【再掲載】TPPで米国の要求が拡大する? 情報は出せない? 日本共産党がマトモなことを主張するという悪夢?

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

反逆する武士は「反増税・反TPP祭り」絶賛継続中です。

しんぶん赤旗にこんな記事が・・・

現代日本は腐ってますな・・・

以下はしんぶん赤旗より

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-02/2012080202_02_1.html

TPP 米の要求増加も
笠井議員指摘 外相 否定できず


2012年8月2日(木)

笠井日本共産党
(写真)質問する笠井亮議員=1日、衆院外務委

 日本共産党の笠井亮議員は1日の衆院外務委員会で、環太平洋連携協定(TPP)参加問題について、「事前協議も交渉参加もきっぱりやめるべきだ」と求めました。

 笠井氏は、TPP参加に関して政府が言う米側との「信頼醸成の材料」は、「米国が2国間の懸案事項とする非関税・関税措置撤廃に日本側がこたえることではないか」と追及しました。

 玄葉光一郎外相は、「(米側は日本側が)高いレベルの経済連携にコミット(=関与)する意思があるのかどうかを試している」と答弁。「米側の懸案事項は自動車、保険、牛肉の3項目だけか」と笠井氏が追及すると、玄葉氏は、「100%は断言できない」と述べ、米側がさらに新しい懸案事項を日本側に突きつけてくる可能性を認めました。

 笠井氏は、「米側にたいし国民、各界の懸案事項を米側に伝え、回答させて、国民にきちんと公開しているかどうかの姿勢が問われている」と指摘。玄葉氏は「言えないこともあるが、精いっぱいの情報公開に努める」と答弁しました。

 笠井氏は「これでどうやって国民的議論をやれというのか」と批判しました。


つまり、日本政府は国民的なTPPに関する議論をしてほしいと思っていないのです。

そうしたら、ほとんどの日本国民が反対するからです。

この記事を見て、常識的な日本国民であれば恐怖すること間違いありません。

だって日本共産党がマトモな政党に見えてくるのですから(笑)。

私は共産主義嫌いですし、日本共産党も嫌いですが、ことTPPに関しては良識溢れる行動をとっておりますね(笑)

さて、TPPに関する情報を日本政府が出さないという件に関しては興味深い書籍がございますので紹介させていただきます。

恐るべきTPPの正体
浜田和幸

参議院議員の浜田和幸氏が2011年3月に出版したTPPに警鐘を鳴らす本なのですが、かなり恐ろしいことが序章から書かれております。

浜田和幸氏は参議院議員としてTPPに関するメリットデメリットを明らかにするよう菅直人首相(当時)に求めたそうなのですが、返ってきた返答は「お答えする立場にない」というものばかりだったそうです。

一国家の首相として無責任極まりないものでございます。

しかも、TPPに賛成のメディア報道ばかりで、TPP参加国や交渉参加国の中にも、根強いTPP反対の声があることが全く報道されないと憤りを表明さえております。

いわゆるtea party (茶会党)運動に参加している人たちは反TPPでございますから、賛成派ばかりではありません。

そのほかにも、反対派の声はございます(詳しくは恐るべきTPPの正体をお読みいただければと思います)

さて、そんな中でこんな記事

以下はYOMIURI ONLINEより
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120721-OYT1T00700.htm



TPPに日本招くのは誤り…米議員10人が書簡


 【ワシントン=岡田章裕】米民主党の上院議員10人が、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への日本の参加について「この時点で、日本を招くのは誤り」と反対する書簡を、オバマ米大統領に送付した。

 書簡は17日付。日本メーカーが米国市場に大規模に進出している一方、米国メーカーは日本で数多くの貿易障壁に直面していると批判。これまでの長期間の交渉でも不公平さは解消できていないとして、TPP交渉の限られた期間では「真の公平さを実現できるとは思えない」と訴えている。

 特に「米国の自動車メーカーと労働者への影響を懸念している」として、日本のTPP交渉参加に反対する最大の理由が、米自動車産業の保護にあることを明らかにしている。

(2012年7月21日18時37分 読売新聞)

そりゃアメリカが本当に自国の国益を考えたらそうなりますわな(笑)。

日米の感情的なしこりを残すTPPは辞めた方がいいでしょうし、おそらくTPPを締結してしまったら感情的な反米運動が燃え広がり、日米同盟に暗い影を落とすことになるでしょう。

最悪、日米同盟破棄まで進んでしまうのではないでしょうか?

とにかく、まずは情報開示と国民的議論を開始するところから始めるべきであって、我が国日本はスタートラインにすら立っていないとしか言いようがないのです。

以上、よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ
このブログをご覧の皆様にお願いがございます。

宮城県在住、もしくは東北在住で仙台市に自腹で来れるお方はrebelbushi@gmail.comまでメールください。

一緒に宮城県選出の国会議員に反TPPってことで直談判しませんか?


私一人では力不足でございます。

もっと具体的な日程や活動内容などに関してはご相談させてください。

何卒よろしくお願い致します。

捕捉情報
1、デジタルビデオカメラなどの資材でありましたら、私が自腹で購入するつもりでございます。
2、基本的な費用は交通費と食費となります。自腹で負担をお願い致します。
3、基本的にはメールでやり取りさせていただきますが、場合によってはスカイプを使う可能性がございます。
4、国会議員や県議会議員に直談判した経験がお持ちの方なら大歓迎です。

メールには
1、ニックネーム
2、性別、国籍、年齢(可能な範囲で)
3、メールアドレス(もしくは連絡先)
を記載してください。

提供された個人情報ならびにメールアドレスに関しましては外部に漏らすなどといったことはありませんのでご安心ください。

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR