リアリズムを考える。シグナルを誤ったら国の針路も誤るでしょう。

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近、パジャマを購入しました。

やっと安心して寝れます。

私は物欲があまりありませんので、少しでも購入して、デフレ脱却のために頑張りたいと思います。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121020/plc12102003030003-n1.htm

東京特派員・湯浅博 尖閣に蘇峰のリアリズム

2012.10.20 03:03

 米紙から「ルーピー」と皮肉られた鳩山由紀夫元首相が、民主党の最高顧問として戻る。それも外交担当へ復帰だというから、山本一太参院議員でなくとも「羽交い締めにしてでも止めたい」地位である。

 元首相は尖閣諸島について、日本の領土なのに「日中で議論して結論を出す」と述べて驚かせた。以前にも「日本列島は日本だけのものではない」といった人物だから、すっかり中国をその気にさせた。

 菅直人政権も似たようなものだから、中国当局が民主党政権を「脅せば屈する」と考えたとしても不思議はない。それが尖閣国有化で対日圧力を呼び込む遠因になった。

 鳩山氏は「世界市民」派の評論家や新聞から「ポストモダニズム」の考えを吹き込まれたのかもしれない。国民国家や国家主権をモダンとみなし、それが近年はグローバル化によって主権の希薄なポストモダンになったとする考え方だ。

 ところが、海洋アジアの実態は領土、領海をめぐる国家主権の壮絶な争いであり、いまは対極のリアリストが唱える伝統的な安全保障が問われている。夢のような世界政府がない以上、国家は自助努力をしなければ、中国のような「遅れてきた帝国主義」の餌食になりかねない。

 自民党の中曽根康弘元首相は戦後の当選間もない青年政治家のころに、明治のリアリスト、徳富蘇峰から直接に薫陶を受けたという。

 「日本が大陸に進出した際の失敗の歴史とともに、アメリカと連携することの重要性、また共産主義の限界、アメリカと中国の間に入っての日本の立場といったことを教示された」(『新潮45』所収)

 蘇峰といえば、「平民主義」の旗手から「藩閥政治」の擁護者に豹変(ひょうへん)した明治の言論人であった。蘇峰は日清戦争後に独仏露の三国干渉を見て、「涙さえ出ないほどの口惜しさ」をおぼえたという。そして日露戦争の勃発-。

 とかく変節で捉えられる蘇峰ではあるが、拓殖大学の澤田次郎教授は「リアリストの見地」から国際情勢を見ていた点では不変であったことに注目する。蘇峰はロシアの南下を抑えるために英国と提携することを考えた。自ら海外に出向いて英国抱き込み工作に奔走し、他方でロシア情報を収集する。ジャーナリストの顔をした諜報工作であった。

 ロシアが満州を侵食すれば、東アジアのパワー・バランスが崩れる。蘇峰は海洋国家の日米英が組んで大陸国家のロシアを封じ込め、東アジアの勢力均衡を保つことを考えた。蘇峰の動きもあって日英同盟が成立し、やがて日本は日露戦争に勝利する。その際、蘇峰は世界の海軍大国の英国と同盟を結ぶことで国民に依頼心が生じる懸念を抱く。

 「国民的依頼心は、実に賤しむ可きの極たり」

 そこで澤田教授はいまの日本の戦略環境の下で「もし蘇峰が生きていたら」という命題を考える。蘇峰の仮想提言は、(1)勢力均衡の観点から国際政治を見る(2)中国の海洋進出を自衛隊の抑止力で阻止(3)米国との同盟重視(4)中国包囲網を考える-などを挙げる(拓大『海外事情』)。

 蘇峰のリアリズムに従えばどの国も信用せず、他国を利用しながら生き残り戦略を考える。この警句は、いまの尖閣周辺に生きていよう。ポストモダニズムは幻想にすぎず、親中市民派の隠れみのであった。(東京特派員)


素晴らしい。

リアリストの極みでございます。

この記事をちょっと読むだけでリアリズムが掴めますね。

今回は国家が他国家に与えるシグナルについて簡単に書きたいと思います。

もし、「ルーピー」の様な馬鹿な政治家がいたとします。

もし、中国に対して尖閣諸島分割統治案などを提言したとします。

そしたら中国は「日本はちょっと強気な態度を採ればすぐに妥協してくる臆病な国家だ」と認識します。

中国の対外政策が硬化してしまうのです。

これは中国が悪いというよりかは、日本と言う国家が国際政治の激烈さと非情さがわからないことによって生じた悲劇と言うほかないでしょう。

もし、日本が「我が国固有の領土はたとえ寸土であったも守り抜く」という国民の血を流す覚悟を持って外交交渉したのなら、中国は怯えるでしょう。

中国は伝統的なリアリズム国家ですから、日本の反撃をたくさん喰らっても尖閣諸島を獲ろうとは考えません。

「ピュロスの勝利」つまり、費用対便益が合わない勝利となるからです。

国家が他国家に与えるシグナルを間違えると戦争になり、正しければ戦争を抑止できます。

皆様は尖閣諸島に対する中国の侵略を見て、中国に怒りを感じているのではないでしょうか?

私も同じ思いです。

しかしながら、物は考えようでございます。

この中国の侵略は日本が一人前の国家になるために神が与えた試練なのだと考えてみませんか?

敗戦国家がどのように普通の国家になっていくのか、わくわくしませんか?

私たちは歴史の生き証人になるのです。

この時代に生まれたことに感謝、現代日本に生まれたことを感謝なのであります。

以上、よろしければクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ゆとり世代はガンツとかサバイバル思想に嵌りすぎ

尖閣諸島の問題は昔の自民党の小渕書簡がややこしくしている。
約束は約束故に反古にすることはできない。

>リアリズムが云々
リアリズムの論理とは、北方領土を占領したソ連の論理ですね。
自らの論理が敵側の暴挙を正当化しかねません。
現実主義というより、短絡的な功利主義=目先の利益主義だと思います。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR