トリプルブーストポリシー(景気を押し上げる3つの政策) 地域振興券篇 

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

トリプルブーストポリシー(景気を押し上げる3つの政策)の詳細記事第二弾です。

私はあえて、消費増税による消費の冷え込みを抑える政策を盛り込みました。

ズバリ 地域振興券を発行する です。

理由
①消費増税による消費の冷え込みを解消するには日本国民に対する直接給付が一番有効だから
②財政出動と金融緩和のようにタイムラグがないから
③定額給付金と比較すると地域振興券の方が批判が少ないし、ギャンブルに使用されないから


順番に説明します。

①について

個人消費を増やすためには消費税を暫定的に停止するのがいいのですが・・・。

それ以外には国民に対する直接給付するのが一番なのです。(厳密に言えば、直接給付は消費促進にあまり寄与しないのですが・・・地域振興券の金額分、現金支払いせずに貯蓄してします可能性はありますよね)

例えば、消費増税によって家計負担が増えたらそれ以上の直接給付をすれば、消費は増えないかもしれませんが、負担は増えません。

よって、日本国民1人当たり10万円支給を提案します。消費増税の負担感をぶち壊すレベルの直接給付を実行します。

②について

財政出動と金融緩和に関しては効果が表れるまで時間がかかります。

財政出動の場合はとある建設企業に工事費としてお金が支給されてから、雇用が創出され、給与に反映されるまで多少時間がかかるというのは常識です。
金融緩和の場合は日銀から民間金融機関にマネーが流れて、それから家計や企業にお金が流れるまで時間がかかりますし、そこから給与へ反映、雇用が創出されるまでにはもっと時間がかかります。

このやっかいな「タイムラグ」を解消するためにも直接給付という「すぐ効く経済政策」としてトリプルブーストポリシーに盛り込みました。

③について

日本国民に対する直接給付に関しては「定額給付金」という制度もございます。

しかしながら、制度的には地域振興券の方が優れていると考えています。

理由として挙げられるのが
1、使用できる範囲が地元地域だから
2、ギャンブルに使用できないから
3、必ず額面よりも多い金額で買い物をしなければならないから


となります。

つまり、地域振興券は地域活性化につながるということです。

2や3のような特性もありますので、批判を抑えることができるのではないかと思います

【制度変更点】

支給対象を平成26年1月1日に日本国籍保有者全員にします。

支給金額を1人あたり10万円とします。両親と子供2人の4人家族なら40万円です。

使用期間を平成26年4月1日から半年間とします。半年以内に使用しなかったら紙切れと化します。


それ以外は制度をそのまま応用します。以前も書きましたが、一回やったことのある政策であれば、現場の負担が少ないのではないでしょうか。

地域振興券のデザインは前回と同じでいいのではないでしょうか。デザインを新規依頼するのでも時間かかるし、お金かかりますよ。

予算は以前12兆円と申しましたが、13兆円とさせていただきます。

地方自治体の発行する紙代や雑費を考えておりませんでした。12兆7千億円+3千億円(紙代と雑費)として計算しております。

参考URL
地域振興券 ウィキペディア

地域振興券の消費喚起効果等について 内閣府

ご意見とご感想をお待ちしております。

以上、クリックお願い致します。


人気ブログランキングへ







反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR