【自給自足】地熱発電の最新事情をご紹介

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

以下はMSN産経ニュースより
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140302/biz14030202200002-n1.htm

湯けむり発電?!に興奮 バイナリー地熱発電の底力

2014.3.2 18:00

 火山国の日本は地熱資源に恵まれ、米国、インドネシアに次ぐ世界第3位の資源量を誇ります。しかし、地熱資源のある場所が国立・国定公園内に多く、一部温泉事業者の反対などもあって、地熱資源の開発は長らく停滞し、「失われた15年」とも呼ばれていました。風向きが変わったのは、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が2012年7月1日に始まったからです。国による規制緩和が進められ、地熱資源活用の動きが各地で出てきています。今回は、「地熱発電と温泉との共存」をめざす新潟県の温泉地の取り組みを紹介します。


「温泉との共存」の試み


 1月中旬、越後湯沢駅から車で1時間ほどの松之山温泉(新潟県十日町市)を訪ねました。松之山温泉は、日本三大薬湯のひとつとして、温泉好きにはよく知られた温泉地です。10個の源泉があり、そのうち源泉1~3号の3つを市が所有・管理しています。3つの源泉からの温泉水を約1キロメートル離れた温泉街の配湯所に集め、周辺のホテルや旅館に配湯しています。

 このうち源泉3号は温度が高く、流量も多いため、バイナリー地熱発電を導入する試みが行われています。源泉3号からの温泉(毎分260リットルの湧出(ゆうしゅつ)量)は、減圧所で供給量と温泉街での使用量とのバランスを取り、不要分(毎分130リットル)は河川へ排出されていました。

 浴用には使えず捨てていた熱水に加えて大気に捨てている余剰蒸気を利用することで、源泉3号からの湧出量をほとんど増やさずに、発電設備へ水温98度、毎分388リットルの温泉水に匹敵する熱量を供給しようというものです。温泉事業者が地域活性化を目指して共同出資した「松之山温泉合同会社まんま」が中心となり、温泉熱・水を利用した地域おこしを目指そうとプロジェクトに参画していることも特筆に値するでしょう。

 2010年度から3年間、環境省「地球温暖化対策技術開発等事業~温泉発電システムの開発と実証適用地域の試験サイト」に選定され、100度以下の既存の温泉による発電の試みとしては全国初になりました。開発したタービン発電機は設備容量87キロワット。
 実証試験では、タービン発電効率は72%以上という良い結果が出ました。温泉や電力系統に影響を及ぼさない温泉発電システムの実用機の実証を行った後、2013年度からは「環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業~温泉発電における温泉熱利用効率の向上とノンフロン系媒体の安全性検証などによるCO2排出削減対策強化のための技術開発」を行っています(~2015年度)。

 温泉事業者の若手の中心人物である「ひなの宿ちとせ」専務で松之山温泉合同会社まんま代表社員の柳一成氏に伺いました。
 「松之山温泉は10軒の温泉事業者から成る小さな組合ですので、新しい試みをやるのも動きやすい。捨てていた温泉の熱水を利用するわけですから大がかりな開発の必要はありません。地元での合意形成に最大限配慮しながら、温泉街と共存できる可能性を探りたいと思っています」

 バイナリー地熱発電による電力を具体的にどこに供給し利用していくかは、現在検討中です。「積雪が3メートルを超える豪雪地帯だけに融雪や温浴施設、そして温泉熱を利用した低温調理加工所(約100平方メートル)などにバイナリー発電の排温水を使うことも考えています。また、過去の中越地震、中越沖地震そして長野・新潟県境地震など度重なる災害経験からも、地域エネルギーの地産地消が災害時に大きな効力を発揮することでしょう」(柳氏)

バイナリー地熱発電所
 
 地熱発電は大きく分けて、「蒸気フラッシュ発電」(180~370度の高温資源利用)と「バイナリー地熱発電」があります。バイナリー地熱発電は、80~150度の蒸気や熱水を熱源として、水より低い沸点を持つ媒体を加熱・蒸発させ、その蒸気でタービンを回して発電します。2つの媒体(水と低沸点媒体)を利用することからバイナリーと呼ばれています。

 松之山温泉のバイナリー地熱発電所は、温泉街の道路沿いの保有林の中にあります。積雪の多い時期でしたので、長靴を履き雪原の中を一歩一歩踏みしめながら5分ほど歩いて到着しました。開発を担当する地熱技術開発株式会社の技術部マネージャー、佐藤真丈氏に発電所内を案内していただきました。「ここではカリーナサイクル発電というバイナリーの中でもアンモニア水の媒体を使った方式を採用しています。
 アンモニア水は、100度前後の熱源でも少ない熱水量で効率よく発電できるという利点があります。ただ純粋アンモニアは毒物ですので、取り扱いには注意が必要です。タービンは新たに開発した超小型のものです。経済的に200キロワット未満の小型発電設備は事業的に難しいといった面がありますので、コストをどう抑えていくかが大きな課題です」(佐藤氏)。また松之山温泉の埋蔵資源量や継続的な採取可能量についても、現在調査・検討が行われています。


成功モデルになれば人を呼ぶ


 地熱は、地球内部から自然に放出されている熱を利用するもので、地球にやさしいエネルギー利用法です。11年の環境省のポテンシャル調査では、地熱発電の賦存量は150度以上では2360万キロワット、120~150度では108万キロワット、53~120度では849万キロワットで合計賦存量は約3310万キロワット。このほか、温泉発電のポテンシャルは72万キロワットと推計されています。

 バイナリー地熱発電は、新たなボーリングなどをする必要がなく、天侯にも左右されず安定的に24時間発電できる利点があります。発電の最中に出る冷却水の排熱もうまく利用すれば、温泉旅館のボイラーや暖房に使え、灯油や重油が節約できます。浴用に利用できず捨てられていた熱水を有効利用し、温泉街の活性化につながるならば、各地の温泉地でも可能性が広がるのではないでしょうか。

 再生可能エネルギーを利用したまちづくりが注目される中、松之山温泉が成功モデルになれば、各地から見学者が訪れることも期待できそうです。「地熱発電と地域の共生」の地をせっかく訪ねるのですから、見学者には一泊してもらい、設備見学だけでなくゆっくり温泉に入り、地元の食事を味わい、心ゆくまで楽しんでもらいましょう。

■まつもと・まゆみ 東京大学教養学部客員准教授(環境エネルギー科学特別部門)。上智大学在学中からテレビ朝日のニュース番組に出演。NHK-BS1ワールドニュースキャスターなどを務める。環境コミュニケーション、環境とエネルギーの視点から持続可能な社会のあり方を研究する傍ら、シンポジウムのコーディネーターや講演、執筆活動などを行っている。NPO法人国際環境経済研究所(IEEI)理事

~~~~以上、MSN産経ニュースから~~~~~~~~~

さて、電力に関しては拙ブログでも結構取り上げました。

私は脱原発派でございます。

しかし、暫定的な原発再稼働、「トリウム溶融塩炉」や「4S炉」などの開発を容認しているのは少数派です。ちょっとさびしいです。

普通にそこらへんでデモしている脱原発派は反日左翼ばかりです。

悲しくなります。

小林よしのり氏藤井厳喜氏などといった「国士脱原発派」がどんどん出現するべきだと思います。

電力のお話に戻りますが、現状として電力は「ベストミックス」しか考えられません。

火力、水力、地熱。太陽光、原子力を組み合わせた最適な電力確保を行うべきです。

もちろん、原子力は漸進的にフェードアウトすべきだと考えております。

私も常に最適な発電割合と発電方法は何かと考えております。

最近、電力の関係で考慮しなければならないことがいろいろ出てきました。勉強するとさらなる疑問点が出てきてしまうのは仕方ありませんね。

1、災害時でも発電可能なのか、送電可能なのか
2、無理のない節電方法
3、自然エネルギーの発展を促す政策

正直、あまり考えがまとまっていないのが現状です。

よって、1、災害時でも発電可能なのか、送電可能なのかについて簡単に述べたいと思います。

例えば、地震、台風、大雪、津波などといった災害時でも発電が容易だったり、修理修繕が楽な発電・送電体制を構築しなければなりません。

太陽光発電や風力発電で心配なのは、この災害時に弱いのではないかという点です。

例えば、太陽光発電の場合、地震で壊れるのではないか、雪で光が遮られるのではないかという不安があります。

今後、災害時や有事の際にどうするのか。発電能力の毀損に対する対応を考えなければならないと考えます。

だから地産地消の電力体制が求められているわけですよ。

ここからはちょっとした不満表明なのですが・・・

そういった電力の冗長性や強靭化などといった観点から包括的に述べられている書籍がありません。

脱原発的本は一部を除き、あまりにも左翼的で読むに値しません。

原発維持派は「原発に巡航ミサイルをぶち込まれたらどうするのか、核攻撃されたらどうするのか」「経済合理性で本当に原発は他の発電方法よりも安上がりなのか」という疑問に正面から答えていないように感じます。

脱原発派は「原発をなくした場合の代替案、資源安全保障、エネルギー安全保障の観点からどういった対処をするべきなのか」「脱原発するためのロードマップをどうするのか」という疑問に正面から答えていないように感じます。

すごく感覚的なお話で申し訳ないのですが、どっちも私を納得させてくれるぐらいの主張をしていません。

緻密で国家意識という土台に情熱の炎が立ち上る書籍がないのですよ。

私が書くしかありませんかね。

核武装論でしょ? 移民拒絶論でしょ? 経世済民論でしょ? 脱原発論ですか・・・? 

うーん、時間との闘いになりそうだ。

以上、クリックをよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ



反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/10 09:13)

十日町市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR