ政府が調達計画に不備があったとして導入計画を凍結。共同開発国のイタリアも調達の見直しを進めている。

確かオーストラリアも延期だったような? と思っておりましたら以下のMSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120503/asi12050313530000-n1.htm


豪、F35調達を延期 黒字化目指し国防費削減
2012.5.3 13:52
 オーストラリア政府は3日、最新鋭ステルス戦闘機F35の調達を延期する方針を明らかにした。政府は早期の財政黒字化を目標に掲げており、国防費も削減対象にする考え。F35は日本でも航空自衛隊の次期主力戦闘機に決まっているが、価格上昇などへの懸念から調達計画を見直す国が相次いでいる。

 地元メディアによると、オーストラリア国軍が調達予定の14機のうち、米国内での訓練用の2機を除く12機の納入を2年遅らせる。当初は2015~17年の納入を予定していたため、19年ごろまで遅れる可能性がある。

 オーストラリア政府は2012会計年度(12年7月~13年6月)に財政を黒字化する目標を設定。同会計年度の予算案を来週発表する予定。(共同)

日本は中国、北朝鮮、韓国、ロシアという仮想敵国に囲まれており、領空侵犯なんて日常茶飯事なのであります。

つまり、次期主力戦闘機選定は急務なのであります。

できるだけ、安く、強くて、汎用性の高いマルチロール機を選定しなければならないはずなのです。

だから私はユーロファイターを次期主力にと主張していたのです。

田中防衛大臣はとっとと辞められた方がいいと存じますが、F35の購入をぶっちぎるという荒業をなさってから辞任してくださいますようお願い申し上げます。


参考過去のエントリー

田中防衛大臣の英断を期待する!次期主力戦闘機選定問題に異常あり!
次期主力戦闘機選定問題に新展開!

以上、よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【F35の価格上昇が・・・費用対効果を考えなければいけないときに来ているのではなかろうか? ユーロファイ】

大変お世話になっております。反逆する武士uematutubasaです。以下はMSN産経ニュースよりhttp://sankeis/news/120503/plc12050321280027-n1.htm価格上昇のF35、日本への売却総額8000億円米国防総省見直し2012....

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR