超現実的空母保有論 月刊Willに素晴らしい論考が登場! 青木文鷹氏の論文が素晴らしすぎる件

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

私は月刊誌を読むのが大好きなのでございますが、最近の月刊誌は老齢化が激しいです。

『正論』『Will』などと言った保守月刊誌はもうどうしようもないですな。

激しい言葉を使用すれば・・・

1、何のために書いているのかわからない論文が多い。

2、自慢話と自分語りと思い込みの激しい論文が多い。

3、広告以外の写真が多い(月刊Willが特に)

1について、老人が悦に入りたいだけではないか? っていう文章が多いのです。

これでは、新規の読者獲得はできないでしょう。公のために書く覚悟が伝わって来ません。

2についても、言葉の定義がわからない、数字を使用していない、そんな文章ばかりなのでございます。

例えば、『財政破綻』『輸出国家』などが挙げられます。

3の写真も問題なのであります。

戦前、戦中を生き抜いた老人しかわからないような女優さんの写真ばかり掲載するのは止めていただきたいのです。

その写真のせいで月刊誌のコストが上がり販売価格に影響したら、ますます新規読者獲得は遠のきます。

おそらく、月刊誌の編集部はこんな若者の声なんて無視するのでしょう。

残念極まりないです。

そんな中、月刊WIll2013年1月号が発売されました。
月刊WIll2013 1
最近は三橋貴明氏の経済論文が掲載されるなど、改善がみられるのです。

そんな中、月刊WIll2013年1月号に掲載された『米、退役空母で中国に対抗せよ』がございます。

国際戦略アナリストでいらっしゃる青木文鷹氏の論文なのですが、素晴らしいの一言に尽きます。

青木文鷹氏は何を隠そう、『TPPが日本を壊す』という本の監修を務めた方でいらっしゃいます。

よくある空母保有論かなと思い読み進めておりますと、とてつもない内容なのであります。

このエントリーでは青木氏の論文を簡単にまとめつつ思うところを述べたいと思います。

まず、青木氏の空母保有論をまとめます。

1、日本国の地政学的環境から考えるに、空母を保有して制空権と制海権を確保しなければならない

2、東アジアにおける中国優位の軍事バランスを逆転させるためには、我が国日本の空母保有が有効な手段である

3、早急に空母を調達し、なおかつ将来の国産空母の保有と運用のためのノウハウ蓄積のためにも、米国から通常動力空母を三隻購入すべし

4、緊縮財政によって、軍事費が確保できない米国にとって日本の空母購入は願ったりかなったりである

5、空母はその汎用性から、災害派遣にも使えるという効用もある。費用対効果を考えても保有すべし


となります。

かなりざっくりとまとめました(汗)。

細かい点になりますと、法的問題に関する考察、具体的な運用方法、経費の算出、購入対象の空母の選定に関する考察、シーレーンを防衛し、同盟を緊密かつ深化させる意義など述べられております。

巷にございます空母保有論なんて、所詮井戸端会議の延長なのではないかと思わせるぐらいの完成度の高さなのであります。
一つ、不満があるとするならば、将来、我が国日本が国産空母を保有した場合のシミュレーションがされていなかったことなのであります。

洋上移動式航空基地=空母なのであります。

空母を保有すると戦術の幅が広がります。それは抑止力の向上に直結します。

軍事的な抑止、シーレーン防衛、災害派遣、国威発揚など効用がたくさんあるのです。

中国の勃興、米国の凋落という環境下で自国の生存を真剣に考えなくてはなりません。

考えなければ、ただ漫然とした死が待っています。我が国日本は将来的に国産空母を保有すべきです。

私は、空母を米国から購入して運用し、ノウハウの蓄積をするという青木氏のお考えに全面的に賛同致します。

しかし、それはやはり将来的な国産空母保有までのつなぎであるべきだと思うのです。

そんな不満もありますが、それを差し引いて考えても、青木文鷹氏の論文は一読の価値がございます。

通常戦力の整備を真剣に考えている方、国家防衛を真剣に考えている方、ただ単に自衛隊が好きな方、そんな方々に超お勧めなのであります。

日本は米国のように世界を武力で支配するような国家ではありません。

それでも、自国の生存を確保できるぐらいの武力は持たなければなりません。

それが、必要最低限の防衛力整備なのです。我が国日本の独立と平和、国土と主権、日本国民の生命と財産を守るために空母が必要なのです。

皆様はどのようにお考えですか?

以上、愛国者はクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR