ご相談と年内解散というサプライズ 消費増税を阻止するためにお知恵を拝借したく候

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

いろいろ書きたいことは山盛りなわけですが、あまり詰め込み過ぎると文章にまとまりが無くなります。

よって、本稿では2点について拙ブログの読者の皆様にご相談させていただきます。

1、万が一年内ウルトラサプライズ解散になったらどのように対応すべきなのか
2、出版の時期


詳しい説明をする前に、ブログ記事の紹介をします。

[防国]さて、準備体操しましょうか。[亡国]

7月30日アンカー青山さんです

どちらも地味に重要なことをお書きになられています。熟読をお勧めします。

この2つのブログ記事は偶然にも関連性が高いのです。以下で私なりの解釈をします。

1、安倍政権の体力が無くなりつつあり、来年の集団的自衛権に関する有事法整備ができない状況
2、集団的自衛権行使のための有事法整備のため、石破茂氏を安全保障法制担当大臣に据えようとしている
3、石破氏は日本の安全保障よりも自らが内閣総理大臣になることを優先しているため返事を保留
4、現状、石破氏の担当相就任するか否かにより、国民に信を問う可能性が急浮上
5、年内ウルトラサプライズ解散へ(?)


2番目の相談内容と若干かぶるところもございますが・・・ニュースを2つご紹介します。

~~~~~以下は日本経済新聞とロイターより~~~~~~

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL25H5N_V20C14A7000000/
消費税10%への引き上げ判断「12月ごろ」 官房長官 7~9月GDP改定値見極め

2014/7/25 16:47
菅官房長官
記者会見する菅官房長官(25日午前)=共同

 菅義偉官房長官は25日午後の記者会見で、消費税10%への引き上げ判断の時期について「(今年の)12月ごろ」との見方を示した。官房長官は7~9月期の国内総生産(GDP)改定値の発表が12月上旬にあたることに触れ、「デフレ脱却が最優先の政権なので、そうした状況を慎重に見極めた上で判断したいというのが安倍晋三首相の思いだ」と語り、経済情勢を見極めた上で判断する考えを強調した。

 与党が導入を検討している軽減税率については「与党に委ねるべきだ」とした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FU0NX20140725

消費税率10%への引き上げ判断、12月ごろ=菅官房長官

2014年 07月 25日 17:27 JST
菅官房長官2

[東京 25日 ロイター] - 菅義偉官房長官は25日午後の会見で、消費税率の10%への引き上げ判断の時期について、今年12月ごろになると語った。

菅官房長官は7─9月の国内総生産(GDP)の1次速報が11月半ば、2次速報が12月上旬に出るとした上で「消費税を上げるかどうかの判断は極めて慎重に行いたいと安倍晋三首相も日ごろから言っている。経済の状況、デフレ脱却最優先の政権、そうした状況を慎重に見極めたうえで判断したい。そうしたことを考えると12月ごろになる」と指摘。「越年は考えていない」とした。
(石田仁志)
~~~~~以上は日本経済新聞とロイターより~~~~~~

つまり、消費税率10%引き上げの判断を年内までに行うということです。

地方選挙の負けは「消費増税の影響、アベノミクスの恩恵が行き渡っていないから」というのが一般的な見方のようです。
自民党内には不満が溜っています。安倍降ろしとなるやもしれません。

安倍総理が考える突破口として、年内に「消費増税と集団的自衛権行使容認」の信を問う衆議院解散総選挙があるかもしれません。

これはちょっとした恐怖ですよ(古泉一樹風)
可能性は低いですが、ありえないことはありえない世の中です。

常識的に考えて「消費増税には反対だが、集団的自衛権行使容認には賛成」という方が多数派と思われます。
私もそのように考えております。

もし、年内に「消費増税と集団的自衛権行使容認」の信を問う衆議院解散総選挙となれば、消極的支持すらできなくなります。
どのように対応すればいいか真剣に悩んでいるのです。杞憂で済めばいいのですが。

まず、以上が1点目です。(←長いよっていうツッコミはご勘弁を。本当に悩んでいます

2点目の出版の時期に関してもご相談します。

私は現在、消費増税阻止を主張する電子書籍の出版に全力で取り組んでいます。

出版時期をどうすればいいか悩んでいます。
事情を書きます。

1、字数的に5万字を超えそうな勢いのため、当初予定していた2014年10月1日のリリースに間に合わない可能性が高まってきた。これは私の不手際。

2、菅官房長官は11月17日や12月8日に公表予定のGDP速報値を見て年内に判断するということから、その時期に合わせるべきなのかとも考える。

3、しかし、出版したとしても、有力ブロガーの紹介と拡散なしに政府を動かすことは不可能に近い。早めに出版して浸透させるという戦略もありなのかとも考える

4、9月28日に最終チェックを済ませ、当初予定通りに10月1日リリースにするには多少無理しつつ、クオリティを下げればなんとかなりそうではある

5、現実問題として、8月9日の午前中までに(ここ重要)最終的なリリース期日を設定しなければ対応が後手後手に回る


結局どうすればいいのか悩む・・・・という感じなのです。

ううむ・・・やはり文章にまとまりがない・・・

ご意見ご感想をお待ちしております。そして、このご相談は次回も続く・・・かもしれません。

以上、よろしければクリックをお願い致します。


人気ブログランキングへ



反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

政治の話について

改めましてこんにちはー。

1番目の話題、拝見しました。
何と言うか、複雑な話題ですよね。
確かにこれについては色々と考えさせられます。

とは言え、ある意味ではきちんと場合分けして考えれば
何とかなるかもしれないので書いてみますね。

で、今回は場合分けを3つに分けて
それぞれについての回答を記します。
ちなみに、私の脳内での発生確率は
 第一案・・・20%
 第二案・・・30%
 第三案・・・50%です。

[第一案]

まず、第一案の前提条件がこちら。

 ・青山さんのサプライズ解散情報が本物だ
 ・安倍さん、増税&集団的自衛権公約で選挙
 ・ゲルを幹事長から下げて選挙に臨む

つまり、武士様の予想通りだった場合です。

この場合は、武士様に対して
「パーシャル連合」ならぬ
「パーシャル同盟」を私から申し込みます。

つまり、「デフレなのに増税なんておかしいよ!」
「日本には誰かに返さないといけない借金なんてない!」
「むしろ、金融緩和と財政出動するのがマクロ経済で正解!」
とブログなどで走り回って宣伝することにのみ
共同戦線を組ませていただきたいのです。

なぜなら、これ以外の事を一致させようとすると
「じゃあ、安倍政権を認めるの?どうなの?」等の点で
意見が不一致になるかあるいは迷いが出てくるからです。


[第二案]
前提条件がこちら。

 ・青山さんのサプライズ解散情報がガセネタ
 ・安倍さん「え!?選挙?しないよ。」
 ・ゲルを幹事長から下げるのは本当

あのですね、青山さんって日本の事を真剣に
考えてくれる人なんですけど、時々暴走するんですよ。
何と言うか、自分の願望にジャストフィットした意見を
政府関係者から聞くと脳内増幅してしゃべる節がありまして。

まず、確定あるいはかなり正しそうな情報を取り出します。
 ・地方選挙に負けてて官邸と党本部の連携が重要
 ・大臣をやりたがる待機組の政治家が増えてた
ここまでは、まあ正しい感じでしょうか。

しかし、疑わしい所があります。
 ・内閣支持率、下がってるの?
です。
Amebaブログのタイホウさんのブログの
ブサヨまた涙目だね(笑)
http://ameblo.jp/taihoh/entry-11904174604.html
によりますと、テレビの調査では
支持率上がってるんですよね。
だとすると、安倍さんは何に歯止めをかけたくて
動いているのかって事になっちゃんですね。

あるとしたら、自民党政治家の大臣待機組の不満に
歯止めをかけるぐらいしかないわけでして。
けど、それだって青山さんが言うとおりに
「誰がそんなこと望んでるんだ!」ってわけでして。

 ※ちなみに「待機組政治家の不満解消」という
  選択肢は今は外して考えます。
  60人も待機政治家がいるならどう内閣改造しても
  絶対にあぶれる人が出ますからね。

で、武士様の疑問の根本になっていた
 ・安倍政権の体力が低下中
というご指摘の意味が違う意味に見えるんですよ。

ぶっちゃけ、地方選挙に負けたのって
誰のせいでしたっけ?
言い換えれば安倍政権の体力低下って
誰が招いたことでしょうか?

ぶっちゃけ、ゲルが幹事長として無能、あるいは
あえて安倍政権の足を引っ張っていたからじゃないですか?
ここで安倍政権を潰して来年の総裁選に出れば
今度こそ自分が1位を獲れると思って。

だとしたら、安倍さんがゲルを左遷する意味が変わってくる。
つまり、サプライズ選挙に勝てる幹事長を立てるのではなくて
安倍政権の体力を蝕んでいた害虫を追い出すと言う意味へ変わる。
アベノミクスの意味を地方にも的確に伝えて
何がいま大事なのかを的確に選挙民に伝える方向へ動く。

要約すると、
 ・ゲルが足引っ張ったせいで地方選挙に負けたりしてる!
 ・よし、ゲル左遷だ!
って事です。
で、サプライズ選挙とかは全然関係が無いと。
これなら、武士様の「選挙の時どうしよう」的な心配が
なくなりますよね。

[第三案]
前提条件がこちら。第二案の変形版。
ある意味で「背理法」です。

 ・青山さんのサプライズ解散情報がマジで
 ・安倍さん「増税&集団的自衛権公約!」
 ・で、国民の反応は?

結論から言いましょう。
かなりひどい言い方ですけど、
「あ、安倍政権勝利で終わるわ、それ。」です。
(↑ごめんなさい、ごめんなさい、悪気はないんです。)

というのも、以前の記事
http://ameblo.jp/charocharo01/entry-11627160054.html
音楽で心のストレッチ♪(3回目)『失恋』なんてぶっとばせ!!ヽ(° ▽ °)ノ オー
とか、
http://ameblo.jp/charocharo01/entry-11628359386.html
緊急企画:楽屋裏トーク『音楽ストレッチの舞台裏では』
とかを見てほしいんです。

ぶっちゃけ、日本人の大多数の人は
武士様とか、ネットにウヨウヨ居る日本人たちのように
ものすごく真剣に政治とか考えてないです。
(これ言うと身もふたもないんだけど。)

でね?
さっきのタイホウさんブログに載ってた通りに
支持率回復しています。
で、増税に関しては「だって民主党政権で決めて
もう回避する方法ないんでしょ?じゃあ仕方ないよね。」
なんですよ。マジ。

更にひどい事なんですけど、
武士様やネットにウヨウヨ居る日本人が全員一致で仮に
「デフレで増税なんておかしいよ!」
「景気条項ってものがあるんだから回避可能!」
って叫びまくったとしましょう。

多分ですね、有権者層の1%の声が5%に広がるぐらいまでは
結構何とか広がるかもしれない。
けど、日本の有権者の過半数の4500万人に届くかは難しい。

なので結局は
「あ、安倍政権勝利で終わるわ、それ。」になるわけです。
(↑ごめんなさい、ごめんなさい、悪気はないんです。)

で、ここまでだとただの悲観論なので
明るくなる事を言います。

というのが、仮に安倍さんがサプライズ解散して
「増税&集団的自衛権公約!」としたとします。

どう考えても、これ、マスゴミにエサを与えるだけなんですよ。
マスゴミは、増税で国民の暮らしが苦しくなって
集団的自衛権で戦争突入とか言いまくるわけですよ。
で、出てくる結論が
「マスゴミに洗脳されまくって安倍政権と言うか
 自民党政権終了のお知らせ」あるいは
「マスゴミ関係なしで勝っちゃいました♪」
なんですよ。

これ、勝っても負けても安倍政権にメリットないんですよ。
負けたら終わりだし、勝ってもやる前に戻るだけだし。
結局ね、こんな選挙やる必要ないって事です。

じゃあ、元々どこに問題があるかと言えば
安倍政権の体力低下でしょ?
「じゃあ、ゲル締めようぜ!」ってのが筋なわけでして。
党内の幹事長が裏切り者なら
何にも話が進まないわけですから。
結局は、選挙しなくてもゲル締めればいいわけでして。

まあ、そんなわけで悲観論でも楽観論でも
「武士様が悩む必要ないですよ。」という
ミもフタもない結論になります。
(ごめんなさい。)

というわけで、3通りに分けて書いてみました。
少しでも武士様の心の負担が減れば幸いです。

ではではー。

まずは、本の出版について。(政治の話は後で)

こんにちはー。地味な記事の人でーす♪

さて、なかなか深いお悩みのようですね。
微力ながらお手伝いします。

まずは本の出版についてです。
私の意見はこの二つです。
 ・最終稿はGDP速報値込みの遅め狙いで。
 ・各種ブログでの宣伝については
  「目次構成案」を公表して宣伝する
というのはどうでしょうか?

というのも、出来るだけ詳しい情報が載っている方が
リアルになるので、最終稿はGDP速報値を入れてでも
情報量を増やします。

で、各種ブログでの宣伝では、実は
本文の一言一句を宣伝する必要が無いんです。
というか、本文一言一句を宣伝してたら
本が売れなくなりますw

で、例えば私のブログで宣伝するにしても
見に来てくれた方に要点を伝えるためには、
実は「各章のタイトル」あるいは
「各節のタイトル」さえ情報があればいいんですよ。
それさえ見れば読者の人も買うべきか判断できますから。

で、最終稿にしてもGDP速報値だけ空欄にしておけば
一瞬で最終稿が出来ます。
そこまでできてれば、目次案を宣伝するぐらいは
何とかなるかもしれません。

というわけで↑の案でどうでしょう?
よろしければどうぞ。

ではではー。
プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。

『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇最強説(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学の基礎は理解しております。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。国会議員の事務所へ陳情します。

ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR