【自給自足】日本が中国依存しているということは、中国が日本に依存していることと同義でもある。中国の対日制裁を乗り越えることは十分可能!!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

ブログ作成ができない日々が終了しました。
また一から頑張ります。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121114/chn12111408350003-n1.htm

中国、強気姿勢から一転、対日制裁の撤回求める声「こちらの打撃の方が大きい」

2012.11.14 08:33 [中国]

 中国の対日経済制裁でより大きな打撃を被るのは日本なのか、それとも中国なのか。これまで中国側は「日本の対中依存度の方が高いので、大きな打撃を受けるのは日本だ。中国は大したことはない」と強気一点張りだった。ところがここにきて、中国側から「中国の受ける打撃の方がむしろ大きい」と対日経済制裁の撤回を求める声が出始めてきた。(フジサンケイビジネスアイ)

 中国側が日本の打撃の方が大きいと主張してきた根拠は、日本の輸出の対中依存度が20%前後まで高まっているのに対し、中国の輸入の対日依存度はせいぜい10%強にしか過ぎないことだった。日本から輸入しなくても、その分は他国からの輸入で十分に補える、と一貫して強気の姿勢を見せていた。

 ところが日本からの輸入は、この数字以上に中国にとって欠かせないものであることが次第に分かってきた。なぜならば、日本からの輸入は主に中核となる部品・原材料とか中間製品が多いからである。日本からの輸入が途絶えたり、減少したりすれば、困るのは中国の企業というわけである。

 2011年の対中輸出は前年比8.3%増の1614億ドル(約12兆8280億円)余りだった。その上位5品目をみると、一般機械、電気機器、原料別製品、化学製品、輸送用機器となっており、全体の8割強を占めている。輸送用機器を除けば、ほとんどは部品・原材料とか中間製品である。いずれも生産工程にしっかりと組み込まれているので、そう簡単には輸入先を変えられない。

日系企業・商店に対する破壊行為についても、「実際には中国人が作っているようなもの。それを破壊しようというのか」と批判の声が上がっている。

 最近は進出企業の現地化が人材面でも部品調達面でも進んできている。日系企業・商店で働いている中国人は、数百万人はいるだろう。企業や商店が休業となれば、困るのはこうした中国人労働者だ。また合弁企業の場合には、中国側のパートナーへの打撃も大きい。

 日本の対中投資が減退することに対する懸念を指摘する向きもある。2011年の対中投資は63億ドル余りで、香港、台湾を除けばトップである。日本から先進的な設備・技術が入ってこなければ、中国の産業高度化への影響は避けられない。こうした批判や懸念の声は日中関係に詳しい専門家だけでなく、ネットでの書き込みなどでも見られるようになっており、今後さらに広がっていきそうな気配だ。(拓殖大学国際学部教授・藤村幸義)


シナ人の日本企業に対する暴動行為や反日デモは中国にとって打撃が大きいのは常識的に考えればわかりそうなものです。
まとめますと

1、シナ人の雇用が損なわれる
2、日本の対中投資の激減
3、日本からの中間製品輸入途絶による製造業の不振
4、上記の1,2,3が複合的に作用して治安悪化と経済成長の鈍化

となります。

しかも、日本は中国や韓国以外のアジア諸国とは友好な関係でございますので、投資先を変えることは容易でございます。

中国はますます苦境に立たされることになりましょう。

そもそも経済的に相互依存しているから経済制裁が有効かどうかというのはケースバイケースなのでございます。
例えば、日本が中国に輸出しており中国に輸入制限される場合を考えてみましょう。

果たして損害が大きいのは日本でしょうか? 中国でしょうか? 

輸出財が必需品なのか? 奢侈品なのか? 日本じゃなければ生産できないのか? 他の調達先があるのか? 高付加価値なのか? 価格競争力があるのか否か?

様々な条件により、国家間の力関係は決定されるわけです。

上記のMSN産経ニュースによりますと中国側に大きなダメージが生じるとのこと。
このまま日本はチャイナフリーを着実に進めるべきでしょう。

輸出が存在するということは輸入が存在するということです。

とある国家の輸出はとある国家の輸入なのですから、経済制裁が必ず国家の行動を変更させるだけの効果を与えることができるとは限らないのです。

古今東西の経済制裁とその効果について研究した体系を発表したらすごいことになりそうですね。

以上、よろしければクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そもそもあのデモに参加してい連中の中に〝日系企業に就職できる″若しくは〝日系企業から何等かの恩恵を受けている″ような人達がいたんですかね?彼の国は今、貧富の格差が異常なレベル迄酷くなっていて、就職どころか住む場所にも困っている(しかも、革命でも起こらない限りその貧しい環境から絶対、脱け出せない)人達が大勢います。そういう連中にとっては「日本への経済制裁は中国経済にも悪影響をもたらす」なんていう言葉は何の説得力もありません。中共政府がすぐにデモを抑えこんだのも、その辺に原因があるんじゃないでしょうか。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR