元CIAが暴露した件のまとめ。国家安全保障のためにはどこまでの行為が許されるのだろうか

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

いつかはこんな議論が沸き起こるとは思ってましたよ。

難解なテーマではありますが、まずはニュースより

http://newsphere.jp/world-report/20130725-4/

スノーデンが暴露したNSAの監視活動 アメリカ議会は規制に反対

Thu. July 25, 2013

米下院は24日、ジャスティン・アマシュ議員(共和党)が提出した、国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を制限する法案を否決した。205対217の僅差だった。

 NSAの情報収集活動は6月に、元CIA職員のエドワード・スノーデン氏によって暴露された。スノーデン氏は米当局に秘密漏洩の罪を問われており、現在ロシアに逃亡中だ。

 今回の米下院の採決は、スノーデン氏の告発後初めて、政府の情報監視活動に対する同国議会の意思を問う機会となった。

 法案の採決までの、賛成派と反対派それぞれの活発な動きを海外各紙が報じている。

【目立ちたがりの政治家が法案提出?】
 ワシントン・ポスト紙は、アマシュ議員は、政治家としての目立った実績を作ろうと法案を提出したのだ、と皮肉な見方をしている。

 同紙はまた、法案が可決されることはないだろうと事前に推測していた。NSAの活動は、米国憲法に反したものではないからだという。

 しかし、法案が承認されなくても、情報監視活動を疑問視する世論が高まっていることは事実だ、とガーディアン紙は指摘している。ワシントン・ポスト紙紙が採決の直前に行った世論調査では、74%の人が、電話やインターネットの通信記録を国が監視することは、国民のプライバシーを侵害していると答えている。

【慌てた米政府】
 政府側は当初、票の行方が読めず、可決をなんとか阻止しようと盛んなロビー活動を展開した。23日にはカーニー大統領報道官が、法案は「正しい情報に基づく、開かれた、あるいは、熟慮を経たものではない」と述べ、テロ防衛の手段を早計に失うことになると、法案反対の声明を出すなど異例の行動に出ていた。

 また、普段は採決に票を投じないジョン・ベイナー下院議長も、法案反対にまわるなどした。

 法案を支持するアメリカ自由人権協会(ACLU)は、政府の慌てぶりが、今回の法案がいかに重要なものであるかを示している、とコメントしている。

 オバマ政権は、法案をどうにか否決に持ち込んだ。しかし、僅差での否決はNSAの問題だけでなく、シリアやエジプトの問題に比べ国内問題を軽視しているという、政権への国民の不満の表れでもある、とウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130804/erp13080409310003-n1.htm

独機関、米に1カ月で5億件の傍受情報提供か

2013.8.4 09:29 [米国]

 ドイツの週刊誌シュピーゲル(電子版)は3日、ドイツの情報機関が米国家安全保障局(NSA)に対し、傍受した電話や電子メールの内容を提供し、その件数は昨年12月だけで約5億件に上ったと報じた。米中央情報局(CIA)の元職員スノーデン容疑者が所持していた機密文書から明らかになったという。

 ドイツの連邦情報局(BND)はシュピーゲルに対し「何段階もの手続きを経て、外国に関わるものだけを選んで提供している」と述べ、ドイツ国民の個人情報は除外されていると釈明した。

 NSAは欧州の情報機関と協力して盗聴を繰り返していたとされる。NSAは一方で、欧州連合(EU)やドイツ、フランスなども監視していたと報じられている。(共同)


http://sankei.jp.msn.com/world/news/130803/erp13080307420000-n1.htm

冷戦期の盗聴協定破棄 独が米英と距離

2013.8.3 07:41

 ドイツ政府は2日、国内の盗聴活動で米英両国と協力すると定めた協定を破棄したことを明らかにした。米国家安全保障局(NSA)による盗聴活動をめぐってドイツ国内で批判が強まっており、米英と距離を置く姿勢を示すことで国内の批判をかわすのが狙いとみられる。

 ただ協定は冷戦期に締結され、現在は運用されていなかった。協定破棄は象徴的な意味合いが強い。

 DPA通信によると、協定は1968年に当時の西ドイツ政府が米英仏3カ国と結んだ。西ドイツに駐留する各国部隊の安全を確保する目的で、西ドイツの情報機関が行った盗聴活動の結果を提供することなどを定めていた。

 90年に東西ドイツが統一されてからは、協定が運用されることはなかったという。フランスとの間でも協定を破棄する方向で協議している。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130709/amr13070912500009-n1.htm

米NSAに盗聴活動停止求める 米市民団体、最高裁に

2013.7.9 12:49 [米国]

 米国家安全保障局(NSA)による個人情報収集問題で、米市民団体「電子プライバシー情報センター」は8日、個人の通話履歴収集の停止を求め、連邦最高裁に提訴したと発表した。

 NSAはテロ対策などのため、個人の通話履歴に関する膨大なデータを通信大手ベライゾンから入手していることが、訴追された米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者の暴露で明らかになっている。

 NSAは通話履歴の入手に際して、国際テロ捜査の司法手続きなどを扱う米国の秘密裁判所の許可を4月に取っていた。同団体の訴えは、最高裁に秘密裁判所の許可を見直すよう求める内容。

 提訴は地裁にするのが通常だが、同団体は秘密裁判所の決定に対抗する場合、最高裁に直接訴える以外に方法はないとしている。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130619/amr13061910510005-n1.htm

NY証取爆破計画などテロ50件以上を阻止 NSA局長ら証言

2013.6.19 10:39 [テロ]
米国国家安全保障
米下院情報特別委員会で証言する国家安全保障局(NSA)のアレグザンダー局長=18日、ワシントン(ロイター)

 米国家安全保障局(NSA)のアレグザンダー局長と連邦捜査局(FBI)のジョイス副長官は18日、下院情報特別委員会で、NSAによる通話履歴やインターネット上の個人情報収集により米中枢同時テロ後、20カ国以上でテロにつながる可能性のある事案を50件以上阻止したと証言した。

 このうち米国の事案は10件以上で、イエメンの過激派を追う過程でニューヨークの証券取引所を狙った爆破テロ計画を探知、阻止したことを明らかにした。

 国外での阻止事例としては、イスラム教預言者ムハンマドの風刺画を掲載したデンマークの新聞社に対するテロ計画を挙げた。

 アレグザンダー氏は情報収集が「米国と同盟国を世界中のテロの脅威から守ってきた」と強調。NSA施設で働いていたエドワード・スノーデン氏による暴露で、米国や同盟国が「取り返しのつかない深刻なダメージを受けた」と批判した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130807/amr13080711290005-n1.htm

元職員から大量の資料 英紙記者、ブラジルで証言

2013.8.7 11:27

 米中央情報局(CIA)元職員、エドワード・スノーデン容疑者から得た機密情報を基に米政府の個人情報収集活動を特報した英紙ガーディアンのコラムニスト、グレン・グリーンワルド氏は6日、ブラジル国会の外交委員会で証言し、元職員から情報収集活動に関する1万5千~2万点の資料を受け取ったことを明らかにした。

 ブラジルを拠点に活動する米国人のグリーンワルド氏は委員会で、米政府が「毎月、数百万通の電子メールを監視していた」と指摘。インターネットの閲覧履歴や電話の通信記録も収集していたと主張した。

 同氏はガーディアンの記事を執筆後、元職員からの情報に基づき、米当局がブラジルを中心に中南米で傍受活動を行っていたとする記事をブラジル有力紙グロボでも発表。中南米各国が米政府に説明を求める事態に発展した。(共同)


今回の件に関して簡単にまとめます。

元CIAのエドワード・スノーデン氏がNSA(米国家安全保障局)が盗聴していたと暴露しました。

米国個人情報を収集、仮想敵国と同盟国に対する諜報活動を暴露した格好になりました。

インターネットを使用した個人情報の収集も行っていたので、現代社会に対するインパクトは絶大です。


これは現代社会を生きている我々にとって重要な問題を考えるきっかけになりました。

「我々は国家安全保障のために、個人のプライバシーが侵害されてもいいのか」という難解な問題です。

これに関して私なりに回答を試みると

「ある程度は止むを得ないと思う」としか言いようがないでしょう。それでも米国政府のやりかたは「行き過ぎ」と批判されても仕方ないとは思いますが。

もちろん、ある程度というのが難しい線引きになります。

国家の状況、直面している国難、価値観と常識が様々絡むお話ですので。

これは国家安全保障を重視する立場なのか、個人のプライバシーを重視する立場なのかで意見が分かれるでしょうね。

この問題は今後も影響が出るでしょう。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ







反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お返事感謝します。

このような陰謀論とは、よく意味がわからないのですが・・
リンクも貼りましたように、海外の複数の大手メディアが報道している事実なのですが。
なぜこうも易易と米国家安全保障局は、集めた国民の個人情報を持ち出させてしまったか、それは元々国民の個人情報を集めることだけが目的だったからではないのでしょうか。
スノーデンのような比較的低位の職員が数千人か、数万人?(失念しました・・)いて、スノーデンに出来たことは出来るということになりますよね?
今当局は、採用担当の会社に査察に入っているそうで、ズサンな採用体制だったということですね。
スノーデンはそれでも、元々悪意の人ではなくて、極めてナイーブで厳格な正義感の人(知人の証言)だったところを、真っ黒な国際政治に利用し尽くされているところだと思いますが、初めから悪意だけのテロリストが紛れ込んでも、判別できなかったでしょう。
これは陰謀論ではないですよね?

陰謀論というレッテル貼りもまた、もうひとつの陰謀論だと思います。

コメントありがとうございます。

Support Snowden 氏へ

コメントありがとうございます。

>>ここでどうしても疑ってしまうことは、当局が米国家安全保障局にやらせてきた国民監視は本当に「テロとの戦い」のためなのかということです。どう思われますか?

正直に申し上げればわかりません。

確かに国家安全保障のための情報収集だけとは考えにくいですが・・・。

私はこのような陰謀論などが全く理解できない人間なのです。
ユダヤ陰謀論などもそうです。荒唐無稽なお話についていけません。
陰謀論を馬鹿にしたり、全否定しているわけではありませんが・・・。

Support Snowden氏の見解を伺えればと存じます。

まだ日本のメディアは沈黙してますが、こんなニュースが昨日ありました。
http://investigations.nbcnews.com/_news/2013/08/20/20108770-us-doesnt-know-what-snowden-took-sources-say
米当局はいまだにスノーデンが持ちだした情報の特定ができないそうです・・!!
スノーデンが痕跡をほぼ完璧に消したからだそうですが、ということは、スノーデンと同程度の能力のハッカーならハッキングに気付かれずに機密情報を持ち出せるということですよね。
スノーデンは高校も満足に出ていないヲタクで、確かにIT面では優れた能力があるから米国家安全保障局のアドヴァイザーにまでなれたのですが、米国家安全保障局はエリート集団でしょうがなぜこんなに時間をかけてもスノーデンに負けてるんでしょうか??
ここでどうしても疑ってしまうことは、当局が米国家安全保障局にやらせてきた国民監視は本当に「テロとの戦い」のためなのかということです。どう思われますか?
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR