ご無沙汰しております。日本はこのままでは確実に敗北する!!!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

最近は忙しすぎて全くブログ閲覧できませんでした。

ツイッター整備(フォロー数とフォロワー数がアンバランスなのでリミットに引っかかりました)をしてました。
ツイッターのフォロー数が減っていたのはそのためです。

基本的にはリフォローしているのですがね。

そんなこんなありまして以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130207/chn13020707080001-n1.htm

レーダー照射 中国外務省「知らぬ」一点張り 軍の単独行動 印象付け
2013.2.7 07:06 [中国]
中国報道官
6日、北京の中国外務省で記者会見する華春瑩報道官 (共同)

 中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターに射撃管制用のレーダーを照射していたことに対し、安倍晋三首相は6日、強い遺憾の意を表明した。中国外務省は米政府の警告が影響してか、関与していないとの立場を強調した。

                   ◇

 【北京=川越一】中国外務省の華春瑩報道官は6日の定例記者会見で、中国海軍のフリゲート艦による海上自衛隊の護衛艦に対する射撃管制用レーダー照射について、同省が状況を把握していなかったとの立場を表明した。日本政府による5日の抗議についても反論しなかった。

 レーダー照射に対するコメントを繰り返し求められた華報道官は「報道を見てから関連の情報を知った。具体的な状況は理解していない。関係部署に聞くように」の一点張り。軍による挑発行動とはいえ、外交問題に発展する事案を中国外務省が知らなかった“失態”を突かれても、言葉を詰まらせながら、「そう理解してもらっていい」と回答を避けた。

 華報道官は「釣魚島(沖縄県・尖閣諸島の中国名)は中国の固有の領土だ」と従来の主張を繰り返した上で、中国の公船が尖閣諸島周辺を航行することについて「正常だ」と述べるのが精いっぱいだった。

こうした中国外務省の姿勢から、レーダー照射が軍の単独行動だったのではとの見方が出ている。あるいは、尖閣諸島をめぐる対日姿勢について、軍と政府の意思疎通が図られておらず、足並みが乱れている可能性もある。

 6日付の中国各紙のほとんどは日本メディアの報道を引用する形で、事実関係を小さく伝えるにとどまった。報道の中で、中国の軍事専門家はレーダー照射を「警告の性質を帯びた自衛行為」と定義。中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報は「現在の中日関係の情勢は一触即発の状況には至っていない」とする専門家の意見を伝えるなど事態悪化を望まない意向が見え隠れしている。また、法制晩報は「日本は一方的に情報を発信し国際社会の同情を得ようとしている」との専門家による分析記事を伝えた。

 こうした中、国営新華社通信は同日、習近平総書記が2日と4日、空軍基地、酒泉衛星発射センター、蘭州軍区を視察したと報道。習氏は「軍事闘争の準備の深化」を指示し戦闘能力の強化などを命じたという。


人民解放軍の独断専行であっても許されることではありません。

普通の国家であれば反撃しています。小規模紛争が勃発し、エスカレーションして日中戦争勃発になったかもしれません。

私は中国の挑発に乗るべきではないと考えます。

絶対に勝てる体制を構築することが最優先です。

孫子の兵法の2大原則
1、勝算無きは戦わず
2、戦わずして勝つ

我が国日本は古代中国が生んだ古典『孫子』に忠実になるべきであります。

ここで私が紹介したい本がございます。

『尖閣を守れない自衛隊』北村淳、宝島新書
尖閣を守れない自衛隊

『米軍が見た自衛隊の実力』北村淳、宝島社
米軍が見た自衛隊の実力

これは本当にすごい本ですよ。

現行体制のままでは、日本が中国に確実に敗北することがわかります。

そしてどうすれば勝てる体制を構築できるのかわかります。

巷であふれている日中戦争のシミュレーションなんて色褪せて見えます。

上記の『尖閣を守れない自衛隊』を参考に日本敗北の要因を簡単にまとめてみます。

1、長距離巡航ミサイルと中距離弾道ミサイルの乱れうちで中国は日本に打撃を与えられるが、日本は中国本土を攻撃できるだけの戦力を全くと言っていいほど保持していないから報復できない。
2、日本は海兵隊を持っていないため、宮古島などの島を一時的にでも軍事占領されただけで屈服せざるを得ない。
3、弾道ミサイル防衛は長距離巡航ミサイルと弾道ミサイルの飽和攻撃で無効化される


1に関して捕捉説明をします。

中国は我が国日本に長距離巡航ミサイルと中距離弾道ミサイルを多数保有しております。それを日本の戦略拠点に撃ちこまれたらどうなるのでしょう?

原発、原発以外の発電施設、送電網、政治中枢、皇居などを破壊されたら日本社会はとんでもない危機的状況になります。

しかも、日本は報復攻撃を行える戦力を全くと言っていいほど保持していないので、抑止することもできません。

言葉を選ばずに申し上げるのであれば、ただただ嬲り殺されるだけです。

2に関して捕捉説明をします。

日本は水陸両用の海兵隊を持っていません。島嶼国家なのにも係わらず、島嶼奪還用の戦力を保持、整備することを怠ってきたのです。

長距離巡航ミサイルと中距離弾道ミサイルが多数降り注ぐなかで、宮古島などが占領されてしまったら、人命を最優先させる日本政府は中国に屈服するしかありません。

3に関して捕捉説明します。

長距離巡航ミサイルと中距離弾道ミサイルはほとんどが移動式です。

移動式っていうのは発射される位置が移動するってことです。

ミサイルが積まれたトレーラーだったり、艦船だったり、潜水艦だったりします。

いつ、何時、何発撃ってくるかわかりません。中国と日本の物理的な距離は短いので、ミサイルの到達時間は5分から10分ぐらいです。
また、巡航ミサイルは低速ですが、低空を自由にコースを変えて襲ってくるので迎撃が困難です。

迎撃するのに有利な材料が全くないのです。不利な条件ばかりなのです。

さらに絶望的なことを申し上げます。

中国側が301発の中距離弾道ミサイルを保有して実戦配備しているとします。

日本側が300発の迎撃ミサイルを保有しており、展開しているとします。

迎撃率を100%と仮定します(現実にはそんなことあり得ませんが・・・)

そうしますと、300発は防げても1発は防げませんよね?

その一発が核弾頭搭載であったら?寒気がします。

ミサイル防衛はどう考えても無理なのです。多数のミサイルを様々な場所から一斉に撃たれたらアウトなのです。

日本は確実に敗北します。

後日、日本が絶対に勝てる体制にするための通常戦力の整備に関して述べます。

お楽しみに!

以上、よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます。

チャロチャロ氏へ

>>経済で圧倒して、軍事費増やして警備艇増やして、法律も『いざとなったら動けるんだよ』と敵にも判るようにして、当たり前に日本の領域ギリギリにズラリと警備艇を並べれば充分です。

これに原子力潜水艦が加われば最強かと存じます。

今後ともコメントいただければ幸いに存じます。

富国と強兵と警備

経済で圧倒して、軍事費増やして警備艇増やして、法律も『いざとなったら動けるんだよ』と敵にも判るようにして、当たり前に日本の領域ギリギリにズラリと警備艇を並べれば充分です。

あいつら、単に日本人をおちょくりに来ただけですから。がちでなぐるとキレて何をしでかすかわかりません。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR