ウイグルとの連携で中国を追い詰めよ! 中国からの抗議は撥ねつけるべき!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

面接が終了致しました。
少し精神的に落ち着きました。

そんなわけで以下はWSJ 日本版より
http://jp.wsj.com/World/China/node_443203?mod=WSJ3items


日中関係がまた緊張-ウイグルめぐり
2012年 5月 16日 8:49 JST

【東京】日本と中国との関係に再び緊張の兆しがみられ、経済関係を強化しようという動きに影が差している。

Agence France-Presse/Getty Images
世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長
女子

 中国は、亡命ウイグル人による東京での「世界ウイグル会議」代表大会の開催を激しく非難している。同国はこのグループが「反中国の分離主義組織」とみている。日本政府はこれが民間の組織だとして、その活動に介入するつもりはないとしている。

 中国の新疆ウイグル自治区はここ数年、同国で最も不安定な地域の1つになっており、暴動によって少数派のウイグル族―その多くはイスラム教徒でトルコと文化的に緊密な関係にある―と多数派の漢民族のいずれにも死者が出ている。中国政府は、暴動の責任は世界ウイグル会議にあるとしている。同政府がこの地域への投資促進キャンペーンに着手、漢族の起業家たちがここに流入しつつあり、ウイグル人たちの抵抗が激化している。

 日本政府のウイグル人への対応に反発していることを示すため、中国は13日に胡錦濤国家主席と野田佳彦首相との北京での首脳会談を設定しなかった。北京では日中と韓国が自由貿易協定(FTA)の正式交渉を開始することで合意していた。胡錦濤主席は一方で李明博韓国大統領と会談しており、日本の当局者をいら立たせている。

 さらに、15日に予定されていた中国の楊外相と同国を訪問している経団連の米倉弘昌会長の会談が急きょキャンセルされた。中国側からのコメントは出ていない。

 日中関係は、日本で大震災が発生したあとしばらくは穏やかだったが、過去数カ月間に再び緊張が高まってきた。その一因は国家主義的で発言力の強い一部の政治家の発言にある。特に、石原慎太郎東京都知事が、領有権で両国が対立する東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の都による買収を提案し、また河村たかし名古屋市長が1930年代の中国での大虐殺を否定したことなどが響いている。東京でのウイグル人の会議には日本の保守政党の一部議員も出席した。

 中国は一方で、領有権問題がある海域での海軍の動きを活発化させている。

 ここ数日間の外交的ねじれは2010年秋の両国間の大きな対立を思い起こさせる。この時は中国の漁船と日本の巡視船が尖閣諸島近くで衝突。両国政府は激しく対立して、経済関係は何カ月にもわたって冷え込んだ。

 今回の東京での会議には亡命ウイグル人が参加し、この中には世界ウイグル会議のラビア・カーディル議長もいた。カーディル氏にビザを発給したことに対する中国側の批判について日本外務省の佐藤勝報道官は、同省の定められた規則と手続きにのっとっただけだと指摘した。中国外務省の洪磊副報道局長は日本の姿勢に「強い不満」を表明した。

 洪磊氏は14日の記者会見で、「世界ウイグル会議の反中国分離主義者は日本の右翼勢力と結託して、自分たちの地域を中国から分離し、中日関係を損ねる政治的決意をむき出しにした」と強調した。

記者: Yuka Hayashi

ウイグル(東トルキスタン)がどれだけシナに非人道的扱いを受けているか知らんのですかね?

ウイグルってググってください。本当におぞましい仕打ちの数々がわかります。

ウイグルを独立させ、反中国6か国同盟(日本、モンゴル、ウイグル、チベット、ベトナム、台湾)の一員としての役目を果たしてもらいたいと私は考えております。

ここで私の大学時代の体験をお話致しましょう。

私は大学時代、ゼミでウイグル人学生と共に学んだ時期がございました。

名前は明かせませんが、すぐにゼミからいなくなりました。

ウイグル独立派との接触が大学側から問題視されてしまったのだそうです。

ウイグル人に配布されている教科書やらを見せてくれたり、いろいろお話してくれるお人でした。

あんな普通の穏健ムスリムがテロなどに興味を持つ社会って本当に狂っていると思います。

イスラム教徒が中国にたくさんテロを仕掛けるでしょうね。独立のためのレジスタンスと言うことで。

大学時代にはそこまで考えなかったのですが、いろいろ勉強していくなかでそのような思いが強くなって行きました。

今、そのウイグル人がどうしているのか・・・わかりません。

ちょっと悲しい思い出です。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ウイグルとの連携で中国を追い詰めよ! 中国からの抗議は撥ねつけるべき!】

大変お世話になっております。反逆する武士uematu tubasaです。面接が終了致しました。少し精神的に落ち着きました。そんなわけで以下はWSJ 日本版よりhttp://jp.wsj.com/World/China/node_443203?mod=W...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR