消費増税は”どくどく”である 日本経済を”ひんし”状態にしてはならない 前編

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

一昨日の夜に消費増税の影響によるGDP大幅減のための記事を作成しようとしたときのこと。

マウスが動かず、またもや仕事が多忙になってしまい更新することができませんでした。

三橋貴明氏は時期を外さずブログ更新してくれたので、私のような弱小ブログは後発組として頑張ろうかなと思います。

~~~~以下は三橋貴明氏のブログより~~~~~
続 マイナス6.8%

マイナス6.8%

~~~~~~以上は三橋貴明氏のブログより~~~~~

極めて重要な内容となっておりますので、是非ご覧ください。

そして、以下は四半期別GDP速報のURL
2014年4-6月期・1次速報(2014年8月13日)

実質GDPが年率に換算してマイナス6.8%になりました。驚異的な下げ幅と言わざるを得ません。三橋貴明氏のブログのマイナス6.8% より引用させていただくと
>>97年4月の消費税増税時、4-6月期のGDPは年率換算で3.55%(対前期比0.9%)のマイナスでした。すなわち、今回のGDPの落ち込みは、パーセンテージで97年時の二倍近いということになります。(今回の対前期比はマイナス1.7%)
とのことです。

理由は実質賃金の低下貯蓄率の低下だと三橋貴明氏は主張しています。(詳しくはさきほど紹介した記事を参照のこと。素晴らしい内容です)

私は三橋貴明氏の主張に同意しますが、もう2点考えなければならないことがあります。

1、増税の可視化
2、さらなる増税可能性の示唆による消費マインドの委縮

1、について簡潔に述べます。

税金とは仕組みが複雑で、何等かの節税措置により、税金を払う額が変動したりするのです。

例えば、所得税だったり、法人税だったりします。所得税は所得の増減による変動や所得控除などもございます。法人税は企業業績での変動はもちろんのこと、設備投資減税もあります。

よって、確実に増税されたとは感じにくいという特徴があるのです。個別物品税や関税などはまた別なので今回での説明は省きます。

しかし、消費税はコンビニでもらうレシートなどにしっかりと記載されています。スーパーでも百貨店でも、消費行動でもらうレシートにほぼ記載があるわけです。

このような状況では増税されたのだとしっかりと認識できてしまいます。私もレシートをもらうたびに政治への憎しみを抱いてしまいます。

これは確実に消費行動へ影響を与えるでしょう。簡単に言えば、消費意欲の減退を発生させます。

2について簡潔に述べます。

皆様はどのようにお感じになられますか。

「これから段階的に減税します。日本国民の負担感を軽減できるよう最大限努めます」
「これから段階的に増税します。日本国民は痛みを乗り越えて消費に励んでください」
前者であれば財布の紐も緩むというものですが、後者であればますます固く結ばれるでしょう。

どうにかして日本国民の消費マインドを上向かせなければならないのに、さらなる消費増税が控えている経済状況にしてどうするおつもりなのか・・・私には理解しかねます。

私は真剣に考えたのですけれども、消費増税って「どくどく」なのではないかと思いました。

どくどく=相手を 猛毒の 状態に する。ターンが すすむほど 毒の ダメージが 増えていく(ポケモンwikiより)

ちなみに私は”どくどく”はあまり好んでポケモンに覚えさせようとはしませんでした。

そもそも状態異常系の技で使いやすいのは「さいみんじゅつ」や「ねむりごな」などの眠らせ系だからです。

野生のポケモンをゲットしようと思って使用してもすぐ倒れてしまうので使いづらい技という印象が強いです。

私が「」「」ぐらいしかしらない世代だからかもしれませんが・・・。

話を戻します(笑)。

つまり、消費増税もしくは消費税は時間が経てば経つほど消費に打撃を与える猛毒なのです。

以下のプロセスが時間が経つにつれてひどくなっていくとお考えください。

消費増税⇒消費の減少⇒企業収益の低下⇒雇用の喪失と実質賃金の減少⇒さらに消費が減少・・・・

消費増税が起点となったデフレスパイラルの再来です。

これはちょっとした恐怖ですよ(古泉一樹っぽい語り)
古泉一樹

行きつく先は日本経済の緩やかな瓦解です。

しかも、私が一番危機的だと感じているのは以下なのですよ。三橋氏のブログでも取り上げられています。
~~~以下はロイターより~~~http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GD01M20140813
景気認識は不変、再増税へ必要なら政策対応=GDPで甘利再生相

2014年 08月 13日 10:34 JST

[東京 13日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は13日午前に会見し、2014年4—6月期の国内総生産(GDP)速報値が消費税引き上げの影響で2四半期ぶりにマイナスに落ち込んだことについて「現時点において景気認識に変わりない」との認識を示した。

今後、必要なら政府、日銀で機動的な対応を行うのも選択肢と述べた。

甘利再生相はGDPについて、消費増税の影響が出たとの見方を示しつつ「景気は緩やかな回復基調が続いており、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動も和らぎつつある」と語った。

現時点で今年度補正予算の編成の必要があるかと問われて、甘利再生相は「その必要性を感じているわけではない」と述べた。

年末の消費税10%上げ判断に向けて重要な判断材料となる7—9月期GDPの見通しに関して、甘利再生相は「(4—6月期の数字が)駆け込みで伸びてその反動で下がった。次に上昇するのは間違いない」とし、「数字は断定できないが、明るい見通しをもっている」との見方を示した。

甘利再生相は、再増税に向け「できるだけ経済指標をそろえ、安倍首相が判断する」と述べるにとどめ、「必要なときには必要な対応を取ることは日銀、政府を含めてかねてから言っている通り。適切な手段はあらゆる手段を含んでいる」と語った。
(山口貴也 編集:田巻一彦)
~~~以上はロイターより~~~

はい。一番最悪なパターン来ました。

危機的状況を危機的状況として認識できないという危機的状況です。

対策が採れない、予防できない、反省ができない。もう一度言います。最悪です。

私は永田町へ陳情に行く所存ですが、甘利先生のところへも突撃しましょうかね。どうなるかはわかりませんがね。私の理論武装に勝てるのでしょうかね?勝てるわけない(笑)

次回に続く

人気ブログランキングへ





反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR