法人税率を低くしてもあまり意味がないのではないですか? デフレ脱却のためには投資減税すべき! 具体的にどうすればいいのか提言します

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近の仕事の忙しさによって本日5時間の昼寝をしてしまいました。

疲れすぎにもほどがありますね(笑)。

本日は法人税率を下げれば減税による波及効果によってデフレ脱却できるのか?

という素朴な疑問に答えてみたいと思います。

日本の企業の中でどれくらいの企業が法人税を支払っていないか皆様はお分かりでしょうか?

そもそも法人税というのは黒字を出している企業にだけ課税されているので、すべての企業が法人税を支払っているわけではないのです。

欠損法人(赤字企業)割合推移

調子に乗って、国税庁の公開資料からグラフをエクセルで作っちゃいました(笑)。

欠損法人つまりは赤字企業が全体の72.8%なのです。

企業の7割は法人税を支払ってないのですよ。

こんな状況で法人税率を引き下げったって効果があると思いますか?

ないわけじゃないとは思いますが、一部の企業が得をするだけではないかと普通は思いますよね。

しかも、法人税率引き下げで、手元に残ったお金をどうするのかは企業の意志に委ねられます。

内部留保として蓄えられるかもしれない。
株主の配当として支払われるかもしれない。
借金返済に充てられるかもしれない。

これでデフレギャップを埋めることができるでしょうか?

こここで私ことuematu tubasaが提言するのは「投資減税」なのであります。

ただ、私もそうだったのですが、投資減税とは何かわかりませんよね?

私なりに解説させていただきます。

投資減税とは、設備投資をする企業だけに減税措置する減税方式なのです。

ざっくり説明すれば、投資した金額だけ法人税を支払わなくていいという素晴らしい減税方式なのです。

なので、必ず民間の設備投資という実需が生じるのでデフレ脱却効果がございます。

で、結局のところどのような制度設計にすべきなのでしょうか?

私は、三つの条件を決めればいいと思うのです。

1、期限付きの投資減税

投資減税を期限付きにすべきだと思います。

なぜならば、3年とか5年間に限るとかしないと「別に後でやればいいし」となっていつまでたっても設備投資してもらえないということが起こるかもしれないからです。

2、国内投資に限る投資減税

設備投資を日本国内の直接投資に限り、日本のデフレギャップ解消に役立てるべきなのです。

もし、投資減税で生じた投資が海外に流出してしまったら、何のために投資減税したのかわかりません。

我が国のデフレ解消と日本国内の供給力強化のためにも国内投資に限って減税すべきでしょう。

3、償却期間を半分に、損金算入を150%にすることによって爆発的な内部留保取り崩しを促進

これは、少々説明が必要でありますね。

まず、投資というのはいきなり全額を損金として計上できないのです。

例えば、日本国内に10億円の工場を建設するという設備投資をある民間企業が行うとします。

その工場は10年使用可能であると仮定します。

そうしますと、通常はとある1年で損金計上することができるのは1億円なのです。

そして1億円計上が十年継続するのです。

これを、償却期間を5年、損金算入金額が15億円とするとどうなるでしょうか?

1年に3億円も損金算入できて、法人税を節税できます。

民間企業に勤めたことがある人間であればわかると思いますが、これは本当にインパクトがあることなのです。

なので、上場企業などは内部留保を大幅に取り崩しても設備投資してくるでしょう。

その波及効果で我が国日本の民間企業の供給能力も強化され、雇用が生まれ、投資を受注する企業にとっては利益が生まれますよね。

いいことづくしというわけなのでございます。

そうするとどうなります? 黒字企業が増えるので、法人税の税収が長期的には増えるでしょう。

雇用が増えれば、消費が増えますから消費税増税しなくても増収になりますし、所得税は言うまでもないでしょう。

私が主張していることをお疑いならば、「法人税」「損金」「減価償却」とかでGOOGLE検索してみて下さい。

きっと素晴らしい発見がございます。

最近、官公庁や政党の公開資料を読み込んで勉強することが多くなりまして、本当に勉強のし甲斐があるなと感じております。

グラフ作成もやろうとすればできるもんなのですね。

日本のために頑張ります。

話を戻しますと、増収のための投資減税を私は主張します。

以上、よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ




お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR