列島強靭化を急げ! 藤井聡氏を応援していきましょう!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/dst12052803050001-n1.htm


京都大学大学院教授・藤井聡 「首都直下Xデー」に急ぎ備えを

2012.5.28 03:05 [正論]

藤井聡

 首都直下地震がメディアでひんぱんに取り上げられるようになった。かねてからの公式発表でも、30年以内の発生確率は70%という恐ろしく高い水準だったのだが、東日本大震災によりその確率はさらに上昇している。

 そもそも、過去2千年の日本の歴史の中で、東北太平洋沖で起きたM8以上の地震の前後10年以内には、必ず首都直下地震が発生している。今回も、相当程度の確率で近い将来、首都直下地震が襲うことは間違いない。

 ≪政府に不退転の決意見えず≫

 そんな「首都直下Xデー」の被害額は100兆円超と見込まれており、最大で300兆円を超すともいわれている。これは、日本の国内総生産(GDP)の2割から6割に相当するもので、最悪の場合、東日本大震災被害の10倍程度にも達するという。

 この巨大震災に対し、東京都をはじめ各自治体が様々な対策を講じようとしている。

 だが、極めて遺憾ながら、野田佳彦政権は、消費税増税には不退転の覚悟で臨むつもりのようであるが、首都直下など巨大地震については、現在の政策方針が緊縮財政だという理由もあってか、十分な対策を講じようとする気配すらみえないのである。

「第二の関東大震災」は、前述の被害想定額の巨大さをもってしてもとらえきれないほどの、被害を我が国にもたらすものとなる。財政破綻論者がしばしば口にする「国債暴落Xデー」ですら比ぶべくもないのである。

 第一に、「第二の関東大震災」は日本の中央政府機能の喪失の危機をもたらし得る。

 東日本大震災で目覚ましい活躍をした自衛隊も、国土交通省東北地方整備局も、政府組織であり、首相を筆頭とする内閣の指揮と判断が必要であった。「首都直下Xデー」ではしかし、通信、交通インフラが寸断されるほか、首相官邸や国会議事堂、霞が関の諸官庁ビル、議員会館なども被災して、肝心の中央政府が機能不全に陥ることも想定される。

 ≪政府機能喪失で二、三次災害≫

 中央政府の建築物は、「震度6強」までには耐えられる構造になっているが、「震度7」への耐震性は必ずしも確保されていない。大震災対策の主体が失われれば、大震災の被害が、二次災害から三次災害へと際限なく拡大していくことも危惧される。このため、政府のビル耐震強化、代替通信・移動手段の確保、政府機能の分散を図らねばならない。

 極限状況下では、政府機能の喪失につけ込んで領土的野心を満たそうとする近隣諸国の火事場泥棒的「進出」も「想定外」にしてはおけまい。

そして言うまでもなく「皇統の安全の保障」も、国家の最大責務だ。関東大震災の折には、宮家の方々もお亡くなりになっている。皇居の耐震強化を万全にし、京都御所などを国家的に活用するなど、あらゆる可能性を迅速に検討していくことが必要であろう。

 以上の悪夢のシナリオを仮に回避できたとしても、「首都直下Xデー」に、国家存亡にかかわるほどの巨大な経済的損失を被ることは不可避であろう。

 数多くの木造住宅が倒壊し、その密集地は大火災に見舞われる。少なからぬ高層ビルも無傷ではすまず、沿岸部は液状化して、その結果、石油タンクから東京湾内に石油が流出し、炎上し続けることも十分に想定内だ。

 地下鉄をはじめとする鉄道も安全とは言い切れず、線路の盛り土や軌道構造物の倒壊や崩落が案じられる。通勤ラッシュ時に発生した場合、何百もの人命が列車ごとに失われることともなる。神奈川県や東京都の沿岸域では津波の襲来も懸念され、沿岸部の地下道は浸水被害を受ける。

 ≪「トリアージ」の考え方を≫

 そんな災厄にいつ何時見舞われても仕方がない状況に、われわれは直面している。であれば、「第二の関東大震災」の事前対策においても、優先順位を付けて救えるものから救っていくという「トリアージ」(識別救急)の発想を採用せざるを得ない。

ただし、「トリアージ」は、裏返せば、「見捨てざるを得ないものは見捨てる」という考え方でもあり、「全力を賭して迅速に対応する」態度が備わって初めて許されることである。「全然急がないトリアージ」などというものは、少なくとも道義上は、あってはならないことである。

 したがって、我が国がかくも甚大な人的被害を及ぼす「第二の関東大震災」の危機にさらされていることが明白であるにもかかわらず、政府が対応を取ろうとしないのなら、それは、少なくとも道義的には許されざる存在となってしまうに違いない。

 「首都直下Xデー」は、「瑞穂の国」である日本の、まさに「運命の日」とならざるを得ない。だからこそ、筆者は、我が国政府がこの巨大な危機を乗り越える強靱さを全力で確保しようとする近未来図の実現を、心から祈念してやまないのである。(ふじい さとし)



まさしく正論です。

こういう意見を待ってました。

皇統の問題とかなんとか騒いでますが、民主党政権は天皇陛下を見殺しにする気だと思います。

民主党政権は天皇陛下が災害とかで死んでくれればいいなとか思っておりますよ。

そうでなかったら皇居の耐震化と非常時のための核シェルター設置をするはずですもん。

女性宮家創設も何やら男系固執主義者に配慮して一代限りとか言ってるし・・・。

野田首相は正直に皇統断絶を狙ってますと宣言したらいいですよ(怒)。

話は変わりますが、藤井聡氏の著作は大変参考にさせていただいております。

三橋貴明氏のブログとかでも何回か紹介されておりました。

最近は『プラグマティズムの作法』という著作を読破致しました。
哲学というものが苦手だった私ですが、この本でやっと哲学をかじることができたと思っております。

ただ、ここで申し上げるのは東北人としてですが、東北復興が最優先であるということを言ってほしいということです。
私は、藤井聡氏が東日本大震災からの復興の遅れに憤ってらっしゃる正義感の強いお方だと理解しております。

首都圏の人間を列島強靭化計画に賛同させるためには首都直下型の地震のお話をだすのが効率的でしょう。

感情論的なお話になってしまいますが、東北の人間としては、「東北はこのまま日本国民に見捨てられるのではないか」という思いがかなり強くなっているのです。

東北の人間は温厚でおとなしい人間が多いので表の声にはあまりでませんが、偽らざる心情を吐露すれば「東京や関西の人間は東の方(北の方)で何か大変なことが起こったようだ・・・ぐらいにしか思わず、復興のために自分の税金を投入されるのに拒否反応を起こしているのではないか? 東北を見下したり、差別したりしているのではないか? 」

ちょっと表現しづらい心情になっており、どうせ東北のことは東北の人間にしかわかってもらえないのだという屈折した思いを抱いております。

もちろんそんなお人ばかりではないでしょうが、私はそのように感じてしまうのです。(ここまで書きますのも、私は昨年から被災住民がいらっしゃる仮設住宅に何度も足を運び、交流を重ねてきました。そのような現場の空気を読み、このブログにこのようにして書いております。東北の人間は粘り強いので復興を何としてもやり遂げるという熱意を持ったお人もいらっしゃいます。私個人の主観も入っていることも追記致します。)

東北の復興を何よりもまして最優先課題として取り組んでもらいたい。

その一心です。

東北の復興は適切な財政出動さえあれば3年で何とかなりますし、それと同時並行で東京の耐震化や津波対策をやればいいのではないでしょうか?

以上、クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【列島強靭化を急げ! 藤井聡氏を応援していきましょう!】

大変お世話になっております。反逆する武士uematu tubasaです。以下はMSN産経ニュースよりhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120528/dst12052803050001-n1.htm京都大学大学院教授・藤井聡 「首都直下Xデ

コメントの投稿

非公開コメント

無題

在日チョン芸能人の震災ビジネスを二度とやらせないようにするため公共投資をやりまくるべきです。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR