核武装した後の外交政策としての日露協商を考える!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

今日は年金の手続きしなきゃならないので気が重いのです。

以下はMSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120508/erp12050800320000-n1.htm


再登板 課題と野心と 
2012.5.8 00:30 [ロシア]
ロシア

6日、モスクワ市内で開かれた反政権集会で、プーチン氏出身地のサンクトペテルブルフから参加した市民ら(佐々木正明撮影)
 
 【モスクワ=佐々木正明、遠藤良介】ソ連崩壊後の混乱を収めた「救国者」を自任するプーチン氏。最長で12年となる可能性がある大統領在職中に目指すのは、世界が認める大国ロシアの復活だ。しかし、返り咲きを果たした2012年のロシアは、エリツィン元大統領から政権を引き継いだ00年とは、いくつかの重要な点で異なる状況にある。


ネット族台頭


 大統領選で64%を得票して「圧勝」したプーチン氏だが、最大の脅威となるのは都市部で伸長する中産階層の反政権機運だ。モスクワでは昨年12月、下院選の不正疑惑を機に、強権支配の長期化や深刻な汚職などに抗議する大規模デモが続発し、政権を驚かせた。

 大統領選でプーチン氏は、1990年代に混乱と貧困にあえいだロシアに安定をもたらした業績を強調。だが、同氏のモスクワでの得票率が過半数を割り込んだように、「安定」に飽き足らない層が政治参加を求めて声を上げ始めている。

モスクワでは6日、2万人規模のデモが行われて400人が拘束されたのに続き、7日も120人近いデモ参加者が一時拘束されており、不満はくすぶり続けているようにみえる。

 プーチン氏の支持基盤は国営テレビの官製報道に依存する地方住民や国営企業従業員、公務員といった人々が中心で、政府の統制が効かないインターネットを情報源とする都市部の若年層ら、「ネット族」の挑戦を受けているのだ。


前回と別人?


 プーチン氏が通算3期目となる大統領選に打って出た背景には、「まだやるべき仕事がある」との使命感もうかがえる。7日の就任式で、「われわれは根本的に異なる水準と質、規模の課題を解決せねばならない」と演説した。

 一部識者の間では、政治・経済の国家統制を推し進めた前回の大統領期とは、まったく別の側面をみせるとの期待がある。

だが、政権の長期化に伴って、「プーチン氏は自らと取り巻きの(既得権益の)損失を恐れ、権力を去るに去れない状態に陥っている。もはや現状維持が精いっぱいだ」(専門家)との指摘もまた、根強い。

 政治・経済の改革が不十分な場合、反政権派が勢いづく恐れがある。さらに、政権内部のエリートの間にも、改革の方向性ではさまざまな意見があるとみられ、政権運営が順調にいくかは不透明な部分もある。


ユーラシアの「極」


 プーチン氏は前回大統領期から、米国の「一極支配」に反発して「多極化世界」の概念を力説してきた。プーチン新政権のロシアは、欧米との対立も辞さずに、国益を前面に打ち出した大国路線を邁進(まいしん)するものとみられる。

 他方、自国が「極」の一つとして生き残るために、プーチン氏が重視するのがアジア太平洋諸国との関係拡大だ。欧州連合(EU)と中国という「極」のはざまで埋没しないために、新政権は日本など中国以外の国々と経済関係を深め、その協力を経て人口の希薄な極東・東シベリア地域の発展につなげたい考えだ。

9月に極東ウラジオストクで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議は、ロシアのそうした「東方政策」を象徴するイベントとなる。

 プーチン氏が旧ソ連近隣諸国を経済的に統合して「ユーラシア連合」を創設する構想をぶち上げているのも、この地域で欧米や中国の影響力を排し、ユーラシアの盟主として地歩を固める狙いからだ。

 足元に大きな不安を抱えながらも、野心に満ちたプーチン政権が船出した。


たまにはロシア分析もしなければなりません。

よってロシアをuematu tubasa流に分析します。

ロシアの対外的脅威=EU(NATO)の東方拡大+中国の勃興+日本との国境紛争という三正面対立状態

ロシアの国内的不安要素=石油や天然ガス依存の経済体制、少子低年齢化、反体制派の増大

これが現在の私のロシア分析です。

めっさ簡単ですよね(笑)。

ここで私が主張したいのは、核武装した後の外交政策として日露協商を構築すべきなのではないかということです。

より具体的には「中国の脅威に対抗すべきという共通認識に基づいて、中露離反を促進させ、様々な分野での日露協力体制を構築して中国に共同で対処する。
 もちろん北方領土の四島一括奪還のための国際世論作り、ロシア国内に多数存在する反体制派を資金供与などで親日ロシアンマフィアに仕立て上げ、北方領土奪還を虎視眈々と狙いながら・・・」
となります。

もともと核武装の後の外交政策(同盟関係の多角化)のために日印同盟と日露協商の構築は国際政治アナリスト伊藤貫氏が主張されていたことです。

地政学的に考えると納得の外交政策なのです。中国を北と南で挟み込む形になりますので。

しかもロシアは核武装国家で親日度合が意外に高いのです。

リアリスト外交に好き嫌いの感情なんていらないのです。日本の国益のために協力するという割り切りが必要でしょう。

もちろんロシアは尚武の国なので「武力無き国家」とは対等な外交関係を構築する気がありません。

なので日本が核武装国家になって「モスクワに報復核攻撃できる国家」にならなければ日露協商を構築できません。

やはり核武装は必須でしょう。
それと私なりに考えた「核武装した後の外交政策」には日台国防協定、日本とカザフスタンの協商、ASEAN(特にベトナム)との緊密化が盛り込まれております。

それらは後日論じたいと考えます。

よろしければクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【核武装した後の外交政策としての日露協商を考える!】

大変お世話になっております。反逆する武士uematu tubasaです。今日は年金の手続きしなきゃならないので気が重いのです。以下はMSN産経ニュースよりhttp://sankei.jp.msn.com/world/news/120508/erp1205080...

コメントの投稿

非公開コメント

選挙の年なだけにいろいろと動きますね。ついでに日本も総選挙をやればいいのにとか思ったりします。

北方4島返還に関してアメリカは日本側に着くと思いますが、2国間の問題で、しかも国境問題に関して他の国が口を出すことはほとんど無いでしょうし、国際世論をと言うのも難しいと思います。本気で4島返還を考えたら戦争に勝つしかないでしょう。最近のロシア動きを見ると、近いうちに2島返還で北方問題を解決しようとしているんじゃないかと思ったりします。

ロシアが特に親日という話は聞いたことが無いですが、中国に対してロシアと協力はできると思いますし、インドとの協力体制も徐々に進んでいます。
しかし、核武装をした場合、多かれ少なかれ、初期の核保有国である常任理事国からの批判と攻撃があるでしょう。ロシアももちろんその中の一国ですから、日本が核武装に至った場合、どこまで協力できるか、むしろ日本が孤立しないかという不安があります。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR