洋上風力に活路を見出す

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/science/news/130310/scn13031010090002-n1.htm

日本の風力、洋上に活路 環境相、「7年で発電40倍以上」新目標言及
2013.3.10 10:08
浮遊式養生風力
国内初の浮体式洋上風力発電の試験機を視察する石原環境相=9日午後、長崎県・椛島沖

 石原伸晃環境相は9日、「平成32年に洋上風力発電の能力を100万キロワット以上にしたい」と述べ、現在の発電能力の40倍以上にするという新たな導入目標を明らかにした。長崎県・五島列島の椛島(かばしま)沖にある国内初の浮体式洋上風力発電の試験機を視察した後、記者団に語った。

 洋上は陸上に比べて強い風が安定して吹くことから風力発電に適しているが、日本には、海外で主流の海底に土台を置いて固定する「着床式」に適した遠浅の場所が少なく普及が遅れている。

 環境省は、普及の切り札として、土台が不要で、海上に風車を浮かせる浮体式の開発に力を入れており、昨年から椛島沖で風車の直径22メートル、発電能力100キロワットの試験機を運転。25年度から椛島沖で直径80メートル、発電能力2千キロワットの実証機をつくり、実用化を目指す。

 石原環境相は船上から試験機を視察。離島など地域で自立したエネルギーとして十分可能性があるとした上で、「日本には洋上風力発電のポテンシャル(適した場所)も能力もあり、全国に広げなければならない」と述べた。


http://sankei.jp.msn.com/science/news/121008/scn12100810220007-n1.htm

風力発電、洋上で研究加速 高効率化とコスト低減カギ
2012.10.8 10:21

 東京電力福島第1原発事故を受け、政府が2030年代の原発ゼロを掲げる中で、多彩な再生可能エネルギーの研究が進められている。その中で「ずば抜けた潜在能力」(環境省)が期待されているのが、海上の風で電気を起こす「洋上風力発電」だ。世界で再生可能エネルギーの主流となっている風力発電は、平地が少ない日本では導入が遅れているが、四方を囲む広大な海を利用すれば悪条件を克服できる可能性がある。(伊藤壽一郎)



広大な海は適地


 「洋上で風力発電を目指すのは、日本の陸上では適地を見つけにくいのが最大の理由」。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の伊藤正治主任研究員はこう話す。

 風力発電を事業として行うには、秒速6メートル以上の風が1年を通じて吹く場所が必要だ。地形に起伏があると風が乱れて安定しないため、広く平坦(へいたん)なことも条件となる。巨大な風車が回転する際の騒音問題があるため、住宅地は適さないが、一方で維持管理の作業員が行きやすい場所でなくてはならない。

 「海は広大で無人の“平坦地”で、安定した強風を得やすい風力発電にうってつけの場所。発想を変えれば、日本は風力発電の適地に囲まれていた」と伊藤さんは話す。

NEDOは千葉県銚子市の南方沖約3キロで、洋上風力発電の実証実験を行う計画を進めている。風車は水深12メートルの海底に支柱を立てて固定する「着床式」というタイプで、10月中に完成する予定だ。

 現時点の試算では、発電コストは陸上と比べて最大2倍以上と高い。支柱を固定するため海底を掘削したり、支えを作る工事で建設費がかかるためという。沿岸に近いため維持管理が容易という利点もあるが、建設可能なのは水深50メートル程度までで、条件に合う場所は日本では少ない。


台風でも被害なし


 着床式の課題を解決するのが「浮体式」だ。まるで釣りの浮きのように、プカプカと浮く筒状の「浮体」の先端に風車を取り付けたもので、流されないよう海底にいかりのようなワイヤを下ろすが、掘削や支持の工事は不要。この方式は環境省が今年8月、長崎県五島市の椛島(かばしま)の沖合約1キロ、水深約100メートルの海域で実証実験を開始した。

 洋上風力発電の大規模な実証実験は、2つの方式とも日本では初めて。陸上とは異なる環境で巨大な風車がきちんと動作するか、台風の高波にもまれても強度は大丈夫かなどを確認することが共通の目的だ。

浮体式は実験開始直後の8月末、過去最大級の勢力に発達した台風15号の洗礼を受け、高さ約8メートルの波にもまれた。環境省によると「100年に一度のレベルの台風だったが、被害はまったくなかった。問題なく発電を続けている」(地球温暖化対策課)という。


風車の大型化も


 両プロジェクトは今後、風車の強度だけでなく漁業や環境への影響も検証し、数年後の事業化を目指すが、普及にはコスト低減が避けて通れない。そのため風車の大型化に向けた研究も進んでいる。

 陸上の風車は現在、騒音などの影響を考慮して出力2千~3千キロワット級(風車の直径100メートル前後)が最大級。だが洋上では制限がないため、NEDOは出力1万キロワット級(同165メートル超)の「超大型風車」の開発に取り組んでいる。大型化しても建設費は大きく変わらないため、出力アップで発電コストの低減が期待できる。

 ただ、日本の原発の総出力を1万キロワット級の風力発電で置き換えたとしても、昨年1月時点の単純計算で約5千基もの超大型風車が必要になる。

 一方、風車自体の発電効率アップを目指しているのが、九州大応用力学研究所の大屋裕二教授が開発した「風レンズ風車」だ。

 風車の周囲に特殊な形状の輪をつけたもので、輪が風を集めるレンズのような役割を果たして風速が上がり、出力が通常の風車の2~3倍にアップするという。

 現在、福岡県の博多湾で浮体を使って実証実験中。将来は風車と太陽光発電パネルを備えた浮体を多数組み合わせ、「魚の養殖いけすも設けた複合発電ファームに発展させたい」と大屋教授は話している。


着床式と浮体式では断然浮体式が有利でありましょう。

我が国日本には着床式できる場所がすくないのですから。

浮体式や風レンズ風車で日本国の領海にガンガン設置するべきでしょう。

そして今後課題になるのが、コストと安定供給と船舶との衝突をどのように回避するかという問題でございます。

コストに関しては大型化とレンズによる効率化で克服可能ですし、安定供給には蓄電施設と送電網の確率で解決できるでしょう。

船舶との衝突回避に関しては灯台的な何か発光するものを取り付ければいいと考えます。

海上の平和を守るため、レーダーを設置して北朝鮮の密漁船を発見できるような体制を構築することができるかもしれません。

ここで気になる点がひとつ。

>>>ただ、日本の原発の総出力を1万キロワット級の風力発電で置き換えたとしても、昨年1月時点の単純計算で約5千基もの超大型風車が必要になる。

なぜ、原発の総出力と比較するのでしょうか?

我が国日本の電力需要を満たせるだけの電力を創ればいいではないですか。

電力需要を満たすために発電施設があるのです。原発の代替は風力と太陽光と石炭火力とメタンハイドレートの総力戦で行えばいいじゃないですか。

これが本当のベストミックスでございます。

ある発電方法のみで原発を代替するわけないのです。

このような記事の書き方はあまり筋がよろしくないと思います。

以上、クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR