アシモを進化させてガンダムにすれば無人ロボットの完成だ!!!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSNマネーの記事から引用でございます。

http://money.jp.msn.com/news/toyokeizai-online/%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%80%e3%80%8c%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a2%e3%80%8d%e3%80%81%e9%87%8c%e5%b1%b1%e3%81%b8-%e5%86%8d%e7%94%9f%e3%81%ab%e4%ba%ba%e5%9e%8b%e3%83%ad%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%82%92%e5%bf%9c%e7%94%a8-2

2013年3月5日 10:45更新

ホンダ「アシモ」、里山へ 再生に人型ロボットの最新技術を応用
足も
(C)東洋経済オンライン

 ホンダが2000年から公開している人型(ヒューマノイド)ロボット「ASIMO(アシモ)」。初期は2足歩行が目玉だったが、最新型は走ったり、紙コップにジュースを注いだり、サッカーボールを蹴ったりなどと、さまざまな動作ができるほどに進化。自律行動制御技術の搭載により、人の歩く方向を予測してぶつからないように歩いたり、3人が同時に発する言葉を聞き分けたり、といったことも可能になっている。

 そのアシモの技術が、実際の社会活動に生かされるときが近づいている。ターゲットは里山。都市と自然の間にあって、人が利用してきた森林の再生である。

自律走行できる無人ロボットを実用化へ

 ホンダはレース場であるツインリンクもてぎ(栃木県郡茂木町)の近隣にある里山を、「自然体験施設ハローウッズ」として再生し、人と自然がじかにふれあう場所を提供するなど、里山の再生に取り組んでいる。

 里山では日照管理のため間伐を行っているが、切った丸太を山のふもとまで下ろすのが非常に難しいという。それを受けた伊東孝紳社長の掛け声で、ホンダは半年後の完成を目指して山道を無人で走行する間伐材の運搬機、その名も「里丸(さとまる)」の開発を進めている。ベースとなるのは、足回りがクローラ式の小型運搬機「力丸(りきまる)」。その力丸に「アシモ」の技術を組み合わせて、自律走行ができる無人ロボットをつくり、実用化するというのだ。

 ホンダは3月3日、ツインリンクもてぎで環境新技術説明会などを開き、これについて明らかにした。

 この取り組みは、単に里山再生にとどまらない可能性がある。ホンダの研究開発子会社・本田技術研究所の山本芳春社長は、「山がいちばん難しいと思う。山で実用化できれば、農業や林業、水産業にも応用が広がりそうだ」と他分野への展望を語る。

 「技術は人に奉仕するためにある」とは創業者・本田宗一郎氏の言葉。ホンダの研究者が、「人間そのものを研究している」という位置づけにあるアシモの技術が、ついに人へ奉仕されることになる。

レアアースの再利用も

 ホンダは、これに限らず環境関連で次々と新しい事業を打ち出している。今週には、ハイブリッド車(HV)の使用済みニッケル水素電池からレアアース(希土類)を抽出して再利用できるようにして、電池メーカーに販売する事業も始める。

 ホンダはこの技術を世界で初めて確立した。これまではレアアースを含む酸化物の抽出までしかできなかったが、電池材料にそのまま使える高純度で取り出せるようにした。電池メーカーへの販売価格は、中国からの現状の輸入価格とほぼ同じで、採算はトントン程度。ただ、中国の政策によってレアアース価格が高騰するリスクの回避につながる。

 処理能力は月間1000台分。今週中にも、納車前に東日本大震災で被災したHV386台の電池から抽出したレアアースを電池メーカーに販売する。今後は、販売店経由で回収したニッケル水素電池からのレアアース再利用を進めていく。

 伊東社長は「今回の電池を含め、今まで再利用があまりできていなかった領域には集中して取り組んでいく」と話している。

 (記事中のASIMOの写真は2011年11月に開いた発表会での模様、撮影:風間仁一郎)


アシモに自動小銃を持たせれば立派な戦士でございます。

陸上自衛隊の動きをコンピュータに記憶させれば、高練度の戦士が訓練なしにできあがります。

無人ロボット戦士ができあがりでございます。

上陸作戦や離島奪還作戦などに投入することができれば人的損害をできるだけ少なくすることができます。

本当にガンダムができるという可能性もございます。

小型核融合炉搭載し、飛行能力を付与すればガンダムですよ。

宇宙空間と海中では行動できませんが、当面はそれで十分です。

民間技術を軍事転用することにためらってはいけません。

軍事転用をためらってしまい、日本国民が危険に晒されてしまったら駄目でしょう。

我が国日本は強大な軍国主義国家と武断主義国家に囲まれているのですから、軍事転用を真面目に考えなければならないはずです。

以上、アシモをガンダムにすべしっていう愛国者はクリックをお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TPPは国家破壊の共同謀議か?!

 TPPに関して、政府が公表していない、日本に極めて不利な極秘条件がある可能性が示唆された。 『環太平洋連携協定(TPP)交渉参加をめぐり、先に交渉を始めた米国など九カ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

 無人機自体は悪くないのですが、この手の兵器が出てくるゲームやっていると敵の無人機をクラッキングして相手を攻撃させる事もありまして、中東でも米軍の無人偵察機を墜して回収、研究しようとした事もあります。

我が国に対しての脅威でありそれなりに技術のある支那や南朝鮮、我が国で電子工作している北朝鮮の事を考えるとあくまで補助くらいに考えた方がいいと考えます。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR