もし北朝鮮の国家指導者が地政学と国際政治学を理解していたなら

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

~~~~~以下はMSN産経ニュースより~~~~~
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140713/chn14071312000001-n1.htm

「中国に裏切られた」北朝鮮 本格対立の様相

2014.7.13 12:00   [国際情勢分析]
中国 韓国 国家主席と大統領
訪韓し、大統領府で朴槿恵大統領(右)との共同記者会見に臨む中国の習近平国家主席=3日、ソウル(ロイター)

 中国の習近平国家主席(61)は7月初め、約300人の中国の政財界要人を連れてソウルを訪れ、中韓の蜜月ぶりを演出した。

 韓国側との会談では北朝鮮の核放棄で連携を強化することを決定。長年の盟友である中国に裏切られる形となった北朝鮮は、日本海に向けてミサイル発射実験を行い、官製メディアで中国を暗に批判する記事を掲載するなど猛反発した。中国の朝鮮半島専門家は「中朝関係の修復はもはや難しい。これからは本格対立が始まるかもしれない」と話している。


「切り捨てるぞ」と警告


 習主席は平壌よりもソウルを先に訪れた初の中国最高指導者となった。中国外務省関係者によると、中国政府は今回の習主席訪韓を、最高レベルの外交行事と位置づけた。中国が韓国との関係を重視する背景には、米国が主導する中国包囲網の重要な一角である韓国を引き寄せたい思惑が指摘される。同時に、中国から支援を受けながらも最近、中国の意向を無視した行動をとり続ける北朝鮮に対し「切り捨てるぞ」と警告する意味もあるとみられる。

 中国は胡錦濤政権まで、北朝鮮との関係を重要視する政策をとり続けた。北朝鮮が核実験をしても、ミサイルを発射しても、中国は口頭で抗議するだけで、援助をやめなかった。戦略的に北朝鮮を中国側に引き寄せる必要があったことが原因と指摘された。

しかし、習近平政権が発足した直後の2013年2月、習主席に近いとされる共産党幹部育成機関の新聞「学習時報」の副編集長が英紙、フィナンシャル・タイムズで「核問題で中国の脅威にもなる北朝鮮を切り捨てるべきだ」という内容の論文を発表し、大きな話題を呼んだ。共産党関係者によれば、論文は習主席の周辺の意向を反映しており、中国はその頃から対北政策の見直し作業を進め始めたという。


「兵糧攻め」も逆効果に


 習指導部が対北政策を見直すのは、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の問題で対立する日本を意識してのことだと指摘される。北朝鮮の核開発を放置すれば、将来的に日本も核兵器保有に向けて動き出す懸念は党内で強いという。

 また、5月に上海で開かれた「アジア信頼醸成措置会議」(CICA)で習主席が「アジアの安全はアジアで解決できる」として「アジアの新安全保障観」を提唱したように、習政権はアジア太平洋地域から米国を排除し、中国を中心として軍事同盟を築きたい思惑がある。しかし、中国の盟友でありながら、協力的でない態度をとり続ける北朝鮮はいまや中国のこの構想にとってマイナスの存在になったという。

特に、昨年12月に北朝鮮が親中派とされる張成沢(チャン・ソンテク)一派を粛清したあと、中朝間のパイプ役がなくなり、頻繁に行われていた要人往来も実質的に止まった。中国の北朝鮮に対する影響力はますます低下した。中国の政府関係者によると、中国は今年2月から北朝鮮に提供する石油の量を大幅に減らし、“兵糧攻め”の手段に出たが、北朝鮮側の態度をますます硬化させ、期待されていた効果がなかったという。

 今回、習主席が国内外に見せた韓国重視の姿勢は、北朝鮮を孤立させる作戦の一環ともいわれる。しかし、北朝鮮は日本と接近するなど、中国に対抗しており、うまく行ったとはいえない。


正男氏担ぐシナリオも


 習主席が訪韓する前に、北朝鮮は日本海に向けたミサイル発射実験を行ったほか、労働新聞で「核開発の放棄は永遠に実現することのない荒唐無稽な犬の夢」との内容の記事を掲載した。習政権の政権スローガンは「中国の夢(の実現)」であるため、「犬の夢」とは、習政権への皮肉とも受け止められる。また、同じ労働新聞には「大国主義者たちの圧力もわれわれ人民を屈服させられない」との表現もあり、「中国」を「大国主義者」と暗に批判したものと指摘される。

 中国政府は金正日(キム・ジョンイル)時代から、金正日氏の長男の正男(ジョンナム)氏(43)を保護下に置いている。北朝鮮が中国の言うことを聞かないなら、正男氏を担いで北朝鮮のトップにすげ替えるシナリオがあると言われている。

 朝鮮半島問題専門家は、「打つ手がなくなれば、中国は北朝鮮の内政に本格介入することも考えられる。今それは、北朝鮮が最も警戒していることだ」と話している。(中国総局 やいた・あきお)

~~~以上はMSN産経ニュースより~~~

 北朝鮮と中国は一衣帯水という見方がございましたが、ここにきて大変革しているようです。

 北朝鮮を地政学的観点から大雑把に分析しましょう。

 北朝鮮は韓国(米国との軍事同盟が存在)と中国とロシアに国境を接しており、いつ何時武力介入されるかわからない位置に存在します。海を超える必要がないので、容易に兵力を送ることが可能だからです。

 現在のエアパワーとシーパワーの発展、弾道ミサイルや巡航ミサイルの発展により、日本や米国からの脅威にも対抗しなければなりません。

 朝鮮半島の北部とは我が国日本(国家周辺がすべて海という国家)よりも生存するのに厳しい環境であると言えるでしょう。
 北朝鮮の国家指導者は次のように考えました。

 『中国とロシアと韓国をすべて同時に敵に回す外交政策は採用しないようにしよう』

 よってこれまでは北朝鮮は親中国、親ロシア的な外交政策を採用し、中国やロシアとしてもシーパワー連合(韓国、日本、米国)との緩衝地帯を確保するという思惑から北朝鮮の外交政策を受容してきました。
 韓国を主体として統一朝鮮が誕生したら、米国軍と直接戦火を交える可能性が飛躍的に高まってしまうことを中国やロシアは恐れていました。

 しかしながら、ここにきて様々な事情が大幅に変更になりました。
 北朝鮮の親中派である張成沢を金正恩が切り捨てたり、中国の経済情勢の悪化やテロの頻発によって北朝鮮を援助する余裕がなくなったり、韓国の中国寄りの外交政策により中国と韓国に挟み撃ちにされるようになったりしております。

 ウクライナ問題で揺れているロシアに対してこれ以上、頼るわけにもいきません。ロシアとしても北朝鮮というお荷物国家をこれ以上お世話することはできないでしょう。

 さて本題。

 もし北朝鮮の国家指導者が地政学者で国際政治学者だったらどのような政策を策定し、実行するでしょうか?

 北朝鮮が賢明なら日本を主要相手国として揺さぶるでしょう。経済大国であり、日本人拉致問題というカードを持っているので揺さぶりやすいでしょう。
 
 中国と韓国と敵対し、日本と米国と友好関係を結ぶことを主眼とした外交政策の大転換になります。

 ①北朝鮮国内の朝鮮労働党直轄の日本人拉致被害者を段階的に日本側へ返還する
 ②見返りとして、日本国内に保管されているミニマムアクセス米を無償供与させる
 ③秘密裡に米国の情報担当官と接触し、北朝鮮は米国の行う対中国牽制に参加すると伝える
 ④平壌から北京へ核攻撃するぞと脅し、中国の武力介入を防ぐ
 ⑤日本から無償供与させた米を以て、食糧事情を改善し、国内の支持基盤を固める
 ⑥韓国へ電撃作戦を敢行、首都ソウルを制圧
 ⑦韓国の国家指導者は逃げるので、米国と停戦を合意、和睦
 ⑧日本人拉致被害者を全員返還し、日朝同盟を打診

さて、北朝鮮の国家指導者はどんな手を 打ってくるのでしょうか。

不謹慎ながら楽しみです。

以上、よろしければクリックをお願い致します。


人気ブログランキングへ



反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR