反TPPを再宣言します。橋下大阪市長は良識ある日本国民を敵に回しましたね(笑)

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

本日、反逆する武士 uematu tubasaはTPP交渉参加ならびにTPP加盟に断固反対することを再度表明致します。

最近、民間有志の団体の活動が本格化しているようでございます。

私から何かを立ち上げて行動を起こそうかと考えておりましたが、どう時間をやりくりしても都合がつきません。

よって、他の団体、個人の反TPP運動に積極的に賛同することにします。

労力を最小限に、効果は最大限となると他人の反TPPに乗っかった方がいいと考えました。

もちろん、国会議員に直接面会し、TPP反対意見を届けるという選択肢もございます。

以下はその一例でございます。

http://www.parc-jp.org/teigen/2011/syomei201303.html

~~~~一部引用開始~~~~
シンガポール交渉にて、
米国の「日本の参加問題」発言リーク!
日本はTPP交渉に参加しても、
交渉内容に何の影響も与えられない!
TPP参加表明を絶対に許さない! 緊急声明文




内閣総理大臣 安倍晋三 殿

 日本のTPP交渉参加が、3月中旬になされるのではないかとの報道が繰り返しなされています。

 同時に、この間、TPP交渉に2012年12月から参加したカナダ、メキシコに対して課せられた不利な条件についての報道もなされ、多くの人びとが日本のTPP参加後の交渉の行方をそこに重ね、懸念しています。事実、カナダとメキシコは、大変に不公平な条件のもとTPP交渉に参加しました。つまり、過去3年間の交渉ですでに合意してきたいかなる内容も再交渉できないという「同意」が要求されました。さらに、すでに決定されている膨大な項目について新たな提案をすることも禁じられていたのです。

 日本の参加についても、カナダやメキシコと同じ不利益な条件が強いられることは必至です。交渉の終結は今年10月が目指されていますが、正式な交渉参加には各国との二国間協議による合意、米国議会の承認などのプロセスが必要です。仮に3月中旬に参加表明がなされたとして、日本が交渉のテーブルにつけるのは、どんなに早くても7月の交渉会合からです。それまでの間に、交渉はさらに進み、日本が入る際には大方の交渉は終了し、日本はただサインをするだけ、というシナリオしかありません。

 私たちは、2013年3月、シンガポールでのTPP交渉会合にて、これらのシナリオを裏付ける重要な情報を得ました(以下太字がその内容)。

  シンガポールでのTPP交渉会合の中で、米国の貿易担当官が、日本の交渉参加が認められるための手続きについて、他国の交渉官に対して次のように述べた。「日本は、カナダとメキシコがTPPに参加するために強いられた、非礼であり、かつ不公正な条件と同内容を合意している。つまり、事前に交渉テキストを見ることもできなければ、すでに確定した項目について、いかなる修正や文言の変更も認められない。新たな提案もできない」。さらに米国の担当官は、日本の参加表明がなされた後、参加各国は日本との二国間協議を7月までに完了させるように、との指示も行なった。つまり、日本は7月の会合には参加できず、9月の交渉会合までTPP交渉のテーブルにつくことはできないということである。9月の交渉会合は、TPP交渉国の首脳がAPEC会議にて集まり、交渉を「完了した」とサインするであろうといわれている10月の1か月前だ。しかも9月の会合は米国で持たれ、議長国は米国となるため、異論や再交渉の要求があっても、押えつけることが可能だ、と交渉担当官はいった。

 この情報は、自由貿易の推進に反対する国際ネットワークである、パブリックシチズンや、ニュージーランド・オークランド大学のジェーン・ケルシーさん、日本のNGO・アジア太平洋資料センター(PARC)らが、シンガポールの交渉会合にて信頼できる情報源から入手したものです。

 日本が正式に参加表明していないにもかかわらず、米国の交渉担当官が他の交渉参加国に対し、日本の参加問題についての「説明」と「指示」を行なっているという状況に、私たちは強い怒りを持っています。

上記の情報にもあるように、9月の交渉会合は交渉のほぼ「最終段階」であり、しかも開催国・議長国は米国です。日本がこの時点で参加をしたとしても、何の再交渉や再提案、テキストの変更もできないであろうことは明らかです。

このことは、安倍首相のいう「聖域なき関税撤廃ではない」「交渉の中で国民の利益を守る」という主張とは、真っ向から対立します。もし本気で安倍首相が、遅れて参加しても交渉が可能だと考えているのであれば、それは不見識といわざるを得ません。逆に、こうした不利な条件であることを知りながら、それでも参加表明をしようとしているのであれば、国民に対する大きな裏切りであり、民主主義と主権の放棄に他なりません。

私たちはここに、改めて、国民への情報開示も不十分なまま、主権を放棄する形での交渉参加に強く反対します。

2013年3月13日

★連名してくださる方を募集中!(個人のみ)お名前、肩書、メールアドレスを記載の上、 kokusai@parc-jp.org までお送りください。第一次締め切りは3月12日(火)12:00です。ここまで集まった方のお名前を、プレスリリースに掲載して各メディアに送ります。その後も連名は受け付けますのでぜひお寄せください。
最終的な締め切りは3月13日(水)朝10:00とさせていただきます。
※声明文の提出者(連名)は後日改めてUPします。公開不可の方は、必ずメールにて「公開不可」とお書きください。何も書いていない場合は掲載いたしますのでご了解ください。※


★連名ぞくぞく!★
(3月13日10:00時現在。今後もできるだけ更新します)
※皆さんのお名前は、お一人一行ずつ掲載していきます。続けて流し込みをすると、固まりにしか見えず自分の名前もなかなか探せませんので。本当にさまざまな立場の方がこんなに反対している、ということを、署名の行数の長さを見て感じてください!

※署名をしたら、地元の国会議員(特に自民党議員)にぜひ今回の「米国による日本参加問題の言及」や、ロリ・ワラックさんのメッセージなどを伝えてください。今が正念場です!議員に応援とプレッシャーをかけましょう!


以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130313/plc13031314380012-n1.htm

「反対で農業保護は幻想だ」橋下市長、政府を支持
2013.3.13 14:36
橋下大阪市長
橋下徹大阪市長

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「反対すれば日本の農業が守れるなんて幻想だ」と述べ、政府の交渉参加方針を支持する考えを示した。

 同時に「このままでは農業は衰退する。農業の成長産業化の議論と、TPPは切り離さないと駄目だ。抜本的な政策転換をしなければならない」と持論を展開した。

 自民党内に根強い反対論に関し「条件を付け過ぎている。自由貿易推進の方向性と逆行しており、自民党政権ではTPP不参加になる可能性が高い」と述べ、政府にとって障害になるとの見方を示した。市役所で記者団に答えた。


農業政策の抜本的な改革に関しては賛成だが、それでもTPP交渉参加賛成はいただけない。

確かにこれまでの農業は先進諸国と比較しても保護されてきた。

しかし、天候という不確実性があり、そんなにもうけが出ず、食糧安全保障の強化を考えると致し方ない部分があったのです。

食糧自給率を100以上にし、価格競争力ならびに非価格競争力をつけるための農業政策を実行するという代替案を以てTPPを退けるべきであります。

日本維新の会も終わりですな。

農業関連の人間や医療関係者から総バッシングされるでしょう。

国民経済を外国に売り渡すような人間を代表に据える集団を国会に送ってはならないと思います。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR