欠陥品に巨額投入の愚らしいです。次期主力戦闘機選定問題は我が国日本の平和ボケを象徴しておりますな

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120701/plc12070103290006-n1.htm


ワシントン支局長・佐々木類 欠陥品に巨費投入の愚
2012.7.1 03:28 [土・日曜日に書く]

防衛産業に打撃


 これはスキャンダルだ。消費税増税を柱とした社会保障・税一体改革関連法を舞台回しとした民主党の分裂騒動に国民の目が奪われている間に、野田政権は最新鋭ステルス戦闘機F35という、2019年まで空を飛べない巨額の欠陥品の調達契約を決断した。「今さら機種変更はできない」。防衛省関係者はこう語る。欠陥を知りながら契約を決断した背景には、来年以降、契約破綻が顕在化しても担当者が入れ替わって選定責任を免れるのではないか、という官僚的な無責任体質が見え隠れする。

 老朽化したF4戦闘機の後継機選定で野田政権が犯した致命的な戦略ミス。これは議論の余地がない。欠陥品を承知で確信的に導入したといっていい。米軍と英、カナダ、オーストラリア、イタリアなど同盟国は、調達計画の中止や見直しを決めている。

 にもかかわらず、共同開発国でもない日本だけが米軍よりも“早く安く”16年度中に最新型コンピューターソフト「ブロック3」を搭載した完成品4機、17年度中に日本国内で最終組み立てした完成品4機を購入できるというのだから開いた口がふさがらない。

 仮に将来、最終組み立てができても中身不明のブラックボックスだらけの部品を組み立てるノックダウン方式では高度な技術移転は不可能で、「部品が故障したら米国に逆輸出し、再輸入しなければ空を飛べず、肝心なときに使えない」(元防衛事務次官)のだ。何より防衛産業の多くが、戦前から培った生産基盤を失ってしまう。


不都合な真実


 「機体に多数の亀裂で調達延期は不可避」(デンプシー米統合参謀本部議長)、「(実戦配備できる)量産計画は未定」(シュワルツ空軍参謀総長)、「トラブル続きで価格高騰は必至」(カーター国防副長官)、「開発完了前の生産着手は失敗」(ケンダル国防次官代行)、「開発計画に深刻な懸念」(ギルモア国防総省局長)。

 ざっと挙げただけでも、この1年あまりで、これだけ多くの米軍首脳が警鐘を乱打してきた。こうした米国内事情を折に触れ紹介してきたが、さる防衛省関係者は米国事情を報じる本紙の報道について、非公式だが「ネガティブキャンペーン」と決めつけた。調達に失敗したF22の幻影を追い、F35の“不都合な真実”を直視しない姿勢こそ無責任極まりない。

 F35は最先端技術の粋を集めた空飛ぶ「機密の塊」だ。対中戦略上の政治的な意味合いの重要性もさることながら、ずうたいだけデカい中国のドンガラ空母、電子戦未経験の自称ステルス戦闘機J20(殲20)相手に圧倒的な航空優勢を保てるはずだった。予定通りに実戦配備できた場合には、だ。

 さきに挙げた米側関係者の懸念を裏付けるように米国防総省、監査院(GAO)は少なくとも2019年まで開発が遅れ、価格が高騰すると議会に報告。だが、導入キャンセルもちらつかせていた防衛省は最近、こっそり軌道修正して「間に合わない場合でも導入する」(渡辺周防衛副大臣)と絵に描いた餅を食べるのに血眼だ。

危うい日米関係


 日本政府のよりどころは、制服組の開発責任者、ベンレット海軍中将の上院軍事委員会小委員会での発言だ。中将は5月8日、開発計画に問題はないとした。だが、これをうのみにしてはいけない。小委員長はF35のエンジン開発を担う企業本社を選挙区に持つ開発推進派のリーバーマン上院議員だ。

 わずか半年前、米専門誌に「度重なる計画の変更と莫大(ばくだい)な費用の浪費に驚きを禁じ得ない」と生産計画の遅延を提案したのは、当のベンレット中将だ。証言は開発遅延を懸念する小委員長へのリップサービスだった可能性もある。

 一方、日本で懸念されているのが、F35を導入しなければ日米関係が悪化するという誤解だ。しかし、米大手シンクタンク「新アメリカ安全保障センター」のクローニン上級顧問は逆に、「F35の導入は日米同盟に極端な危険を引き起こす」と語る。「米国は日本がリスクを承知の上で契約するとの立場。導入が遅れ不備が発覚しても責任を負わず、互いに不信感が生じる恐れが高い」からだ。

 東日本大震災後の自衛隊の大活躍はいうまでもない。だが、それとこれとは別だ。震災の復興財源の捻出に苦しみ、国民の多くが新たな増税負担を覚悟しているご時世だ。総額8千億円に上るF35の開発をもう2~3年慎重に見極めたり、現実的な代替策を真剣に検討せず、なぜ防空網に穴を開けるのか。旧式化したF15の近代化は不要なのか。今夏の来年度概算要求では森本敏防衛相の英断に期待し、この問題を野放しにした財務省の奮起を待ちたい。
 「過ちて改むるにはばかることなかれ」(ささき るい) 


佐々木さん・・・ありがとう(感涙)

そうなのですよ。

日米同盟に悪影響が出るとかなんとか言って、ここまで欠陥ありまくりの機体を購入するなんてどういう神経しているのですか?

日米同盟のためなら日本の防衛産業なんてどうでもいいというのですか?

日米同盟は日本の国益のために結んでいるのであって米国の無理難題を押し付けるのとでは切り離して考えるべきでしょう。

しかもこのまま、F35が実戦配備できなかったらどうなるのですか?

日本国民の米国に対する不信感の増大が生じ、日米同盟に亀裂が入る可能性が高いでしょう。

私はこれまで、「日本の次期主力戦闘機はユーロファイターにすべき。最も現実的だし、防衛産業育成にも役立つ。欧州との防衛協力を通じて防衛基盤の強化に努め、最終的には心神(ステルス機)を完全国産しよう」と主張してきておりました。

しかも、この次期主力戦闘機選定問題を取り上げるブロガーが少ないので、他のブログで大々的に紹介されたこともございます。

ここまで、コケにされてまだ米国隷従を続けるおつもりですか?

森本防衛大臣に強く申し上げる。

「F35の次期主力戦闘機選定の見直しを!!!」

以上、クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR