TPP交渉から離脱せよ!庶民に情報をよこせ!

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

アサヒスーパードライを飲みました。

酔ってます。お酒には弱いのですよ。

以下はMSN産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130827/biz13082712560006-n1.htm

TPP交渉で「国益」守れ 岐阜県知事が林農相に要請

2013.8.27 12:54 [TPP]
林農林水産大臣
林農相(右)に要請書を手渡す岐阜県の古田肇知事=27日午前、農水省

 岐阜県の古田肇知事は27日、農林水産省で林芳正農相と会談し、日本が7月に参加した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉に関して、コメや麦など農産品の重要品目の関税を維持することなどの「国益」を守り抜くよう求める要請書を手渡した。

 古田知事は、TPPは「(県内でも)大変関心があり、いろいろな議論がある」とした上で、交渉状況の情報提供や、地方の意見を交渉に反映する仕組みを構築することを求めた。

 岐阜県が農業を活性化するためにブランド力のある「飛騨牛」など県産品の輸出強化に注力していると紹介。政府に対し、海外での販路拡大に向けた支援策を進めることが重要だと強調した。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130826/fnc13082622390011-n1.htm

政府への訴訟乱発?「紛争解決条項」に懸念 関係団体に説明会

2013.8.26 22:38 [TPP]

 【バンダルスリブガワン=会田聡】政府は26日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉が開かれているブルネイで、日本の関係団体向けの説明会を開いた。農業や消費者関連の団体などから約20人が出席し、交渉で議題に上がっている「国家と投資家の紛争解決(ISDS)条項」導入への懸念が相次いだ。

 ISDS条項は、投資先の国の規制変更などで損害を受けた投資家が、相手国政府を提訴することができる。地元の裁判所では公平な判断が難しいことから、国際機関が仲裁する。

 TPP交渉では「投資」分野のテーマになっているが、導入を主張する米国に対し、オーストラリアなどが反対している。

 説明会では、非営利団体などから「ISDSが導入された場合、海外企業による(日本政府への)訴訟の乱発を防止する策はあるのか」といった意見が上がった。出席した日本消費者連盟の山浦康明氏は「海外企業がISDSを使い、日本が決めた制度に注文を付けられる。国家主権が損なわれかねない」と危惧した。

これに対し、政府側は「日本企業が途上国などで不利益を受けないよう担保するルールだ」と説明。日本がこれまで結んだ9件の経済連携協定(EPA)にも含まれているが、日本政府が訴えられた事例はないと指摘し、導入推進に理解を求めた。

 これとは別に、農業団体からは、2国間の関税交渉の進捗(しんちょく)状況について質問が出た。

 政府側は「(農産品の重要5分野など)品目別に関税引き下げを議論する段階には至っていない」と協議の本格化は9月以降になるとの見通しを示した。

 一方、この日は引き続き、首席交渉官会合が開かれたほか、漁業補助金の削減などについて議論する「環境」分野の作業部会が始まった。夜には鶴岡公二首席交渉官の主催で、各国の交渉官を招いた夕食会も開催。27日は、ブルネイ政府主催のステークホルダー(利害関係者)会合が開かれ、日本の5団体を含む関連団体が首席交渉官らにプレゼンテーションする。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130827/fnc13082721370024-n1.htm

関税撤廃けん制 利害関係者会合に日本20団体が初参加

2013.8.27 21:35 [TPP]
 
【バンダルスリブガワン=会田聡】ブルネイで開かれている環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉会合は27日、ステークホルダー(利害関係者)会合を開き、日本から約20団体が初参加した。農業や市民団体など日本の5団体が交渉官に対して意見表明し、高水準の貿易自由化を目指す関税撤廃・削減の議論を牽(けん)制(せい)した。

 政府によると、会合には各国の関係団体の約110人が参加し、日本からは約50人が出席。前半は各国の23団体が「知的財産」「(関税を扱う)市場アクセス」「投資」「全般」の4テーマについて演説し、自らの主張を協定内容に反映させようと交渉官にアピールした。

 精糖工業会は、「関税撤廃に当たっては、国の特性を認め合うことが参加国の繁栄につながる」と関税維持に理解を求めた。飯田雅明会長代理は会合後、「日本の事情を主張して、できるだけ軟着陸できる状態にすべきだ」と語った。

 中央畜産会も、乳製品や牛・豚肉など重要農産品5分野の関税撤廃・削減に反対の意見を表明。会合後には、ニュージーランドの乳業大手幹部と会談を持つなど関税死守に向け、働きかけに本腰を入れている。

方、オーストラリアの農業団体代表は、「わが国の農家にとって国際貿易は非常に重要だ」と述べ、各国が市場開放を進めるよう求めていた。

 会合後半は、関係団体が各国の首席交渉官のいるテーブルをまわり、質問や主張を展開した。出席者によると、鶴岡公二首席交渉官には海外の参加者も含め人だかりができていたという。鶴岡氏は会合後、「(関係団体の)懸念についてできる限りの説明をした。情報共有や話し合いは日本でも継続していくべきだ」と話した。

 27日は午後から、関税撤廃・削減を扱う「市場アクセス」などの協議を開いた。28日は国有企業と民間企業の公平な競争環境を目指す「競争政策」などの作業部会が始まり、日本政府が全額出資する日本郵政が議題に取り上げられる可能性がある。

すでに農業分野において、国益と国益が激突しているようです。

多国間交渉なのでありますから、年内の交渉妥結は極めて困難でありましょう。

このTPPに関しては私のような一般ブロガーにとって批判しにくくなっています。

情報が欠如しているからです。秘密交渉となっておりますからね。

どうせ一般国民に情報が行き渡ったら猛反対されるようなことが決められているに決まっております。

ここでは一点だけ取り上げて批判させていただきます。


>>説明会では、非営利団体などから「ISDSが導入された場合、海外企業による(日本政府への)訴訟の乱発を防止する策はあるのか」といった意見が上がった。出席した日本消費者連盟の山浦康明氏は「海外企業がISDSを使い、日本が決めた制度に注文を付けられる。国家主権が損なわれかねない」と危惧した。

>>これに対し、政府側は「日本企業が途上国などで不利益を受けないよう担保するルールだ」と説明。日本がこれまで結んだ9件の経済連携協定(EPA)にも含まれているが、日本政府が訴えられた事例はないと指摘し、導入推進に理解を求めた。


あのね・・・TPPは実質的には超過激な日米FTAなのですよ。TPP交渉参加国のGDPの約9割が日本と米国なのですよ。先進国同士なのだからISDS条項は不要でしょうに。
仮にTPP交渉参加国には発展途上国がいるからとしても内政干渉を容易にするようなことをわざわざ米国との経済連携協定で持ち出しちゃいかんですたい。

日本政府が訴えられた事例はない? 事例がないからといって未来永劫訴えられないとは限らないだろうが!米国企業の強欲な体質を知らないのか? 知っていて黙っているのか? こんなこと主張しているから日本の官僚は印象が悪くなってしまうのですよ。

自民党の良識的な国会議員に申し上げる!

ISDS条項がそのままで交渉妥結したら安倍降ろしをやっちゃってください。

それだけの価値がTPPにはあります。

議員生命を賭けてでも守る国柄が我が国日本にはあるのです。

以上、よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ







反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄に情報をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。
しかしながら、すべてのコメントに返信することはできませんのでご了承ください。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TPPで、ケッシュ財団のプラズマリアクターの情報は、このまま握りつぶされるかもしれない。

ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

汚染水を食い止め、暴走する原発を収束させる唯一の手段は、これ以外にはないだろう。。。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR