安倍政権崩壊のきっかけは天皇陛下の崩御なのではないだろうか? 考えたくないシナリオをあえて熟考する 安倍晋三は皇室を破壊したいのだろうか? そうではないと信じたい!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

女系公認への道が遠のきましたが、孤軍奮闘している尊皇派がいらっしゃるようで

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130110/imp13011015440002-n1.htm

「皇室の現状説明したい」 宮内庁長官、首相の女性宮家「白紙」言及で
2013.1.10 15:42
 安倍晋三首相が産経新聞の単独インタビューで民主党政権時代の「女性宮家」創設を柱とした論点整理を「白紙」にすると表明したことに、宮内庁の風岡典之長官は10日の定例会見で、「皇室の実態、課題について現状の説明をしたい」と述べた。

 インタビューについて風岡長官は「内容は報道で知ったが、具体的な話があるわけではない」と言及。新政権発足に伴い、宮内庁の業務を説明する際に、「女性皇族の婚姻後の離脱問題」について説明する方針を示した。

 ただ、説明する内容は「そういうことだけではなく、その他も含めて」とし、天皇、皇后両陛下のご体調なども説明する意向を示した。まずは官房長官に説明することになるという考えを示した。

 創設の是非などには、宮内庁は以前から、「内閣官房、国会の議論」という姿勢を示しており、風岡長官はあくまで現状説明の一環であることを強調した。

 安倍首相は先月、インタビューで、「皇位継承は男系男子という私の方針は変わらない。野田政権でやったことは白紙にする」と言及。皇族の減少を食い止める方策には、「白紙から検討していきたい」と述べていた。


さて、この報道以外にも注目すべき記事やURLを列挙します。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121219/plc12121900220000-n1.htm

女性宮家案に反対多数 皇室典範改正論議は中止見通し
2012.12.19 00:21 [皇室]
 政府は18日、女性皇族の結婚後の皇室活動に関する論点整理を受けた国民からの意見公募で、「女性宮家」創設に「反対する意見が極めて多く寄せられた」とする結果を発表した。次期首相に就任する自民党の安倍晋三総裁は女性宮家創設に反対の立場で、「男系で紡いできた皇室の長い歴史と伝統の根本原理が崩れる」としてきた。そのため、野田佳彦政権が目指してきた皇室典範改正論議は中止となる見通しだ。

 政府は10月に公表した論点整理で、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家創設案について「検討を進めるべきだ」と明記。これに対する意見公募には、10日までの2カ月間で約26万7000件が寄せられた。

 内閣官房によると、女性宮家について「安定的な皇室活動のため自然な流れだ」との賛同意見がある一方、「将来、女系天皇につながる恐れがある」などと反対する意見が多数を占めた。旧宮家の男系男子孫による新宮家創設を求める意見も多かった。

 ただ、内閣官房では意見公募について「問題意識を幅広く把握するため行ったもので、意見の分類は極めて困難だ」として、賛否の内訳を集計しなかった。


ゴー宣道場のトッキー氏の論考

内閣官房の「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に係る意見募集の
結果について


さて、パブリックコメントは圧倒的な組織的運動によって男系維持派が多数派になったようですが、男系派の意見の質がもう目も当てられない惨状でございます。

詳しくは上記のパブリックコメントをお読みください。

私は以前から女系公認、女性宮家創設、皇室歳費の大幅増額を主張してきました。

参考エントリー
正々堂々と女系天皇を公認せよ! このまま皇室典範改正が下火になってしまうのか?

男系固執主義者を粉砕! この現実から目を背けるな!

~~~~~~以下は重要論点を再掲載~~~~~~

皇位継承問題の重要な3点が小林よしのり氏によって提示された。

①皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

②旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?

③側室なしで男系継承が続くのか? 

uematu tubasaなりにこの3点について思うところを述べてみたい。

①皇籍取得してもいいという旧宮家子孫は実在するのか?

この①に関しては現在のところ存在しないとしか申し上げることはできない。
本当に存在するのであれば、男系継承を主張するいわゆる保守派がもうすでに
旧宮家子孫と共に記者会見しているはずだからである。

もしそれでも存在すると言い張るのであれば、YOUTUBE上でもいいから
皇籍取得を覚悟した旧宮家子孫と共に動画を撮影してみせてほしい。

②旧宮家子孫の皇籍取得を日本国民が認めるのか? それに付随して女性皇族方は旧宮家子孫との政略結婚を承諾されるのか?

この②については絶対無理であると思う。
私のような若者にしては古風な人間でも「時代錯誤」としか思わない。
また、日本人女性から猛烈な(私のような自称尊皇派よりも過激に)反対の嵐だろう。

もし、このようなことが実際行われてしまったら皇室に対する日本国民の尊敬の念が失われてしまうだろう。

③側室なしで男系継承が続くのか?

おそらく続かないと思う。

一時的に運よく男児が生まれることはあっても行き詰ると思う。

まず第一に結婚して子作りに励めば、子供に恵まれるとは限らないのである。

私の母親は長いこと医療関係者に接する機会があったが、
長いこと子供ができず、不妊治療してもうまくいかない例を何十件も知っている。

常識ではあるが、案外このことを知らない方が多いので私の母親の現場から聞こえてくる声を紹介してみた。

第二に、男児が生まれるまで子供を産み続けよという意見もあるが、晩婚少子化が叫ばれるこの時代に
そんな大変なことを皇族に依頼できるのであろうか?

例えば、結婚するのが遅くて、年齢的に御一人しか産めないとなった場合、女児がお生まれになったら
「男児が生まれるまで頑張れ」などと言えるのであろうか?

もし可能だとしても旧宮家子孫や悠仁親王殿下の配偶者にこんなプレッシャーになるような(結婚することの障害になるレベルの)ことを日本国民が主張していいのだろうか?

それは皇族の配偶者選びを極めて困難にする可能性が大である。

「女性宮家創設」に反対し、旧宮家子孫を女性皇族と結婚させて男系継承を維持しようとするものに告ぐ。

あまりこのようなことをブログに書きたくはないのだが、

常識を取り戻してもらいたい。

あまりにも常識からかけ離れている。

もうやめてもらいたい。

私のような若造がこんなこと言いたくはないが。

~~~~~再掲終了~~~~~~~

安倍晋三氏に申し上げます。

あなたもご結婚されたが、子宝に恵まれなかったのでしょう?

いいか悪いかという話ではなく(もちろん子宝に恵まれなかったことを揶揄する意図もない)現実問題として一組の男女が結婚して確実に子供が生まれるわけではないのです。

だったら、後は常識の問題ではありませんか?

男子が生まれ続けなければ維持できない制度(男系固執)

子供が生まれれば維持できる制度(女系公認)

どちらが安定的に維持できるのでしょうか? おわかりでしょうか?

皇位の安定的継承のために安倍晋三総理には頑張ってほしいのです。

あえて最悪のシナリオを考えてみます。

天皇陛下も人間でいらっしゃいますからいつかは崩御されます。

そうしたら、現皇太子殿下が即位されます。

どんな事態になると思われますか?

『皇太子の不在』です。そしたら皇位継承の危機が再燃するでしょう?

そしたら安倍晋三総理が一番非難されますよ? 女性宮家創設を叩き潰したのですから。

日本国民の常識ある尊皇派からバッシングです。逆賊自民党とか呼ばれ、野党に格好の攻撃材料を与えてしまうでしょう。

そしたら安倍晋三総理並びに自民党の支持率が急落するでしょう。選挙にも負けてしまいます。

そしたらデフレ脱却する前に失脚もあり得ます。

私の最悪のシナリオが実現しないことを祈ります。

以上、尊皇派のクリックをお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR