露西亜の資源を買い漁れ! 日露エネルギー同盟を締結せよ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130618/erp13061814080007-n1.htm

ロシア 激化するガス業界の内紛
2013.6.18 14:06 [ロシア]
露西亜の国営企業
モスクワのクレムリンで、訪露した安倍首相(後列左)、ロシアのプーチン大統領(同右)の前で、日本の企業幹部と握手を交わすロスネフチのセチン社長(右)=4月29日(AP)

 ロシアの天然ガス業界が揺れている。国営ガスプロムが輸出を独占する状況に、プーチン大統領の側近らが率いる企業群がLNG(液化天然ガス)の輸出自由化を要求。シェールガスの世界的な開発拡大でロシア産ガスが劣勢に置かれるなか、大統領も自由化検討を指示した。しかしLNG市場はすでに競争が過熱しており、ロシアがシェアを奪える保証はない。

 「市場を完全に奪われる危険がある」。今年2月、プーチン大統領は政府や企業関係者らを集めた会合で、LNG市場の動向に危機感をあらわにした。

 ロシアは天然ガス埋蔵量で世界首位。しかしLNG市場シェアは3・6%と低迷する。ガス液化技術の立ち遅れなどが原因だが、世界的なガス生産量増大で、ロシアは主力の欧州市場を奪われつつある。ロシアはパイプラインに頼らず輸出先を需要に応じて変更できるLNG生産の強化が必要とされるが、規制でガスプロム1社がガス輸出を独占するなか、取り組みは遅れている。

 そのため大統領は「LNGの段階的な輸出規制緩和」の検討を指示。競争原理を働かせ、生産を加速させる狙いがあるとみられる。ガスプロムは資源を武器にしたロシアの「外交力」を支えてきたとされるが、その戦略にも狂いが生じてきた格好だ。

輸出自由化を強く要求しているのが、プーチン氏の最側近とされる石油最大手国営ロスネフチのセチン社長だ。ロスネフチはガス市場への進出拡大を狙っており、会議でもセチン氏は「われわれは別の市場にガスを売る。ガスプロムに損害を与えない」などと主張した。

 ロスネフチはガスプロムの戦略策定部門の女性役員を自社に引き抜き、4月にはサハリンでのLNG生産設備建設構想を発表。サハリンにはガスプロムがLNG設備を所有するが、ロスネフチの計画は極東のガス供給体制に影響を及ぼすとみられる。

 プーチン氏の旧友とされる富豪、ティムチェンコ氏が共同保有する独立系ガス大手ノバテクも、ガスプロムの輸出独占に異を唱える。同社はロシア北部でLNG生産を計画しており、ロスネフチと同様にLNGの輸出自由化を求めている。

 5月27日のドイツ公共放送ドイチェ・ウェレ(電子版)によれば、ガスプロムは「海外市場でのロシアのガス会社間における競争の増大は、ガス価格と国家収入の低下を招く」などと反発している。しかしロシアのラジオ局エホ・モスクブイ(電子版)は6月3日、ノバテクの計画に海外企業が参画する方針を示していることを踏まえ「輸出が自由化される可能性は高まっている」と指摘した。

 ただロシア企業が主要輸出先とみなすアジア太平洋向けでは、すでにオーストラリアなどが多くのLNG生産計画を打ち出している。ロシア企業の計画は採算性などが不透明とされ、日本の専門家は「輸出が自由化されてもロシアは今後も厳しい状況に置かれる」とも指摘する。


 「石油こそ我らがすべて」ロシアを現す言葉としてはあまりにも有名です。

この言葉は「天然ガスこそ我らがすべて」になる日も近いようです。

最近このような本を読みました。Amazonから引用させていただきます。


日露エネルギー同盟 (エネルギーフォーラム新書) [単行本]
藤 和彦 (著)
日露エネルギー同盟

内容(「BOOK」データベースより)

シェールガス革命でエネルギー・モンロー主義化する米国、日本は米国との同盟関係を維持しつつ、中国とライバル関係にあるロシアと提携し、中国をけん制する発想が肝心だ。ロシアとの同盟をあえて「エネルギー同盟」としたのは、ゼロサムの安全保障とは異なりエネルギーの世界はプラスサムであり、これによって日本の国益増進はもとより東アジア地域の安定を確保できるからである。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤/和彦
1960年愛知県生まれ。84年早稲田大学法学部卒業。通商産業省(現・経済産業省)入省後、産業金融・通商・エネルギー政策などの分野に携わる(91年から2年間ドイツ留学)。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンスを担当)。2011年4月から公益財団法人世界平和研究所主任研究員、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


最近読みました資源関連の書籍の中で飛び抜けて素晴らしいと思います。

私も日露協商を提唱しておりますが、この本の中には地政学的な観点から「日露エネルギー同盟」なるものを提唱していらっしゃいます。

簡単に一言で申し上げれば、ロシアからパイプラインで天然ガスを輸入すれば中国の牽制にもなり、安価に安定的に天然ガスを購入できるというお話を地政学的観点と資源外交の観点などから説明している書籍です。

詳しいことに関しては購入していただき、熟読をお願い致します。

読後感が最高です。私のような地政学と外交と経済学を包括的に学ぶ人間からしたらテンション上げ上げの書籍です。

これは私の「日本核武装論」の日露協商という章の参考文献の筆頭に踊り出ましたね。

さて、このニュースに戻ります。

結論から申し上げて、日本にとって絶好の機会到来です。

資源を輸出するロシアの民間企業を日本寄りの「親日ガス会社」にしてしまいましょう。

そうすれば、ロシア国営企業に圧力を掛けられます。それすなわちロシアという国家に圧力をかけられると同義です。

安価かつ安定的に資源を買い漁れるかもしれません。ロシアの足並みの乱れにつけ込む狡猾な戦略が必要です。

技術協力と資本提携で輸出自由化を日本政府が後押しすればいいのではないでしょうか。

ロシアのLNGと天然ガスをパイプラインなどで日本が大量に購入することができれば、オーストラリアとの交渉、中東諸国(主にカタール)との交渉、米国からのシェールガスの価格交渉で有利に立てるでしょう。

デフレ時代の資源外交においては、輸入国側が圧倒的に有利なのです。

決して一国だけに資源を頼ることなく、資源輸入先の多角化を進めていくべきです。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ








お知らせ
このブログをご覧の皆様にお願いがございます。

宮城県在住、もしくは東北在住で仙台市に自腹で来れるお方はrebelbushi@gmail.comまでメールください。

一緒に宮城県選出の国会議員に反TPPってことで直談判しませんか?


私一人では力不足でございます。

もっと具体的な日程や活動内容などに関してはご相談させてください。

何卒よろしくお願い致します。

捕捉情報
1、デジタルビデオカメラなどの資材でありましたら、私が自腹で購入するつもりでございます。
2、基本的な費用は交通費と食費となります。自腹で負担をお願い致します。
3、基本的にはメールでやり取りさせていただきますが、場合によってはスカイプを使う可能性がございます。
4、国会議員や県議会議員に直談判した経験がお持ちの方なら大歓迎です。

メールには
1、ニックネーム
2、性別、国籍、年齢(可能な範囲で)
3、メールアドレス(もしくは連絡先)
を記載してください。

提供された個人情報ならびにメールアドレスに関しましては外部に漏らすなどといったことはありませんのでご安心ください。

反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR