私が即時脱原発派になった理由! 強固なナショナリストだったら脱原発派になってしまうでしょう。公共投資で脱原発を!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

昨日は東京都の玉川区民会館ホールで拡大版ゴー宣道場に参加致しました。

まずは全体的な感想から始めます。

1、質疑応答がなかった
2、師範のお話の迫力に圧倒された

この二点が主な感想でございます。

1に関して

私は質疑応答があるものだと考えておりましたが、時間の関係上かわかりませんが質疑応答がございませんでした。

ちょっとがっかりでございます。

今後はやはりある程度時間的余裕を創り、質疑応答の時間が必要だと思います。

2に関して

やはり、人生経験やら人間的魅力やらがすごいのかお話の迫力がすごかったというのに尽きます。

小林よしのり先生がツイッター開始するかもしれないという爆弾(?)発言も飛出しました。

小林よしのり先生がツイッターを始めましたらすぐさまフォローさせていただきます。

具体的なお話に関しましてはニコニコ動画とかで配信されるでしょうからそちらを参照していただければと思います。

さて、ここからが本題でございます(笑)。

最初は中立派だったのが、漸進的脱原発派へ転向し、最終的に『脱原発論』を読んで即時脱原発派に転向した理由を述べたいと思います。

理由を箇条書きにまとめてみました。

1、原発は武力攻撃される恰好の的だから
2、運営と維持に作業員の被ばく覚悟の労働があるから
3、廃炉と高放射線核廃棄物の処理が極めて困難だから
4、事故が生じたら国土が汚染されてしまい、郷土が消失してしまうから
5、電気は節電と省エネ技術と代替発電で賄うことができるから

1に関して

私のような軍事や安全保障にリテラシーがある人間であれば、これだけでも原発は危険だから止めようという理由になります。

もし万が一弾道ミサイルで攻撃されたら? 命中率はそんなに高くないですが、万が一を想定すべきでしょう。
もし巡航ミサイルを撃ち込まれたら?

もしテロリストが集団で対戦車ミサイルなどで原発を攻撃したら?

さすがに自衛隊でも防ぎきれないでしょう。
MDは役に立たないし、テロから守りにくい構造だし。

2に関して

私も『脱原発論』を読むまでわからなかったことですが、原発を運営するには被ばく覚悟の原発作業員が必要不可欠なのです。

その影響で、様々な健康被害が出ているそうです。
しかし、原子力村の圧力で正式に健康被害が認められていないだけなのだそうです。

他の発電設備でも事故とか健康被害はあるとは思いますが、さすがに大量の放射線被ばくによる健康被害はありますまい。

底辺の人間の不幸を土台とした電気を我々日本国民は使うべきではありません。

天皇陛下の下では皆平等ではないのですか?

一君万民ではないのですか?

3に関して

廃炉が想定されている建物ではないのです。原発は廃炉にできないから運営されているだけなのだそうです。

しかも高レベルの放射性廃棄物が残り、10万年以上保存しなければならないのだそうです。

その処理費用や廃棄物保存費用が天文学的なので、これまで想定されてこなかったのだそうです。

これはもうここらへんで原子力発電を止めにして、技術開発を進めて、今現在存在する廃棄物をどれだけ安全に処理できるかという方向に舵をきるしかないでしょう。

4に関して

一度事故が発生しましたら、一気に国土が汚染されてしまいまして、最悪永久に人間が住めない地域も出てくるかもしれません。

それは諸外国から領土を奪われることと同じぐらい国家が警戒しなければならないことなのです。

よく、福島第一原発での事故では人が死んではいないじゃないかとおっしゃる知識人がいらっしゃいますが、郷土が失われてしまったことは事実ではありませんか?

地域共同体、先祖の魂、豊かな自然、それらが失われてもなお『人が死ななければいい』とおっしゃるのでしょうか?

そのようなことを主張しては『生命至上主義』を信奉している左翼と同じでしょう。

私は、郷土と国土を真剣に守り保ちたいと考える尊皇攘夷派として脱原発派に転向したのです。

5に関して

電力は足りています。

今現在、東北地方は原発が稼働してはおりませんが、計画停電などありませんでした。

短期的には石炭を使った最新の火力発電所を増設、中期的にはメタンハイドレートと藻から石油を生成して火力発電比率を上昇させて電力の国産化を目指すべきでしょう。

長期的には、海上風力発電(『脱原発論』に本当にすばらしい風力発電システムが紹介されているのです。ぜひご一読を!)と太陽光発電をプラスして、経済成長で仮に電力消費が伸びたとしても電力を確保していきましょう。

電力は現在でも足りているので、即時脱原発して再生エネルギーで雇用創出したほうがいいでしょう。

公共投資で脱原発を!

以上、uematu tubasaの脱原発の理由でした。クリックお願い致します。



人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR