【自給自足】メタンハイドレート・シェールオイルが大量採掘されれば、自給自足体制構築へ大きく前進します

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近、書籍が読めません。時間が無さすぎです。
電車や車の中でしか本が読めないです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121030/fnc12103008280003-n1.htm

日本近海、次々に見つかる新資源 天然ガス消費量100年分のメタンハイドレート 
2012.10.30 08:27 [資源]
 日本の近海などから新資源が相次いで発見されている。技術進歩でこれまで見つかっていなかった海底や地底の奥深くまで探ることができるようになったためで、石油天然ガス・金属鉱物資源機構は来年1~3月、愛知県沖でメタンハイドレートの海洋産出試験を世界で初めて実施。天然ガス消費量の100年分に相当するともいわれるメタンハイドレートの発掘に期待が高まっている。

 メタンハイドレート以外にも、資源開発大手の石油資源開発が今月3日、秋田県の鮎川油ガス田で、国内で初めて岩盤層に含まれる石油資源のシェールオイルの試験採取に成功したばかりだ。東京大の研究チームは6月、日本最東端の南鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)内の海底に、ハイテク製品にかかせないレアアース(希土類)を多く含む泥が大量にあることを発表。埋蔵量は日本のレアアース消費量の約230年分に相当するとみられ、採掘の技術確立が急務となっている。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121004/biz12100400330001-n1.htm

シェールオイル 採算と環境に課題
2012.10.4 00:32
 技術進歩と原油相場の高止まりで、商業化が視野に入ってきた日本産のシェールオイル。資源に乏しい日本だけに、実現に期待感が膨らむ。本格的な生産に移れるかは、コスト削減を含めた採算性と環境対策の成否にかかっている。

 「シェール革命」-。頁岩(けつがん)の間に埋まっていた未採掘の資源活用を米国では、

こう呼んだ。資源開発できる場所が都市部などにも広がり、世界的なエネルギー需給の緩和につながる可能性があるからだ。

 米国では、2000年代から、シェールオイルと同じ地層にある天然ガス「シェールガス」の開発で先行。ノウハウは、シェールオイルに応用されている。

 これにより、1970年をピークに減少していた米国の石油生産量は2009年から増加に転じたほど。シェールオイルの生産が、供給量を押し上げたためだ。

ただシェールオイルは、ガスよりも、採掘が難しいという課題を抱える。気体に比べ取り出しにくく、実際の埋蔵分から採掘できる歩留まりは、ガスの2~3割に比べ、数%と少ないのが実態だ。石油資源開発の担当者も「採掘コストも高く、安定して長期的に産出できなければ、商業ベースに乗らない」と指摘。技術開発が商業化のカギだ。

 さらに、環境対策も見逃せない課題だ。

 米国ではシェールガスの開発ラッシュが住宅密集地のそばにもおよぶ。「台所の蛇口から炎が出た」といった訴えさえあり、当局が地下への薬品注入規制などの強化に乗りだしている。鮎川油ガス田で採用された、塩酸注入は既存鉱法で認められていたため、追加許認可は必要なかったが、水圧で破砕する新技術や掘削範囲拡大の場合には、環境問題が浮上。採取に制限がかかる可能性がある。


メタンハイドレートとシェールオイル、日本にとって、外国に頼らなくても、国家運営できる資源として、大変注目している新資源です。

最近では日本近海でも採掘試験などが行われ、大変嬉しい限りです。

しかしながら、環境負荷やコストの問題があるようなのです。

これは専門書を読み、知識を深めなければならないようです。

幸いに、メタンハイドレート、シェールオイルに関する書籍があるようですので、読みたいと思います。

日本では公害事件が発生してから、環境に関しては厳しいです。

諸外国の先例などを参考に環境負荷を最小化して開発することは可能だと存じます。

日本の技術力でどのように難題を克服するか見ものですね。

核武装本でも、海外からの資源輸入できなくなったらどうするのか? という批判が出てくるのは確実ですので、自給自足体制の構築ですとか、資源外交の方法などに関しての言及は必要なのでございます。

以上、クリックよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR