韓国経済の断末魔が・・・そろそろなのか? 外資系金融機関が韓国から逃げ出している

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

まず、近況報告させていただくと、就職活動が一段落しました。

よって、少しではありますが、ブログ更新させていただきます。

私は基本的に日本経済に興味関心があります。

よって、外国経済にはあまり興味ないのですが・・・。

以下はMSN産経ニュースWESTより~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131216/wec13121607000000-n1.htm

韓国から逃げ出す外資系金融機関…GDPからは見えない韓国経済の危険度

2013.12.16 07:00 [経済裏読み]
韓国経済

 韓国で外資系金融機関の事業縮小、撤退が相次いでいる。英金融大手HSBCが小口金融(リテール)から撤退するほか、シティバンクは20店舗以上を閉鎖するなど、まるで韓国から逃げ出すような撤退ラッシュが続く。「金融市場に影響を与えることはない」(シンクタンク)と平静を装うが、韓国経済が劇的に上向く要素は乏しく、撤退の動きは収まりそうもない。

店舗閉鎖、事業縮小、希望退職…

 英HSBCは7月、リテール業務の新規顧客の受け入れを停止。韓国国内の店舗の大半を閉鎖し、現在は法人営業に軸足を置いている。韓国シティバンクは業績不振を理由に昨年末から店舗削減に乗り出し、今年9月末までに20店舗以上を閉鎖。さらに子会社において希望退職、一部のサービスからの撤退などリストラを進めているという。

 英スタンダード・チャータード銀行は8月、業績不振に陥った韓国スタンダード・チャータード銀行が支店数を約100店舗削減するとともに、営業権の帳簿価格を大幅償却する方針を決めている。

 朝鮮日報(電子版)によると、2003年以降、銀行13行、保険会社5社、証券会社6社、資産運用会社4社など、計31の外資系金融機関が韓国を離れた、という(今年8月時点)。

世界の流れと異なる金融規制に困惑

その上で撤退ラッシュについて、韓国金融研究院が公表した報告書の『韓国の金融規制が、過剰また韓国人と外国人間の不平等といった問題ではなく、国際的な整合性が不足しているという問題がある。規制の予測可能性や一貫性の問題も外資系金融機関の韓国離れと関連が深い』といった分析を引用している。

 つまり、韓国の金融規制が欧米を中心とするグローバルスタンダードとかけ離れ、その時々で変更されるため、外資系金融機関の営業に支障が出ているというわけだ。日本の金融関係者は「確かに金融研究院が分析しているような理由は大きい。それが店舗閉鎖や事業縮小の要因となっているのは間違いない」と指摘する。しかし、その上で「ただ、それだけなのか…」と疑問を呈す。

ウォン安で実力以上の国際競争力

 韓国の国内総生産(GDP)は、8四半期連続で前期比1%増を下回った後、今年4~6月に1.1%増を記録。7~9月も1.1%増と横ばいを維持しており、経済は上向きつつあるとみられている。

 2000年代以降、サムスン電子や現代自動車などが躍進し、脚光を浴びた韓国経済。しかし、これは韓国政府の為替介入による通貨安(ウォン安)政策で輸出競争力を高めただけ。サムスンやLG電子などの低価格戦略などで煮え湯を飲まされた関西の家電メーカー関係者も「韓国企業の実力は政府のウォン安誘導でかさ上げされていた」と話す。

 韓国ではGDPに占める10大財閥の割合が7割超に達し、サムスン電子グループだけで2割超という。しかも、サムスンの約7割はスマートフォン(高機能携帯電話)といわれ、サムスンのスマホがつまずけば韓国経済がつまずくという危うさをひめている。

経済成長率は117位に後退

 一国の経済としてはきわめて脆弱(ぜいじゃく)な状況からか、米中央情報局(CIA)が毎年まとめる「ザ・ワールド・ファクトブック」によると、12年の韓国の経済成長率は189カ国のうち117位にとどまった。

 10年は57位、11年は102位と08年の米リーマン・ショック後は年を追うごとに後退。来年についても10月に国際通貨基金(IMF)は、韓国の成長率見通しを下方修正している。

 関西で働く大手銀行関係者は「経済が低成長になり、うまみがなくなったのではないか。欧米系の銀行は商業銀行でなく、目先の利益を追いかける投資銀行が多い。M&A(企業の合併・買収)などのニーズが減っているのだろう」と推測する。

 今年2月に発足した朴槿恵(パク・クネ)政権は、情報通信技術と科学技術をベースに、新製品・新サービスを生み出して雇用を拡大するという経済政策「創造経済」を打ち出した。同時に財閥系企業の優遇を改める方針を示したが、いずれも効果が上がっているとは言い難く、相変わらずの財閥頼み、サムスン頼みが続いている。

 外資系金融の相次ぐ撤退について、朝鮮日報によると韓国金融研究院は「韓国の金融市場に大きな影響を与えない」と見方を示しているという。しかし、撤退ラッシュは一段落したわけではなく、日本の金融関係者は「現状のままなら外資系金融機関は再び増えることはあり得ない。今後も縮小に動くだろう」と突き放すように話した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

外資系金融機関の韓国撤退は今後加速します。断言します。

韓国政府の一貫しない政策方針や韓国経済の低成長による見通しの暗さだけでも外資系金融機関は撤退していくと考えられます。

しかも、北朝鮮との武力衝突に発展するという危険も孕む状況ではなおのことです。

皆様もご存じかと存じますが、張成沢前国防副委員長の処刑が行われました。

偉大なる将軍様よりも影響力のある対中国の窓口だった人間を粛清してしまいました。中国式の開放経済への移行が困難になった格好となっています。


今後、北朝鮮はますます経済的に困窮する羽目になるでしょう。そしたらどうなりますか? 民衆の不満解消と国内に対する引き締めを行うため、韓国へ軍事的挑発を行う可能性が高まります。

地政学的に申し上げれば、韓国という地形、ソウルが北朝鮮との国境に近い場所に位置している以上、北朝鮮との戦争にはいろいろな意味で苦労すること間違いありません。

簡単に一例を挙げますと、北朝鮮が戦争目的を賠償金と経済援助の獲得と位置づけ、ソウルに対して電撃作戦(簡単に言えば、陸軍と空軍の統合作戦であり、戦力を一点集中させ、韓国の政治的拠点であるソウルを一気に制圧することにより、短期決着を目指す作戦)を敢行したら韓国は抵抗することむなしく敗れるでしょう。

米国が参戦するか否かを協議する間もなく、決着がつきますよ。米国としては戦争したくありませんから。北朝鮮と本格的に戦争するというのは目隠ししながら爆弾処理をするようなものです。

中国やロシアといった旧東側陣営も介入してきますし、軍事拠点や核関連施設の制圧を速やかに行わなければなりません。そりゃ嫌ですよ。

韓国と北朝鮮の戦争という事態くらい、外資系金融機関は想定しているでしょう。独自の諜報機関ぐらい保持しているでしょうから。

今後は韓国から外資系金融機関が撤退したというニュースに注目しなければなりません。一気に撤退というニュースが流れた場合は外資系金融機関の独自の諜報機関が「Xデー」を察知したということでしょうから。

話が変わりますが、外資系金融機関が撤退することを受けて、我が国日本はどのような対応をすべきなのでしょうか。

対韓国支援を餌として、竹島を奪還するべきかと存じます。

「10兆円貸してやるから竹島返せ! 竹島返してくれないなら経済制裁してやる!」でいいと思います。

もしくは北朝鮮が韓国へ侵攻したタイミングを見計らい、竹島奪還のための軍事行動を起こすことも視野に入れるべきです。さらに付言すれば、竹島奪還したあとは韓国と一時的な軍事協定を結び、共に北朝鮮を叩くという選択もありだと思います。もちろん、韓国側に私のようなリアリストが存在すればの話ですが・・・

韓国なんて、繁栄しようが、滅亡しようが関係ありません。竹島という我が国固有の領土を奪還できればそれでいいのです。あとは傍観していればいいです。身にかかる火の粉は払うことを忘れずにすればいいのです。

以上、よろしければクリックお願い致します。


人気ブログランキングへ



反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR