【金融緩和】黒田総裁が頑張ったそうです。私の感覚からしたら生ぬるいのですが素人の意見なのでしょうか

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

黒田日銀総裁が大胆な金融緩和をしたのです。

結論から申し上げます。

もっと緩和できるのではないかという気がします。

生ぬるい。

以下はロイターより

http://jp.reuters.com/article/vcJPboj/idJPTYE93304D20130404

市場も驚いた異次元緩和、黒田日銀の「バズーカ砲」炸裂

2013年 04月 4日 16:42 JST

[東京 4日 ロイター] 黒田日銀の「バズーカ砲」に市場も驚いた。長期国債やETFの買い入れ額は市場の予想上限さえ上回ったことで、ドル/円は2円以上円安に振れ、約200円安だった日経平均は272円高まで急反転。10年債利回りは史上最低水準を更新した。

政策目標を金利からマネタリーベースの量に変更したことは、ボルカー元FRB(米連邦準備理事会)議長がとったインフレ退治政策以来の衝撃との声もある。

<ECBのLTROに匹敵>

黒田総裁就任からちょうど2週間。時間の乏しさや購入可能な資産は限られているとの見方から、今回の決定会合ではサプライズはないと高をくくっていた市場参加者も多かったが、黒田東彦日銀総裁が、就任後初の日銀決定会合で打ち出した金融緩和策は、予想されていた緩和メニューがほぼ盛り込まれ、各資産の購入額も市場予想の上限さえ超える内容となった。

長期国債の償還を考慮しないグロスの買い入れ額についての市場中心予想は月5兆円、上限でも6兆円だったが、今回の緩和では7兆円強になる見込みだ。長期国債購入の上限を定めていた銀行券ルールは一時、停止されることになった。上場投資信託(ETF)は市場規模が4.4兆円程度と小さいため、増額されても少額との予想が多かったが、これも市場予想を大きく上回り、ETF及びJ─REITの保有残高は、それぞれ年間約1兆円、年間約300億円に相当するペースで増加するよう買い入れることになった。

シティグループ証券チーフエコノミストの村嶋帰一氏は、ドラギECB総裁のLTRO(長期流動性供給オペ)に匹敵するような黒田総裁の「バズーカ砲」がさく裂したと指摘。「現時点でできるものは全て出したという印象だ。打ち止め感さえ心配されるほどだが、海外勢は日本勢以上に驚きをもって受け止めそうであり、材料出尽くしにはしばらくならないだろう」との見方を示す。

<ボルカー以来の衝撃>

今回の「量的・質的金融緩和」では金融市場調節の操作目標をこれまでの無担保コール翌日物からマネタリーベースに変更し、年間60─70兆円に相当するペースで増加させる。「金利」からマネーの「量」にターゲットを変更したわけだが、市場では「政策目標がわかりやすくなり、市場とのコミュニケーションがとりやすくなる」(国内銀行)と好評だ。

三菱東京UFJ銀行シニアマーケットエコノミストの鈴木敏之氏は「1979年にボルカー元FRB議長が、米国のインフレを止めるために、マネタリーベースの量をターゲットにし、インフレを退治した。黒田総裁がデフレを止めるためにマネタリーベースの量を目標を変更したことは、それ以来のインパクトがある」と驚きを隠さない。

3月ADP全米雇用報告で民間部門雇用者数が5カ月ぶり低水準となったことで、今週末の3月雇用統計に警戒感が強まっている。米10年債利回りは1.811%に低下し、ドル/円も上値が重くなっているが、日本の10年債利回りは0.43%を割り込み、史上最低水準を更新した。「ここまで日本国債の利回りが押し下げられるとドル高/円安要因になる」(国内シンクタンク)との見方が多く、ドル/円は4日夕方時点で95円前半まで上昇。調整が続いていた日経平均も円安を好感し、一気に年初来高値を視界にとらえた。

ただ、中央銀行がマーケットに深く介入することで発生する「歪み」には警戒が必要だ。円債市場の財政規律に対する警告機能は事実上失われてしまった。企業業績も市場の期待ほどには回復していない。衝撃の「余韻」はしばらく続きそうだが、資産価格が経済実体から大きくかけ離れれば、反動も大きくなる。

(ロイターニュース 伊賀大記;編集 久保信博)


新聞報道やテレビではいまいちわかりにくいので以下の動画をどうぞ。

【黒田ショック】御用エコノミスト発進、新聞紙面ノ残敵ヲ撃滅セントス[桜H25/4/5]

上念司氏がはしゃぎまくっています。

動画のラストが最上級におもしろいです。皆様是非ご覧ください。

一部報道では「異次元緩和」などといった評価もあるそうです。日銀の大胆な金融緩和を歓迎する声が多数派なのだそうです。

私は不満がございます日銀の金融緩和は生ぬるいと思います。
これまで日本国民は日銀の金融引き締めや小出しの金融緩和によって翻弄され、苦しんできました。

その罪滅ぼしも兼ねてもっとマネタリーベースの金額を増やすべきかと存じます。

日銀は黒田総裁の独裁体制ではないので致し方ない部分もあるかとは存じますが、もっと増やしてほしかったというのが私の本音です。

しかしながら、金融緩和に踏み出したことは大変喜ばしいことです。

あとは財政出動ですな。

私の立場を鮮明にしておきますと、金融緩和だけではデフレ脱却ができないと考えております。

金融緩和が有効なのは新規投資需要がある経済局面だけです。

例えば、家計に住宅を建てたり、改築・増築をする住宅投資意欲がある場合、民間企業に設備投資をする意欲がある場合などです。

残念ながら我が国日本には新規投資需要が少ないでしょう。

このままでは、日銀の金融緩和で金融機関の流動資産が増えすぎて、土地や不動産の価格が上昇してバブルが発生する可能性があります。食料市場、原油、金などの世界市場に資金が流れこみ価格高騰を招くかもしれません。

資金が滞留するということになりますので危ない状況が続くのです。

ここで日本政府の出番です。

国債発行で、滞留している資金を捕まえて、公共事業すればいいのです。

復興予算、インフラメンテナンス、防災、津波対策などを大胆に行うべきです。変な市場にお金は回らず、日本国民の所得を増やすためにお金を使うことが可能となります。

完全雇用を達成することができます。

単なる金融緩和では国家が必要としている産業にお金が回らないのです。

そんな現状を打破するために財政出動が求められています。

以上、TPPの息抜きの経済エントリーでございます。


人気ブログランキングへ








お知らせ
このブログをご覧の皆様にお願いがございます。

宮城県在住、もしくは東北在住で仙台市に自腹で来れるお方はrebelbushi@gmail.comまでメールください。

一緒に宮城県選出の国会議員に反TPPってことで直談判しませんか?


私一人では力不足でございます。

もっと具体的な日程や活動内容などに関してはご相談させてください。

何卒よろしくお願い致します。

捕捉情報
1、デジタルビデオカメラなどの資材でありましたら、私が自腹で購入するつもりでございます。
2、基本的な費用は交通費と食費となります。自腹で負担をお願い致します。
3、基本的にはメールでやり取りさせていただきますが、場合によってはスカイプを使う可能性がございます。
4、国会議員や県議会議員に直談判した経験がお持ちの方なら大歓迎です。

メールには
1、ニックネーム
2、性別、国籍、年齢(可能な範囲で)
3、メールアドレス(もしくは連絡先)
を記載してください。

提供された個人情報ならびにメールアドレスに関しましては外部に漏らすなどといったことはありませんのでご安心ください。

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
その他 (259)
安全保障 (273)
皇室 (56)
経済 (318)
外交 (107)
憲法 (6)
お知らせ (72)
緊急提言 (6)
軍事政権 民主主義  (13)
就職活動 労働問題 ビジネス (32)
インテリジェンス (10)
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR