核武装までのハードル 法律篇

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下は中央日報日本語版より

http://topics.jp.msn.com/world/korea/article.aspx?articleid=1140663


2012年6月22日 14:17 (中央日報日本語版)

日本、核兵器5000発分のプルトニウム保有

日本はすでに1968年当時、核兵器製造が可能だという技術的な結論を下した。 佐藤栄作首相の時だ。 内閣調査室の依頼で極秘に作成された報告書(「日本の核政策に関する基礎的研究(その1)」)は「原子爆弾を少量製造するのは可能で、また比較的やさしいこと」と明らかにした。 報告書はミサイル推進・誘導についても詳細に書き、「核爆弾の製造は核再処理施設が完工する72年以降に可能」と指摘した。

しかし佐藤内閣は70年、核保有の戦略的側面を扱った報告書(日本の核政策に関する基礎的研究(その2)」)で、「日本は戦略・外交・政治的な拘束で核兵器を保有することはできない」と釘を刺した。 ▽狭い国土での地下核実験の難しさ▽産業集中による核攻撃の脆弱性▽核武装による外交的孤立がその理由だった。 64年の中国の最初の核実験に対する日本政府レベルの結論だった。 44年が流れた今、日本は核武装の決断さえすれば、核兵器の製造は時間の問題だ。 核および人工衛星技術の発展のためだ。 日本が国内外に保有するプルトニウム33トンをすべて核兵器にする場合、5000発以上になる(核兵器1発当たりプルトニウム6キロ基準)。

しかし日本の核武装を防ぐ牽制装置は一つや二つでない。 1つ目は、核兵器の保有・製造・搬入を禁止した非核3原則だ。 佐藤首相が67年に衆議院で表明して以来、これまで政府の基本政策となっている。 2つ目は日米原子力協定だ。 この協定は核物質の軍事転用の禁止と違反時の核物質(米国)返還を含んでいる。 日米同盟を破る覚悟をしなければ核開発に動くのは難しい。 3つ目は核拡散防止条約(NPT)だ。 この条約が保障する平和的な核利用の権利の最大受恵国の一つである日本が、核物質を軍事目的に転用すれば、国際不拡散体制は崩れる。 さらに日本国内の世論も無視できない。 日本は世界唯一の被爆国だ。 原発アレルギーも強い国で、核兵器製造へと進むのは極めて難しい。 国内外の障壁がそれだけ高いということだ。



もちろん私は日本が核武装すべきという立場なのですが、そのためには乗り越えなければならないハードルが存在していることも事実なのです。

それが法律的問題なのです。

1、日本国憲法に違反するのだろうか?
2、原子力基本法に違反するのだろうか?
3、日米原子力協定に抵触するのだろうか?
4、NPT(核拡散防止条約)に抵触するのだろうか?

ということです。

1、日本国憲法に関しては解釈を内閣法制局が変更すれば「自衛用の核兵器は保有してもよい」となりますので、現行憲法のままでもよいとなります。

2、原子力基本法に関しては日本国の国内法ですので、法律改正すればいい。

3、日米原子力協定に関しては、米国と修正協議を行えばよろしいでしょう。最悪協定の破棄を通告するしかありません。

4、NPT体制第十条第1項「 各締約国は、この条約の対象である事項に関連する異常な事態が自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、その主権を行使してこの条約から脱退する権利を有する。当該締約国は、他のすべての締約国及び国際連合安全保障理事会に対し三箇月前にその脱退を通知する。その通知には、自国の至高の利益を危うくしていると認める異常な事態についても記載しなければならない。」

とのことなので脱退しちゃいましょう。

法律はハードルですが、決して崩せない壁ではありません。

日本は核武装できるのです。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【核武装までのハードル 法律篇】

大変お世話になっております。反逆する武士uematu tubasaです。以下は中央日報日本語版よりhttp://topics.jp.msn.com/world/korea/article.aspx?articleid=11406632012年6月22日 14:17 (中央日報日本語版)日本、核兵...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR