【出版手続き完了のお知らせ】近況報告と謝罪

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

あまり時間的余裕がございませんので簡潔にご報告を。

念するべき第一弾の電子書籍『消費税廃止への進撃』の出版手続き完了致しました。

実際に購入できるのは11月3日の夜になるのではないかと推定されます。

Kindle出版は手続き完了してから、実際に販売されるまでに48時間最大必要なのですって。

問題のある電子書籍を水際で食い止める意味合いもあるようです。
こればっかりは仕方ないですね。

11月30日までは期間限定で250円という価格にしようと思います。
12月以降は300円で販売しますので、ご購入はお早目がよろしいのではないかと。

【近況報告そして謝罪】

以前のブログ記事において、11月1日に出版するとご報告しておりました。
しかし、若干遅れてしまったことをお詫びいたします。

近況報告も兼ねまして、言い訳をさせてくださいm(__)m

出版が遅れた理由
1、仕事に追われて・・・
2、PC損傷
3、出版手続きが煩雑すぎる


1について説明します。

詳しくは申し上げられませんが、仕事が殺人的忙しさに。

時間がなくて朝食だけではなく、夕食が食べられない
睡眠時間が2時間が2日継続したことも
睡眠不足で意識を保つのがやっと
時間がなくて、風呂に3日入れないことも(日本人としては拷問以外の何物でもない)
掃除洗濯自炊が全くできず⇒ストレスが極致状態に
携帯料金と奨学金返還手続きをすっぽり忘れるという失敗←シャレにならん

はい。リアルに死にかけ状態です。
ここまでとは思わず・・・本当にしんどいです。

今ではかなり改善しましたがね。
11月の連休で遅れを大分取戻しました。体調的にも回復しました。

今月からは多少ましになりますが、それでも土日以外は忙しいことになるでしょう。
陳情にもいかなければならないから大変ですわ。

2について説明します。

簡潔に言いましょう、

PCが消耗しすぎて限界が来ました。
『消費税廃止への進撃』のデータが崩壊しかけました。
おそらくサイバーテロ攻撃が来るのではないかと予想していたので、某記憶媒体にバックアップを取っていました。
修復ができました。
敵の攻撃ではなく、自分自身のPCによってダメージを受けるとは思いませんでしたよ。

一応、ウイルスセキュリティをしっかり入れているので、通常のハッキングだったら大丈夫だと思います。
無料のではなく、有料のやつなんで、何とかなるのではないかと。

PC自体は強制終了の後に、何とか自分で復旧することができました。
本当に焦りました。

3について説明します。

Amazonに対してこんなこと言いたくないけどさ・・・

複雑すぎるよ手続きが!

ネットで紹介されている情報とAmazonの公式情報に食い違いがあったり
Amazonの公式情報の中でもページがちょっと違うだけで内容が食い違ったり
ちょっとしたファイル名で表紙画像のコンパイルが上手くいかなかったり
価格設定において誤解を招くようなことがあったり(※最低価格が250円ということだったのに、円安の関係で324円にしなければならないかのような表示になっていたのです。初期設定だからかもしれませんがこれは誤解を招きますよ~~~結局めちゃめちゃ調べて250円で問題なしという確証が得られたからよかったですがね)

とにかく、ブービートラップの宝庫ですわ。

Amazonに申し上げたい。KDPに関する公式本をKindleで出版してください。
無料で配布してください。

そうしないと電子書籍出版をする人間が不幸になると思いますよ。
私のように神経質で心配性な人間だっているのですからね。

【そんなこんなありまして・・・】

出版手続きは完了しましたので、3日の夜には販売開始だと思いますよ。

ただ、ここから重要なこと書きますね。


体裁が整わず、めっちゃ荒削り状態orz


時間的に厳しい状態だったので50点状態で出版しました。
断腸の思いだったということは念のため申し上げておきます。
完璧な状態で出版したかったなりorz

しかも、Wordでアップロードしたから、いろいろバグが出ております。

したがって、11月と12月に大きな加筆修正を行うことにしました。

本当に申し訳ありません。

【ちょっとだけ公開】
重要情報を拙ブログを見てくださっている賢明な方々にだけちょっと情報提供しましょう。
『消費税廃止への進撃』一部だけ公開しましょう。

※気になったらご購入をお願いします。

【Attack for breaking value-added tax】
Value-added tax will kill you
I think that Japanese should destroy the value-added tax, because the value-added tax is a titan killing Japanese economy.
You should buy this e-book, if you want to protect Japanese economy.
【Warning】
Every sentence of this e-book has been written in Japanese.

◆本書の目的と特徴◆
『消費税廃止への進撃』の目的をまず明らかにしたいと思います。
「日本経済を豊かにするために消費税は廃止するべきである」と主張することが目的です。
消費税関連の電子書籍出版を考え始めた当初は「日本経済を豊かにするために消費増税を阻止しなければならない」と主張しようと考えておりました。

 しかし、巻末にも記載した参考文献を熟読した結果、消費増税を阻止するだけでは不十分で、消費税を日本から駆逐するべきという結論に至りました。消費税は日本経済を食い荒らす巨人だったのです。
また、日本経済を豊かにするためにはどのような経済政策が必要なのかということを真剣に考え、まずは日本経済を貧しくしている原因を取り除くことから始めるべきだという考えにも至りました。
 
 日本経済を弱体化させている原因の一つが消費税であり、消費税を破壊することが日本経済復活の狼煙になります。
なぜ消費税が日本経済の弱体化の原因なのか。国民経済が豊かとはどういうことなのか。本書を熟読していただければご理解いただけるものと信じております。

 特徴としましては、本書ではできるだけ簡潔でわかりやすく、消費税について学ぶことができるような仕様となるよう配慮しました。
 直接的に消費税のメリットとデメリットを論じ、消費税廃止が日本経済にとって一番の治療薬になることを明らかにするだけでなく、そもそも経済とは何か。そもそも税金とは何か。そもそも消費税とは何か。といった国家経済を語る上で基礎となるものに関して理解が深まるようにしました。
 
 少々面倒なことかと存じますが、言葉の定義を明確にして、論点を簡潔にまとめ、印象論や抽象論に陥らないように注意しました。統計データを用い、経済に対する理解を深めると同時に、日本経済のありのままを描き出したいと思います。
 良識ある日本国民の皆様におかれましては、何卒最後までお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

◆利益の一部寄付◆
本書を1冊ご購入につき20円を拉致被害者家族会へ寄付します。2015年8月30日に第1弾の寄付を行う予定です。どのような形で寄付するのかといった詳細に関しては後日『反逆する武士』にて発表します。

◆対象読者◆
本書は以下に該当する日本国民向けに書きました。ご購入をお勧め致します。
1、日本経済の復活を望むが具体的に何から始めるべきかわからない日本国民
2、日本国内で豊かな生活を送りたい、もしくは少しでも現在の経済的苦境から抜け出したいと考えている日本国民
3、消費増税(税率10%)が今年中に決断されようとしている中、政治家への陳情を真剣に考え実行しようとしていて、理論武装が必要な日本国民
4、世界最強のエコノミストを目指している日本国民

◆目次◆
序章 消費税論議をする前に
第1節 経済とは何か
第2節 税金とは何か
第3節 税金の原則
第4節 税金の機能
第5節 税金の目的

第1章 消費税の基礎知識
第1節 課税対象
第2節 間接税
第3節 輸出取引の免税
第4節 社会保障のための財源確保
第5節 地方税と国税
第6節 申告と納付と納税義務

第2章 消費税が日本経済を食い荒らす
第1節 逆進性が高い
第2節 二重課税を誘発する
第3節 滞納が多い
第4節 消費を減退させ、景気悪化を招く
第5節 自殺者を増やす
第6節 デフレ経済下においては税収を減らす
第7節 中小・零細企業へのいじめが頻発する
第8節 経理担当者の負担が大きい
第9節 益税の発生

第3章 消費税廃止こそが日本経済復活への最善策
第1節 日本経済への毒消しになる
第2節 民間需要の超爆発
第3節 限界消費性向の向上

第4章 財政破綻論の破綻
第1節 財政破綻とは何か
第2節 日本国全体の資産と借金を比べてみよう
第3節 財政破綻しない理由
第4節 国家財政を家計財政に例えるのは根本的に間違い
第5節 基礎的財政収支は無意味な指標
第6節 財政破綻国家から学ぶ「財政破綻するための条件」
第7節 ハイパーインフレという杞憂
第8節 財務省のお墨付き

第5章 消費税廃止後の物価上昇への対処法
第1節 消費はどのような要因によって決定されるのか
第2節 代替案は「所得税率の引き上げ」

最終章 消費増税は日本国民の手で阻止する! 進撃せよ!
おわりに
参考文献一覧

【加筆修正情報(予定)】
本書はかなり荒削りな状態で出版されました。したがって、2014年11月4日、2014年11月18日、2014年12月8日に加筆修正を行います。歴史に爪痕を残す電子書籍にするために、読者の皆様から送られてくるメールが頼り。首を長くしてお待ちしています。

【参考文献一覧】
※参考にしたWEBページは適宜本文の中でご紹介しましたので割愛します。
福田慎一・照山博司『マクロ経済学・入門 第4版』有斐閣、2011年
三橋貴明『日本の未来、ほんとは明るい! 』WAC、2010a
三橋貴明『いつまでも経済がわからない日本人「借金大国」というウソに騙されるな』徳間書店、2010b
三橋貴明『ドル凋落』宝島社、2010c
三橋貴明『経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門』アスコムBOOKS、2010d
三橋貴明『日本のグランドデザイン』講談社、2010e
三橋貴明『増税のウソ』青春出版社、2012年
三橋貴明『日本人がだまされ続けている 税金のカラクリ』海竜社、2012年
三橋貴明『日本は「国債破綻」しない!』実業之日本社、2012年
三橋貴明『だから日本経済が世界最強というこれだけの理由』WAC、2013年
廣宮孝信『国債を刷れ! 』彩図社、2009年
廣宮孝信著・三橋貴明監修『さらばデフレ不況』彩図社、2010年
岩本沙弓・三橋貴明著『良識派VS常識派で徹底分析 これが日本経済≪世界「超」最強≫の仕組み なぜ日本は世界とこれほど違うのか』ヒカルランド、2013年
笹山晴生、佐藤信、五味文彦、高杢利彦(著)『詳説日本史B』山川出版社、2013年
爲我井麻理・秦美佐子著『やさしく解説 はじめての消費税』中央経済社、2013年
菊池英博『消費税は0%にできる』ダイヤモンド社、2009年
菊池英博『日本を滅ぼす消費税増税』講談社、2012年
斎藤貴男『消費増税で日本崩壊』KKベストセラーズ、2012年
斎藤貴男『ちゃんとわかる消費税』河出書房新社、2014年
金井恵美子『「できる!」経理担当者入門 一夜漬け消費税[改訂版]』税務経理協会、2014年
山本博一『日本経済が頂点に立つこれだけの理由』彩図社、2013年
ポール・クルーグマン著、大野和基訳、山形浩生監修・解説『そして日本経済が世界の希望になる』PHP研究所、2013年
諌山創『進撃の巨人』[Kindle版]第1巻から第14巻、講談社
近藤駿介『これでも消費増税やりますか? ~予断を持って議論することなかれ~』[Kindle版] 2013年8月第1版発行
加来秀一『消費税増税の罠』[Kindle版] 2013年5月第1版発行
諸富徹『私たちはなぜ税金を納めるのか 租税の経済思想史』[Kindle版]新潮社、2013年

【最終的な字数とこだわり】
最終的には5万3000文字を超えました。

それでもまだまだだと思っています。

これからも加筆修正を行い、よりよい書籍としてアップデートできればと思います。

本書のこだわりに関して書きます。

1、実体験を交えたお話
2、基本に忠実に
3、学術的なお話も少々


さて、何のことかは読んでみてのお楽しみということで。

【宣伝を本格化させます】

宣伝に関しては明日や明後日のブログ記事にてやれればと考えております。

本日は以上とさせていただきます。よろしければクリックをお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

モッピー!お金がたまるポイントサイト




反逆する武士というブログは日本核武装実現のために核武装本の出版を目指し活動しているuematu tubasaの主筆ブログです。

日本核武装の実現のためにはみなさんからの情報提供が必要不可欠です。

日本核武装に関すること、役立ちそうなことであれば何でも構いません。

コメント欄かrebelbushi@gmail.comまで情報をお寄せください。

また、このブログをお読みになってどのようなご感想をお持ちになりましたでしょうか? お気軽にコメントをくだされば嬉しく存じます。コメントに関してはすべてチェックさせていただいております。
コメントには返信させていただくことがございます。

読者からのご意見ご感想を踏まえ、日々改善し、人気ブログランキングの50位以内を目指して行きたいと存じます。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uematu tubasa

Author:uematu tubasa
平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部出身の
uematu tubasaと申します。

基本情報技術者、電子書籍作家。

失業と低所得と借金に負けない!
私は戦う、この残酷な世界で!

北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持った若者です。
『消費税廃止への進撃』
『ビジネスの種を蒔け』
『究極の空き家対策』
『家賃半額』を出版しました。
『雇用、所得、物価の一般理論(仮)』
『我が国日本の海洋戦略(仮)』
『日銀は錬金術師(仮)』
『ケインズは二度死ぬ(仮)』
『なぜバターがスーパーから消えたのか(仮)』
『住宅資産倍増計画(仮)』
『天皇器官説(仮)』
『移民拒絶論(仮)』
『人口補完計画(仮)』
『地政学の強化書(仮)』を出版する予定です。

日本核武装論の出版が中期的目標です。

核武装推進論者、ネオクラシカルリアリスト(新古典派現実主義者)、地政学を国立大学の必須履修科目にするべきと考えています。

自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者。

すべての売国法案に反対しております。

基本的には政策論を中心に書いております。
ご意見ご感想をよろしくお願い致します。

好きな漫画:ゴーマニズム宣言、金色のガッシュ、3月のライオン、進撃の巨人、もやしもん、ダイヤのエース、黒子のバスケ、銀の匙、鋼の錬金術師、ハイキュー!! アルスラーン戦記

好きなPCゲーム:泣きゲー全般(主にKey作品)

好きな食べ物:そば、寿司、天ぷら、おにぎり、トマト、ピザ、パスタ、ソーセージ、ポトフ、フィッシュ&チップス、ペペロンチーノ、フライドポテト。

好きな飲み物:緑茶、麦茶、カシスオレンジ、果実系ジュース、CCレモン、日本酒

好きな女性のタイプ:明るくて家庭的な日本人女性

趣味:読書(核戦略、地政学、国際政治学、経済学など)とジョギング(1日往復10kmを週に2日ぐらい)

特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人

特にルールはありません。自由にコメントをお願い致します。

※常識の範囲内でコメントを削除する可能性がございます。ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
反逆する武士のツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR